【クレジットカードの活用術】家族カードはとても便利でお得

目次 ※クリックで開閉します

クレジットカードを一枚作れば、「家族カード」を作成してその機能を分けることができ、とても便利です。

その他にも家族カードならではのメリットがたくさんありますが、もちろん注意したいポイントもあります。ここでは家族カードについて徹底的に解説をします。

家族カードの基本情報

意外と知られていない家族カード!ここでは家族カードの基本的な知識について解説します。

家族カードってどんなカード?

家族カードとは、契約者の家族が使えるカードとなっています。

本来クレジットカードは契約者本人しか利用できませんが、家族カードであれば、契約者の家族がカード会社と契約することなく利用できます。

家族カードは追加で発行するカードになる

家族カードの性質としては、契約者に発行されたカード(親カード)に追加発行されたカードとなります。

一つのカード契約を2枚以上のカードで共有する形になるため、カードが増えても限度額が上がるわけではないことに注意してください。

家族であっても使えるのは名義人本人だけ!

家族カードは無記名で発行されるものではなく、家族それぞれの名義で発行されます。

当然クレジットカードなので、カードの名義人でなければ使用することはできません。

家族カードの入会・退会の方法

家族カードの入会方法・退会方法について解説していきます。

入会方法

家族カードの入会の方法は、契約者がクレジットカードの入会申し込みをするときに一緒に申し込みをする方法と、契約者がクレジットカードを持っている状態で、家族カードの申し込みをする方法があります。

審査は、契約者本人の信用能力によっておこなわれます。

退会方法

家族カードの退会方法は、契約者本人がカード会社に電話連絡をすることで退会ができます。

基本的には電話のみで退会ができますが、カード会社によっては書類で退会届けを提出する場合もあります。

家族カードのメリット

家族カードにはいくつかの利点があります。 ここでは家族カードのメリットについて解説していきます。

審査に自信がない人でもカードが持てる

家族カードの審査については、前述したとおり、契約者本人の信用が重要になります。

無職の人や高齢者、学生、主婦、信用情報に事故がある人でも家族カードであれば持つことができます。

審査に自信がなくても、契約者本人の信用でカードを持つことができます。

支払いや管理が一元化できる

家族カードを使っても、請求は契約者本人にまとめて送られ、支払いについても、契約者の口座から一括引き落としになります。

そのため、家族カードが複数枚あっても管理が一元化できます。

請求が一元化されるのでポイントが溜まりやすい

家族カードで使った分のポイントも、契約者のポイントとなるため、ポイントが溜まりやすくなっています。

本会員の利用実績が加算されていく

カードは利用すればするほど実績が積まれ、良いクレヒスになります。

家族カードでの利用は、本会員の利用実績として加算され良いクレヒスを構成します。

有料カードの場合、年会費の節約になる

クレジットカードの中には、年会費が高いカードがあります。

例えば家族でも、各々で契約をしてクレジットカードを所持すると、枚数分の年会費がかかります。

しかし、家族カードの発行であれば、家族カードの年会費が割引されたり、無料になったりするため、非常にお得です。

家族カードのデメリット

前述したとおり、家族カードはメリットが多く非常に便利ですが、反面デメリットもあります。

ここでは家族カードのデメリットについて解説していきます。

発行枚数に制限がある

家族カードも家族だからと言って無制限に発行されるものではありません。

配偶者・子供・同居の両親であれば問題なく発行されますが、兄弟や同居していない両親などは、家族カードの対象外となるケースがあります。

利用者本人のクレヒスが育たない

家族カードを使うと、前述したとおり契約者本人のクレヒスは育ちます。

しかし、家族カードをいくら使っても、名義人である家族のクレヒスは育ちません。

その理由として、信用情報センターに家族会員は登録されておらず、利用した分は契約者本人の信用情報に登録されるからです。

利用限度額に達しやすくなる

前述したとおり、家族カードの発行枚数が増えても、限度額が上がる訳ではありません。

家族カードは、あくまでも親カードの限度額を共有しているため、使えばつかうほど限度額に達していきます。

明細書が一元化されるので購入したものが家族に知られる

家族カードを使ったときの明細書は、一元化され契約者に送付されるため、何を購入したか契約者に知られてしまいます。

家族カードでナイショの買い物をすることは難しいので、注意してください。

よくある家族カードのギモン

ここでは、よくある家族カードのギモンについてお答えします。

親となるカードを解約した場合、家族カードはどうなるの?

家族カードは、親カードの基本契約により追加発行されたカードになります。

家族カード毎に基本契約はないため、親カードの契約が解約されれば、家族カードも同時に解約されます。

家族カードを紛失してしまったらどうすればいいの?

家族カードを紛失してしまったときは、親カードの紛失と同様、ただちにカード会社へ連絡をしてください。

カードの不正利用を防ぐために早くカードを利用停止する必要があります。

尚、家族カードを利用停止すると、後でカードを発見しても、そのカードは使うことができないため、利用停止と同時に再発行手続きをとることをオススメします

親カードのサービスや付帯保険は子カードでも受けられるの?

家族カードも基本的に、親カードのサービスや付帯保険を受けることができます。

海外旅行で家族が病気などにかかったときに家族カード所有者であれば保険が適用されます。

家族カードを作るのにオススメのカード

家族カードを作りたいとき、下記に紹介するカードは非常にオススメできます。

楽天カード

楽天カードは流通系のカードとなっています。そのため、ポイントを溜めるのに非常に適しています。

また、年会費無料で、家族カードを使ってもポイントが溜まっていくため家族カードを作るのに非常にオススメできるカードです。

尚、家族カードは最大5枚まで無料で発行が可能です。

三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAカードの中で最高のステータスを持つカードとなります。

ワンランク上のサービスを希望するのであれば文句なしのレベルといえます。

三井住友VISAプラチナは、付帯サービスも充実していて、高いステータスを家族に共有することができることが特徴といえます。

家族カードの中でも高水準のカードと言えます。

本会員は、5万円の年会費がかかりますが、家族会員は無料となっています。

MUFJカード ゴールド

MUFJカード ゴールドは、ゴールドカードのステータスを持ち、他のゴールドカードであれば年会費が1万円以上というところ年会費が1,905円と大変お得なカードとなっています。

年会費が安いから他のゴールドカードに劣るかというと、そのようなことはありません。

ゴールドカードのステータスを家族で共有できる「家族カード」として、非常にオススメできる1枚です。

家族カードも1枚は無料、2枚目以降は1枚につき400円の年会費となり、年会費が安いカードと言えます。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTは年会費無料で、ポイントがためやすいという特徴があります。 Orico Card THE POINTはオリコモールを利用することでポイントがどんどん溜まるようになっています。 家族カードも、子供がよく使うコンビニ等でポイントがためやすい点もあり、電子マネー機能も注目です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはプロパーカードになり国際的なステータスとしてもかなりの高水準と言えます。

海外で利用するならアメリカン・エキスプレスは、信用力もあり、サービスも充実しています。

年会費は、本会員29,000円、家族カード1枚目は無料、2枚目以降は1枚につき12,000円となります。

年会費は高めですが、高水準のサービスを家族で共有できるステータスの高いカードといえます。

まとめ

以上のように、家族カードには年会費無料のものが多く、便利でお得なツールとして理解してもらえたと思います。

 

付帯サービスを分け与えられたり、家計を一元化するのに便利であるといったポイントを上手く使い、活用しましょう!

PICKUP CONTENTS

トップへ