FXの資金「証拠金」とその運用「レバレッジ」

目次 ※クリックで開閉します

FXは外国為替証拠金取引と言うように、証拠金をFX会社に預託し外貨を取引する投資法ですから、証拠金の仕組みについて知っておくことがとても重要です。

この記事では、証拠金とそれに関連する仕組み全体について詳しく解説しますので、要点を頭に入れてください。

 

「証拠金」=FXで取引するために必要な預け入れ金(担保金)

FXを始める際に、取引に必要な投資金をFX口座に入金しなければなりませんが、そのお金はひとまとめに「証拠金」と呼ばれています

保証金とも言われますが、要はその資金を基に投資家は、FX取引を行なうことになります。

 

その証拠金の範囲内でFX取引を行ないますが、実際にお金の受け渡しが行なわれるわけではありません。

為替レートに基づいてFX取引を行ない、発生した利益と損失分だけが証拠金から±されるのです。専門用語でこの取引を「差金決済取引」と言います。

 

差金決済取引のメリットは、証拠金の最大25倍分の外貨を取引できる点です。つまり少額の証拠金で大きなお金を動かすことができるので、スピーディに利益獲得できます。

少額で大きなお金を動かすことは、てこの原理に似ていますよね。ですから、この仕組みを「レバレッジ(てこの意味)」と言います。

てこの原理を活かして少額投資ができるFX。これが大きな醍醐味なのです。

 

FXで「証拠金」を運用するために覚えておきたい専門用語

FX取引が証拠金の運用であることが分かりましたが、それに関連する専門用語を理解することが大切です。以下、いくつかの用語を見ていきます。

 

FXサービス会社によって異なる「必要証拠金」

必要証拠金は、1ポジションにつき必要な証拠金のことを指します。例えば、ドル円を1万通貨買うときの必要証拠金は4万円、というように規定された証拠金のことです。

同じ取引量や通貨ペアでも、FX会社によって必要証拠金に差があります。

1日・1週間固定としているFX業者もあれば、リアルタイムで変動する為替レートに応じて必要証拠金額も変わるよう設定しているFX業者もあります。

 

有効証拠金=取引証拠金±為替差損益

有効証拠金とは、先に挙げた必要証拠金から為替差損益を差し引いた金額のことです

取引に必要な証拠金が4万円で、為替差損益が+2,000円ならば、有効証拠金は4万2千円となります。

 

証拠金が口座開設時に必要となるケース「最低証拠金」

証拠金として「○○円入金しなければならない」という規定が、FX会社によっては決められている場合があります。口座開設時に証拠金が必要となるケースもありますが、これを「最低証拠金」と呼びます。

最近では、最低証拠金を規定とするFX会社はかなり少なくなってきましたが、余裕あるFX取引をするために、FX口座内の証拠金額を多めにしておくことは重要なことです。

 

「証拠金維持率」

FX取引をする上で、「証拠金維持率」を常に把握することは重要です。

証拠金維持率(%)=(有効証拠金÷必要証拠金)×100

この計算式で証拠金維持率を求めることができますが、有効証拠金に対する必要証拠金の割合を、パーセンテージで表したものが証拠金維持率です

証拠金維持率が一定の水準を割り込むと、FX取引ができなくなるようFX各社は規定しています。ですから、証拠金維持率を高く保つことが重要なのです。

 

「維持証拠金」

証拠金維持率を一定以上に保たなければなりませんが、一定の水準を保つために必要な証拠金額のことを「維持証拠金」と言います

 

「マージンコール」

証拠金維持率を100%以上に保たなければならないとします。

しかし、保有ポジションの含み損が拡大し証拠金維持率が100%に近づくと、

証拠金維持率が100%に近づいてきましたよ。もうすぐFX取引ができなくなってしまいますよ」

と警告されることがありますこの警告を「マージンコール」と言います。

登録しているメールアドレスにマージンコールの旨が通知されたり、取引ツールを開いている場合はツールにマージンコールが表示されることもあります。

 

少ない資金で大きく資産を増やす方法「レバレッジ」

FX取引は、「レバレッジ」を効かせた外貨取引です。先ほどもお伝えしましたが、レバレッジとは「てこ」の意味があり、少額の投資金で大きな外貨を運用できるこの仕組みをレバレッジと呼んでいます

 

レバレッジの効果

現在、必要証拠金の最大25倍分の外貨を運用できます。必要証拠金が4万円ならば100万円分の外貨を運用できるというわけです。

本来なら100万円投資金として用意しなければならないところ、4万円だけ用意すれば100万円分の投資と同じ運用ができるわけですから、FXのレバレッジには大きな効果があることが分かります。

 

FX最大の特徴がこのレバレッジ

外貨を1万通貨分運用したとすると、レートが±1円動くたびに差損益は±1万円になります。レートが1日内に1円動くことは頻繁にありますから、少額取引でこれだけの利益を得られるチャンスがあるのは、FXならではの特徴と言えるでしょう

 

ただし、利益だけに目を留めてはいけません。上の例で言えば、レートが±1円動けば-1万円の可能性もあるということです。

FX取引はハイリスク・ハイリターンな外貨運用ですから、リスクを意識した取引が必要不可欠なのです。

 

レバレッジの倍率はFX取引業者によって異なる

現在、日本国内で登録しているFX業者では、最大レバレッジが25倍と法律で決められています。ですからどのFX口座でもレバレッジ25倍まで効かせて取引はできるのですが、厳密に言うとレバレッジ倍率はFX取引業者によって異なるのです。

ほとんどのFX口座はレバレッジ25倍固定となっているのですが、いくつかのFX口座では任意でレバレッジを選択できるようになっています。1倍、5倍、10倍、20倍というように選択できるわけです。

 

どちらにも良し悪しがありますが、FX取引の基本として自分でレバレッジが計算できなければなりません。

レバレッジ計算に基づき、どれだけの外貨量を取引するか決めることになりますので、レバレッジの計算方法を頭に入れておくべきなのです。

 

レバレッジの計算方法

レバレッジの計算は、以下の計算式で求めることができます。

レバレッジ=取引金額÷口座内証拠金

この計算式を基に、以下5つの例を見てみます。レバレッジが何倍になるのか考えながら見てみてください。

 

<米ドル/円レート100円のときに1万通貨取引>

FX口座内資金:10万円

レバレッジ計算式:取引金額(100円×1万通貨)÷10万円=10倍

これが基本的なレバレッジ計算式になります。レバレッジ10倍では高過ぎだと思うなら、FX口座内資金を多めにすることでレバレッジを下げる効果があります。

<米ドル/円レート100円のときに1万通貨取引>

FX口座内資金:50万円

レバレッジ計算式:取引金額(100円×1万通貨)÷50万円=2倍

レバレッジ2倍なら相対的にリスクが低いと言えますので、FX初心者向けの低リスク取引になるでしょう。

また、取引量を減らすことでもレバレッジを低くすることができます。

<米ドル/円レート100円のときに1000通貨取引>

FX口座内資金:10万円

レバレッジ計算式:取引金額(100円×1000通貨)÷10万円=1倍

このように取引量を減らすことでレバレッジが低くなりますので、FX初心者は、FX口座内金額を多くするまたは取引量を少なくすることで、リスクを抑えた取引ができるのです。

いやいや、自分はレバレッジを高くして取引したいというならば、レバレッジが25倍になるように設定すればOKです。

<米ドル/円レート100円のときに1万通貨取引>

FX口座内資金:4万円

レバレッジ計算式:取引金額(100円×1万通貨)÷4万円=25倍

以上のレバレッジ計算式は、どの通貨ペアにも当てはまります。例えば、豪ドル/円取引でも同様の計算式で計算可能です。

<豪ドル/円レート80円のときに1万通貨取引>

FX口座内資金:10万円

レバレッジ計算式:取引金額(80円×1万通貨)÷10万円=8倍

以上の5つの例のように、通貨レート、取引数量、FX口座内資金額が分かれば自分でレバレッジを計算できるようになります。

今の取引がリスクが高いか否かを自己判断するのに大切な計算式ですから、しっかり頭に入れておきましょう。

 

最低取引単位とレバレッジ

上の例で少し触れましたが、取引量を1万通貨や1000通貨に設定することで、レバレッジを調整できますが、FX会社によって最低取引単位が異なります。

1万通貨が最低取引単位になっているFX会社では1000通貨単位以下の取引ができませんから、レバレッジを低くしたいならばFX口座内資金を少なくすることでレバレッジを抑えることができます。

最近は1通貨単位や100通貨単位取引ができるFX会社もあるので、FX初心者は少数単位取引でFXを始めると馴染みやすいかもしれません。

 

レバレッジ規制について

FX取引が始まった頃は、レバレッジ100倍や200倍の取引ができましたが、今は最大でも25倍までしかレバレッジを効かすことができません

高レバレッジは刺激のある取引で人気がありましたが、2008年のリーマンショック時に大損失を被ったFX投資家が少なくなく、金融庁が金融取引法を改正しました。

2010年8月には最大レバレッジを50倍に規制し、2011年8月からは現行の25倍に規制となったのです。

 

レバレッジ規制でFXを離れる投資家が多くなると予想されましたが、FXという投資法の有効性に大きな変わりはなく、今でもFX取引を始める投資家が少なくありません。

海外FX口座を利用すれば今でも100倍以上のレバレッジでFX取引ができますが、自己資金管理や安全性の面から、25倍取引でも国内口座でFX投資をするほうが賢明だという意見が多いようです。

 

PICKUP CONTENTS

トップへ