J-Debit(ジェイデビット)のデビットカードってなに?その特徴は?

目次 ※クリックで開閉します

「VISA」や「JCB」などの国際ブランドがついたデビットカードとは別に、「J-Debit」というデビットカードが存在します。

「名前は聞いたことあるけどよく知らない」とか「よくわからないから使ったことがない」という方も非常に多いJ-Debitですが、きちんと理解することができれば便利なカードでもあるのです。

 

もちろん、一言に「便利だ」と言っても、どのような理由で便利であるのかを理解しないと利用のしようがありません。

そこで、そんなJ-Debitとはどのようなカード・サービスであるのかということについて解説していきます。

J-Debitとはどんなカード?

まず、J-Debitとはどのようなカードであるのかということについて解説していきます。

デビットと名前がつく限りはデビットカードのようなものであるのだということはわかるかと思いますが、具体的にはどのようなサービスなのでしょうか?

日本デビットカード推進協議会が運営する仕組みのデビットカード

J-Debitとは、簡単に言えば「手持ちのキャッシュカードをそのままデビットカードとして使うことができる」というサービスです。

加盟店でキャッシュカードを提示することで、通常のデビットカードと同じように決済を行うことができるようになります。

新規にデビットカードを発行することにはなりません。

 

運営しているのは「日本デビットカード推進協議会」です。

利用可能な加盟店についても、日本デビットカード推進協議会のホームページから確認することができます。

通常のデビットカードの大半が銀行発行であることを考えると、大きな違いであると言えます。

金融機関のキャッシュカードがそのまま使える

J-Debitは、金融機関が発行するキャッシュカードを、そのままデビットカードとして利用することができます。

多くの金融機関のキャッシュカードには、既にJ-Debitに必要な機能が付いているのです。

また、J-Debitのための特別な申し込みも不要で、対応してさえいれば手持ちのキャッシュカードをそのまま使うことができるという特徴もあります。

 

通常のデビットカードの場合、クレジットカードとは違って原則として審査を必要としませんが、発行のための申し込みは必要です。

そのためには手間と時間が必要になりますし、カードの枚数が増えることに抵抗を感じる人も少なくないでしょう。

 

ですが、J-Debitの場合は手持ちのキャッシュカードをそのまま使うことができますので、審査はもちろん、申し込みの手続きも不要です。

キャッシュカードをそのままデビットカードのように使用することができます。お財布の中のカードの枚数を増やすこともなく、カードの管理を難しくするようなこともありません。

年会費や金利は不要

さらに、J-Debitは利用にあたっての年会費が必要ありません。

決済方法は1回払の即時引き落としなので、分割などに関する金利もかかりません。

これらの点において、現金主義の人でも活用するだけの価値を見出すことができて、節約志向の人も気軽に利用することができます。

 

カードを利用するにあたって気になるのは「年会費」や「手数料」などです。

デビットカードの中には(条件付の場合もあるが)年会費がかかるものもあります。

持っているだけでお金がかかるのであれば、リスクを考えてカードを保有することに乗り気になれない人も少なくありません。

 

ですが、J-Debitの場合は保有・利用・決済にかかわる全てのプロセスにおいて年会費や手数料など、何らかのコストがかかることがありません

1回払いという特性上、分割手数料もかかりませんので、カードの利用にお金をかけたくないという人でも気軽に利用することができるのです。

コンビニでの使い勝手も今ひとつ…

ですが、「デビットカードと全く同じ使い勝手で使えるのか?」と言われると、その限りではありません。

例えば、コンビニでJ-Debitを使いたいと思っていても、ローソンで一部の金融機関のJ-Debitカードを使える程度にとどまっています。

 

前述の通り、J-Debitの加盟店は日本デビットカード推進協議会のホームページから確認することができます。

さまざまな加盟店の存在を確認することができるのですが、コンビニではローソンで部分的に利用できるにとどまっています。

コンビニで買物をする機会が多い人の場合、J-Debitでは使い勝手が良くないと言わざるを得ません。

 

もちろん、コンビニであればキャッシュカードを使って「コンビニATM」から現金を引き出すこともできますので、そこまで大きなデメリットにもならないかもしれません。

ですが、「決済の時になってお金が足りないことに気がついた」というシチュエーションの時に、手間を取ること無く決済ができないという点ではデメリットとなります。

今後はどうなるかわかりませんが、現状ではコンビニでの使い勝手は良くないということだけは覚えておきましょう。

J-Debitはどんな所で使えるの?

先ほど「加盟店はホームページから確認できる」「コンビニでは使い勝手が良くない」ということを説明しましたが、それではJ-Debitはどのようなところで使うことができるのでしょうか?

日本全国にある加盟店で利用可能

J-Debitは一般的なクレジットカードやデビットカードと同様に、日本全国の加盟店で利用することができます。

J-Debitの加盟店には、専用のマークが提示されています。

加盟店であれば、会計時にJ-Debitを利用する旨を店員に通知した上でキャッシュカードを提示することで決済が可能です。

 

ですが、その加盟店数はクレジットカードやデビットカードの国際ブランドの加盟店に比べると、少し使い勝手が悪いところもあります。

具体的なことは後ほど説明しますが、「え? ここでは使えないの!?」というところが多いのが特徴です。

インターネットショッピングでは使えない

使えないところはどこかと言えば、例えば「インターネットショッピング」があります。

基本的にネットショップの決済ではJ-Debitは使えませんので、そのネットショップで利用可能な別の決済方法を利用する必要があります。

 

J-Debitは、専用の機器を使って決済を行います。

ネットショップでは通常のデビットカードでも決済できないところが多く、J-Debitでは決済できません。

銀行口座から直接決済を行いたいというのであれば、例えばインターネット銀行での銀行振込であれば自宅にいながら銀行口座からの直結で決済を行うことができます。

 

昨今はカード決済が主流となっているネットショップでは使えないという点は意外だと感じるかもしれません。

ですが、「元は普通のキャッシュカードである」という点を考えると、ある程度は納得できるのではないかと思います。

ネットショップを利用する機会の多い人は、決済用にクレジットカードを1枚作っておくことをオススメします。

海外でも利用ができない

他にも「海外」ではJ-Debitを利用することはできません。

J-Debitは日本独自のシステムでサービスを運用しているため、海外旅行中にJ-Debitで決済を行うことが出来ないのです。

 

クレジットカードやデビットカードは、海外でも国際ブランドに対応しているところであれば決済が可能です。

現地通貨を持っていなくてもカード1枚で決済が可能なので、会計時の手間を減らすことで海外での会話の必要性が少ない状態で会計を終えることができるというメリットがあります。

 

しかし、J-Debitの場合は日本独自の決済システムとネットワークを利用したサービスであるため、海外では利用することができません。

そのため、海外旅行時には海外向けの国際ブランドである「VISA」などの国際ブランドを持つクレジットカードを持っていったほうが無難なのです。

J-Debitが普及していない理由は、国際ブランドのデビットカードに劣る点が多いから

さて、この記事で初めて「J-Debit」という名前を見聞きしたという人も少なくないはずです。

クレジットカードやデビットカードは知っているという人でも、J-Debitは知らないという人は多いです。

なぜ、J-Debitはデビットカードほど知名度が無いのでしょうか?

利用できない時間帯がある

まず、「利用できない時間帯がある」ということです。

厄介なことに、利用できない時間帯は「キャッシュカードの種類」に依存するため、利用に際しては自身のキャッシュカードを検索して利用可能な時間帯を調べておく必要があります。

 

J-Debitの最もわかりやすいデメリットとしては「利用できる時間帯が決まっている=利用できない時間帯が存在する」ということです。

特に厄介なポイントは「キャッシュカードによって、利用可能な時間帯が異なる」ということです。

 

例えば、「三菱東京UFJ銀行」の場合であれば、第二土曜日は21時~翌朝7時までは利用停止、それ以外の日は24時間利用することが可能です。

「三井住友銀行」の場合であれば火曜日~土曜日は24時間利用可能、月曜日は7時~0時まで利用可能、日曜日は0時~21時まで利用可能です。

 

このように、利用するキャッシュカードによって利用できる曜日と時間帯が異なるという点が厄介です。

そのため、自分のキャッシュカードの場合だとどの時間帯は使えて、どの時間帯だと使えないのかという点を調べておく必要があるのです。

キャッシュカードごとの利用可能時間についてはJ-Debitのホームページから調べることが可能です。

使えない場所も多い

次に、「使えない場所が多い」という点です。

使える場面が限られる以上、クレジットカードやデビットカードと比較してデメリットとして大きな要素となります。

前述の通り、ネットショップでの決済や海外旅行中はほぼ確実に利用不可能です。

 

せっかくカード決済をしたいと思っても、J-Debitの加盟店でなければ利用することはできません。

全国に数多くの加盟店を持つJ-Debitですが、クレジットカードやデビットカードの国際ブランドに比べると加盟店は少なく、前述の「コンビニ(一部のローソンを除く)」「ネットショップ」「海外旅行中」は利用できないという点は大きなデメリットとなる可能性があります。

 

とは言え、デビットカードと違って利用に際して申し込み等を必要としないので、「使えたら便利」と考えるのも一つの手段です。

J-Debitのマークを確認したら、手持ちのキャッシュカードで決済するという方法もアリです。

ですが、カード決済が必要な高額な決済になる場合や海外旅行に備えて、クレジットカードやデビットカードを1枚でも持っておくことも必要になります。

海外ATMでの出金ができない

次に、同じく海外に関して、「海外のATMでは出金ができない」ということです。

キャッシュカードの出金に関する機能は国内のATMに限られますので、海外では出金できません。

ですが、デビットカードの場合であれば国際ブランドに応じたATMであれば海外のATMでも出金ができるという点でJ-Debitは劣ると言えます。

 

海外旅行中の決済ができないというデメリット以外にも、海外のATMから出金ができないというデメリットがあります。

決済もできない、ATMからお金を引き出すことができないということで、キャッシュカードを海外に持っていっても役に立たないということになります(国際キャッシュカードを除く)。

 

ですが、デビットカードの場合は海外のショッピングでの決済もできますし、ATMからお金を引き出すこともできるのです。

この点で、J-Debitがデビットカード寄りではあるものの、クレジットカードとは遠い存在であるということがわかるかと思います。申し込み無しで使えるとは言っても、この点でデビットカードやクレジットカードと溝が発生することになります。

PICKUP CONTENTS

トップへ