デビットカードにも利用限度額はある?使いすぎないために設定しよう

目次 ※クリックで開閉します

クレジットカードを利用する上で注意しなければならないポイントは「利用限度額」です。

これは未決済分がその金額に達している場合、クレジットカードでの決済ができなくなるということです。

50万円の限度額で既に30万円の決済が未払いの場合、あと20万円までしか決済できません。

 

デビットカードには、原則としてこのような利用上限というものが設定されていません。

なぜならデビットカードは「即時決済」を行うため、紐づけされている銀行口座に十分なお金があればすぐに決済ができ、未収代金が存在しないのです。

 

しかし、本当にデビットカードは無制限に利用できるのかというと、実際には銀行ごとに様々な設定があるのです。

デビットカードにもクレジットカードのように利用上限額はあるの?

まず、デビットカードにもクレジットカードで言うところの「利用限度額」が存在するのでしょうか。

 

即時決済型のデビットカードには(一部のカードを除いて)与信枠がなく、口座の中のお金を便利に使うためのツールに過ぎません。

つまりデビットカードに利用上限が設けられることは「口座から現金を引き出すのを制限される」ということに近いです。

銀行口座の中のお金を自由に使えないというのは、あまりにも理不尽な気がしてしまいます。

口座にある分が利用限度額となる

まず、デビットカードの基本的な情報として、クレジットカードと異なり「与信による上限設定がない」という特徴があります。

与信というのは要するに「信用に値するかどうか」であり、具体的には「この人は何円までならクレジット決済を使ってもらっても大丈夫なのか」ということを数値化した情報です。

クレジットカードは、カードで決済した金額を一旦カード会社が立て替え払いします。

それを後日、まとめて決済するのですが、人それぞれに経済状況は異なります。

例えば毎月の収入が手取り20万円の人が100万円の与信枠を使い切ってしまうと、破産して返済してくれなくなる可能性があります。

クレジットカードの審査において「この人の収入なら◯◯万円までなら使っても返済できるだろう」ということを審査し、それを限度額として設定します。

しかし原則としてカードでの決済時に口座にある金額を即座に引き落とすデビットカードでは、そのような心配はいりません。

なぜなら仮に20万円の収入の人が100万円の決済を行おうとしても、それは銀行口座に入っている人の資産から直接支払っていることなので、誰かが債権回収に困るということがないからです。

逆に言うと、デビットカードは与信枠がないので立て替え払いが発生せず即時決済するという特性上、「口座残高以上の決済」はできません。

なので、デビットカードでは実質的に「口座残高を利用上限として使用」することができるというスタンスなのです。

利用上限を設定することはできる

ですが、「上限がない」ということは、単純なメリットになるというわけではありません。

人によってはカードの利用上限額が存在しないことについて「カード決済を使いすぎてしまうのが怖い」と考える人もいます。

事実、高い利便性を持つ決済方法は「中毒性」「収支の不透明化による経済状況の把握困難性」などの危険性も存在し、いわゆる「カード破産」などはその代表例です。

そんな人のために、利用上限を「あえて自分で設定」することができるのです。

クレジットカードの場合は利用限度額をカード会社が審査した上で決定します。

ですが、デビットカードの場合は自ら利用上限を設定することができるのです。

これにより、設定を変更しない限りは過度なカード決済をするようなことはありません。

口座残高を意図的にコントロールするという方法もありますが、そうなるといざという時に残高が足りなくなるリスクが上昇します。

利用上限を設定するという方法は、口座に十分な金額が入っていながらも、一度に使える金額を制限することができる方法なのです。

1日、10日、30日と期間ごとでの上限額もある

また、原則としてデビットカードの利用上限がなくとも、「期間ごとに最大決済できる金額が定められる」という銀行が多いのです。

銀行によって設定内容は異なりますが、さまざまな設定基準があります。

例えば、1日あたりの上限を決めるというのはわかりやすい方法だと思います。

ですが、中には1日あたりの上限金額だけではなく、それと同時に一定期間内の利用限度額を設定できるところもあります。

例えば、1日の利用限度額を10万円に設定しておき、10日間の限度額を50万円に設定することもできます。

通常、110万円を上限にすると10日間では100万円です。

しかし「100万円も一気に使う場面を想定していない」「100万円も一気に口座から消えるのは避けたい」という事情を鑑みて、一定期間の限度額をある程度下げ、けれども1回あたりの決済上限額はそれなりに欲しいという場合に役立ちます。

海外で使うときには要チェック!

では、次に「海外での利用」を前提とした場合に注意すべきポイントについて解説していきます。

ショッピング額は日本と同じで口座残高=限度額

まず、デビットカードを海外で利用する際も、ショッピング枠として利用できる分は「日本での利用」と変わりありません。

基本的に「口座残高=利用限度額」として認識していれば問題ありません。

現地通貨の引き出しには限度額が設定されている

ただし、デビットカードを海外の「現地通貨の引き出し」に利用する場合には、ショッピング枠とは別の限度額が設定されています。例えば「三菱東京UFJ銀行」の場合であれば、110万円までで設定します。

この金額は一般的なショッピングに設定している限度額とは枠組みが異なりますので、ショッピング枠の限度額だけを意識してしまうといざという時に現地通貨を確保できなくなってしまいます。

デビットカードが有るとは言え、現地通貨を確保する手段がないことは大きなデメリットとなる可能性があります。

デビットカードを含め、現地でカード決済ができない場面も少なからず存在します。

そういった時には現地の通貨を確保する手段が必要ですが、両替が行える場所がなかったり、そもそも両替できる他国通貨を保有しているとも限りません。

そのためにカードを利用した現地通貨の引き出し機能があるのですが、あまりにもカードの存在に過信しすぎてしまうと、いざという時に困ることになります。

デビットカードの利用上限はネックになるのか

さて、上限金額が有るということは、少なからず利用に関して制限を受けるということになります。

そう考えると、デビットカードの利用上限というものは運用上ネックになるようなことになるのでしょうか?

「使いすぎを防げる」ことがメリットでもあるデビットカードには支障と言えない

そもそも、デビットカードのメリットの一つに「あるだけしか使えない」という内容が含まれています。

これは「残高以上に決済することはできない」ということであり、クレジットカードに見られる「カード破産」を起こすリスクを大幅に低下させることができます。

つまり、デビットカードは「そう多くない金額の決済」に活用することを想定しています。

仮に上限金額が設定されていても、よほど低い金額を設定していない限りは不都合に感じることは少ないのではないかと思います。

使いすぎを防止する目的では、上限の最大値でも十分な場合が多いと思われます。

確かに「制限」という側面で考えると、これは明らかにデメリットであると評価することになるでしょう。

ですがデビットカードの場合は制限的な意味合が小さく、むしろ「自制」「自戒」としての側面が強く浮き出てきます。

実際にデビットカードはカード破産を起こすような直接的な原因にはなりません。

ですが生活に直結する口座から引き落とす場合だと、生活費などにつながる資金を全て使い切ってしまうリスクも考えられます。

それが遠因となって借金をして、破産するという未来も無きにしもあらずです。

ここに「自制」「自戒」としての意味合いで制限金額が有ると、ここで歯止めをかけることができます。

つまり、デビットカードにおける利用上限はむしろプラスに働くことのほうが多いということになります。

もちろん、自分できちんと自分を律する事ができるような人の場合はじゃまになる可能性もありますが、ひょっとしたらカード決済の利便性に溺れてしまうかもしれないと考えているのであれば、適切な上限設定をしておくことをオススメします。

どうしても高額の利用をしたければクレジットカードを使う

ですが、利用制限が有るということは当然「それ以上の金額の決済ができない」ということになります。

制限の側面の話になりますが、もし、どうしてもカードで高額な買い物をしたい場合には、デビットカードでなくクレジットカードを使うという方法があります。

前述の通り、利用上限が設定されているということは、それ以上は設定が変更されない限り決済ができないということになります。

普段からそれにデメリットを感じていなかったとしても、将来的にカード決済が適した高額な決済の予定が発生した時に、それがデビットカードの上限設定を超えている金額である場合だとデビットカードで決済ができません。

この場合に、クレジットカードを使うという選択肢があるのです。

クレジットカードの利用上限はデビットカードのそれと別個の存在である上に、「分割払い」などが利用できるという点で高額な決済に利用する際の価値が向上するのです。

要するに、普段使いにはデビットカードを、高額な決済の時にはクレジットカードを利用するというアプローチです。

この2つのカードを便利に活用するには、「使い分ける」ということが必要なのです。

カードが2枚あるとして、それぞれの利用シーンを明確に規定しておかないと、バラバラに使えばそれぞれの利用限度額がわからなくなってしまいかねません。

もし、デビットカードを普段使いに、クレジットカードを高額決済専用にしておけば、普段はそう多くない高額な決済に際して、その商品代金が利用限度額を超えていない限りは残高を気にすること無く決済できます。

例えば、普段はタンスの中にクレジットカードをしまっておいて、高額な決済をするタイミングになったらお財布に入れて持っておくという利用法があります。

先ほども説明しましたが、デビットカードで支払えないような高額な決済を、日常的に利用することは想定しません。

同時に、高額な決済というのは大抵の場合は「高額な商品の購入」を想定しますが、そうなると「衝動買い」や「不慮のタイミングでの支払い」は想定することができません。

往々にして計画的に購入することになるかと思います。なので、クレジットカードを高額決済専用にするのであれば、普段からクレジットカードをお財布に入れておく必要もないのです。

ただし、一つアドバイスとしては「クレジットカードの管理は重要」だということです。

きちんと保管していても、定期的にカードの所在をきちんと確認しておきましょう。普

段は目にしないからと言って放置していると、いつの間にか盗まれて使い込まれてしまったということも珍しくありません。

利用者に過失が認められれば、十分な補償を受けることはできません。

まとめ

デビットカードはクレジットカードと異なり「与信枠から設定された利用限度額はない」ということはご理解いただけたと思います。

 

しかし、デビットカードにもカードそのものに設定された一定期間内の最大限度額はあるものの、デビットカードの用途を考えると必ずしもデメリットになる点という訳ではありません。

 

クレジットカードとデビットカードの特性を理解して、上手に使い分けることをオススメします!

PICKUP CONTENTS

トップへ