FXを始める前に需要と供給の関係で動く為替相場を理解しよう!

FX取引において、為替相場を動かす要因となる需要と供給について理解する必要があります。さもないと、為替レートの動きの理由が全く分からず、今後のレート予測が困難になるからです。

この記事で、需要と供給による為替相場の動きの要因をしっかりと理解し、FX取引に備えることにしましょう。

 

そもそも為替相場はFXだけでなく、私達の暮らしと密接に関わっている

私たちが生活する中で、為替との関係はほとんどない、または為替を意識することはないかもしれませんが、実は私たちの暮らしと密接に関わっています

海外の商品を輸入するとき、輸入業者は円をドルに替えて支払いを行ない、商品は国内にて日本円で売ります。

私たちがその輸入商品を買うときは円払いなのでなんとも思わないかもしれませんが、為替のやりとりがあってこその輸入商品なのです。

 

私たちが海外旅行に行くときはどうでしょうか?空港の銀行で、または渡航先で現地通貨を手に入れることになりますが、これは円を現地通貨への両替に当たります。

為替相場というと外貨預金やFXをする人だけが関わるものだと感じるかもしれませんが、意外にも私たちの生活の一部となっていることお分かりいただけると思います。

 

円相場とは

テレビやネットサイトのニュースを見ていると、「円相場」という言葉をよく見聞きするかもしれません。この円相場とは一体何でしょうか?

 

一般に円相場と言えば、円とドルの交換比率を指す

結論から言いますと、一般的に円相場は円とドルの交換比率を指しており、円ドル相場とも言います

なぜ「円」相場なのに米ドルが関係しているのかと言うと、米ドルは世界の基軸通貨だからです。日本が輸入出するとき支払いのほとんどは基軸通貨である米ドルで行なわれ、貿易相手国がアメリカでなくても米ドルで取引することも少なくありません。

 

全部ひっくるめて「市場」と呼ぶ

では、ニュースで言う「円相場」はどこで取引されているのでしょうか?

個人であれば国内銀行にいくことがほとんどですが、円とドルの交換やその他の為替取引は主にロンドン、ニューヨーク、東京で行なわれます。世界三大市場はこの3カ所にあるからです。

 

ただし、「為替取引所」といった為替専用取引所があるわけではなく、実際はインターネットを介して金融機関同士の取引が行なわれています。

東京市場がオープンしているときは東京で、ロンドンやニューヨーク市場はそれら地点をメインで電子的に取引されていると考えてください。

 

また、東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場などすべてをひっくるめて「市場」または「為替市場」と呼ばれていることを覚えておきましょう。

 

「インターバンク市場」と「対顧客市場」でレートは異なる

ニュースで「円と米ドルが1ドル○○円で取引されている」と、リアルタイムで頻繁に報道されていますね。この取引価格は「インターバンク市場」での取引価格であり、「対顧客市場」での取引価格ではないので注意が必要です。

インターバンク市場とは、銀行やその他金融機関の間で取引される為替市場のことです。

一方で対顧客市場は、個人と銀行を代表とする金融機関の間で取引される為替市場になります。

 

基本的に個人がインターバンク市場で取引することはなく、インターバンク市場での取引価格で個人が外貨を取引することもありません。

個人が銀行へ行って外貨を手に入れる対顧客市場では、インターバンク市場取引価格に手数料が上乗せされており、手数料が加算されたレートで外貨売買するのが基本的な仕組みなのです。

 

為替相場の動きは、新聞・テレビ・インターネット等で知ることができる

手数料が上乗せされているならば、手数料がなるべく安い場所で外貨売買したいと思いますし、為替レートが割安のときに外貨取引したいと思いますよね。

それならば為替レートの動きを頻繁にチェックしなければなりません。とはいっても、新聞、テレビ、ネットサイトで無料で公開されていますから、簡単に、リアルタイムの為替レートを調べることができます

 

終値の幅について

テレビのニュースやネットサイトで今日の終値(おわりね)として為替レートが掲載されていますが、この終値をよく見ると「1ドル105円74銭~78銭」となっている、つまり終値に幅があるんですよね。

なんで105円74銭でもなく78銭でもなく74銭~78銭なの?って思うかもしれません。

 

公式ニュースで報じられている為替価格はインターバンク市場価格であることを思い出してください。

インターバンク市場では、各金融機関が取引に参加しているわけですが、A銀行が105円74銭でドルを買いたい、B銀行が105円78銭で売りたいと提示するとします。

その提示したときに取引時間が終了したなら、その提示価格(気配値、けはいねと言う)が終値になるのです。ですから、終値が報道されるとき大抵の場合、値幅があるわけです。

 

需要と供給の関係で動く為替相場の仕組み

「為替取引の仕組みは分かるけど、そもそも為替相場はなぜ動くの?」

「為替レートはどうやって決められるの?」

と疑問を感じるかもしれません。その疑問の答えを見ていきましょう。

 

なぜ「お金の値段」が変わるのか?

お金は紙切れに過ぎないのに、なぜお金の値段が変わるのでしょうか?

去年は1ドル120円もあったのに、今年は1ドル110円に・・・というように、お金の値段が変わるのには一定の仕組みがあるのです。

簡単に言うと、需要と供給の関係でお金の値段が決まります

 

例えばですが、「普通のお米」を買いたいと思う人が少なくなれば、供給過多でお米の値段が安くなりますが、「高級な貴重米」ならいくらでも良いから買いたいと言う人は少なくないかもしれません。つまり、需要が多い状況です。

同様に通貨も人気、不人気によって需要と供給の量が変わってきます。円が欲しいという人が多くなれば円高に、円の需要が減れば円安になるのです。

 

どのような時に通貨の需給は変化する?

通貨の需給は常に変化しています。たとえば、アメリカの政策金利が高くなり日本円は低金利のままなら、投資家たちはより多く金利で稼ぐために米ドルを買います。そうすると円安ドル高になるのです。

 

投資も相場に影響する

また、投資家たちの活動も為替相場に影響を及ぼします。日本の景気が後退、アメリカの景気が上昇となれば、円をドルに替えてアメリカの株式や債券を買うことになります。つまり、円安ドル高の要因となるわけです。

 

経済の基礎的条件である様々なファンダメンタルズ要因

為替相場を動かす要因に「ファンダメンタルズ」があります。ファンダメンタルズとは、経済の基本的要素や条件のことです。

どんなファンダメンタルズ要因が為替レートに影響を及ぼすのでしょうか?

 

景気動向

各国の景気動向が為替レートに影響を及ぼしますが、それは景気上昇にともない株価や通貨上昇期待があるからです。

各国の景気を見極めるために、各国が定期的に発表する雇用統計(雇用人数や失業率)やGDP値に注目したいところです。

 

金利差

水は高いところから低いところへ流れますが、逆に金利は低いほうから高いところへ流れます。つまり、金利の低い通貨は売られ金利の高い通貨が買われる傾向にあります

日本円は低金利ですので、日本円で預金するより外貨で預金したほうが良いという人が増えれば、日本円が売られ米ドルやその他高金利通貨が買われることになります。

 

物価

実際に売られている商品価格と実質レートに大きな隔たりがあると、レート調整が行なわれる可能性があります

例えば、A商品が日本で1000円、アメリカで10ドルで売られていたとしたら、道理から言えば1ドル=100円が適正価格となります。

しかし、市場取引価格が1ドル=110円だとしたら、適切に為替取引がされていないと市場は判断するかもしれないということです。

 

国際収支

商品や資本など国外と売買した収支を国際収支といいますが、国際収支が黒字なら円高傾向に、逆ならば円安傾向になります

 

為替介入(お金の供給量)

これまでに日本は何度も為替介入をしたことがありますが、要因は為替レートの急激な変動です。

過度に円高または円安になると自国に大きな損失をもたらすことになりますので、円高なら円売り介入、円安なら円買い介入を行なうことになります。

 

日本政府が単体で介入を行なうケースもあれば、数か国が連携して為替介入を行なうこともあります。2011年3月の東日本大震災の直後為替介入が実施されましたが、そのときは欧米各国の協力を得られ連携して円売り介入が展開されたのです。

 

為替レートが動く需給とは関係のない要因も紹介

為替レートに影響を及ぼす要因は多数ありましたが、需給とは関係のない要因もあります。

 

テクニカル的要因

為替取引を行なっている市場参加者のほとんどは、同じ為替チャートを見ていますので、同じポイントで売買を一斉に行う傾向があります。

為替チャートによるテクニカル要因が為替レートを動かすケースがあること、頭に入れておきましょう。

 

投機的要因

主にヘッジファンドが投機的に為替売買を行なうことがあり、為替レートが突然大きく変動することがあります

「NY市場がクローズになる、日本時間の朝方にヘッジファンドが売り仕掛けを・・・」という類のニュースがときどき流れるのはそのためです。

 

地政学リスク

大地震やテロ、民族紛争が勃発すると安全資産通貨が買われる傾向にあります。以前は「有事のドル買い」が主流でしたが、スイスフランや日本円も安全資産とみなされており、有事の際に買われることがあります。

 

FXでの勝率を上げるためには、相場を予想することが重要!

以上、需要と供給の関係から為替相場が動くことが分かりました。

それを踏まえ、実際にFX取引で勝率を上げるために、4つの相場予想ポイントを頭に入れておくべきです。

 

①為替相場は「美人コンテスト」でイメージしてみると分かりやすい

為替相場を左右するファンダメンタルズ要因が幾つかありましたよね。国際収支や投資、金利、物価などを鑑みて通貨の売買を決めるわけです。

ただし、自分が買いたいと思う通貨ではなく、市場参加者が買いたい通貨は何か?と考えて外貨を買うのが重要です。

 

もし投票者が1番美人だと思っている人を当てる「美人コンテスト」があったとしたら、自分の意思よりも他の投票者がどう思っているかがより重要になってきますよね。さもないとコンテストには勝てません。

実は為替市場も同じなんです。自分がこの通貨が買いだ!と思っても、市場参加者がそう思っていなかったら負けてしまうということなのです。

 

②市場の動きを知るために

各国の経済指標、特にアメリカの経済指標を逐一チェックする習慣を身につけましょう

日本経済新聞やその他専門ネットサイトでは経済指標や今注目すべきニュースをリアルタイムで発信しています。日本国内だけでなく海外面をしっかり網羅し、今の為替相場の流れをつかむのです。

 

③経済統計に注目

市場の動きでも少しふれましたが、経済統計は要チェックです。たとえばアメリカの雇用統計を毎月チェックするなら、アメリカ経済が上向きなのかそれとも横ばいなのか、下向きなのか一目瞭然です。

各国経済統計をチェックし、世界の経済動向を把握しておくと為替相場の動きに容易についていくことができます

 

④様々な経済指標から分析

アメリカの雇用統計チェックは基本中の基本ですが、その他にも注目すべき経済指標はたくさんあります。

たとえば、日本国内であれば国内総生産(GDP)のチェックは必須です。GDPは国内経済がどれだけ成長しているか一目でわかる数値ですので、日本経済の今後を占う大切な統計になっているわけです。

 

また、国際収支企業物価指数消費者物価指数なども調査し、今後の為替相場を予想したいところです。これら統計データは各ネットサイトに掲載されているので、検索すればすぐに確認できます。

 

この記事を書いたユーザー

Arima
2014年からデイトレーダーやってます。 FXと株で毎日コツコツ頑張ってます。 nanairoでは主にお金・節約術に関する記事を執筆しています。 Arimaの記事一覧

PICKUP

トップへ