空港ラウンジのサービスが使えるオススメしたいマイルカード

目次 ※クリックで開閉します

マイルを貯めるカードが欲しい!

そんな方の中には、旅行で空港を利用する機会も多いでしょう。

そんな時に利用したいのが空港ラウンジのサービス。旅を快適にするための空港ラウンジを利用できるカードを紹介します。

空港ラウンジの基礎知識

空港ラウンジってどんな所?

旅行には空港での待ち時間がつきものです。

長時間椅子に座っていたり、空港の中をウロウロするのは大変ですよね。

そんな時に利用したいのが「空港ラウンジ」です。

空港ラウンジは、空港内に設けられた「特別待合室」のこと。

空港ラウンジには主に「航空会社やアライアンス(航空連合)が提供するもの」、と「カード会社が提供するもの」の2つがあります。

その中でも細分化しており、料金を支払えばだれでも利用できるラウンジほか、ビジネスやファーストなど上級シートの利用者向けのラウンジもあります。

要注意!空港ラウンジには「VIPラウンジ」と「カードラウンジ」がある!

空港内に存在するラウンジは、複数あります。

したがって、利用条件やサービスも異なるのでご注意ください。

例えばクレジットカードのゴールドカード以上の場合、空港ラウンジが無料で利用可能な特典が付帯していることがあります。

しかし、クレジットカードで利用できるのは、基本的に「カードラウンジ」と呼ばれる空港ラウンジだけ。

航空会社が提供する「VIPラウンジ」に関しては、特別な特典が付いていない限り、利用できないケースも多いです。

「カードラウンジ」は様々なクレジットカードの「ゴールドカード以上」であれば入ることができます。

搭乗クラスは、エコノミークラスの方でもファーストクラスの方でも関係なく、受けられるサービスも同じです。

多くの場合、ソフトドリンクが飲み放題ですが、アルコールは有料というケースがほとんど。

居心地は悪くないものの、内装やインテリアに関しては、過度な期待できません。

一方「VIPラウンジ」は基本的に、搭乗シートがビジネスクラス以上であるか、あるいは上級会員資格を持っている方が対象です。

ソフトドリンクほかアルコールも無料で、ラウンジによっては軽食やビュッフェも食べ放題となっています。

内装やインテリアについてもカードラウンジより豪華なことが多く、ある程度混み合ってもゆったり過ごすことが可能です。

意気揚々とゴールドカードを見せたのに、VIPラウンジの入場を断られる…。

そんな、恥ずかしい思いをしないようにご注意ください!

カードラウンジを利用できるオススメのクレジットカード

ダイナースクラブカード

  • 年会費:22,000円(税別)
  • 利用可能なラウンジ:国内主要28空港(46ヵ所)ほか、100ヶ国以上の空港ラウンジ(VIPラウンジ含む)
  • ラウンジの利用可能人数:家族会員なら無料(家族カードのない同伴者は有料)

厳しめな会員審査基準が設けられている「ダイナースクラブカード」。

世界に通用するプレミアムカードとして、一種のステータスとなっています。

こちらのカード1枚で、世界600カ所以上の空港ラウンジが無料利用できます。

なお、100円につき1ダイナースクラブリワードポイントがつき、ポイント有効期限も無し。複数のマイルに交換可能です。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費:7,000円(税別)
  • 利用可能なラウンジ:国内主要空港ラウンジ(28空港39カ所)+ハワイ ホノルル国際空港、韓国 仁川国際空港
  • ラウンジの利用可能人数: 同伴者1人無料

100円=1ポイント=1マイル」。還元率1%のマイルカードです。

1,000マイル貯めるごとに制限のないポイント移行が可能となっています。

成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港を利用する際には「手荷物無料宅配サービス」も利用できます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費:20,000円(税別)
  • 利用可能なラウンジ:国内の主要空港ラウンジ&「プライオリティ・パス」が無料で付帯
  • ラウンジの利用可能人数:同伴者有料

顧問弁護士サービスほか、数々のビジネスサービスが付帯するプラチナカードです。

ビジネスシーンでの様々なサポートをはじめ、レストラン、スポーツクラブなどの各種優待も充実します。

セゾンの特徴でもある「永久不滅ポイント」で、有効期限を気にすることなく、満足いくまでポイントを貯めることが可能です。

VIPラウンジが使えてしまう、オススメのクレジットカード

デルタ スカイマイル アメックス・ゴールド

  • 年会費: 26,000円(税別)
  • 利用可能なラウンジ:国内28空港、ハワイホノルル空港ラウンジ
  • ラウンジの利用可能人数:同伴者1人まで無料

100円のカード利用ごとに、スカイマイル1マイルが貯まります。有効期限無しでカードに直接マイルが貯まる仕組みです。

なお、入会後半年以内にデルタ航空の航空券購入&利用で、ボーナスマイルが付く特典も。

エコノミークラスでも10,000マイル、ビジネスクラスなら25,000マイルの特典が加算されます。

ダイナースクラブカード

  • 年会費:22,000円(税別)
  • 利用可能なラウンジ:国内外の主要空港、VIPラウンジ(世界600カ所)
  • ラウンジの利用可能人数:家族会員も無料(家族カードのない同伴者は有料)

世界的にもステイタスシンボルとなっている「ダイナースクラブカード」。

年会費は少々高額ながら、世界600カ所にも及ぶラウンジ(VIPラウンジ)が利用可能。

極めて付加価値の高いカードと言えます。

JALプラチナカード(アメリカン・エキスプレス・カード)

  • 年会費:31,000円(税別)
  • 利用可能なラウンジ:プライオリティ・パスが提供するラウンジ(世界850以上)
  • ラウンジの利用可能人数:家族会員もプライオリティ・パスの発行OK

ショッピング時のマイル還元率は1%100円に利用につき1マイル)。

さらにJAL航空券をはじめとする対象商品の購入なら「還元率2%」が実現します。

国内・海外の旅行傷害保険も、堂々の1億円。

さらに「プライオリティ・パス特典」によって、世界850以上のVIPラウンジが無料利用可能。

まさに、ハイクラスのJALカードと言えます。

よく耳にする「プライオリティ・パス」って何?

世界中で空港ラウンジが利用できる便利なサービス

プライオリティ・パスは、1992年イギリスで設立された企業です。

こちらの会員になりますと、VIPラウンジプログラムを受けることができ、世界各国の空港ラウンジが利用できるようになります。

プライオリティ・パスは現在、各国の850箇所以上で空港ラウンジを提供しています。

ラウンジの装いやサービスは様々で、中にはプライオリティ・パスの空港ラウンジを巡ることを「旅行の1つの楽しみ」とされる方も多いようです。

なおプライオリティ・パスには3つの会員があります。スタンダード会員は年会費99ドル。

スタンダードプラス会員は年会費149ドル。プレステージ会員は年会費399ドルとなっています。

スタンダード会員は一番値段が安い反面、空港ラウンジの利用1回につき、27ドルがかかります。

スタンダードプラス会員は10回まで無料で利用できますが、それ以降の利用は、1回につきやはりいい17ドルかかります。

プレステージ会員は年会費が最も高い反面、すべての空港ラウンジが無料で利用できます。

プライオリティ・パス特典のついたクレジットカードを利用しよう

プライオリティ・パスの年会費は少々高額。

しかし、クレジットカードの中には「プライオリティ・パスの特典」が付いたものが存在します。

こちらを利用すると「年会費無料」で、プライオリティ・パスを利用することが可能になるのです。

もちろん、クレジットカード自体の年会費はかかってしまいますが、上手に選べばプライオリティ・パスの年会費を払うよりも、ずっとお得に利用できます。

プライオリティ・パスが使えるクレジットカードはこれだ

プライオリティ・パスが無料で使えるクレジットカード。代表的なもので10種あります。

  • 楽天プレミアムカード
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
  • SBIプラチナカード
  • JCB ゴールド ザ・プレミア
  • JCB ザ・クラス
  • 楽天ブラックカード
  • 三井住友VISAプラチナカード
  • アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • アメリカン・エキスプレス・センチュリオン

以上の10種です。

ただし、この中には「インビテーション」(カード会社からの招待)が必要なカードもあります。

例えば、JCB ザ・クラス(JCBのブラックカード)、アメリカン・エキスプレス・センチュリオン(アメックスのゴールドカード)、楽天ブラックカードなどがそれに該当します。

これらのカードは、利用履歴が重視されるので「持ちたいから持てる」わけではありません。

上記10種類の中で、最もリーズナブルな年会費となっているのが「楽天プレミアムカード」です。

インビテーション無し、年会費10,000円でプライオリティ・パスが持てる「唯一のカード」となっています。

こちらは「ANA+楽パック」の利用で、ANAマイレージ&楽天ポイントが貯まります。

この他、年会費20,000円、インビテーション無しでプライオリティ・パスが持てるカードには「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」などがございます。

まとめ

今回は、空港ラウンジとクレジットカードについて理解を深めていただけたかと思います。

空港ラウンジには種類があり、利用条件がそれぞれに異なること。

そして、上手にクレジットカードを選べば、魅力的なラウンジをお得に利用できることを覚えておいてくださいね。

なおクレジットカードについては、カードラウンジ、VIPラウンジ、プライオリティ・パスのどれを利用したいかという点をよく考えてから選んでください。

また、目当ての空港ラウンジの利用特典がついていても「マイル還元率」にはそれぞれ違い。

こちらも併せてチェックしてみましょう。良いクレジットカードを選べば、空の旅がもっと快適に、そしてもっとお得になりますよ!

PICKUP CONTENTS

トップへ