セゾンゴールド・アメックスの審査難易度や年会費は?コスパ最強のアメックスカード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンがアメリカン・エキスプレスと提携して発行しているゴールドカードです。

アメックスの名が付くゴールドカードであるにも関わらず、年会費も安めで、アメックスの一流の付帯サービスも受けることができます。

クレジットカードの中でも、非常にコスパの高い部類に入るカードですので、使い勝手の良さで高い評価を得ています。

 

今回は、そんなセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの審査難易度、そしてコストパフォーマンスの良さについて説明していきたいと思います。

セゾンゴールド・アメックスの特徴まとめ

  • 年会費10,000円(税抜)
  • アメックスの提携ゴールドカード
  • 有効期限が無期限のポイントが貯まる
  • セブンイレブンでnanacoが貯まる
  • プライオリティパスを優待価格で利用可能
  • 最高5,000万円の海外旅行傷害保険
  • 航空機遅延費用の補償付き

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費10,000円(税別)で持てるアメックスの提携カードです。

アメックス提携ゴールドカードとしてのステータスと、セゾンシリーズのゴールドカードとしてのお得さがうまく組み合わさったカードとして人気があります。

海外旅行傷害保険に関しては、本家アメックスを上回る補償内容を実現していて、その内容はプラチナカード級です。

それだけでなく、貯まるポイントは有効期限が無いポイントですし、セブンイレブンでの利用でnanacoポイントも貯めれます。

SAISON MILE CLUBに登録すれば、JALマイル付与率1.125%のカードにもなります。

コストパフォーマンスに優れたゴールドカードを探しているのであれば、セゾンゴールド・アメックスはオススメの1枚です。

セゾンゴールド・アメックスの審査難易度

審査の難易度はどれぐらいなのか

セゾンゴールド・アメックスは、アメックスと名の付くゴールドカードですから審査の難易度もかなり高く思われがちです。

しかし、実際に審査を行っているのは、発行元であるクレディセゾンが行っていますので、そこまで審査は難しくありません。

審査のレベルで言うと、銀行系ゴールドカードの審査難易度に近いと思われます。

一般的な年収とクレヒスに問題が無ければ、審査に通過できる可能性が十分ありそうです。

 

クレセィセゾンは、信販会社ですのでどちらかというと、クレヒスを重視しているように思われます。

実際に審査に落ちた方の口コミなどを見ていると、やはり過去に延滞等の問題がある方が多いです。

セゾンゴールド・アメックスの審査基準

セゾンゴールド・アメックスの審査基準は公式に発表されているものは以下の基準しかありません。

  • 年齢20歳以上
  • 電話連絡が可能な方
  • 提携金融機関に決済口座を持っている方

年収や職業、勤続年数等に関しては、明確な基準が分かりません。

しかし、昔からゴールドカードの基準は「30歳以上、年収500万円」だと言われています。

セゾンゴールド・アメックスが20歳以上から申し込めること、審査会社が信販会社のクレディセゾンであることを勘案すると、年収は400~450万円程度は必要かなと思います。

セゾンゴールド・アメックスのコスパが最強な理由とは

コスパが最強なイメージ

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴は何より「コスパが最強」であるということです。

セゾンゴールド・アメックスが「コスパ最強」と言われるのには、理由があります。

それでは、セゾンゴールド・アメックスの「コスパが最強」な理由を解き明かしていきましょう。

年会費の割にメリットが多い

コスパが良いということは、年会費の割にメリットが大きいということですよね。

年会費とメリットの関係を中心に見ていきたいと思います。

セゾンゴールド・アメックスの年会費

コスパが最強なのであれば、年会費は安くないと話になりませんよね。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードという名前を聞くと、年会費はすごく高そうに感じませんか?

セゾンゴールド・アメックスの年会費は以下の通りとなっています。

  • 本会員:10,000円(税抜)
  • 家族会員:1,000円(税抜)

セゾンゴールド・アメックスの年会費はゴールドカードとしては平均的です。

ただ、このカードのスペックを考えると、10,000円の年会費はかなり安く感じるのではないでしょうか。

アメックスのゴールドカードである

アメリカン・エキスプレス(AMEX)といえば、ハイステータスの国際ブランドの代名詞です。

アメックスのカードには、プロパーカードと提携カードがあり、セゾンゴールド・アメックスも提携カードの一つです。

アメックスの提携カードは数多くありますが、アメックスが発行まで関与している提携カードはセゾンアメックスシリーズしかありません。

その証拠に、券面にはアメックスのシンボルである「センチュリオン」が描かれ、アメックスでしか受けられないサービスもセゾンゴールド・アメックスの会員であれば受けることができます。

アメックスプロパーの年会費と比較

セゾンゴールド・アメックスの年会費が安いかどうかというのは、アメックスプロパーとの比較でよく分かります。

アメックスプロパーのゴールドカードである、「アメックス・ゴールド」の年会費は29,000円(税抜)です。

その下位カードである「アメックス・グリーン」の年会費ですら12,000円(税抜)なのです。

そう考えると、セゾンゴールド・アメックスは、アメックスのゴールドカードでありながら年会費10,000円(税抜)で持てるのです。

セゾンゴールド・アメックスの年会費が、いかに安いかが分かると思います。

付帯サービスも充実!

付帯サービスの面でも、セゾンゴールド・アメックスのコストパフォーマンスの良さが表れています。

アメックスの特典を受けれる

先ほども説明した通り、アメックスならではの付帯サービスの一部を受けることができるという点もコスパの向上に大きく寄与しています。

セゾンゴールド・アメックスで受けることができる特典を以下にまとめておきます。

  • アメリカン・エキスプレス・コネクト(優待情報などを確認できる会員専用サイト)
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト(会員限定の優待プログラム)
  • アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス(クレディセゾンとJTBグローバルアシスタンスとが共同で運営する「海外トラベルデスク」)

どれもT&Eカード(トラベル&エンターテイメントが充実しているカード)と言われるアメックスならではの特典で魅力的なものばかりが揃っています。

ゴールドカードセゾンとの比較

クレディセゾンが発行しているゴールドカードには、「セゾンゴールド・アメックス」の他に「ゴールドカードセゾン」というものがあります。

発行元が同じですから、受けられるサービス等も非常に似ていて、年会費も同じです。

ただ、先ほども言いましたが、セゾンゴールド・アメックスはアメックスと提携しているので、アメックスのサービスを一部受けることができます。

ゴールドカードセゾンでは、アメックスのサービスは受けることができません。

そして、ゴールドカードセゾンより海外旅行保険の内容が大幅にアップしているのです。

海外旅行傷害保険が最大3,000万円から最高5,000万円にグレードアップしています。

セゾンゴールド・アメックスがコスパ最強な理由まとめ

年会費は10,000円(税別)で、

  • アメックスのゴールドカードである!(アメックスゴールドは年会費29,000円)
  • アメックスの特典も受けられる!(アメックスグリーンの年会費は12,000円)
  • ゴールドカードセゾンより海外旅行傷害保険が大幅に充実!(ゴールドカードセゾンと年会費は同じ)

上記の他にも、還元率と旅行傷害保険の内容は本家アメックスよりも上と言っても過言ではありません!

「セゾンゴールド・アメックス」は、ゴールドカードとしての役割を十分に果たしながら、アメックスの特典も受けることができる、コストパフォーマンスに特化したゴールドカードなのです。

まだまだある!セゾンゴールド・アメックスのメリット

メリットがまだまだたくさんあるイメージ

セゾンゴールド・アメックスを持つことで得られるメリットは他にもまだまだありますので紹介していきます!

フライト関連のサービスが優秀!

セゾンゴールド・アメックスはゴールドカード級のサービスを一通り揃えていますが、中には、プラチナ級のサービスが付帯しているものもあります。

それが、フライトに伴う費用補償です。

  • 航空機遅延費用等(出発遅延費用等、乗継遅延費用補償)(最高3万円)
  • 航空機寄託手荷物遅延費用補償(最高10万円)

この航空機遅延費用等の補償は、通常プラチナ級のカードにしかついておらず、ゴールドカードで付帯しているカードは珍しいと言えます。

海外旅行に行くと、航空機の遅延って割とありますし、本当に困りますよね。

そんな際に、出発時の遅延、乗り継ぎ時の遅延、乗り継ぎ時に手荷物が間に合わなかった時の補償が付帯しています。

 

また航空機遅延費用は最大3万円まで、手荷物遅延費用は最大10万円まで補償をしてくれます。

この補償額に関しては、同じ補償が付帯している他社プラチナカードを上回る水準であり、セゾンゴールド・アメックスの大きなメリットとなっています。

有効期限の無い「永久不滅ポイント」が貯まる

セゾンゴールド・アメックスは、有効期限のない「永久不滅ポイント」を貯めることができます。

永久不滅ポイントは、1,000円の利用につき1.5ポイント付与されます。

1ポイント=5円で換算されるため、ポイント還元率は0.75%ということになります。

ショッピング利用でマイルを貯められる

実は、セゾンゴールド・アメックスは「JALマイル」が効率よく貯まるゴールドカードとして密かに人気です。

というのも、マイル還元率を1.125%まで引き上げる方法が存在するからです。

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)

セゾンゴールド・アメックスでは、ショッピングで貯まった永久不滅ポイントを自動的にJALのマイルに移行できる「SAISON MILE CLUB」(年会費4000円)に登録することができます。

このサービスは、ゴールド以下のセゾンパールやセゾンブルーでは利用できません。

マイル還元率は11.25%になる!

このSAISON MILE CLUBに登録することで、本来貯まる永久不滅ポイントはすべてJALマイルへと交換されます。

SAISON MILE CLUBに登録すると、1,000円の利用につき10マイルが付与されます。

1,000円の利用でJALマイレージが10マイル貯まるのは、JALカードを除くとゴールド以上のセゾン・アメックスだけです。

 

さらにSAISON MILE CLUB優遇ポイントとして、2000円の利用につき1ポイントの永久不滅ポイントも貯まります。

会員限定サイト「Netアンサー」内で、貯まった永久不滅ポイントをJALマイル(1ポイント=2.5マイル)に交換することもできますから、より効率的にJALマイルが貯まります。

つまり、2,000円の利用で22.5マイル貯まるので、マイル還元率は1.125%になります。

事前登録でnanacoポイントが自動で貯まる

飛行機に乗る機会も少ないという方は、nanacoポイントを効率よく貯めることもできます。

「Netアンサー」という会員専用サイトから事前登録を行うことで、セブンイレブン、イトーヨーカドーでのお買い物(カード利用)時にnanacoポイントが自動的に貯まります。

nanacoポイントは利用金額100円(税込)につき1ポイント貯まります。

当然、永久不滅ポイント(還元率0.75%)も貯まりますから、とてもお得です。

つまり、セブンイレブン、イトーヨーカドーでセゾンゴールド・アメックスを利用してお買い物をすると、ポイント還元率1.75%になるということです。

海外でのポイントは2倍!

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードには、海外でのポイント優遇があります。

海外でカードを使ってショッピングした場合には、通常の2倍の永久不滅ポイント(1,000円につき2ポイント)が貯まります。

海外旅行がポイントを貯める絶好のチャンスにもなりますから、喜びも倍増します。

プライオリティパスを優待価格で利用可

プライオリティ・パスで利用できるラウンジ

セゾンゴールド・アメックスも他のゴールドカードと同様に空港ラウンジサービスを受けることができます。

国内主要28カ所の空港とハワイ・ホノルル空港のラウンジが対象です。

 

さらに、セゾンゴールド・アメックス会員であれば、「プライオリティ・パス」を優待価格で利用することができます。

プライオリティパスとは、世界130か国500都市1000か所以上のラウンジを利用することができるようになるサービスです。

そのプライリティパスの最上級資格である「プレステージ会員」の権利を優待価格にて手に入れることができます。

通常価格の約4分の1!

通常、プライオリティパスを利用するには、年会費が399USドルかかります。(約40,000~45,000円)

しかし、セゾンゴールド・アメックス会員であれば、年会費10,000円(税抜)で利用することができます。

ただ、セゾンゴールド・アメックスの上位カードである「セゾンプラチナ・アメックス」は年会費20,000円(税抜)で、プライオリティパスが無料で利用できます。

インビテーション(招待)制のカードになっているため、セゾンゴールド・アメックスで利用実績を積み、セゾンプラチナ・アメックスにグレードアップしてから利用するのもおすすめです。

プライオリティパスは、よく海外に行かれる方にとっては、空港での時間を劇的に変えてくれるサービスです。

海外旅行保険は本家アメックス以上!

セゾンゴールド・アメックスの旅行保険の内容は、本家アメックスに負けるとも劣らない内容となっています。

セゾンゴールド・アメックスの旅行保険の内容をいかに表にまとめておきます。

海外旅行保険(自動付帯)

担保項目 保険金額
本会員 家族会員
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 1,000万円
傷害治療費用 300万円 300万円
疾病治療費用 300万円 300万円
賠償責任 3,000万円 3,000万円
携行品損害 30万円 30万円
救援者費用 200万円 200万円
航空機寄託手荷物遅延費用 10万円 10万円
航空機遅延費用等 3万円 3万円

セゾンゴールド・アメックスの海外旅行保険の特徴は、家族会員の補償の手厚さです。

海外旅行保険で一番重要な項目とされる「傷害治療費用」「疾病治療費用」の保険金額が最大300万円まで保障されるのは、もはやプラチナカード級です。

また、先ほども説明した「航空機寄託手荷物遅延費用」の最大10万円まで補償してくれるのもプラチナ級の保障額となっています。

国内旅行傷害保険(利用付帯)

担保項目 保険金額
本会員 家族会員
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 1,000万円
入院日額 5,000円 5,000円
通院日額 3,000円 3,000円

国内旅行傷害保険においても、セゾンゴールド・アメックスは入院費用・通院費用まで保障してくれます。

本家のアメックス・グリーンには、入院費用・通院費用の保障はついていません。

最短3営業日発行可能

セゾンゴールド・アメックスは、申込から発行までのスピードが早いことも特徴です。

申込から発行までの時間が長いと待ちきれなくなりますよね。

セゾンゴールド・アメックスの場合、オンラインで申し込みを完結させれば、最短3営業日でカードの発行が可能です。

セゾンゴールド・アメックスのデメリット

デメリットはあるの?

ここからは、セゾンゴールド・アメックスのデメリットに関しても触れておきます。

①ステータスでは本家アメックスに劣る

セゾンゴールド・アメックスは、コスパ面では最強ですが、ステータス面では、アメックスプロパーには及びません。

券面とサービスこそ、アメックスのステータス性を帯びていますが、プロパーカードと提携カードのステータスの差は依然としてあります。

 

クレジットカード選びにおいて、ステータス性を重視される方であれば、本家アメックス・ゴールドカードをおすすめします。

最終的には、ブラックカードまで続くので、とことんステータスを追求することができるでしょう。

ただし、ステータス性よりもコスパを重視される方は、間違いなく「セゾンゴールド・アメックス」をおすすめします。

②追加費用がかかる

SAISON MILE CLUBにしろ、プライオリティパスにしろ、非常に優れたサービスなのですが、追加費用がかかります。

 

JALマイルを本気で貯めたいのであれば、JALカードを別途持った方が早く貯まります。

また、プライオリティパスの利用に関しても、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス」は無料で発行できます。

カードを使い分けるのが面倒で、1枚のカードに集約させたいという方にはセゾンゴールド・アメックスはおすすめです。

しかし、カードを使い分けて効率性を追求したいという方は、そのあたりも含めて検討された方がいいかもしれません。

申込から審査、カード受け取りまでの流れ

ここでは申込みから審査、カード受け取りについて見て行きます。

申込方法

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、学生を除く20歳以上の電話連絡可能な人が申し込みできます。

オンライン申し込みが可能になっており、インターネットの申し込みフォームに必要事項を記入して送信すれば、申し込みが完了します。

申し込み後は、通常、30分以内に受付完了メールが届きます。

審査

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンパールやセゾンブルーの上位ランクに位置するカードですから、これらのカードよりも審査難易度は高くなっています。

既にパールやブルーのカードを持っている人がゴールドにランクアップを希望する場合には、延滞等がなく、良好な利用実績を積んでいれば、たいていは審査に通ります。

 

なお、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレスのプロパーカードに比べれば、審査が甘くなっています。

他のアメックス提携カードに比べても取得しやすいカードですから、アメックスブランドのゴールドカードを手に入れたいけれど審査に通るかどうか不安という人も申し込みしやすくなっています。

 

インターネットからセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込んだ後は、当日ないし翌日にはクレディセゾンから申し込み内容の確認の電話がかかってきます。

電話確認ができればほとんどの場合すぐに審査が完了し、審査完了メールが届きます。勤務先への在籍確認が行われるケースは少なくなっています。

審査が不安な場合

セゾンゴールド・アメックスの審査に不安を覚える方は、セゾンパール・アメックスもしくは、セゾンブルー・アメックスで利用実績を積むところから始めましょう。

 

セゾンパール・アメックスは、セゾンアメックスシリーズ唯一の年会費無料のカードです。相変わらずコストコでも使えますし、審査基準もセゾンアメックスの中では、一番易しいです。ただ、旅行傷害保険は付いていません。

 

セゾンブルー・アメックスは、セゾンパールに不足していた旅行傷害保険を付帯させたカードだと思ってください。

セゾンブルーの旅行傷害保険の内容はゴールドカード並で、非常に定評があります。

年会費は3,000円かかりますが、キャンペーン期間中の入会であれば、26歳になるまで年会費は無料になるのでコスパは高いです。

カード発行

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの発行は、審査完了メールが届いた翌日から数えて最短3営業日後となります。

クレディセゾンのカードを申し込むのが初めての場合には、郵便局の本人限定受取郵便でカードが送られてきますので、本人確認書類を提示して受け取る必要があります。

セゾンゴールド・アメックスでは在籍確認の電話はあるのか?

在籍確認の電話があるのかどうか

セゾンゴールド・アメックスは、申込時に在籍確認の電話はあるのでしょうか。

最近は、在籍確認をせずにクレジットカードを発行するケースが増えている中、実はセゾン系のクレジットカードは必ず在籍確認が行われるカードとして知られています。

ただ、セゾンカードは勤務先の職場に電話をかけてくるのではなく、申込時に記入した携帯電話番号にかけてきます。

在籍確認というよりは、本人確認に近い意味合いです。

また、まれに職場に在籍確認の電話がかかってくることもあるようです。

職場に在籍確認をされたなくない人に向いてる

何らかの理由で、できることなら職場に在籍確認をされたくないという方もいると思います。

そういった方に関しては、セゾンカードシリーズは向いていると言えます。

ただ、「絶対に携帯電話にかかってくる、職場への在籍確認なし」とは言い切れませんので、その点だけは注意しておいてください。

セゾンゴールド・アメックスに関する基本情報

セゾンゴールド・アメックスの基本情報に関して、以下に表でまとめておきます。

発行会社 株式会社クレディセゾン
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
年会費 初年度年会費無料
翌年度以降10,000円(税別)
利用限度額 30~300万円
キャッシング枠 契約者ごとに異なる
支払方法 1回払い、2回払い、リボルビング払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い
支払日 毎月末日締翌々月4日払い
家族カード 発行可能(年会費1,000円)
ETCカード 発行可能(発行手数料無料・年会費無料)
セゾンカウンターで即日発行可能
付帯サービス
  • 海外旅行傷害保険(最高5000万円、自動付帯)
  • 国内旅行傷害保険(最高5000万円、利用付帯)
  • 空港ラウンジサービス
  • プライオリティ・パス年会費優遇
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 海外用Wi-Fi・携帯電話レンタルサービス
  • ショッピング安心保険
  • オンライン・プロテクション
  • セゾン弁護士紹介サービス

まとめ

セゾンゴールド・アメックスがおすすめの人はどのような人なのかを以下にまとめてみました。

  • コスパ重視でクレジットカードを探している方
  • アメックスのゴールドカードが欲しい方
  • メインカードでJALマイルを貯めたい方
  • 海外旅行によく行かれる方(旅行保険とフライト関連補償が充実!)

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンのお得なところと、アメックスの高いステータス性とサービスを兼ね備えたクレジットカードです。

アメックスの名を冠したゴールドカードであるにも関わらず、年会費は10,000円(税抜)と抑えられています。

さすがにアメックスプロパーのステータスには敵いませんが、券面のオシャレさや、受けられるサービスは他のゴールドカードを凌ぎます。

コスパを最重視してゴールドカードを選ぶのであれば、セゾンゴールド・アメックスは最強の1枚です!

PICKUP CONTENTS

トップへ