デビットカードと電子マネーのメリット・デメリットを比較

目次 ※クリックで開閉します

「現金払いの代替手段」として注目をあつめる「デビットカード」と「電子マネー」。

これらはよく似たようなものに思われがちなのですが、実は両者は異なる仕組みを持つカードです。

 

仕組みが異なるということは、当然ながら「メリット」と「デメリット」もそれぞれ異なる特徴があるということになります。

そして、メリットとデメリットが異なるということは、それらを正しく理解していないと適切な運用はできないということになります。

デビットカードと電子マネー、2つの違いを理解して適切な利用をしましょう。

デビットカードと電子マネーはどこが違う?

まず、基本的な内容として「デビットカードと電子マネーは、どこが、どう違うの?」というポイントについて解説していきます。

キャッシュレスで利用できる点は同じ

まず、どちらも基本的な特徴といえる「キャッシュレスで会計ができる」という点は同じです。

お財布に多額の現金が入っていなくても、必要額のデビットカードか電子マネーを持っていさえすれば、決済は可能なのです。

例えば現金主義の人は、お財布の中に入っている金額を上限として決済を行います。

仮に銀行口座に多額のお金が入っていても、ATMから引き出す等しなければ使えません。

コンビニなどであれば簡単にATMを利用できますが、コンビニや銀行、とにかくATMが使いにくい状況での決済ではお財布の中身だけが頼りです。

高額な決済ができるだけの現金を、常にお財布の中に入れておくことができるでしょうか?

デビットカードや電子マネーであれば、カードやスマートフォンなどを持っているだけで、お財布に現金が入っていなくてもある程度の融通がききます。

特に「いざという時」の決済では、かなり重宝することになるでしょう。

即時決済のデビットカードと、前払い方式の電子マネー

デビットカードと電子マネーの大きな違いとしては、「決済の方法」や「決済のタイミング」が異なるということです。

まずは「デビットカードの決済方法」について解説します。

レジでカードを提示して決済すると、その金額が「紐づけされている口座」から即時引き落としされます。銀行口座が関わるという点で「クレジットカード」と似ているのですが、そのタイミングが大きく異なります。

クレジットカードは、カード決済された金額はクレジットカード会社が立て替えます。

その後、引き落とし日にまとめて銀行口座から引き落とします。決済時にはその金額が銀行口座に入っていなくてもカード決済が可能です。

一方、デビットカードの場合は決済した金額がそのタイミングですぐに銀行口座から引き落としされます。

なので、カード決済時にその金額が口座に入っていなければ、立て替え払いしてくれない(一部、立て替え払い可能なカードもあります)ので決済できません。

次は「電子マネーの決済方法」について解説していきます。

電子マネーには「プリペイド方式(前払い)」と「ポストペイ方式(後払い)」の2種類の決済方法がありますが、今回は「プリペイド方式」の電子マネーについて解説します。

前述の通り「前払い」の決済方法であり、事前に「チャージ(入金)」をすることで、それを消費する形で決済をしていきます。

最初に1万円をチャージしておき、4,000円の決済をすれば残高は6,000円、この状態では6,000円よりも高額な決済はできないので、残高が足りないと感じてきたら再度チャージする必要があります。

電子マネーのメリット・デメリット

それぞれの基本的な特徴がわかったところで、それぞれの「実際の利用におけるメリット・デメリット」について解説していきます。

まずは「電子マネーのメリット・デメリット」について解説していきます。簡単にまとめると、「手軽だが」「使えない場面も多い」といったところです。

メリット

利用への敷居が低い

まず、電子マネーは「誰でも手軽に作ることができる」というメリットがあります。

前述の「ポストペイ方式」の電子マネーの場合だと紐付けするクレジットカードの存在が必要不可欠ですが、プリペイド方式の電子マネーの場合は非常に簡単に利用開始できます。

電子マネーは、基本的に「それ単体で決済する」という特徴のため、あっさり入手できます。

デビットカードやクレジットカード、ポストペイ方式の電子マネーの場合だと銀行口座が必要で、信用取引を行う必要がある場合は「審査」も必要です。

ですが事前にチャージした金額しか決済できない電子マネーの場合だと、そのようなことは不要です。

ざっくばらんに言えば「プリペイドカードを購入するのに資格は必要なのか?」ということです。

昨今は「おサイフケータイ」のように、カード媒体ではない電子マネーも登場しています。

この場合だとカードの存在すら無く、スマートフォンの中に専用のアプリをダウンロードするだけでOKです。

カードタイプの場合であればそれぞれ入手方法は異なりますが、「カウンターで手続きする」とか「専用端末から入手する」など、まるで買い物をするかのような手軽さで入手できます。

支払いはタッチするだけ

次は「支払い方法も手軽である」ということです。

電子マネーは基本的に「サイン」や「暗証番号」などを必要とすること無く決済することができます。非常に手軽に使えるのです。

例えば、イオン系列のお店で決済をする時に、レジで「ワオン」という可愛らしい声を聞いたことはありませんか?

あれは「ワオンカード」などのカード決済の際に電子音が発生しているのですが、その決済方法は「専用の機器にカードをかざすだけ」です。

読み取りまで数秒かかりますが、「カードをお財布から出して」「専用の機器にかざして」「読み取りに成功したらカードをしまう」という、合計で10秒程度の短い時間で決済が完了してしまうのです。

また、おサイフケータイなどのカードタイプではない電子マネーの場合であれば「取り出しの手間」も少ないです。

なぜならスマートフォンをポケットから取り出して機器にかざすだけでOKです。お財布を開いてカードを探す手間すら必要ないのです。

提携店舗での割引の対象になる

さらに、電子マネーは「提携店舗での割引サービス」の対象となるケースもあります。

例えば「nanaco」であれば、セブンイレブンの商品が割引の対象になります。

電子マネーの種類によって得られる特典は異なりますが、自分がよく利用する店舗で何らかの特典が利用できるのであれば積極的に利用したいところです。

デメリット

事前に入金をする手間がかかる

ここからは、電子マネーのデメリットに関する解説です。

まずは「事前に入金する必要がある」という点です。

前述の通りプリペイド型の電子マネーは前払いでチャージする必要があり、残高が足りなければ決済ができません。

チャージ方法は電子マネーごとに異なりますので、いざという時にすぐチャージできるかどうかも異なります。チャージ方法が面倒な方法である場合、残高を常に気にしていなくてはなりません。

紛失時の補償が受けにくい

次は「紛失時の補償」についてです。カードを紛失すると、最悪の場合は他人に悪用されてしまいます。それを防ぐためにもクレジットカードやデビットカードには「紛失補償」「盗難オプション」といったように紛失時のサポートが充実しています。

ですが電子マネーは手軽な分、そうしたサポートは考慮されていません。

ネットショッピングでの利用が難しい

次に、「ネットショップでの利用が難しい」ということです。

というよりも、電子マネーは全体的に見てクレジットカードやデビットカードよりも「限定的な使いみち」が想定されます。

クレカやデビットカードの場合、国際ブランドに対応しているところであれば決済できることが多いです。

しかし、電子マネーは国際ブランドよりも「電子マネーのブランド」自体が、使える場所を規定します。

ネットショップの場合、そのサイトが規定する一部の電子マネーであれば使えますが、クレカほど「どのサイトでも決済できる」というイメージではありません。

海外での利用ができない

最後に「海外では利用することができない」というデメリットです。

世界にも電子マネーサービスはありますが、日本の電子マネーは日本固有の技術が使用されており、これは世界に普及しているわけではありません。

世界基準の電子マネーというものがありますが、残念ながら日本の電子マネーのほとんどはこれに該当しないのです。

デビットカードのメリット・デメリット

最後に、「デビットカードのメリット・デメリット」について解説していきます。

メリット

銀行口座が作れれば誰でも作れる

まずは「銀行口座さえ作ることができれば、誰にでも申し込み・作成ができる」ということです。

デビットカードはクレカと違って「審査不要」のカードなので、クレカが作れない事情がある人でも作ることができます。

ただし、紐付けする銀行口座を作る上で問題があれば、当然ながらその銀行のデビットカードは作れません(滅多に無いとは思いますが)。

海外での支払いも可能

次に、「海外でも利用可能である」ということです。

デビットカードはクレカ同様に国際ブランドを有しており、それに合う場所であれば支払いが可能です。

もし、海外旅行中の利用を前提とするのであれば、海外でも使える場所の多い「Visa」を国際ブランドに持つデビットカードを選ぶことをオススメします。

通販サイトでも利用ができる

次は「通販サイトでも利用できる」ということです。

国際ブランドに合うサイトであれば、デビットカードでも支払いはできます。

ただし、決済する内容次第ではデビットカードでも支払うことができない場合もあります。

紛失時も補償を受けることができる

次に、「紛失時の補償が受けられる」というポイントです。

電子マネーに比べると紛失・盗難時の補償が充実しており、ほとんどクレカと変わらない水準で補償が受けられます。

ただし、電子マネーに比べるといざという時の損失が大きくなります。多くのデビットカードがキャッシュカードと一体型のため、口座のお金が下ろせなくなる、最悪の場合、口座のお金を全額不正利用される危険があるのも事実です。いづれにせよ、管理を疎かにしてはいけません。

デメリット

支払い時に暗証番号入力が必要

ここからはデメリットの話になります。

まずは「支払い時に暗証番号の入力が必要である」ということです。

デビットカードのレジカウンターでの手続きはクレカに近いものであり、電子マネーのようにワンタッチで全て完了するということはありません。

紛失時には下手をすれば紐付けする銀行口座丸ごと被害に遭う可能性もあるわけですから、暗証番号の存在は必須です。

さらに、この暗証番号を他人に知られてしまった場合、カード紛失時に前述の補償を受けられなくなる可能性が高くなります。

デビットカードやクレカの紛失・盗難補償時の悪用による被害は「本人に過失がない」ことが要件であり、暗証番号を知られてしまった、もしくは安易な番号で簡単に推測されてしまった場合などは、規約によって補償が受けられなくなります。

紛失時に手続きが面倒

最後に、「紛失時の手続きが面倒である」ということです。

電子マネーの場合は補償が受けられない代わりに被害は最小限、「現金を落とした」のと同じような扱いだとイメージしやすいと思います。

ですがデビットカードの場合はそうもいきません。

デビットカードを紛失した場合、必要な手続きとしては「銀行に連絡」「警察に紛失届を提出」「銀行や警察の取り調べを受ける」といった、クレカと同じだけの手間がかかります。

再発行や紛失補償などの手続きは非常に面倒ですが、悪用されないためにも必要なことなのです。

まとめ

デビットカードと電子マネー。キャッシュレスで支払いができるという共通点から、違いについて今ひとつ理解できていない人も多いと思います。

口座即時引き落としか先払いかの違いを始め、それぞれにメリット・デメリットといえる点があることを理解すれば、シーンによってどちらを使うと便利なのかがわかると思います。

支払い方法の選択肢を増やすことは、あなたにとってお得な買い物にするための方法が選べると言うわけです。

PICKUP CONTENTS

トップへ