PayPalはデビットカードでもクレジットカードのように利用できるの?

目次 ※クリックで開閉します

海外でのショッピングサイトを、安全かつ便利に利用するためのサービスとして「PayPal」という決済サービスがあります。

日本ではあまり聞き慣れないかもしれないのですが、海外サイトでのショッピングをしようとすると必ずと言ってよいほど耳にするメジャーな決済サービスなのです。

このPayPalは、クレジットカード情報を利用するものなのですが、デビットカードでは利用できないのでしょうか?

また、デビットカードで利用できるのだとすれば、利用する際に注意すべき点はないのでしょうか?

そこで今回は、海外ショッピングサイトを安全に使いたい人にオススメの決済サービス「PayPal」をデビットカードで利用するということについて解説します。

ところでPayPalとは?

冒頭でも述べましたが、日本ではあまり「PayPal」は有名ではありません。

Pay」という言葉がついている以上、何かの支払いに関するものであると想像することはできるかもしれませんが、具体的にどんなサービスであるのかということは知らない方が多数だと思います。

これは一体どんなサービスなのでしょうか?

世界で最も有名な決済サービスPayPal

日本では知名度の低い「PayPal」ですが、実は「世界で最も有名な決済サービス」なのです。

クレジットカード情報を使って利用する決済サービスの一種であり、低料金でありながら国内外の支払い決済・海外送金が可能という利便性の高さを持ちます。

前述の通り、日本ではまだあまり聞きなれないサービスではありますが、海外ではメジャーな存在でもあります。

そのため、海外のショッピングサイトやオークションサイトを利用する場合には、PayPalのアカウントがあると非常に便利なのです。

逆に言えば、PayPalを利用せずに海外のショッピングサイトを利用することはあまりオススメできません。

PayPalにはどんなメリットがあるの?

まず、「取引先にカード情報が渡らない」という点です。

通常のクレジット決済であればクレジットカードの情報が決済先に知れることになり、よく考えると危険なイメージがあります。

 

特に海外のショッピングサイトでの決済になると、海外の犯罪に巻き込まれるのではないか?というイメージも払拭することができません。

PayPalの場合、登録した「メールアドレス」と「パスワード」だけで支払いができるという点で安全性だけでなく、決済に際しての手軽さがあります。

複雑な手続きを踏むこと無く、まるで会員制サイトにアクセスするかのような手順で決済ができます。

 

また、PayPalで決済した場合は「商品が届かない場合などに購入金額が補償される」という、買い手側・利用者側を保護プログラムがあります。

日本でも少なからず横行していますが、通販で商品を購入する場合だと決済するのが先で、商品が到着するのは数日後であるという点を悪用または手違いがあり、真っ当な売買が完結しないというトラブルが少なくありません。

海外での決済ともなれば商品到着までのプロセスも多く、そのリスクが高まります。

それに際して補償を受けられるのであれば、安心してショッピングを満喫することができます。

 

このように、PayPalを利用することは「手軽」でありながらも、十分にその「安全性」が確保されているということになります。

国内のサイトと違って海外サイトでのショッピングを前提とする場合、国内では入手困難な商品が安く購入できるなどのメリットがありますが、やはり安全な利用が前提となります。

PayPalは、そんな海外ショッピングの不安を払拭することができる便利な方法なのです。

PayPalはデビットカードで登録できるの?

さて、先ほど「PayPalはクレジットカードを登録する」という話をしていますが、では「デビットカード」だと登録することができないのでしょうか?

また、デビットカードを利用することによって、何かクレジットカードでの登録と比較して不便なポイントなどはないのでしょうか?

クレジットカードを使わずPayPalを利用したい

そもそも、クレジットカードを持っているのであれば、わざわざデビットカードを選択肢としてあげる必要なんてありません。

 

ですが、「クレジットカードを持っていない」もしくは「クレジットカードは持っているが、やはり海外サイトでの利用には抵抗がある」という場合、クレジットカードでの登録は避けたいと思うはずです。

特に、信用情報がブラックの人はクレジットカードは作れませんが、デビットカードなら作ることができます。

そういった事情の場合だと、そもそもクレジットカードという選択肢は存在しないのです。

 

実は、デビットカードでもPayPalに登録することが可能なのです。

デビットカードも「カード情報」を持っており、これを登録することでクレジットカードを使わなくても代わりに利用することができるのです。

 

同様に、「Vプリカ」でも利用することができます。

クレジットカードを作れなくてもデビットカードならブラックの人でも作れます。

さすがに銀行口座を作れないという事情があればお手上げですが、いくらなんでもそんなことはないはずです。

使えるカードは国際ブランドのデビットカードのみ!

しかし、確かにデビットカード自体は利用できるのですが、使えるものは限られています。

具体的には、PayPalに登録するためのデビットカードは「国際ブランド」を持つデビットカードである必要があります。

 

要するに、「VISA」や「JCB」などの国際ブランドを持つデビットカードであればPayPalを利用できるのですが、「J-Debitカード」は利用できません。

J-Debitカードは、日本独自の決済システムの一種です。

手持ちのキャッシュカードをそのままデビットカードとして利用するというシステムなのですが、日本特有のシステムであり、決済に専用の機器を必要とするため、通常のデビットカードやクレジットカードとは異なる特徴を持ちます。

これは国際ブランドを持たないので、PayPalでは利用することができません。

 

J-Debitも決済のプロセス自体は通常のデビットカードと同じなのですが、結局はキッシュカードなので、これで登録することは出来ないのです。

ジャパンネット銀行のデビットカードは一部使えないケースがある

また、J-Debit以外にも「ジャパンネット銀行」のデビットカードはPayPalに登録することができません。

これはジャパンネット銀行の公式サイトにも記載されている情報です。

 

理由は、ジャパンネット銀行のデビットカードが「ワンタイムデビット」だからです。

「ワンタイムデビット」とは、「決済時に『トークン』と呼ばれる付属の機械で、一時的なパスワードを発行して決済をしなければならない」という特徴を持ったサービスです。

これもJ-Debitと同じように通常のデビットカードやクレジットカードとは異なる性質であるため、PayPalに登録することが出来ないのです。

 

このように、通常とは異なる特徴を持ったデビットカードの場合、PayPalに登録することが出来ません。

手持ちのデビットカードが「PayPalに登録できない」という事情を持ったカードである場合、そのカードでの登録は諦める必要があります。なので、別のデビットカードを持つことにしましょう。

そうなると複数のデビットカードを利用することになりますので、口座の管理は十分に注意する必要があります。

 

もし、PayPalに登録するデビットカードだけで十分だと考える場合、デビットカードや銀行口座自体を解約して少しでも金銭管理をしやすくするということも考慮しておきましょう。

PayPalアカウントの作り方

それでは、利用可能なデビットカードを保有しているということを前提として、「PayPalアカウント」の登録方法について解説していきます。

PayPalサイトから登録を行う

登録方法と言っても、日本でもよく見られるような簡単な登録方法で済みます。

まず、インターネット上からアカウント作成を行うため、サイトにアクセスします。

具体的な流れとしては以下の通りになります。

  1. 新規登録をクリック
  2. アカウントの種類を選択する
  3. 個人情報の登録

どうでしょうか?この記事をご覧頂いているということは、インターネットが利用可能な環境下に有ると推測します。

であれば、既に似たような登録方法のサイトに会員登録しているという経験が、12つはあるのではないかと思います。

海外で主流の決済方法とは言え、日本語のサイトで登録することが出来ますので、抵抗を感じる人は少ないのではないかと思います。

細かい部分に関しては割愛しています(この手の登録方法は細かく変更されることもありますので)。

ですが、基本的にサイトで「ここを入力してください」といったように誘導してくれますので、別のサイトで英語を翻訳しながら・・・という面倒な作業をする必要はありません。

まるで日本のサービスを利用するかのような手軽さで、あっという間に登録を完了させることができるはずです。

デビットカードで登録する際には残高に注意!

一つ注意しておく必要があるとすれば、それは「アカウント作成時の口座残高」です。

PayPalアカウントを作る際には銀行口座を登録するのですが、アカウント作成時には約200円の引き落としが自動的に行われます。

 

これは、何らかの費用を支払うのではなく、登録に際して「登録した銀行口座は本当にその人のものなのか」「登録された口座は使用可能な状況なのか」ということを確認するという意味合いがあります。

PayPal特有のものではなく、ネット上で銀行口座を登録する必要があるサービスではよく見られる確認方法なのです。

利用者は自分の口座を確認して、該当する引き落としが何円であったかを確認します。

それを専用のフォーマットに入力して送信することで、認証作業を完了させるのです。

 

なお、数百円とは言え支払うことになるのですが、これは認証が完了したら口座に同額が振り込まれますので問題ありません。

あくまでも確認方法として、口座からの引き落としを行っているだけなのです。認証さえできればきちんと返してくれます。

 

ですが、「一時的に引き落としが行われる」ということは変わりません。

デビットカードの特徴としても同じことがいえますが「口座残高が不足していると引き落としは出来ない」という特徴があります。

 

つまり、200円前後のランダムな金額を引き落とすことができる点どの金額が口座に入っていることが重要なのです。

あとで返してもらえるとは言っても、引き落としができなければ登録が完了しないので仕方がありません。

200円前後の金額ですから、それを用意することが出来ないということは稀だと思います。

 

ですが「口座残高を確認していない」場合だと、自分が「これくらいの金額は入っているだろう」「たかが200円程度、入っていないわけがない」と言った具合に油断して、実は口座に十分なお金が入っていなかったなんてオチも十分に考えられます。

ネット上ではその手の失敗談としての情報はさすがに見当たりませんでしたが、理論上は十分に起こり得ることなので注意しなければなりません。

 

念のため、登録作業に入る前に口座の残高はきちんと確認しておきましょう。1000円以上入金されていれば、まず間違いなく認証作業はできるものと考えられます。

まとめ

まだ日本では馴染みの薄いPayPalですが、世界中のどことも繋がれるというインターネットの性質や、今後の日本への浸透を考えると、知っておきたいサービスです。

いまから登録をしておくことも十分にメリットがあると思います。

 

そんなPayPalはデビットカードでも利用はできますが、注意しておきたいポイントなどをしっかりと抑えてから登録するようにしましょうね。

日本ではPayPalでの支払いに対応していないネットショップもまだ多い

安全性も高く便利なPayPalのサービスですが、日本のネットショップのどこでも導入している決済方法ではありません。普及しきるにはまだ時間がかかるでしょう。

 

ネットショップでカードを使う場合、不正利用にあった際の補償面や一時的に資金を失ってしまうことなど、デビットカードはクレジットカードに少し劣る点があります。

ネットショップをしたいけど、買い物をしようとしたお店ではまだPayPalに対応していなかった。そんな場合の備えにクレジットカードを1枚は持っておきたいものです。

 

ネットショップの定番である楽天市場でお得に使える「楽天カード」は、年会費無料でポイントも貯まりやすいおすすめのカードです。ネットショッピング用にクレジットカードを検討される場合は、こちらの記事もおすすめします。

楽天カードの審査やキャンペーン・ポイントの貯め方を徹底的に解説!

PICKUP CONTENTS

トップへ