借金減額診断とは

借金減額シミュレーターを利用する方法と仕組みを理解しましょう。

借金減額シミュレーターは、弁護士や司法書士といった借金の専門家が運営する無料のサービスです。債務整理を実行した場合に、現在の借金がどのくらい減るのかを診断してもらうことが出来ます。

今抱えている借金の悩みを何とか解決したいけれど、いきなり法律事務所に電話をしたり、直接足を運ぶのはなんだか敷居が高いですよね。

このページでは、弁護士や司法書士に借金問題を相談する入り口となる借金の借金減額シミュレーターについて解説します。

減額診断でカード情報を入力することはない

借金減額シミュレーターでは、あなたの現在の借金問題の現状を把握するためにいくつかの質問を用意しています。

診断を利用した詐欺の事例では、クレジットカードの情報を不正に聞き出そうとしたり、着手金と称して指定口座に現金を振り込ませるといった手口が確認されています。

こういった場合は間違いなく詐欺であり、業者が嘘をついていますから注意してください。

もちろん法律事務所によって若干質問の内容が異なりますが、多くの場合確認する項目は似通っています。

それでは、弁護士法人天音総合法律事務所を例に解説していきます。

まず最初に借入金額を入力します。
あなたが現在いくらの借金を抱えているのかは必ず質問されます。質問項目はYESorNO方式か、選択制の場合がほとんどです。

天音総合法律事務所の場合は借入金額については4択になっています。

借入金額を入力する
出典:弁護士法人天音総合法律事務所より

  • 0~49万円
  • 50~99万円
  • 100~199万円
  • 200万円以上

50万円を超える場合、100万円を超える場合、200万円以上で区切られています。現在の借入金額は、実際に債務整理を実行する場合にどの方法を選択するかを決める重要な質問項目となります。

次に借入期間と返済についての現状を入力します。
現在の借金をしてからどのくらいの期間が経過しているかを選択します。
最初の項目が3か月未満で、その次が3ヶ月から1年未満。1年以上となると一気に6年未満というところまで幅が広がります。4つ目の項目は借金をしてから6年以上となります。

次に返済に関する質問に回答します。返済についての項目は3つに分かれています。

  • 支払うことができるし、困っていない
  • 支払うことができるが、できれば減らしたい
  • 支払うことができない

今の借金を支払うことが出来て、困っていないのであれば、わざわざシミュレーションをする必要はありませんよね。

ですからこの質問項目で重要となってくるのは、現在の借金を減らしたいのか、現状では全く支払うことが出来ないかどうかです。

もしあなたが、借金が減額されて、月々の返済額が少なくなれば支払うことが出来るという状況であれば、現在は支払うことができないという項目を選択してください。

借金を減らしたいのであれば、任意整理や個人再生が選択肢として挙がりますが、全くどうすることも出来ないのであれば自己破産も検討することになります。

もちろん、現在借金を支払うことが出来なくても、弁護士や司法書士に相談する過程で、自己破産を避けて借金を返済する道を乱せる可能性もあります。

借金の返済についての質問
出典:天音総合法律事務所より

質問に答えるのはここまでで、最後に今住んでいる都道府県や年齢を入力します。

天音総合法律事務所は全国対応ですから、47都道府県すべてで選択することが出来ます。それどころか、海外という選択肢もあることに驚きです。

年齢の項目は大きく分けると3つに分かれています。まず19歳以下という項目。要は未成年かどうかですね。また65歳以上の場合も選択肢が設けられています。

メールアドレスにお関してはフリーメールで問題なく登録が可能です。電話番号は、携帯電話でも固定電話でもどちらでも問題ありません。

しかし身内に知られたくない場合や、後々連絡が取りやすいのは携帯電話です。また苗字を入力する項目があり、こちらは匿名でも構いません。

しかし、匿名で入力する意味もメリットもありませんので、本気で相談したいのであれば本名で何も問題ありません。

天音法律事務所は、債務整理をはじめとする借金問題の解決を得意としている大手の法律事務所ですので、きちんと事務所概要が記載されています。

事務所名 弁護士法人天音総合法律事務所
所属弁護士会 第一東京弁護士会
代表者 正木 絢生(第一東京弁護士会・第56463号)
事務所所在地 永田町オフィス:東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町3階

日本橋オフィス:東京都中央区日本橋堀留町2-3-14 堀留THビル10階

借金相談をすると謳う2chの書き込みにも注意

借金減額シミュレーターの口コミを探している方であれば、2chや知恵袋を見ることもあるかと思います。

しかしなかには、診断を無料ですると謳って電話番号が記載されているような書き込みを見つけることがあります。

しかし正規の法律事務所が2chに相談窓口を作ることはあり得ません。決して連絡することのないようにしましょう。

法律事務所のHP以外に、借金問題を相談できる窓口はいくつかあります。そのうちの一つが法テラスです。

法テラスでは、借金・貸付の問題についての適切な相談窓口を無料で案内してくれます。

お金にまつわる法律や制度は難しくて、困ったことはありませんか。
気軽にお金を貸し借りして、後で困った事ありませんか。
どこに、だれに相談して良いのか分からなくて悩んだことはありませんか。
→法テラスでは、お困りごとに応じて、問題を解決するための法制度や手続き、適切な相談窓口を無料でご案内します。
法テラスより引用

また各弁護士事務所でも案内ページを作成しているところもあります。

弁護士法人・響

弁護士法人・響
弁護士法人・響は、新宿を中心に全国4カ所にオフィスを構える弁護士法人です。
新宿には、西新宿オフィス新宿御苑オフィスがあり、都内の方は特にアクセスのしやすい場所です。

大阪オフィスは大阪市中央区に位置し、最寄り駅は堺筋線の北浜駅か堺筋本町駅です。

弁護士法人・響は福岡にもオフィスを構えており、福岡市中央区舞鶴に福岡オフィスがあります。最寄り駅は地下鉄空港線の赤坂駅です。

取扱業務は幅広く、特に債務整理に強い法律事務所です。借金に関する相談料は無料で初期費用は発生しません。

実際に任意整理を行う場合の費用についてですが、着手金が10,000円〜(税別)、解決報酬金が10,000円〜(税別)、借金の減額が実現した場合には減額報酬金として減額分の10%(税別)が弁護士費用となります。

また弁護士法人・響では完済過払いの請求も可能です。完済過払いの着手金は0円、解決報酬金は20,000円(税別)です。

過払い金の返還がなされた場合は、過払報酬金として返還額の20%(税別)が弁護士費用として発生します。また過払い金請求が訴訟に発展した場合の報酬金は25%(税別)となります。

弁護士法人・響の強みは以下の通りです。

弁護士法人・響の債務整理サポートチームなら

  1. 借金の督促STOP可能
  2. ご依頼頂きましたら、速やかに借入先の金融会社に介入通知を送りますので、借金の督促をSTOPすることが可能です。

  3. 24時間・365日、相談受付。全国対応
  4. どこの方でもすぐに相談できるように、弁護士法人・響では、24時間365日、全国エリアのご相談を受け付けております。

  5. 相談料0円・分割払い可能
  6. ご相談は0円、弁護士費用も分割でお支払い頂けますので、初期費用は必要ございません。安心してご相談ください。

債務整理|取扱業務・費用より引用。

弁護士法人響の公式HP
公式HPにある通り、弁護士法人・響は全国対応していますので、名古屋の方でも相談可能です。

弁護士法人・響の代表弁護士と所属弁護士数

弁護士法人・響の代表弁護士は西川 研一先生です。

西川 研一先生のプロフィール

所属弁護士会:第二東京弁護士会
登録番号:第36318号
取材・監修・インタビュー
メディア実績一覧

所属は第二東京弁護士会で、2020年4月から第二東京弁護士会の副会長に就任されています。(概要・あゆみ|第二東京弁護士会を参照)

第二東京弁護士会副会長

西川 研一先生はyoutubeやブログでも情報を発信されているようです。

弁護士法人・響に所属する弁護士数は2020年9月時点で19名、顧問弁護士として第二東京弁護士会の大川原 栄先生、同じく第二東京弁護士会の深澤 諭史先生、大阪弁護士会の廣瀬 勝人先生の3名が所属されています。

弁護士法人天音総合法律事務所

天音総合法律事務所
弁護士法人天音総合法律事務所は、東京都の永田町と日本橋にオフィスを構える弁護士法人です。

永田町オフィスの最寄り駅は永田町駅で、4番出口を出てすぐの位置にあります。

日本橋オフィスは、日本橋堀留町に位置しています。

その為、東京メトロ日比谷線であれば小伝馬町駅が最も近くなります。都営浅草線であればA4出口が一番近くなります。

天音総合法律事務所も全国エリア対応で債務整理を取扱業務としています。

借金がいくら減額できるかといった相談に関して費用が発生することはありません。

任意整理にかかる費用は着手金が1社につき10,000円~(税抜)、報酬金として和解報酬が10,000円~(税抜)、減額報酬は減額分の10%(税抜)と、弁護士法人・響と差はありません。

天音総合法律事務所も過払い請求に対応しており、費用は弁護士法人・響と同条件です。

天音総合法律事務所の代表弁護士と所属弁護士数

天音総合法律事務所の代表弁護士は正木絢生先生です。所属は第一東京弁護士会で各メディアの取材実績も豊富な先生です。

正木絢生先生のプロフィール

所属弁護士会:第一東京弁護士会
登録番号:第56463号
取材・監修・インタビューについてはメディア実績一覧

天音総合法律事務所の代表弁護士
出典:弁護士紹介|弁護士法人天音法律事務所

天音総合法律事務所に所属する弁護士数は2020年9月時点で8名、顧問弁護士として東京スカイパーク法律事務所大川原 栄先生が所属しています。

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク総合法律事務所
弁護士法人サンク総合法律事務所は、テレビのCMなどでもおなじみの法律事務所です。事務所は東京のみですが、全国各地で無料出張相談会を行っています。

東京オフィスは中央区八丁堀に位置し、最寄り駅は都営浅草線の宝町駅です。東京メトロ日比谷線でしたら八丁堀駅が最寄り駅です。

サンク総合法律事務所の場合も相談料は無料で、初期費用は掛かりません。任意整理の費用は、着手金が債権者1件につき10,000円〜(税別)、報酬金が債権者1件につき10,000円〜(税別)、減額報酬金は減額分の10%(税別)です。

完済過払い請求を行う場合の着手金は0円、報酬金は債権者1件につき¥19,800(税別)です。また過払い金報酬は過払い金回収額の20%(税別)、減額報酬は0円です。ただし訴訟となった場合は過払い金回収額の25%(税別)が過払い金報酬となります。

サンク総合法律事務所の代表弁護士と所属弁護士数

サンク総合法律事務所に所属する弁護士数は2020年9月時点で6名です。

樋口 卓也先生のプロフィール

樋口 卓也先生
所属弁護士会:第二東京弁護士会
登録番号:第29906号
取材・監修・インタビュー
日刊大衆
J-CASTニュース

有料の場合は詐欺の可能性が高い

借金減額シミュレーターでいくら負担が軽くなるのかを知ることが出来るのは嘘ではありません。

しかしなかには詐欺まがいの怪しい業者も存在します。そのような業者は本来無料のサービスであるにもかかわらず、診断料や専門家の相談料が必要だと嘘をついてきます。

ですから、信頼できる診断サービスを選ぶためにも以下の3つのポイントを確認してください。

  • 運営会社の情報を公開しているサイトを選ぶ

運営会社の情報をオープンにしているサイトを選びましょう。
特に次の項目は必ず確認してください。
これらの情報がわかりやすく表記されていないところは悪徳業者の可能性がありますので注意してください。

  • 無料で利用できるシミュレーターを選ぶ

基本的に大手法律事務所は借金減額の試算サービスは無料で提供されています。
有料の場合は詐欺サイトや悪徳業者である可能性が高くなりますので、絶対に利用しないでください。

  • 複数のサービスを利用する

複数の申し込みをおすすめする理由は2つあります。

1つ目は複数の試算結果を得て比較することで、どのサービスが信頼できるのかを見極めることができるからです。2つ目は実際に債務整理に進む際にどこに依頼するかの選択肢が増えるからです。

債務整理に進むことになると依頼する弁護士や司法書士と面談を行い、手続きを開始します。試算結果を詳しく聞く日程やその後の面談のタイミングは担当してくれる弁護士などと相談するのですが、すぐに都合が合うとは限りません。

複数のサービスを並行して活用していれば、少しでも早く手続きを開始できる事務所を選ぶことができます。

また、何度か面談を重ねる中で担当の弁護士や司法書士との相性が良くないと感じた時に、スムーズに他の事務所に変更することができるからです。

借金減額シミュレーターにもデメリットがある

借金減額シミュレーターを利用する一番のメリットは匿名で利用できる点でしょう。
借金に関する相談は弁護士事務所へ出向いて行うこともできますが、その場合は面談形式となるため本名や住所などの個人情報を明かす必要があります。

特にまだ債務整理をするかどうか決めきれていない方は、匿名でも利用できるため利用障壁は低いといえます。

無料で利用できる点も強みです。お金が発生するのは実際に債務整理の依頼が決まってからなので、シミュレーターの結果を聞きながら相談する段階でもお金はかかりません。

診断はインターネットで行いますので、移動中の電車内や仕事の休憩中などのスキマ時間を利用することができます。

多くのシステムは5~7つの質問に答えるだけの形式ですので、申し込みに要する時間は5分もあれば十分です。

2010年6月の改正貸金業法完全施行より前からカードローンやキャッシングを利用していた方は、過払い金が見つかる可能性もあります。

過払い金は本来支払う必要がなかったのに払い過ぎてしまった利息のことで、完済済みの方でも完済してから10年以内であれば返還請求を行うことができます。

弁護士や法律事務所にはそれぞれ得意としている分野がありますので、債務整理をあまり得意としていない事務所に依頼してしまうと返済の負担が全く減らなかったという結果にもなりかねません。

けれども、債務整理に強い事務所を紹介してもらえば失敗することはありません。

また、紹介されても申し込みは強制ではありませんので、診断結果や紹介された弁護士との相性によって依頼を決めることもできます。

唯一デメリットを挙げるとすれば、メールアドレスと電話番号の入力が必須項目にあることでしょうか。

メールアドレスの入力は試算結果の受け取りに必要であることがわかりますが、電話番号を明かすことに抵抗のある方もいるでしょう。

業者によっては申し込みした直後に電話がかかってくることがあります。それは借入状況を電話で詳しく聞き取ることで、より正確な計算結果を得るためです。ちゃんとした業者に申し込めば情報漏洩の心配は全くありませんので安心して入力してください。

メールアドレスの入力に抵抗を感じる方は、専用のフリーメールアドレスを新たに取得して利用すれば安心できるのではないでしょうか。

通知される結果はあくまでも試算ですので、実際に債務整理をした場合に同じ結果になるとは限りません。

なぜならば、借金の状況だけでなく債務整理の経過によっても実際の金額は大きく変わるからです。

弁護士や司法書士は債務整理のプロではありますが、専門家をもってしても正確な金額は実際に債務整理をしてみるまではわからないのです。

借金の悩みにつけこもうとする悪質なサイトが存在するのも事実です。悪質な業者を利用してしまうと、紹介された弁護士の報酬が高すぎたり知らぬ間に闇金に手を出すよう誘導されてしまったりと返済の負担
を減らすはずがさらに苦しい状況に追い込まれてしまうこともあります。

申し込み後の電話がしつこい場合の対処法

まず、法律の専門家に相談をする上でのメリットは、法律にのっとって現在の借金の負担を減らせる点です。

借金を減らせるだけでなく、債務整理の手続き中は借金の返済や督促自体が止まりますので、精神的にもかなり楽になります。

もちろんこの間に生活を立て直していくという大変さはありますが、借金の返済が止まることで生活上の負担もかなり軽減されます。

ではデメリットはあるのでしょうか。まずデメリットかどうかは人それぞれですが、借金について法律事務所に相談をする窓口ですから、

申込をした後に必ず電話がかかってきます。もちろん最初の電話に出なくても、メールでやり取りすることは可能です。

電話がしつこいのではないかという心配をしている人も居るかと思いますが、借金問題を専門家に相談したい人はごまんといますので、そんなに何回も何回もしつこく電話をかけてくることもありません。これは私の経験上ということもありますが実際はそんなものです。

しかし、本気で借金問題に取り組むのであれば、専門家と直接話をしてアドバイスを受けるのが賢明です。

ですから診断自体にデメリットはありません。しかし債務整理を実行するとなると、法的な制限やデメリットも生じてきます。

債務整理後にどのようなデメリットが生じるかも、法律事務所では詳しく教えてくれますので、まず相談することが今後の生活を立て直していくうえでの最大のきっかけになると言えそうですね。

高すぎる着手金や成果報酬には要注意

借金減額シミュレーターの内容を送信すると、まず登録したメールに受付完了の連絡が入ります。

ほどなくして法律事務所から電話がかかってきます。ですから、すぐに電話が受け取れない状況の場合は、メールでその旨を伝えてやり取りをするのも良いです。

すぐに相談に入りたい場合は、電話でのやり取りの方が間違いなくスムーズです。

無料相談をする段階では、ブラックリストに入るなんてことはあり得ませんし、そのようなデメリットはありませんからご安心を。

診断や相談に費用はかかりませんが、専門家と話をしてみて実際に債務整理を実行するとなった場合に初めて費用が発生します。

天音総合法律事務所を例にすると、任意整理の費用としてまず発生するのが着手金です。任意整理の場合の着手金は税別1万円~となっています。

1万円からとなっているのは、法人の場合は費用が異なる可能性があるからです。

また、債権者一件につき1万円ですので、複数社から借り入れしている場合は着手金の額も増額されます。

実際に任意整理を完了した場合にかかってくる費用が和解報酬金です。報酬金も債権者一件あたり税別1万円~となっています。

ですから、任意整理を実行する前に必要な費用というのはほとんどかからないと言えます。

任意整理が済んだ段階で、減額報酬というのが別途発生しますが、これは借金減額分の10%程度となります。

また同時に過払い金請求を行う場合は、過払報酬として過払い金返還額の20%を報酬金に充てます。過払い金請求が訴訟に発展した場合は、返還額の25%が返還報酬となります。

個人再生と自己破産の場合は報酬金が異なりますので、必要性がある場合は専門家から説明を受けることとなります。

まとめ

  • 初めての債務整理で何から始めればよいかわからない人
  • 債務整理をするかは未定だが、最終手段として債務整理できるかを知りたい人
  • 借金の返済がつらくて誰に相談したら良いかわからない人
  • 過払い金があるかどうか知りたい人

債務整理と聞くとなかなか踏み切れない方も多いと思いますが、一度誰かに相談するだけでも安心できるものです。

診断結果は電話かメールで通知されますので、周りの誰かに知られてしまうこともありません。

当てはまると感じた方は借金減額シミュレーターの利用をおすすめします。