ANA JCBワイドゴールドカードの審査難易度や年会費

ANA JCBワイドゴールドカードは、ANA JCBワイドカードの特典はそのままに、さらにワンランク上のサービスが付帯したカードです。

ゴールドカードならではの空港ラウンジ無料サービスはもちろん、旅行傷害保険も最高1億円と手厚すぎる保険が付帯されているのが特徴です。

 

もちろん、サービスだけでなく、効率よくマイルをためることもできるのでこれ1枚で十分なメインカードとして機能するクレジットカードとなっています。

今回は、ANA JCBワイドゴールドカードのおすすめポイントや審査難易度、年会費などについてご紹介します。

ANA JCBワイドゴールドカードの特徴

年会費14,000円!家族会員は年会費4,000円

ANA JCBワイドゴールドカードの年会費は14,000(税別)です。

JCBオリジナルシリーズのゴールドカードの年会費が10,000円ですので、割高に感じますが、実際は毎年継続してカード会員でいるだけで継続ボーナスとして2,000マイルが獲得できるので、1マイルを2円として換算すると4,000円分のマイルが還元されることになります。

つまり、実質の年会費10,000円くらいで持ち続けることができるということです。

 

オリジナルシリーズのゴールドカードでもためたポイントで航空マイレージに交換できますが、ANA JCBカード会員の方には専用のマイル交換コースが用意されているので、移行レートがはるかに良く設定されています。

だからANAのマイルをためている方でしたら専用のANA JCBカードシリーズを所有することでかなり効率よくマイルをためることができるのでオススメです。

 

ANA JCBワイドゴールドカードは家族カードの発行が可能です。家族会員の年会費は4,000(税別)です。

申込み資格は、本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方となります。

1,000円につき貯まる1ポイント。1ポイント=10マイルの高レートで交換可能!

JCBカードでショッピングをした場合、カードの利用金額合計に応じてOkiDokiポイントがたまります。お買い物1,000円につきOkiDokiポイントが1ポイントたまります。

たまったポイントは通常、お好きな商品と交換したり、各種ポイントに移行したり、航空マイレージに移行したりすることができます。

 

通常のJCBカードでためたポイントをANA マイレージクラブのマイルに移行する際の交換レートはOkiDokiポイント1ポイントにつき3マイルとなるのですが、ANA JCBカード会員の方には特別な専用コースが用意されており、高レートで交換することができます。

 

コースは2つあり、一つ目はJCBカードを利用した金額に応じてたまったポイントを自動的にマイルに移行するコース「マイル自動移行コース」です。

マイル自動移行コースには5マイルコースと、10マイルコースがあり、OkiDokiポイント1ポイントを5マイルまたは10マイルに交換できます。

 

ゴールドカードよりも下のランクのカードの場合、5マイルコースを選択した場合は、マイル移行手数料は無料で移行することができますが、10マイルコースを選択した場合は、年会費として移行手数料5,000円(税別)がかかります。

でも、ゴールド会員であればこの10マイルコースを選択してもマイル移行手数料が無料で利用できるので大変お得です。

 

2つ目は、「マルチポイントコース」です。

このコースは、たまったポイントを自分の好きなタイミングでマイルに移行したり、マイル以外の商品と交換したり、ポイントに移行したりすることができます。

こちらのコースを選択した場合も、ポイントからマイルへの移行手数料は無料で利用することができます。

 

通常獲得したOkiDokiポイントは選択したコースのレートで移行されますが、ボーナスポイントとして獲得したポイント(例えば、JCB STAR MEMBERSで獲得したボーナスポイント、「OkiDoki ランド」で獲得したボーナスポイント、各種キャンペーンにより獲得したボーナスポイント)は移行レートがOkiDokiポイント1ポイント=3マイルとなります。

空港ラウンジが無料利用OK

ANA JCBワイドゴールドカードはゴールドカードならではのサービスである空港ラウンジが無料で利用することができます。

国内の主要空港にはじめ、ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジが年中無休、無料で利用することができます。

搭乗前に静かな空港ラウンジでゆっくりとくつろげるのはゴールド会員ならではのステータスと言えます。

 

さらにANA国際線エコノミークラスを利用する場合でも、ビジネスクラス専用カウンターでチェックインすることができます。

海外旅行障害保険が1億円。国内でも5,000万円の保証!

ANA JCBワイドゴールドカードは、旅行傷害保険も手厚すぎる補償が付帯されています。

海外旅行の傷害保険は、事前にJCBカードで旅行のツアー代金や、搭乗する航空券を購入した場合、最高1億円の補償が受けられます。

JCBカードでの支払いがなかった場合でも最高5,000万円の補償が受けられます。

 

国内旅行傷害保険も最高5,000万円の補償が付帯されています。

さらに、ゴールドカード以上のカードにだけ付帯されている国内・海外航空機遅延保険も自動付帯です。

国内・海外で利用の航空機が出航遅延したことによって生じた飲食費、乗継遅延で生じた宿泊費、飲食費の補償、預けた手荷物が紛失や遅延した際の衣類購入費まで補償してくれます。

 

他にも高額なショッピングガード保険が付帯されています。

ゴールドカードより下のランクのカードには海外でのショッピングガード保険しか付帯されていませんが、ゴールドカード会員でしたら国内のショッピングガード保険もついています。

1回の事故につき自己負担たった3,000円で最高500万円の補償が受けられます。

申込から審査、受け取りまでの流れ

ここでは申込みから審査、受け取りについて見て行きます。

申込方法

お申込みはJCB公式サイトよりインターネットでの申込みをします。

対象の金融機関サイトでお支払い口座の設定(無料)をすると申込みから約1週間でカードが発行されます。

審査

審査難易度「やや難しい」

JCBカードの審査は銀行や信販会社などが照会する信用情報機関をもとに審査をします。

 

ゴールドカードの申込みの場合でも、審査基準は過去の支払実績を元に、現在の勤続年数や年収を考慮して審査が行われます。

公式サイトに、ゴールドカードの場合は、ゴールドカード独自の審査基準により発行しますとあるので、一般カードに比べると審査基準もやや厳しめに設定されていると考えられます。

審査にかかる時間の目安「最短で3営業日発行」

ANA JCBワイドゴールドカードをインターネットで申し込んだ場合、最短で3営業日の発行ができます。

自宅に届くまでには申し込みから約1週間で届きます。郵送の場合はカードが届くまでに約3週間かかります。

在籍確認の有無「有」

職場に本当に申込人が働いているか確認するための在籍確認の電話ですが、クレジットカードを作るということは「お金を貸す」行為なので、ちゃんと申込み内容が正しいかどうか確認するために在籍確認の電話があります。

会社名を名乗らず個人名での確認電話の場合もあります。

カード発行

審査に通れば、申込みから約1週間で自宅に簡易書留または宅配便(ヤマト運輸、佐川急便)で郵送されてきます。

郵送での申込みの場合は約3週間で届きます。

ANA JCBワイドゴールドカードに関する基本情報

発行会社

株式会社ジェーシービー

国際ブランド

JCB

年会費

年会費14,000円(税別)

利用限度額

審査次第

キャッシング枠

審査次第

1回払い、2回払い、回数指定払い、ボーナス払い、リボルビング払い

支払方法

1回払い、2回払い、回数指定払い、ボーナス払い、リボルビング払い

支払日

毎月15日締め、翌月10日払い

家族カード

発行可能

年会費4,000円(税別)

お申し込みご本人と生計を同一にする配偶者、ご両親、18歳以上(高校生を除く)のお子様が対象です。本会員が学生の場合は、お申し込みできません。オンライン申し込みでは、家族カードの同時申し込みは2名様までとなります。

ETCカード

年会費 無料

インターネットでの申込みは本会員の方のみとなります。家族会員の方の申込みは入会申込書を請求の上申し込みが必要です。

1枚のJCBカードにつき1枚のETCカードが発行できます。

付帯サービス

国内・海外旅行傷害保険

国内・海外航空機遅延保険

国内航空傷害保険

ショッピングガード保険

ポイントプログラム

OkiDokiポイントプログラム

JCBカードの利用金額合計1,000円ごとにOkiDokiポイント1ポイントがたまります。

たまったポイントは素敵な商品と交換したり、各種ポイントに移行したり、航空マイレージに移行したりとライフスタイルに合わせて選択することができます。

交換する商品によってポイントの移行レートが異なりますので公式サイトで確認してみてください。

 

※ANA JCBカード会員の方がANA マイレージクラブのマイルに移行する際は高レートの専用コースが用意されています。

JCBスターメンバーズ

JCB スターメンバーズは年間でJCBカードを一定金額以上利用された方だけに提供されるメンバーシップサービスです。

登録不要なので、カードの利用金額が一定金額以上であれば翌年度のポイントアップが自動的に適用されます。

 

例えば、年間カード利用額が300万円以上であれば翌年のポイントが25%UP、100万円以上の方であれば翌年のポイントが20%UP 、50万円以上の方であれば10%UPとなります。

まとめ

ANA JCBワイドゴールドカードは、新規カード入会ボーナスとして2,000マイル、翌年度以降もカード継続すればボーナスマイルが毎年2,000マイル獲得できます。

さらにフライトボーナスとして、区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%のボーナスマイルも獲得できます。

 

この特典はワイドカードと同様になりますが、ゴールドカード会員ならではのサービスとして、空港ラウンジ無料サービスや、航空機乗継遅延保険、最高1億円の高額な旅行傷害保険が付帯されているのがワイドカードとの違いです。

 

OkiDokiポイントからマイルに移行する際のレートも1ポイント=5または10マイルと高レートで移行できるので効率よくマイルをためたいANAマイラーにはオススメの1枚です。

PICKUP CONTENTS

トップへ