ANA JCBワイドカードの審査難易度や年会費について解説

ANA JCBワイドカードは、スタンダードタイプであるANA JCB一般カードの機能にさらに手厚いサービスやボーナスマイルの特典をアップさせたクレジットカードです。

一般カードに比べて、海外旅行傷害保険も5倍の最高5,000万円の補償が自動付帯されているので万が一の際にも十分安心できる保険がついています。

 

年会費が7,250円かかるので、サブカードとしてではなく、マイルを効率よくためたいマイラーのメインクレジットカードとしてオススメの1枚です。

今回はANA JCBワイドカードの特徴、審査難易度、年会費についてご紹介します。

ANA JCBワイドカードの特徴

年会費7,250円!家族会員は年会費1,500円。

ANA JCBワイドカードの年会費は7,250(税別)です。

一般カードに比べると年会費が高くなりますが、カード新規入会ボーナスとして2,000マイルが獲得でき、さらに継続ボーナスとして、翌年度以降毎年カードを継続するたびに2,000マイルが獲得できます。

この入会ボーナス、カード継続ボーナスはゴールドカードと同じボーナスマイルですので、ゴールドカードと遜色のないボーナス特典が受けられるカードと言えます。

 

1マイルを2円と換算すると、カード継続ボーナスだけで約4,000円分となりますので、実質年会費が3,000円ちょっとで済むと言えます。

 

ANA JCBワイドカードは家族カードの発行も可能です。

家族会員の年会費は1,500(税別)ですのでご家族みんなで利用してマイルをお得にためるのもオススメです。

1,000円につき貯まる1ポイント。1ポイント=10マイルの高レートで交換可能!

ANA JCBワイドカードはJCBのオリジナルポイントプログラムである「OkiDokiポイントプログラム」が適用されます。

カードのご利用金額合計1,000円ごとにOkiDokiポイントが1ポイントたまる仕組みです。

 

たまったポイントはマイルに交換するのはもちろん、一般のクレジットカード同様にバラエティー豊かな商品と交換したり、各種他社のポイントに移行したりすることもできます。

マイルに交換する際、通常の別のクレジットカードの場合のマイル換算率は、OkiDokiポイント1ポイントで3マイルです。つまり、カード利用額1,000円で3マイルに交換となります。

 

でも、ANA JCBカード会員の方には特別な専用のマイル交換コースから交換することができるので高レートで交換可能となります。

クレジットカードの利用で獲得したポイントを全部マイルに自動的に移行したい方向けの「マイル自動移行コース」は、移行の手続きが不要で自動的にマイルに移行されるので面倒な手間がかかりません。

 

移行レートは、OkiDokiポイント1ポイントを5マイルに交換するコースと、10マイルに交換するコースから選べます。

5マイルに交換するコースを選択した場合、マイル移行手数料は無料ですが、10マイルコースを選択した場合はマイル移行手数料として年会費5,000がかかります。

年間クレジットカードの利用額が50万円以上利用される方であれば年会費5,000円支払っても10マイルコースを選択したほうがお得にマイルをためることができると言えます。

 

次に、たまったOkiDokiポイントをマイルに交換したり、商品に交換したり、その都度自分のタイミングで好きな商品に交換したいと考える方には「マルチポイントコース」がおすすめです。

こちらを選択した場合は、マイルに交換する際も自分で申請が必要となります。

 

マルチポイントコースを選択した場合でも、マイルに移行するレートがOkiDokiポイント1ポイントを5マイルに交換するコースと10マイルに交換するコースがあります。

こちらも同様に5マイルに交換するコースを選択した場合、マイル移行手数料は無料ですが、10マイルに交換するコースを選択した場合は、マイル移行手数料として年会費5,000がかかります。

 

注意すべき点として、通常獲得したOkiDokiポイントの交換レートはOkiDokiポイント1ポイント=10マイルまたは5マイルとなりますが、ボーナスポイントとして獲得したポイント(例えば、JCB STAR MEMBERSで獲得したボーナスポイント、OkiDoki ランド利用により獲得したボーナスポイント、各種キャンペーンにより獲得したボーナスポイント)の移行レートはOkiDokiポイント1ポイント=3マイルとなります。

JCB STAR MEMBERSで翌年のマイル還元率がアップ

JCB STAR MEMBERSは年間でJCBカードを一定金額以上利用された方だけに提供されるメンバーシップサービスです。

登録不要なので、カードの利用金額が一定金額以上であれば自動的に適用されます。

 

例えば、年間カード利用額が50万円以上の方であれば、翌年のポイントが10%UP、年間カード利用額が100万円以上の方であれば翌年のポイントが20%UPとなります。

 

※JCB STAR MEMBERSで獲得したボーナスポイントのマイル移行レートはOkiDokiポイント1ポイント=3マイルとなります。

最高5,000万円の海外旅行障害保険!ショッピング保険も最高100万円!

ANA JCBワイドカードには海外旅行の傷害保険が最高5,000万円の補償が自動付帯されています。

一般カードの場合、海外旅行傷害保険は最高1,000万円なのでワイドカードになると保険も十分な手厚い補償となります。

 

さらにJCBカードを利用して海外で商品を購入した場合、商品が偶然の事故によって万が一損害を被った場合に補償してくれるショッピングガード保険も付帯されているので、万が一のトラブルの際にも安心することができます。

「ANAショッピング A-style」の利用で5%オフ

「ANAショッピング A-style」はANA公式24時間ショッピングサイトです。ANA JCBカード会員の方ならこのサイトでANA JCBカードを利用して決済した場合、商品代金が5%オフになります。

 

ANAのオリジナル商品はもちろん、家電や食品、美容、ファッショングッズなど幅広いジャンルの商品が取り揃えられています。

5%オフで商品が購入出来て、さらに利用金額に応じてマイルもたまるので賢く利用するのがオススメです。

申込から審査、受け取りまでの流れ

ここでは申込みから審査、受け取りについて見て行きます。

申込方法

お申込みはJCB公式サイトよりインターネットでの申込みをします。

対象の金融機関サイトでお支払い口座の設定(無料)をすると申込みから約1週間でカードが発行されます。

審査

審査難易度「ふつう」

JCBカードの審査は銀行や信販会社などが照会する信用情報機関をもとに審査をします。

 

審査基準は過去の支払実績を元に、現在の勤続年数や年収を考慮して審査が行われます。

基本的に一定の安定した収入があり、過去の支払実績に問題がなければ比較的審査に通りやすいと言えます。

審査にかかる時間の目安「最短で3営業日発行」

ANA JCBワイドカードをインターネットで申し込んだ場合、最短で3営業日の発行ができます。

自宅に届くまでには申し込みから約1週間で届きます。郵送の場合はカードが届くまでに約3週間かかります。

在籍確認の有無「有」

職場に本当に申込人が働いているか確認するための在籍確認の電話ですが、クレジットカードを作るということは「お金を貸す」行為なので、ちゃんと申込み内容が正しいかどうか確認するために在籍確認の電話があります。

会社名を名乗らず個人名での確認電話の場合もあります。

カード発行

審査に通れば、申込みから約1週間で自宅に簡易書留または宅配便(ヤマト運輸、佐川急便)で郵送されてきます。

郵送での申込みの場合は約3週間で届きます。

ANA JCBワイドカードに関する基本情報

発行会社

株式会社ジェーシービー

国際ブランド

JCB

年会費

年会費7,250円(税別)

利用限度額

審査次第

キャッシング枠

審査次第

支払方法

1回払い、2回払い、回数指定払い、ボーナス払い、リボルビング払い

支払日

毎月15日締め、翌月10日払い

家族カード

発行可能

年会費1,500円(税別)

お申し込みご本人と生計を同一にする配偶者、ご両親、18歳以上(高校生を除く)のお子様が対象です。本会員が学生の場合は、お申し込みできません。

オンライン申し込みでは、家族カードの同時申し込みは2名様までとなります。

ETCカード

年会費 無料

インターネットでの申込みは本会員の方のみとなります。家族会員の方の申込みは入会申込書を請求の上申し込みが必要です。

1枚のJCBカードにつき1枚のETCカードが発行できます。

付帯サービス

海外旅行傷害保険

国内航空傷害保険

ショッピングガード保険

ポイントプログラム

JCBのポイントプログラムである「OkiDokiポイントプログラム」は、カードの利用金額合計1,000円ごとにOkiDokiポイント1ポイントがたまります。

1回のご利用分が1,000円未満でも、毎月の利用金額すべてを合計してからポイントに換算されますのでポイントを無駄にすることがありません。

 

ポイントの有効期限は獲得月から2年間となります。

たまったポイントはバラエティー豊かな商品に交換、お買い物で使う、支払金額に充当する、各種ポイントや航空マイレージに移行するから選ぶことができるので、自分のスタイルに合わせてさまざまな使い道ができます。

 

各種ポイントによってはキャンペーンで移行レートをアップしていることもありますので、公式サイトをチェックしてお得な期間に交換するのがオススメです。

まとめ

ANA JCBカードには6種類のラインナップがあります。

その中で今回ご紹介した、ANA JCBワイドカードはスタンダードタイプである一般カードのワンランク上のクレジットカードです。

入会ボーナスマイルやカード継続ボーナスマイルはもう1ランク上のゴールドカードの場合と同じ設定なので特典だけで考えるとゴールドカードと遜色はありません。

 

ただ、ゴールドカードならではの空港ラウンジの利用や手荷物配送サービスの優待などは受けられませんので、それらのサービスが必須だと考えられる方にはさらに上のゴールドカードをオススメします。

特にゴールドならではのサービスは不要で、本カードをメインカードとして利用してあくまでもマイルを効率的にためるのが目的というマイラーにはぴったりの1枚です。

 

年間のカード利用額が一定以上の方は自動的に翌年度のポイントがアップするので効率よくマイルをためることができます。

海外旅行傷害保険も最高5,000万円の補償と手厚い保険が付帯しているのでこのカード1枚で普段使いも、海外旅行にも十分満足して利用できるとカードと言えます。

マイルを効率的にためたい方、是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

PICKUP CONTENTS

トップへ