デビットカードが使えない、気をつけておきたいシーン

目次 ※クリックで開閉します

クレジットカードの様に利用できる便利なデビットカードですが、クレジットカードと比べると使えない場面が多いのもデビットカードの現状です。

なぜデビットカードが使えないのか、その仕組を理解すれば「どんな場所で利用できるのか」ということが見えてきます。

 

また、各デビットカードで利用可能な場面にバラつきがあるので、あわせて理解しておきましょう。

デビットカードはどんなところでは使えて、どんなところでは使えないのかをわかりやすく解説していきます。

クレジットカードはOKだけど、デビットカードがNGの場合がある

まず、「クレジットカードは使えても、デビットカードは使えない」という場面について、簡単に解説していきます。

似たようなカードであるクレジットカーでは支払いができて、デビットカードでは駄目な理由はどこにあるのでしょうか?

同じ国際ブランドでも、全ての支払いができるわけではない

デビットカードには「国際ブランド」というものがあり、これに加盟している店舗・媒体でしか支払いができません。

なので、JCBカードを使いたいと思っても、JCBに加盟していない店舗ではJCBカードで支払いができないことは当然です。

ですが、手持ちのデビットカードの国際ブランドに加盟している店舗であっても、デビットカードが使えないということも考えられます。

 

中には、「昔はデビットカードでも決済ができた」ということもあります。

「ガソリンスタンド」「飛行機の機内販売」が、その代表例です。

ですが、システムの都合でトラブルが続出したことで、これらのシーンではデビットカードが使えなくなってしまっています。

一部、例外的に使えるカードもあるようですが、極めて限定的なケースです。

信用取引を利用するような支払いには基本的に使えない

また、「信用取引」を利用するような支払いの場合、ほぼ確実にデビットカードを使うことはできません。

これは、クレジットカードとは異なるデビットカード固有の決済方法が深く関わっています。

 

デビットカードの決済方法は、紐づけされた銀行口座と連動して「利用時、即時引き落とし」の決済方法をとります。

これは、カードで支払いを行った際に、その金額が即座に銀行口座から引き落とされるという仕組みです。

このシステムはクレジットカードの決済方法と大きく異なるのですが、これが「信用取引ができない」理由なのです。

 

クレジットカードの場合、カードで支払いをする際に一旦クレジット会社がその代金を立替払いします。

そして、規定の日にその金額(分割分)を銀行口座から引き落とすのです。

どちらも「銀行口座から引き落とされる」という点では同じなのですが、「立て替え払いの有無」はつまり「口座残高を超える金額でも決済できるか」という点で異なります。

 

具体的には後述の「高速道路料金」がわかりやすいかと思います。

「口座残高が決済金額に満たない=即時決済できない可能性がある」という特徴を持つデビットカードは、信用取引を必要とする支払いにおいては利用することができないのです。

具体的にデビットカードが使えない場面はコレ

それでは、具体的に「ここではデビットカードは使えない」という場面を、それぞれの理由や背景を踏まえた上で簡単に解説していきます。

高速道路料金

まずは「高速道路料金」です。

つまり、デビットカードには、クレジットカードによくある「ETCカード追加」はできないのです。

カードをセットした専用の機器を車に取り付けておき、あとは料金所を通過するだけで支払いが完了します。

手軽な方法ということで一時期は話題となり、今となっては当たり前の事になっています。

 

さて、料金所で支払うべき金額が仮に5千円だとして、その金額が口座に入っていない場合だと、即時決済のデビットカードは料金所で止められてしまうことになります。

「料金所の流れをスムーズにする」という役割を持つはずのETCでの決済が滞ることになりますので、デビットカードでは決済が出来なくなっているのです。

 

クレジットカードの場合であれば、利用限度額に余裕がある限り、決済が滞る事はありません。「口座残高以上は決済できない」というデビットカードの特徴が、高速道路料金の支払いができない理由なのです。

飛行機の機内販売

次に「飛行機の機内販売」です。

なんとなく決済できそうなイメージがありますが、過去にトラブルを起きています。

 

カードを利用する際の「オンラインチェックができない」という盲点を付かれたトラブルが続出してしまい、現在では大半のデビットカードが決済不可能になっています。

ただし、JAL便においては「りそな系のVISAデビットカード」に限り、決済可能となっています。

ガソリンスタンド

最後は「ガソリンスタンド」です。こちらも過去のトラブルが原因で現在では一部を除き、決済が出来なくなっています。

 

昔は決済できていたのですが、VISAデビットでの決済に際して時間差が生じ、それによるトラブルが頻発したため現在では利用不可能となっています。

ですが、こちらでも例外的に「楽天デビット」「JNB VISAデビット」など、一部のカードであれば決済が可能となっています。

月々払いの支払いにはデビットカードは弱い

さらに、デビットカードには「月々の支払いには向かない」という特徴もあります。

これもデビットカードの「残高以上には決済できない」という特徴が原因です。

どのような場面ではデビットカードが弱いのか、解説していきます。

インターネットプロバイダーやモバイル通信の利用料

まずは「インターネットプロバイダー」や「モバイル通信」などの利用料です。

自宅でのインターネット利用料や、スマートフォンの利用料なども、デビットカードでは決済が難しいのです。

生命保険・損害保険保険料

次に「生命保険」や「損害保険」の保険料の支払いも、デビットカードは不向きです。

特に、「りそな系のVISAデビット」は、大手の保険会社の保険料支払いには大半の場合は利用することができません。

衛星放送・ケーブルテレビ・動画配信の月額料金

次は「衛星放送」「ケーブルテレビ」「動画配信」などの月額利用料です。

保険料の支払いと同様に、りそな系のVISAデビットカードはほとんどの場合で利用できません。

Adobeの月額支払い

次に、「Adobe」の月額支払いに関してです。

デザインソフトを扱う「Adobe Creative Cloud」などの月額払いに、Adobe公式サイトでの注文ではデビットカードは使えません。

ですが、同じものを「amazonの定期購入(サブスクリプションプラン)」で契約する場合には、VISAデビットカードでも支払い可能(筆者の経験談)なのですが、これはカードの種類にもよると思われます。

はっきりとしたことは言えませんが、「こういった裏技・逃げ道もある」ということは覚えておくと良いでしょう。

 

※その後、amazonサイトに「一部のクレジット機能付きデビットカード・プリペイドカードは2か月目以降ご利用いただけません。」と表記がされました。

やはり特定のカードでは継続購入ができないようです。

AmazonからAdobeの定期購入(サブスクリプションプラン)の販売が終了

※AmazonでのAdobeのサブスクリプションプラン(定期購入)の扱いが終了する、というお知らせがメールで届きました。

まことに勝手ながら、Amazon.co.jpでは、2017年4月14日をもちまして、Adobe Creative Cloud 定期購入版の取り扱いを終了させていただきます。

現在ご利用中のAdobe Creative Cloud 定期購入版は、次回有効期限日までは引き続きご利用いただけますが、自動更新はされず、有効期限日以降はご利用いただけなくなります。

これで完全にAdobeをデビットカードで支払う術がなくなってしまいました。定期購入するには、Adobeと直接クレジットカード払いで行う以外ありません。

もちろん、Amazonでも12か月版のオンラインコードの販売は続きますので、こちらをデビットカードで購入することは可能です。

カードによっては、支払いに使えるものもある!

先ほどからも「例外的に」というように説明しているとおり、デビットカードの中には「そのカードであれば例外的に支払いができる」という特徴を持ったカードもあります。

いくつかのカードを例に上げて、それぞれのカードが例外的にどのような場面で決済ができるのかということを簡単に解説していきます。

ジャパンネット銀行

まずは「ジャパンネット銀行」です。

ジャパンネット銀行のデビットカードは、「公共料金」や「月額使用料金」または「ガソリンスタンド」の支払いなど、幅広く利用することができます。

当然ですが、口座の中に十分な預金がなければ利用できません。

三菱東京UFJ銀行

次に「三菱東京UFJ銀行」です。

このカードは「公共料金」の支払いで利用することができます。

また、一部の「レンタルサーバー」の支払いにも利用可能です。

スルガ銀行

次は「スルガ銀行」です。

公共料金や一部の通信サービスの料金の支払など、多くの月額支払いで利用することができます。

楽天銀行

次は「楽天銀行」です。

利用できない場面をホームページで解説しています。

また、未精算の利用額が存在する場合、楽天銀行の判断でデビットカードの利用が停止される可能性がありますので注意が必要です。

あおぞら銀行

次は「あおぞら銀行」です。

このカードでは「携帯電話」や「固定電話」の月額料金、さらに「公共料金」の支払いが可能です。

ホームページには、あおぞら銀行のデビットカードでは決済ができない加盟店を細かく一覧にしていますので、その加盟店を利用しようと考えている時に前もってデビットカードが使えるのかどうかを調べることができます。

りそな系のVISAデビット

最後は「りそな系のVISAデビット」です。

「飛行機の機内販売」でも使えるデビットカードですが、月々の支払いなどには、ほぼ使うことができないという特徴があります。

このカードもホームページにおいて、カードで決済ができない加盟店の一覧をリスト化していますので、調べやすくなっています。

現時点ではデビットカードはまだまだ支払いに難あり

このように、現時点ではデビットカードで支払いができないケースが多々あるということがわかります。

では、私たちはどのようなスタンスでデビットカードと付き合っていけばよいのでしょうか?

デビットカードのメリットを考える

デビットカードのメリットは「即時払い」であることです。

クレジットカードは「後払い」ですので、使いすぎの危険性があります。

 

デビットカードを持つ理由が、この点あるのだとしたらデビットカードの決済シーンの少なさを受け入れるしかありません。

実際に、デビットカードは未成年にも持つことができる、安心度の高いカードです。

銀行口座残高以上に利用することはできませんし、いちいちATMにお金を引き出しに行く手間も手数料も不要です。

デビットカードのメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、デビットカードと付き合うようにしましょう。

悩むくらいならクレジットカードでの支払いにしてしまう

もし、デビットカードとクレジットカード、どちらにしようか悩んでいるくらいであれば、クレジットカードを持つことが一番良いと思います。

支払い可能な場面を考えると、デビットカードよりもクレジットカードの方が現状では圧倒的に有利となるからです。

 

同じ国際ブランドでも、クレジットカードであれば決済できて、デビットカードでは決済できないということが多いことは事実です。

逆に、デビットカードであれば支払えてクレジットカードでは支払えないということは、まず考えられません。

 

決済できる場面の多さを考えるのであれば、デビッドカードよりもクレジットカードのほうが断然便利です。

もちろん、カードの価値はそれだけで図れるものではありませんが、「カードで支払えない場面が多いのは困る」という場合は、クレジットカードがベターな選択肢となります。

クレジットカードを持ったことがない人には、カードを発行することに対する疑問点や不安があると思います。

nanairoでは初めてクレジットカードを作る人に向けた「クレジットカードの作り方」を解説してまとめています。あわせてお読みください。

【初めての人へ】クレジットカードの作り方をわかりやすく解説

PICKUP CONTENTS

トップへ