急増するクレジットカードのスキミング被害に合わないための対策方法

目次 ※クリックで開閉します

近年急増しているスキミング被害。

言葉くらいは聞いたことがないでしょうか。対策をするためにも、どんなことをされているのか、どんな手口で行われる犯罪なのか、きちんと理解をして、意識を高めて犯罪被害に遭わないように気をつけましょう。

スキミングってなんだ?

スキミングとは、クレジットカードやキャッシュカードなどのカード情報を盗み取ることをいいます。

ここではスキミングとは何か?くわしく解説していきます。

カード情報を盗み取り、偽造カードを作って不正利用する

スキミングで盗み取られたカード情報は、偽造カードにコピーされ、不正に利用されます。

このスキミングの危険性は、カードの種類によっても異なります。

カードには「接触型カード」「非接触型カード」の2種類があります。

「接触型カード」とは、ICモジュールを直接読み取り機に接触させて情報をやり取りできるカードをいいます。

主にクレジットカードやキャッシュカードが「接触型カード」となります。

「非接触型カード」とは、カードと読み取り機で無線通信を行い、情報のやり取りを行うカードをいいます。

主にスイカカードやnanacoカードが「非接触型カード」となります。

危険度はカード犯罪で最高レベル!

スキミング犯罪は、カードを利用した全てのタイミングで、本人が知らない間に行われてしまうことです。

世界各国どこででも行われているため、カード犯罪としては、全世界で最高レベルの危険度といえます。

クレジットカードを狙ったスキミングの手口

前項でスキミングについて解説してきました。

ここでは、クレジットカードを狙ったスキミングの手口を解説していきます。

カード利用をする全てのタイミングで危険がある

前項でも解説しましたが、危険が最高レベルと言われる理由が、カードを利用した全てのタイミングでスキミングをされる可能性があるという点、カードからわずか0.5秒で情報を読み取れるという速さにあります。

カードを利用したときがスキミングされる一番のタイミングとなっています。

【手順1】カードリーダー部分に「スキマー」を設置し、読み取る

スキミングは銀行ATMのカード差し込み部分などに「スキマー」を設置する方法や、店のクレジットカードリーダーに「スキマー」を設置する方法などがあります。

カードを利用する際に接触する読み取り部分にスキマーを設置しておくことで、持ち主が気づかないうちにカード情報を盗み取ることができるのです。

【手順2】隠しカメラで暗証番号を盗撮する

カード自体に暗証番号の情報は入っていないため、暗証番号はスキミングで知られることはありません。

スキマーだけでは、不正利用をするために必要な情報は全て撮れないのです。

そこで、暗証番号は別の方法を使って盗み取る必要があります。

暗証番号の情報は、一般的に「隠しカメラ」で入力する手元を盗撮されて知られてしまいます。

スキミングの手口は、「スキマー」と「隠しカメラ」をATMに設置する方法で行われます。

スキミング被害を防ぐための対策

スキミングの手口について解説してきましたが、スキミングの被害にあわないために何か対策はあるのでしょうか? ここではスキミングの被害にあわないための対策について解説していきます。

個人個人での効果的な対策はとても難しい

スキミング犯罪は、前述したとおり、巧妙に「スキマー」や「隠しカメラ」が設置され、カードを利用している本人が、全く気付くことなく行われます。

いつでもどこでもカードを使った瞬間に被害に遭っている可能性があります。

そのため、スキミング犯罪について、個人個人で対策するのはとても難しいというのが現実です。

ICカードタイプのクレジットカードに変更をする

カードをICカードタイプのクレジットカードに変更するのも、スキミング対策としては有効です。ICカードであれば磁気カードにくらべて外部からの不正アクセスに強く、セキュリティー面で非常に優れています。

ショップでも対面式でカードを利用する

ATM以外でもショッピングや飲食店でもスキミング被害に遭う可能性もあります。

「スキマー」が店のカードリーダーに設置されていたり、携帯型の「スキマー」を店員がもっていたりするケースもあります。

「スキマー」がカードリーダーに設置されている場合は、気付くのに難しいところがありますが、携帯型のスキマーであれば、対面式であれば防げる可能性があります。

クレジットカードを店員に預けて決済をするということは非常に危険な行為なので、出来ることであれば目の前でカードリーダーに通すところを確認したいものです。

クレジットカードの盗難補償で保険をかけておく

クレジットカードの付帯保険に盗難補償があります。付帯保険の内容を確認しておきましよう。

盗難補償について、下記のような免責事項により補償されない場合があるので注意が必要です。

盗難補償の免責事項

  1. 暗証番号の管理を怠った場合
  2. 家族・知人にカードを使わせた場合
  3. クレジットカードの裏面に署名が無い場合
  4. その他カードの使用に本人の過失があった場合など

上記の中でも暗証番号の管理については、特に注意が必要です。暗証番号が生年月日であったり、カードに暗証番号を記載していたりすることも、適切な管理とは言えません。

キャッシング枠を廃止しておく

キャッシングをするときは、暗証番号を入力します。

そのため、キャッシングで不正に利用されるということは、暗証番号の管理を怠っていると判断される可能性があります。

暗証番号の管理を怠った場合は、保険が適用されません。

また、キャッシングでATMを利用することにより、スキミング被害に遭うこともあるため、もしキャッシング枠が必要無い場合は、キャッシング枠を廃止しておくことも有効な対策になります。

電子マネー機能付きのクレジットカードはより注意が必要!

電子マネー機能付きのクレジットカードとは、読み取り機に近づけることにより決済ができる機能を持ったクレジットカードのことをいいます。

楽天カードのEdy機能などが電子マネー機能になります。

ここでは、電子マネー機能付きのクレジットカードの危険性について解説します。

電子マネー機能は「非接触型カード」になるため、カード情報が盗まれる機会が増える

電子マネー機能は「非接触型カード」になります。

「非接触型カード」については、先にも解説したとおり、カードを直接カード読み取り機に接触させなくても、通信で情報のやり取りができます。

現状の「非接触型スキマー」は、半径4cm程度まででしか「非接触型カード」の情報を盗み取ることができませんが、「スキマー」の技術革新もめざましいものがあり半径2mくらいまでスキミングできるものがあるということです。

もし半径2mくらいまでスキミングができてしまうとなると、もはや個人では手の打ちようがありません。

現状では、カード会社によりセキュリティーの高いカードを開発してもらうことが一番の対策といえます。

まとめ

スキミングの被害は年々広がり、脅威が大きくなってきています。

完全に防ぐことは現状難しいという状況ですが、被害に遭いにくくするための方法や被害にあった時のリスクを減らす対策は十分に行えます。

クレジットカードが便利なツールですので、その周りにある危険をしっかり理解した付き合い方を考えていきましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ