三井住友VISAゴールドカードの審査難易度は?審査基準や審査時間を解説

三井住友VISAゴールドカードは、三井住友カードが発行しているゴールドカード。

 

三井住友VISAカードといえば、VISAが日本で発行した最初のクレジットカードとして知られていますね。

プロパーカードを広義で捉えると、三井住友カードのプロパーカードとも言え、ステータス性はかなり高いです。

 

では、三井住友VISAゴールドカードの審査はどうすれば通過できるのでしょうか。

通常のカードに比べてかなり審査難易度が高いことは想像がつきます。

ここでは、三井住友VISAゴールドカードの審査について解説していきます。

 

目次 ※クリックで開閉します

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカードの券面

  • 三井住友ブランドのゴールドカード(抜群のステータス)
  • ハイステータスの割に年会費が安い(初年度年会費無料・翌年以降4,000円まで割引可)
  • 家族特約付きの海外旅行保険が圧倒的に充実している(最高5,000万円)
  • 全国28カ所の空港ラウンジを利用可能
  • 一流ホテル・旅館を優待価格で利用可能(会員制宿泊予約サービス「relux」の優待)
  • ゴールド会員限定の優待が豊富(USJ優待等)

三井住友VISAゴールドカードの審査ポイント

審査基準のイメージ

三井住友ゴールドカードの審査は、他のクレジットカードと比べて難易度の高いカードとなっています。

 

その理由は、申込みができる条件からも伺え、ゴールドカードの名に恥じないステータスがあるからだと考えられます。

三井住友VISAゴールドカードの審査ポイントについて詳しく紹介していきます。

申込資格(年齢)

三井住友VISAゴールドカードの申込資格は、公式サイトに以下のように記載されています。

原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

※ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。

年齢制限が18歳以上、20歳以上の場合が多いクレジットカードの申込み資格ですが、三井住友VISAカードは30歳以上でないと申込みをすることができません。

 

三井住友カードでは、年齢によって特別なカードを発行しています。

  • 「満18歳~25歳」までの方限定の「三井住友VISAデビュープラスカード」
  • 「満20歳~29歳」までの方限定の「三井住友VISAプライムゴールドカード」

特にプライムゴールドカードは、20代でゴールドカードを持ちたいという人から絶大な人気を誇っているカードです。

審査基準も引き下がりますので、20代の方は検討してみてください。

20代のあなたの為の三井住友VISAプライムゴールドカード詳細はこちら
三井住友VISAプライムゴールドカードは年会費が安い!20代限定のゴールドカード

年収

三井住友ゴールドカードは、一般的なゴールドカードの年収基準でもある「年収500万円以上」というラインを基準にしているのではないかと言われています。

実際には、年収400万円でも審査が可決された実績はあるようですので、最低ラインが400万円程度と考えておくのが正しいかもしれません。

 

クレジットカードの審査に通る年収は、カードを発行している会社やカードのランクによって異なりますので、このあたりは三井住友VISAゴールドカードの独自基準の1つに当たるといえます。

職業

申込資格に「安定した」という表記がある通り、安定した職業に就いている方が望ましいです。

その中でも、「役職者」、「公務員」、「士業」の方は、かなり有利になると思われます。

下位カードからの切り替えではなく、三井住友ゴールドカードから申し込みを行う場合には、せめて「正社員」である必要はあるといえます。

勤続年数

勤続年数に関しては、一般的なゴールドカードの審査基準の平均が「勤続年数10年以上」と言われています。

三井住友ゴールドカードの求める勤続年数も10年を基準に考える方がいいでしょう。

 

ただし、勤続年数に関しても、5~7年で審査を通過できたという実績があるようです。

他の基準項目との兼ね合いもありますので、「何年以上なら通る!」というラインは判断できません。

しかし、最低でも「勤続5~7年」、「勤続10年以上」が望ましいと思っておきましょう。

信用情報(クレヒス)

どこのクレジットカード会社も審査を行う際に共通で調査するのが、信用情報です。

三井住友ゴールドカードの審査においても、例外なく信用情報はチェックされます。

申込者が、

  • 安定的にクレジットカードを利用し続けることができるか
  • 貸し倒れてしまうようなことが無いかどうか

を判断するわけです。

 

信用情報機関に照会をすれば、過去5年間程度の延滞情報等を調べることができます。

そのような事実があれば、カード発行会社は、申込者に対して「今後の貸し倒れの可能性あり」と判断するのです。

特に審査が厳しい三井住友ゴールドカードですから、審査通過の可能性は急激に下がるということを理解しておきましょう。

利用実績

三井住友カードは、独自の審査基準として自社カードの利用実績を重視する傾向があります。

そのため、三井住友カードシリーズを利用したことが無い方が、いきなり申し込むと全般的に審査が厳しくなります。

 

三井住友カードが発行している他のカードの利用実績がある方は、今まで説明してきた審査基準は下がります。

もしあなたが三井住友カードのカード利用実績を積んでおらず審査通過に不安があるなら、まずは通常のクラシックカードを半年~2年ほど利用することをおすすめします。

クラシックカードの詳細はこちらのページで詳しく紹介しています
三井住友VISAクラシックカードは実質年会費無料!メリット・デメリットを解説

審査ポイントまとめ

ここまでの三井住友VISAゴールドカードの審査をまとめると以下の通りになります。

  • 年齢が満30歳以上
  • 年収が最低「400万円以上」、できれば「500万円以上」
  • 職業は「役職者」「公務員」「士業」が有利
  • 勤続年数は最低「5~7年以上」、できれば「10年以上」
  • 信用情報に傷があれば審査否決が可能性高い

以上の審査基準は、三井住友カードの利用実績が無く、いきなり三井住友VISAゴールドカードに申し込んだ場合の審査基準です。

 

ですが、このポイントに当てはまらないからと言って確実に審査に落ちるということはありません。

個人事業主で年収がずば抜けていたり、転職をして勤続年数が少ない、安定した属性の高い職業に就いていないなど、その他のケースでも審査に通る可能性は十分にあります。

過剰に何度も申込みをしなければ信用情報もマイナスにはなりませんので、一度チャレンジする価値はあるかもしれません。

審査通過したら、上級のステータスを持つゴールドカードを手にすることができます。

三井住友VISAゴールドカードの審査難易度

三井住友ブランドを背負ったゴールドカードである「三井住友VISAゴールドカード」ですが、審査の難易度はかなり高めです。

 

国内で確固たる地位を築いているゴールドカードですから、審査基準も厳しいことで知られています。

簡単に手に入るゴールドカードでは無いということを理解しておきましょう。

審査難易度が高い理由

それでは、なぜ三井住友VISAゴールドカードの審査難易度は高い理由は

  • プロパーカードであること
  • 銀行系のカードであること

の2点です。

広義でのプロパーカードである

クレジットカードの種類は、プロパーカードと提携カードの2つに分類することができます。

プロパーカードとは、一般的に以下の定義がなされています。

  1. 国際ブランドが直接発行しているクレジットカード
  2. 発行元のカード発行会社がどこの企業とも提携していないクレジットカード

 

1.は狭義のプロパーカードで、日本にはダイナース、アメックス、JCBの3種類しかありません。

2.は広義のプロパーカードで、三井住友カードもプロパーカードに含まれます。

 

広義で考えた場合、国産のプロパーゴールドカードは、2種類しかありません。

  • 三井住友VISAゴールドカード
  • JCBゴールドカード

そのため、この2枚のゴールドカードはカードステータスが頭一つ抜けています。

 

三井住友VISAゴールドカードは、数あるゴールドカードの中でもステータスが高い為に、審査難易度が高くなっているのです。

銀行系クレジットカードである

クレジットカードは発行している会社によって分類することもできます。

  • 銀行系クレジットカード
  • 信販系クレジットカード
  • 流通系クレジットカード
  • 消費者金融系ックレジットカード

などです。

 

その中でも銀行系クレジットカードは一番審査難易度が高いと言われています。

銀行は、本来の業務は金融業ですから、利用者が貸し倒れることに対して非常に敏感です。

そのため、他のクレジットカードに比べて厳正な姿勢で審査を行っているのかもしれません。

審査難易度の高さはステータスの高さの表れ

プロパー扱いの銀行系ゴールドカードであることが、三井住友VISAゴールドカードの審査難易度が高い理由というわけです。

このように審査難易度が高いからこそ、国内におけるゴールドカードと言えば「三井住友ゴールドカード」という名があがる程にまでステータスが高くなったとも言えます。

三井住友VISAゴールドカードは、その審査難易度の高さ故に、ステータスが高いと理解しておきましょう。

審査に自信が無い場合の裏技

上記の厳しい審査基準を満たしていない方の中にも、何とかして三井住友VISAゴールドカードを手に入れたいという方もいると思います。

そんな方のために、三井住友ゴールドカードを手に入れるもう一つの方法を説明しておきます。

下位カードからの切替でグレードアップを目指す

三井住友カードの発行する下位カードを利用して、「利用実績」を作ることで、三井住友ゴールドカードの審査基準自体を引き下げることができます。

 

三井住友カードは、色々なターゲット層に向けてカードを発行しています。

特に、ゴールドカードより下位のカードラインナップが充実しているので、手に入るカードが見つかるはずです。

  • 18歳以上から申し込めるベーシックカード「三井住友VISAクラシックカード」

利用実績を積み重ねることでゴールドカードへのインビテーションが届きます。

三井住友VISAクラシックカードは実質年会費無料!メリット・デメリットを解説

  • 18歳~25歳限定「三井住友VISAデビュープラスカード」

26歳の切り替え時に、プライムゴールドカードへ自動昇格します。

三井住友VISAデビュープラスカードの年会費は?高還元率の学生・新社会人向けカード

  • 20代限定ゴールドカード「三井住友VISAプライムゴールドカード」

30歳の切り替え時に、ゴールドカードへ自動昇格します。

三井住友VISAプライムゴールドカードは年会費が安い!20代限定のゴールドカード

これらのカードで利用実績を積み重ねることで、三井住友VISAゴールドカードを手に入れることができます。

下位カードは、審査基準が比較的易しめなので、年収が300万円程度でも三井住友ゴールドカードを保有することができてしまいます。

審査に自信が無い方は、こちらの方法の方が三井住友ゴールドカードを簡単に手に入れることができるでしょう。

申込・審査時の注意点

三井住友ゴールドカードに限らず、クレジットカードを申し込む際に気をつけなけらばならない点がありますので説明しておきます。

虚偽の申告をしない

申込の際には、審査に必要な項目を申込書や入力フォームを通じて申告する必要があります。

その際、審査に通過したい一心で、虚偽の申告をしてしまう方がいます。

これはNGです。

 

カード会社も真剣に審査をしている訳ですから、虚偽の申告はいつかバレてしまいます。

ありのままの事実を申告するようにしましょう。

多重申込をしない

申込をする際、同時に他社でも複数の申込をしていたりすると、審査に通らなくなります。

また、他社で審査に落ちたばかりなのに、短期間のうちに何度も申込をすることも良くありません。

 

いわゆる「多重申込」をしている状態であると判断されてしまうからです。

多重申込をしている人というのは、カード会社から借り逃げの可能性を疑われてしまいます。

多重申込をしている人は、「申込みブラック」と呼ばれ、審査に通る可能性が極めて低くなりますので注意しましょう。

審査期間

三井住友VISAゴールドカードに申込を済ませた方が気になるのは、審査の結果がいつ出るのかということではないでしょうか。

審査にかかる時間、カード受取までの日数を説明しておきます。

審査にかかる時間

ゴールドカードの審査は、平カードの審査よりは時間がかかりがちです。

特に三井住友カードの利用実績が無い場合は、審査結果が1~2週間かかることもあります。

利用実績があったり、切替の場合は、早ければ即日に審査結果が出ることもあるようです。

カード受取までの日数

三井住友カードでは、申込み完了から最短3営業日後にカードを発行し郵送しているようです。

そのため、申込方法によって以下の日数・期間を参考にしておいてください。

  • インターネットで申込みが完了する場合は約1週間~10日
  • インターネット申込み+郵送で手続きを進めた場合は、書面を返送後2~3週間
  • 紙の申込書の場合は、申込書を返送してから2~3週間

申込者の属性や申込方法によって、審査からカード受取までの時間は差がありますので注意してください。

まとめ

三井住友VISAカードのようなプロパーのゴールドカードは持っていることに意味があります。

自身の社会的地位や社会的信用というものは目に見えない漠然としたものです。

そんな漠然とした自分のステータスを形にして持てるのが三井住友VISAゴールドカードなのです。

 

それだけに審査難易度は高く、審査の基準も厳しめですが、その審査を通過することでステータスを手に入れることができます。

ステータスをかたちにできる三井住友VISAゴールドカードはメインカードとして持っておきたい1枚です。

この記事を書いたユーザー

ぐっち
デザインとライティングの二足のわらじで活動中のぐっちです☆ nanairoでは主にお金や節約術に関する記事を執筆しています! ぐっちの記事一覧

PICKUP

トップへ