RCI(Rank Correlation Index)順位相関指数って?

RCIとは

RCI(アールシーアイ)は、Rank Correlation Indexの略語で順位相関指数と呼ばれるテクニカル指標の一つです。日付や時間と価格のそれぞれに順位をつけて両者にどの程度の相関関係があるかを計算し、相場の過熱感を測ります。

現在の株価が割安か割高かを判断するのに使われ、背景には投資家心理を数値化して売買タイミングを取るのに役立てようという発想から生まれました。

RCIは-100%から100%の間で計算され、RCIの数値が25%以下になると割安となり、75%以上になると割高だと判断されます。ここではRCIについて解説します。

 

考え方

RCIは、オシレーター系(買われ過ぎ、売られ過ぎといったことを示すテクニカル指標)とトレンド系(トレンドを追いかけるテクニカル指標)の両方の性質を持っており、一般的にオシレーター系指標は計算期間を変えても滑らかになりませんが、RCIは比較的滑らかになるという特徴があります。

 

また、RCIは計算期間を長くすればするほど滑らかになります。そしてRCIの動きは価格からやや遅れるという傾向があります。

考え方としては価格の大きさ(順位)で価格と時間の相関関係を見て、相場のトレンドの勢いや過熱度を見極めていきます。英語の直訳の通りRank=順位にCorrelation=相関性を組み合わせた証券用語です。

 

このRCIは、統計学で有名な「スピアマンの順位相関係数」を相場に応用しています。基本になるのは時間の順位と価格の順位の相関関係です。

そのため相場が高い時は時間が経過すると価格も上昇するので『正の相関』と呼び、相場が安い時は時間の経過とともに価格も下落するので『負の相関』と呼ばれています。

簡単に言うと指数は100に近づくと高値圏、0に近づくと安値圏と考えてください。期間としては13週、26週のような長期で見る場合と、9日や26日の中短期で見る場合があります。

 

計算式

RCI={1-(6×d)÷n(n2-1)}×100

dは日付の順位と価格の差を二乗して合計した値、nは期間を表しています。日付の順位は最新の日付を「1」にし、そこから遡りながら続きの順位をつけていきます。

価格の順位は計算期間中で一番高い順から「1」にして、そこら2番目に高い価格を「2」としていきます。

文章にすると分かりにくいので、以下に例を出して計算しましたので見てみましょう。

 

[例1]*2位と3位は同位なので中間をとって2.5位にしてあります。

日付と終値及び順位 日付と価格の差の二乗 d
1日目:100円(終値:5位、日付:5位) 0=(5-5)×(5-5) 0
2日目:125円(終値:2.5位、日付:4位) 2.25=(4-2.5)×(4-2.5) 2.25
3日目:110円(終値:4位、日付:3位) 1=(3-4)×(3-4) 1
4日目:145円(終値:1位、日付:2位) 1=(2-1)×(2-1) 1
5日目:125円(終値:2.5位、日付:1位) 2.25=(1-2.5)×(1-2.5) 2.25

d=6.5、期間=5(5日)を代入してみます。

RCI={1-(6×d)÷n(n2-1)}×100に上記の値を代入します。

RCI={1-(6×6.5)÷5 (25 -1)}×100

RCI=67.5となります。

[例2]

日付と終値及び順位 日付と価格の差の二乗 d
1日目:100円(終値:1位、日付:5位) 16=(5-1)×(5-1) 16
2日目:95円(終値:2位、日付:4位) 4=(4-2)×(4-2) 4
3日目:85円(終値:4位、日付:3位) 1=(3-4)×(3-4) 1
4日目:90円(終値:3位、日付:2位) 1=(2-3)×(2-3) 1
5日目:70円(終値:5位、日付:1位) 16=(1-5)×(1-5) 16

d=38、期間=5(5日)を代入してみます。

RCI={1-(6×d)÷n(n2-1)}×100に上記の値を代入します。

RCI={1-(6×38)÷5 (25 -1)}×100

RCI=‐90となります。

上記の例から100に近づくと過熱感があり売り、-100に近づくと買いと考えます。

使い方

RCIは価格の動きに沿って上下します。RCIが底打ちして上がり始めたら買い、下がり始めたら売りと考えるといいでしょう。

逆にRCIが下がり始めたら売り、上がり始めたら買いと判断してもいいでしょう。

ただし、レンジ相場(相場上売り買いが均衡し、一定の値幅で上下を繰り返すこと)ではRCIも同じように上下するので、ダマシ(売買サインが出たのに相場はそのサインとは逆方向に動くこと。Fadeoutsと呼ぶ)になる場合もあるので注意が必要です。

[買いシグナル]

順張り対応:RCIがマイナス圏からプラス圏に転じた時

逆張り対応:日柄の長いRCIとの-80%以下のゴールデンクロス

売られ過ぎの-100%に接近した後に反転上昇し始めた時

[売りシグナル]

順張り対応:RCIがプラス圏からマイナス圏に転じた時

逆張り対応:日柄の長いRCIとの+80%以上のデッドクロス

買われ過ぎの+100%に接近した後、反転下落し始めた時

*順張り:株価が上昇トレンドにある時に買い、株価が下降トレンドにある時に売るような株価の動きに合わせた売買方法のこと

*逆張り:株が急落した時に買い、株価が急騰したときに空売りするような株価の動きの方向と逆の売買方法のこと

 

期間について

実践では、短期線・中期線・長期線のクロスや転換などで売買タイミングを測ることができます。この場合短期線は2か月、中期線は3ヵ月、長期線は4か月と考えてください。

株価の場合は、小回り3ヵ月や足かけ3ヵ月と呼ばれる3ヵ月くらいの期間の上昇と下降が転換期です。そしてこの3ヵ月線を挟んだ2本の線を組み合わせて売買を考えていきます。

 

注意点

RCIは、このサイトでも解説されているRSI(Relative Strength Index/相対力指数)と類似していると言われていいます。

RSIは相場の過熱感を数値で示すために開発されたものです。どちらも数値が一定以上上昇すると割高、一定以下下落すると割安と判断されます。

いずれにしても計算期間を9日でRCIを算出するなら、9日期間の間に株価が上昇し続けると100%、下落し続けると0%になります(9日という設定は9日から15日で計算期間を設定する方が多いので便宜的に使いました)。

価格の変動幅は考慮されないので、急騰・急落といった相場の大きな変動に対しては、日数が少ないと数値の反応は鈍いというデメリットがあります。

加えてオシレーター系の指標には、長期間の上昇や下落が続く相場では機能しない場合もあります。

 

PICKUP CONTENTS

トップへ