オンライン不正利用保険でネットショッピングでのカード決済も安心

目次 ※クリックで開閉します

最近はネットショッピングで買い物をするのは決済が簡単で非常に便利です。

そのため、利用者の数が急激に増えてきている反面、不正利用の被害件数も増えてきています。

そこで大事なのが「オンライン不正利用保険」なのです。

オンライン不正利用保険はネットショピングをするには必須といえます。

ここではオンライン不正利用保険について解説していきます。

ネットショッピングをするならオンライン不正利用保険は必須!

最近はネットショッピングで買い物をするのは決済が簡単で非常に便利です。 そのため、利用者の数が急激に増えてきている反面、不正利用の被害件数も増えてきています。 そこで大事なのが「オンライン不正利用保険」なのです。 オンライン不正利用保険はネットショピングをするには必須といえます。 ここではオンライン不正利用保険について解説していきます。

オンライン不正利用保険とは?

オンライン不正保険とは、ネットショッピングなどで、自分のクレジットカードを不正に使われてしまった場合に損害を補償してくれる保険です。

カード情報が盗まれネットで不正利用される被害が急増している

ネットショッピングでは、クレジットカードの表面に記載されているカード番号と使用期限、裏面に記載されているセキュリティーコードの入力だけで買い物ができてしまいます。

すなわち、クレジットカードに記載されている情報を入力するだけで、本人以外でも買い物ができてしまうというわけです。

クレジットカードに記載されている情報なので、「スキマー」などを使わなくても、クレジットカードを見るだけで、簡単に決済に必要な情報を盗まれてしまいます。

このように、比較的簡単に情報を盗めてしまうため、不正利用される被害が急増しています。

カード情報の盗みの手口が巧妙になってきている

クレジットカードのカード番号・使用期限・セキュリティーコードについては、カードを使用した際や、カードを一時的に抜き取って盗み見ることが可能で、その情報を盗み見られても、本人は全く気付くことがないということが、この犯罪の厄介なところといえます。

カード情報を絶対に盗まれないようにするのは難しい世の中になってきているので、オンライン不正利用保険に限らず各種保険を付帯させることが非常に重要です。

フィッシング詐欺などの被害にも対応してくれる

フィッシング詐欺とは、クレジットカード会社とそっくりの偽サイトを作り、メールなどからこの偽サイトに誘導して、氏名・カード番号・使用期限・セキュリティーコードなどを入力させて情報を盗み取る犯罪のことをいいます。

フィッシング詐欺の場合は直接カードを盗まれて被害に遭うわけではないため、盗難保険の対象にはなりません。

ネット上の不正利用に対する補償にはオンライン不正利用補償が必須です。

オンライン不正利用保険の受ける時の注意点

「オンライン不正利用保険」には気を付けないといけない点があります。

ここでは「オンライン不正利用保険」を受ける時の注意点について解説します。

不正利用から60日以内にカード会社への申請が必要

「オンライン不正利用保険」には補償適用期間があります。

不正使用から60日以内にカード会社に申請をしないと補償を受けることができません。

毎月利用明細をキッチリ確認することが必要です。

警察への届け出が必要な場合もある

「ショッピング保険」でカードを盗難された場合は、警察へ被害届をだしていることが補償の条件となります。

しかし、オンライン不正利用の場合は、クレジットカード会社で、本人が使用したのか他人が使用したのかがわかるため、必ずしも被害届が必要とは限りません。

もちろん、必要な場合もあるので、一度カード会社に相談することをオススメします。

カード会社に相談してから被害届を出しても遅くはありません。

契約者に過失があると判断されると補償の対象外になる

「オンライン不正利用保険」は契約者に重大な過失がある場合も補償の対象外になります。

重大な過失としては、暗証番号が漏れてしまった場合が該当する可能性があります。

また、詐欺にあった場合も、詐欺だと推測できた上で騙された場合なども重大な過失にあたる可能性があります。

「オンライン不正利用保険に加入しているから、詐欺に遭ってもいいや」という気持ちでカード情報を管理していて、カード情報を盗まれると補償されない可能性がかなり高くなります。

カード情報の管理はキッチリしておきましょう。

暗証番号が漏洩してしまっても補償の対象外

「オンライン不正利用保険」は前述したとおり、暗証番号が漏洩してしまった場合も補償の対象外になる可能性があります。

例えば暗証番号が推測されやすいものであったり、生年月日や電話番号であったりした場合は、補償されない可能性が非常に高いです。

しかし、フィッシング詐欺のように巧妙に暗証番号を盗まれた場合には、補償される可能性があります。

補償額は利用上限額まで補償される

「オンライン不正利用保険」の補償額はクレジットカードの利用限度額までのものがほとんどです。例えば、限度額めいっぱい不正利用された場合でも全額補償されます。

利用限度額内で不正利用されると、その額全額が補償されるため非常に安心できる保険です。

オンライン不正利用の被害に遭わないよう注意することが大切

「オンライン不正利用保険」は解説してきたとおり、非常に便利な保険です。

しかし、インターネットを利用する際に自己防衛を怠った場合は、補償されない可能性もあります。

「オンライン不正利用保険」に加入しているから大丈夫!ではなくて、自分でもオンライン不正利用の被害に遭わないよう注意することが大切です。

ここでは、オンライン不正利用の被害に遭わないために注意する点を解説します。

カードの利用明細はきちんと確認をすること!

オンライン不正利用の被害は、本人が気づかないケースもあります。

普段利用していないカードで急に請求が来たというケースであれば気が付くと思いますが、普段からカードを利用している人が、多少利用金額があがっても気づかないということがあります。

ネットショッピング利用者の多くは、カードの利用明細を「Web明細」にしています。

Web明細」利用者の多くが明細書をあまりよく見ていないということです。

前述したとおり、「オンライン不正利用保険」は60日以内に申請しないと補償されません。

そのため、被害に気付かず60日以上経過してしまうと損害が自己負担になってしまいます。

オンライン不正利用の損害を防ぐためにも、毎月の明細書はキッチリ確認していくことが重要です。

ネットショッピング専用カードなら情報漏えいのリスクが低い

ネットショッピングのみで利用できるネットショッピング専用カードであれば、カード情報の漏洩するリスクはかなり低くなります。

ネットショッピング専用カードは実店舗での利用ができないため、カード情報を盗み見られるということがありません。

また、ネットショッピング専用カードは、「オンライン不正利用保険」が付帯されているため、いざという時にも困らないカードです。

まとめ

ネットショッピングでカード決済を行うことは非常に便利です。

しかし、注意して使わなければ危険な罠もたくさん潜んでいるのがインターネットです。

 

インターネット上での万が一に備えたオンライン不正利用保険はとても安心できるサービスですが、利用に際して注意するべきポイントもあります。

インターネット犯罪が身近になってきている今だからこそ、保証内容などをしっかりと確認してカードを利用しましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ