ANA JCBカード プレミアムの審査難易度や年会費について解説

ANA JCBカード プレミアムは限られた方だけが持てるANA JCBカードラインナップの中で最高峰のカードです。

ゴールドカードのサービスよりもさらにワンランク上のハイレベルで魅力的なサービスが受けられる至高の1枚です。

 

高額なボーナスマイルの獲得や、プライオリティ・パスの発行などプレミアムなサービスが満載のANA JCBカード プレミアムをご紹介します。

ANA JCBカード プレミアムの特徴

年会費70,000円!家族会員4,000円。30歳以上でしか持てないステータスカード

ANA JCBカード プレミアムの年会費は70,000(税別)です。

年会費だけでみると高額に感じますが、プレミアムカードになると手厚い特典が多数用意されているので海外によく行かれる方でしたら十分に元がとれるカードです。

ANA JCBカード プレミアムの申込み資格は30歳以上の方となります。

 

ANA JCBカード プレミアムは家族カードの発行が可能です。

申込みできるのは本会員と生計を同一とする、配偶者・親・子供となります。

家族会員の年会費は4,000ですので本会員の年会費に比べれば格段に安い金額に設定されています。

OkiDokiポイントが2倍貯まる

JCBカードのポイントプログラムである「OkiDokiポイントプログラム」は通常カード利用金額合計1,000円ごとに1ポイントがたまります。

ANA JCBカードシリーズの中でプレミアムのみ、OkiDokiポイントが2たまります。つまり1,000円の利用ごとに2ポイントがたまります。

 

ANA JCBカードを利用してたまったOkiDokiポイントをANAマイレージのマイルに交換する場合、2つのコースから選択することができます。

1つ目は、たまったポイントが自動的にマイルに移行される「マイル自動移行コース」です。

毎回ポイントがたまる度に移行する手続きが必要ないので、たまったポイントはすべてマイルに移行したい方はこちらを選択すると面倒な手続きがありません。

 

マイルへの移行レートはOkiDokiポイント 1ポイント=10マイルです。プレミアムカードの場合、マイル移行手数料が無料で移行できるのでお得です。

(一般カード、ワイドカードの場合は移行手数料として年会費5,000円が別途必要)

 

2つ目のコースは、たまったポイントを自分の好きなタイミングでマイルに移行したり、素敵な商品と交換したりスタイルに合わせてポイントの使い道を選択できる「マルチポイントコース」です。

マルチポイントコースを選択した場合も、マイルに移行する際のレートはOkiDokiポイント 1ポイント=10マイルとなります。こちらのコースもマイル移行手数料は無料となります。

 

ANA JCBカード プレミアム会員の方はOkiDokiポイントが2倍たまるのですが、「通常ポイント1ポイント」と「ボーナスポイント1ポイント」という内訳になります。

マイルに移行する際、通常獲得したポイントは上記で説明した、OkiDokiポイント 1ポイント=10マイルとなるのですが、ボーナスポイントとして獲得したポイントは、マイル移行レートがOkiDokiポイント 1ポイント=3マイルとなるので注意が必要です。

つまり、ANA JCBカード プレミアム会員の方は、1,000円の利用ごとに13マイルたまるということになります。

ANA航空券を購入もマイルが2倍!

ANA JCBカード プレミアムを利用してANA航空券を購入した場合、JCBのポイントプログラムOkiDokiポイントとは別に、100円で2マイルが獲得できます。

通常ですと、100円で1マイルの獲得となるので、2倍のマイルが獲得できることになります。

プラチナ・コンシェエルジュデスクが秘書のように使える

ANA JCBカード プレミアム会員の方は、JCBのプラチナサービスを利用することができます。

その中の1つである「プラチナ・コンシェエルジュデスク」は、プライベートの秘書として、様々な相談や手配に応じてくれるサービスです。

 

例えば、旅行の手配、観劇やコンサートのチケットの手配、歓送迎会などで利用するような大型レストランの予約など、本当にプライベートのさまざまなシーンで活用できるまさに秘書のような存在として利用することができます。

エグゼクティブな方だけが利用できるハイステータスなサービスとなります。

空港ラウンジが無料になる

ANA JCBカード プレミアムに入会すると世界各地の空港ラウンジを無料で利用できる「プライオリティ・パス」が無料で付帯されます。現在プライオリティ・パスで利用可能なラウンジは世界 500都市に1000か所以上あります。

搭乗前に快適なラウンジで最高のおもてなしが受けられるのがプライオリティ・パスの最大の魅力です。

 

このプライオリティ・パスは単体で申し込むと年会費が高額です。

利用回数制限のないプランだと年会費が399USドルもかかります。日本円だと45,000円相当です。

そのプライオリティ・パスが無料で発行できるのはANA JCBカード プレミアムならではの満足できるサービスと言えます。

旅行傷害保険は国内外とも最高1億円まで保証!

ANA JCBカード プレミアムは、カードに自動付帯される保険も手厚すぎるといって良い補償が付いています。旅行傷害保険は国内・海外ともに最高1億円まで補償されます。一般的に補償額満額のサービスを受けようとする場合、旅行代金や航空券を事前にカードで決済することが条件となっているものが多いですが、本カードの場合、事前にカードで決済しているか否かに関わらず最高1億円の補償が受けられます。もちろん、家族会員の方も最高1億円の補償、19歳未満のお子様には家族特約サービスがつきます。

 

航空機遅延保険も付帯されているので、国内・海外の航空便利用時の出航遅延で生じた飲食費や乗継遅延で生じた宿泊・飲食費の補償、預けた手荷物が遅延・紛失した際の衣類購入費を補償してくれます。

他にも、国内航空機傷害保険が最高5,000万円の補償で、国内線の航空機を利用の際にケガを負った場合、補償してくれます。

 

さらに、JCBカードを利用して購入した商品が偶然の事故によって損害を被った場合に補償してくれるショッピングガード保険も、国内・海外問わず最高500万円の補償が付帯されていますので万が一のトラブルの際にも安心することのできるカードです。

申込から審査、受け取りまでの流れ

ここでは申込みから審査、受け取りについて見て行きます。

申込方法

お申込みはJCB公式サイトよりインターネットでの申込みをします。

対象の金融機関サイトでお支払い口座の設定(無料)をすると申込みから約1週間でカードが発行されます。

審査

審査難易度「やや難しい」

JCBカードの審査は銀行や信販会社などが照会する信用情報機関をもとに審査をします。

 

ANA JCBカード プレミアムの申込み資格は、30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方となります。

公式サイトにJCBプラチナカードの独自の審査で審査すると記載がありますので、一定以上の収入が必要と思われます。

ただし、ANA JCBカード プレミアムは、「JCBザ・クラス」のような招待制ではなく、直接インターネットから申し込みが可能なので審査自体は誰でも申込みができるというところから難易度が高すぎるといったことはないと考えられます。

審査にかかる時間の目安「最短で3営業日発行」

ANA JCBカード プレミアムをインターネットで申し込んだ場合、最短で3営業日の発行ができます。

自宅に届くまでには申し込みから約1週間で届きます。郵送の場合はカードが届くまでに約3週間かかります。

在籍確認の有無「有」

職場に本当に申込人が働いているか確認するための在籍確認の電話ですが、クレジットカードを作るということは「お金を貸す」行為なので、ちゃんと申込み内容が正しいかどうか確認するために在籍確認の電話があります。

会社名を名乗らず個人名での確認電話の場合もあります。

カード発行

審査に通れば、申込みから約1週間で自宅に簡易書留または宅配便(ヤマト運輸、佐川急便)で郵送されてきます。

郵送での申込みの場合は約3週間で届きます。

ANA JCBカード プレミアムに関する基本情報

発行会社

株式会社ジェーシービー

国際ブランド

JCB

年会費

年会費70,000円(税別)

利用限度額

審査次第

キャッシング枠

審査次第

支払方法

1回払い、2回払い、回数指定払い、ボーナス払い、リボルビング払い

支払日

毎月15日締め、翌月10日払い

家族カード

発行可能

年会費4,000円(税別)

お申し込みご本人と生計を同一にする配偶者、ご両親、18歳以上(高校生を除く)のお子様が対象です。

本会員が学生の場合は、お申し込みできません。

オンライン申し込みでは、家族カードの同時申し込みは2名様までとなります。

ETCカード

年会費 無料

インターネットでの申込みは本会員の方のみとなります。家族会員の方の申込みは入会申込書を請求の上申し込みが必要です。

1枚のJCBカードにつき1枚のETCカードが発行できます。

付帯サービス

国内・海外旅行傷害保険

国内・海外航空機遅延保険

国内航空傷害保険

ショッピングガード保険

ポイントプログラム

OkiDokiポイントプログラム

JCBカード利用金額合計に応じて通常1,000円ごとに1ポイントがたまります。

ANA JCBカード プレミアムの場合は、1,000円の利用で通常ポイント1ポイントと、ボーナスポイント1ポイントの合計2ポイントがたまります。

 

たまったポイントは、ANAマイレージクラブのマイルに交換することはもちろん、バラエティー豊かな商品と交換したり、各種ポイントに移行したりすることも可能です。

ANAマイレージのマイルに移行する際の移行レートは通常ポイントの場合OkiDokiポイント 1ポイント=10マイル、ボーナスポイントを移行する場合は、OkiDokiポイント 1ポイント=3マイルとなります。

OkiDokiランドを経由でポイント2倍~20倍!

JCBが運営するポイント優待サイトであるOkiDokiランドは参加店舗が400店以上あるインターネットショッピングサイトです。

いつもお買い物している商品をOkiDokiランドを経由して買い物するだけで、通常でもポイント2倍、キャンペーン期間中だと最大で20倍にもなる大変お得にポイントがためられるサイトです。

買い物だけでなく、予約やアンケートの回答などでもポイントがたまりますので賢くお得にポイントをためることができます。

まとめ

ANA JCBカード プレミアムはエグゼクティブな方のための最高ランクのカードです。

プレミアムというだけあって、サービスも一流なので持っているだけでハイステータスな1枚です。

世界中の空港ラウンジを無料で利用できるプライオリティ・パスの発行や、JCBプラチナサービスであるプラチナ・コンシェエルジュデスクの利用、旅行傷害保険も最高1億円の補償と手厚くすべてが最高のサービスです。

 

ANA JCBカード プレミアムに入会すると入会ボーナスとして10,000マイルが獲得でき、翌年度以降もカードを継続すると、継続ボーナスとしても10,000マイルが獲得できます。

獲得したボーナスマイルだけでも十分にフライトすることができ、他にもフライトごとにもマイルがたまるので頻繁に海外に行かれる方でしたら十分に年会費の元が取れるコストパフォーマンスの高いカードと言えるでしょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ