現代のFX投資においても活用できる!本間宗久の「酒田五法」とは

目次 ※クリックで開閉します

酒田五法と呼ばれる日本独自の相場予測法があります。

これは、200年以上も前に、本間宗久によって考案されたものです。

天才相場師とも呼ばれた彼によって考案されたこの酒田五法は、現代のFX投資でも活用できる予測法です。

ここではその酒田五法についてご紹介します。

天才相場師・本間宗久が考案した酒田五法とは

本間宗久は、徳川八代将軍吉宗の時代に生まれた人物です。

彼の出身地は山形県酒田で、その後大阪の堂島や江戸の蔵前といった米市場で活躍しました。

日本のキャンドル・チャート(ろうそく足)として有名なチャートも、彼が考案したと言われていますが、事実はわかりません。

ただし、本間宗久はこのローソク足の並び方に注目して、体系的な相場予測方法を構築しました。

そして、その予想方法は出身地を取って酒田五法と呼ばれるようになりました。いまだに使われている優れた予想方法です。

 

酒田五法の五法とは、

  • 「三山」
  • 「三川」
  • 「三空」
  • 「三兵」
  • 「三法」

を指しています。

それぞれについて、以下に詳しく解説しました。

(1)「三山」-さんざん

相場が、天井や底値を打って反転する時に出るローソクの足の形状を指し、「三尊天井」「三山」や「逆三尊」といわれます。

三尊は、仏像の配置に由来していて、3つの山の中央が一番高いパターンです。

この三尊天井は、上昇トレンドの天井圏において、3回高値を付けた後下落する形を示しています。

 

この形状は海外でも、ヘッド&ショルダーと呼ばれていて、相場大反転の前兆と言われています。

中央が高くなっていない場合は、単純に三山と呼んでいます。

三尊天井が逆になると、逆三尊と呼ばれて、底値を打った場合のシグナルになります。

(2)「三川」-さんせい

これは、逆三尊など三山の逆とも言われていますが、実際にはローソク足の線の並びを、川に例えて注目した分析法、という解釈が普通のようです。

酒田五法でも中核の分析法です。

これは、相場の天井に出現して、そのあと反転する予兆である「三川明けの明星」「三川宵の明星」と呼ばれています。

 

他には、「両はらみ線」「両つつみ線」「二本たくり星」など色々な組み合わせがあるのが、三川の構成要素と言われています。

(1)三山はチャートの形を示すものですが、(2)三川は3本のローソク足の並び方に注目していると言う部分が違います。

 

また、このローソク足の組み合わせの元になっている「星」「はらみ」「つつみ」「かぶせ」「切り込み」「たくり」といったパターンも非常に重要です。

それぞれについても解説しますので、下の図をご覧ください。

①星-大陽線の後に、少し高値でより引き同時線が出ます。

次に陰線が出たら「三川宵の明星」として完成。

反転下落の予兆になります(この逆で大陰線から星になり大陽線は明けの明星と言われて反転上昇になります)。

 

②はらみ線―大陽線の後に、その大陽線に包まれるような小陰線が出ます。

「陽と陰のはらみ」と呼ばれ、天井圏からの暗示を示します(逆に大陰線から小陽線は「陰と陽のはらみ」と呼ばれて大底圏からの反転を暗示します)。

 

③つつみ線―「抱き線」とも言います。

小陽線を包むように大陰線が出ます。

相場の天井圏からの下落を強く暗示します(また逆に小陰線からの大陽線は大底圏からの反転を強く暗示します)。

 

④かぶせ線―大陽線の後、小陰線が高値から大陽線にかぶさるように出ます。

相場の上昇力低下を暗示します (逆に大陰線からの下値より出た小陽線は「切り込み線」といい下降力低下を暗示します) 。

 

⑤たくり線―底値圏より出た下ヒゲがかなり長い足は反転して上昇を暗示します(それとは逆に天井圏で出る下ヒゲの長い足は「首吊り線」と呼ばれ下落を暗示します)。

(3)(4)「三空」さんくうと「三兵」さんぺい

このように酒田五法は、基本的な考え方をベースに「2つ星、3つ星」、「ツバメ返し」「抱きの一本立ち」「陰の陽はらみ」といった、ユニークなネーミングの色々なローソク足の形に注目して予想しました。

 

これをFXで活用する場合、多少株価と異なる部分があります。

それは、終値と始値が同じ(24時間の取引が可能なため)判断しにくいということです。

株の場合なら空白が開いた場合(ローソク足の間に空間がある)は土日があるからで、酒田五法の中でも同じような3本の連続するライン(陰でも陽でも)三空(さんくう)や三兵(さんぺい)などといった形は使いにくいはずです。

 

この三空は、陽線が間をあけて3本並ぶ時三空踏み上げは売り、逆の時は陰線が間をあけて3本並ぶ時三空叩き込みは買いというように使うからです。

間=窓であり、土日などの時間の開きを指します。

 

また、三兵は陽線3本が重なりながら連続するような赤三兵は上昇するときは買いシグナルになりますが、このようなケースもFXは区別しにくい場合があります(陰線が3本なら三羽烏で売りシグナル。三空と逆の判断になります)。

例えば、上昇トレンドの場合に、初動で陽線が3本連続した時は、赤三兵と判断し、今後も少しずつ上昇が続くと判断します。

上昇相場が過熱して、そのあとは「三空踏み上げ」と呼んで、売りシグナルを出すように考えていきます。

 

この考え方でいうと、下落トレンドの場合でも、出現する買いシグナルの「三空叩き込み」と呼ばれるものも、売り継続の場合の「三羽烏(さんばがらす)」(これは売りシグナルで通常は使われる)も同じで、下降トレンドの初期か煮詰まり局面かで判断が違ってきます。

 

また、順張り的使い方の「赤三兵」「三羽烏」は、相場が過熱すれば、上ヒゲや下ヒゲが長くなり勢いがなくなった「赤三兵先詰まり」といった反転のシグナルがあります。

ローソク足からわかる為替レートの勢い―相場の天井・大底で重要になる

(5)「三法」さんぽう

これは、酒田五法の最後の一つになりますが、これは短い陽線と陰線が連続して相場が停滞したような状態です。

相場が停滞している状態を指します。相場には買いと売り、休みというような局面がありますが、それも本間宗久は三法と言っています。

 

上げ三法と呼んだ場合は、大陽線が出た後に、小陽線、小陰線が続き相場が調整局面に入った後、再び大陽線が出て切り返します。

そして、このように相場が小休止することでエネルギーを蓄えて再び活気つくまでの間を指します。

逆に、下落トレンドで小休止してまた下落したという売りシグナルが下げ三法と呼ばれます。

ここまで解説してお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、実は酒田五法には、非常に沢山の組み合わせがあります。

そのため、すべて正確に理解して使うという訳にはいきません。

ただし、今後の展開を分析するには、とても良い判断になることが多いのです。

特にこれが一番効力を発揮するのが、相場天井や底値といったトレンドの転換を察知するのに有利になります。

 

そして、酒田五法の鍵になる数字は3になります。

これは、三山などからもわかるように、相場の値動きはWとNの字を組み合わせたような3つの波動や流れがあります。

それらを組み合わせることで考えていくことが、酒田五法のやり方です。

 

例えば、下記図のような乱高下が続いたユーロ/円のチャートは、よく見ると色々な場所に酒田五法のシグナルが見られます。

例えば、②の高値で持合い相場が続くところからの反転下落は、前日からの陽線を包むように出てきた陰のつつみ線が、相場の下落を暗示しているということがわかります。

 

上昇に勢いがないと判断したら、ローソク足を見てどんな形状になっているかを観察してみましょう。

もちろん、トレンドラインや移動平均線などの売買シグナルで確認してから確実なところで判断してみてください。

 

そして、下落トレンドが継続する場合、何度かリバウンドした時に③・④といった下ヒゲが長いたくり線や明けの明星が出てきます。

そして、反発して上昇することにつながります。

これは酒田五法でなくても、わりとオーソドックスにこのような判断になることがありますが、下ヒゲが長い陽線や陰線は相場が上げ(下げ)止まりになるという前兆を示していることが多いのです。

 

このように酒田五法は、現在のFXの取引でも相場の勢いを判断するのにとても役に立ちます。

単独で使うよりも、他のメインのテクニカル指標をサポートするような使い方をすれば非常に役に立つ方法です。

PICKUP CONTENTS

トップへ