デビットカードでも支払いができる格安SIMがあるって本当?

目次 ※クリックで開閉します

「格安SIM」や「格安スマホ」の利用料金の支払いの定番は、やはり「クレジットカード」での決済となっています。

とは言え、クレジットカードを持っていないからと言って、格安SIMやスマホの利用を諦めるのは早いのです。

 

実は、一部のデビットカードや業者ではあるのですが、デビットカード支払いにも対応したものがあるのです。

そこで、デビットカードで支払いができる格安SIMや格安スマホについて解説していきます。

MVNO業では基本的にデビットカード支払いはできない

まず、格安SIMを取り扱っている業者である「MVNO」とデビットカードの関係について簡単に解説していきます。

結論から言えば、デビットカードでは支払いができないMVNOが多いです。

その事情についても触れていきたいと思います。

デビットカードOKと公言する業者もある

MVNOの中には、「デビットカードでも支払いができる」というように公言しているところもあります。

ですがそれは逆に「基本的にMVNOではデビットカードでの支払いはできない」ということであり、デビットカードでの格安SIMの利用料の支払いは珍しいことであることを意味しています。

 

格安SIMを含めて、携帯電話・スマートフォンの毎月の利用料をクレジットカードで支払うことが多いです。

中には、クレジットカードの存在を前提として格安SIMを紹介しているサイトも存在します。

それだけ、格安SIMとクレジットカードは切っても切り離せない存在であるということになります。

 

ですが、同じようにカードで決済し、口座から引き落としを行うというシステムを持つデビットカードが、基本的にお断りであることにはどのような理由があるのでしょうか?

そして、「デビットカードでの支払いOK」を公言し、それを強みの一つとできることにはどのような意味があるのでしょうか?

残高不足の可能性を恐れて契約できないことが多い

では、どうしてデビットカードでのMVNOへの支払いが拒否されてしまうのか、それは「デビットカードの決済システム」に原因があります。

どちらも「最終的に銀行口座から引き落としする」ということは変わらないのですが、問題はそこに至るまでのプロセスが、クレジットカードと大きく異なっていることです。

 

クレジットカードは、カードで決済した金額を一旦、クレジットカード会社が立て替え払いします。

それを後日まとめて口座から引き落とすというシステムです。

一方、デビットカードの場合はカードで決済する度に直接、銀行口座からお金を引き落とすシステムになっています。

 

これがデビットカード固有の特徴で、「決済ごとに引き落としされる」ということはつまり「残高により決済ができない」ということを意味します。

例えば、デビットカードに紐づけされている口座残高が5万円の状態では、6万円の会計は決済することができません。

その場合、レジでカードの利用を断られるだけなので、現金や他のカードで決済したり、商品を諦めるなどの方法があります。

ですが月額利用料の場合だと継続的に支払いが発生するので、最初のうちは決済できても次第に口座残高に余裕がなくなり、そのうち1ヶ月分の支払額が口座残高に入っていない状態になることも考えられます。

それを懸念する業者が多いのです。

 

ただし、「デビットカードは使用できない」と記載があっても、MVNOの担当者に問い合わせると「一概に契約できない訳ではない」ということもあります。

もちろん、そこまで見通しが明るいということでもありませんが、多少なりと希望はある、ということになります。

デビットカードで格安SIMを契約する時のよくある質問

それでは次に、「デビットカードを使って格安SIMを契約したい場合によくある質問」について、いくつかピックアップしていきます。

格安スマホ、音声SIM、データSIMで決済できるかは違うの?

まず、「契約するSIMカードの内容」で違いがあるのかということについてです。

要するに「データSIMならデビットカードで決済できるけど、音声通話SIMはデビットカードでは決済できない」と言ったようなことがあるのかということです。

 

これは、同じMVNOであれば、基本的にどの契約でも決済の是非については問われることはありません。

どれかが大丈夫で、どれかがダメ、ということは基本的になく、一つが大丈夫であればどれも大丈夫と考えて構わないでしょう。

デビットカードで端末の割賦契約はできる?

次に、デビットカードで「端末の割賦契約」ができるのか、ということです。

要するに「端末を分割で購入することができるのか」という疑問です。

これは、デビットカードで契約ができれば、ほとんどの場合はデビットカードで端末を分割払いで購入することができると考えても問題ありません。

 

ただし、一部例外として「Son-net」と「楽天モバイル」では、デビットカードでの端末の割賦契約はできません。

不安な場合、本格的に契約を結ぶ前にコールセンター等に連絡し、デビットカードで端末を割賦購入できるかどうかを調べておきましょう。

どの種類のデビットカードでも契約できる?

次に、「どのデビットカードでも格安SIMを契約することはできるのか」という疑問です。

これに関しては一概には言えず、言えることと言えば「デビットカードの種類と業者の組み合わせによって、契約できるもできないものがある」ということです。

 

例えば、ある格安SIMを提供している「業者A」というMVNOがあるとします。

業者Aでは、特定のデビットカード数枚であれば支払いに応じるものの、他のデビットカードでは支払いができないトしているというケースです。

デビットカードそのものを拒否しているのではなく、MVNOによって「使えるカード」と「使えないカード」を規定しているということです。

 

ちょっとした指標としては、月々支払いOKとしている「楽天銀行」と「ジャパンネット銀行」、「スルガ銀行」は使えるケースが多いです。

もちろん、具体的には各MVNOのホームページを確認したり、問い合わせを行う必要があります。

デビットカードで契約できる格安SIM・格安スマホ

それでは、具体的に「デビットカードで契約することができる格安SIM」を提供しているMVNOについて、それぞれの特徴を簡単にまとめていきます。

楽天モバイル

まずは「楽天モバイル」です。

大手企業の「楽天」が運営するMVNOです。初期費用は3,394円、3.1GBのプランはデータSIMを900円で、音声通話SIMは1600円で利用することができます。

利用できるデビットカードは自社ブランドである「楽天JCBデビットカード」と「楽天VISA・デビットカード」、それに「スルガVISA・デビットカード」の3種類です。

 

DMM mobile SIM

次は「DMM mobile」です。

デジタルコンテンツ大手企業の「DMM.com」が運営するMVNOです。

初期費用は3,000円、1GBのプランでデータSIMなら518円、音声通話SIMなら1,360円で利用することができます。

「楽天JCBデビットカード」と「千葉銀行JCBデビットカード」での決済が可能です。

JCBカードであれば契約できる余地がありそうです。

U-mobile

次は「U-mobile」です。

「U-NEXT」が運営するMVNOで、初期費用は3,394円です。データSIMの1GBプランを790円で利用することができます。

公式サイトには「デビットカードでの支払いには対応していない」と明記されているのですが、ネット上ではデビットカードでの申し込みができたという声が少なくありません。

さまざまなデビットカードでの前例があるようですが、だからと言ってそのデビットカードおよび他のカードでの支払いが保証されているというわけではありません。

UQ mobile

次は「UQ mobile」です。

「UQコミュニケーションズ」が運営するMVNOです。初期費用は3,000円で、3GBのプランをデータSIMを980円で、音声通話SIMを1680円で利用することができます。

公式サイトには「クレジットカードでのお申し込みのみ」と明記されているのですが、実際には一部のデビットカードで契約可能であることが確認されています。

具体的には「JNB VISAデビットカード」「スルガVISAデビットカード」「UFJ VISAデビットカード」「楽天JCBデビットカード」が該当します。

 

契約にあたっては担当者に確認することをオススメします。

mineo

次は「mineo」です。

「ケイ・オプティコム」が運営するMVNOです。

初期費用は3,000円で、特徴として「docomo」「au」の2種類の回線から選ぶことができます。

500MBのプランを、データSIMはどちらの場合でも700円で、音声通話はdocomoで1,400円、auの場合で1310円で利用することができます。

mineoも基本的にデビットカードはNGというスタンスですが、「JNB VISAデビットカード」など、一部のデビットカードでは申し込みができるとのことです。

申込画面でエラーが出なければ問題無いと言うスタンスなのですが、審査において不備として扱われる可能性があります。

IIJmio

次は「IIJmio」です。

「インターネットイニシアティブ」が運営するMVNOで、音声通話は「みおふぉん」の相性で親しまれています。

初期費用は3,000円で、3GBの「ミニマムスタンダードプラン」をデータSIMなら972円、音声通話SIMなら1,728円で利用することができます。

確実に決済することができるデビットカードとしては「楽天銀行VISAデビットカード」が挙げられますが、他にも「月次決済可能なデビットカード」であれば契約できるとのことです。

OCN モバイルONE

次は「OCNモバイルONE」です。

「NTTコミュニケーションズ」が運営するMVNOです。

初期費用は3,000円で、110MB/日のプランをデータSIMで900円、音声通話SIMで1600円で利用することができます。

OCNモバイルONEの格安SIMをデビットカードで契約したい場合、事前に「カスタマーズフロント」に電話して相談する必要があります。

NifMo

次は「NifMo」です。

「ニフティ」が運営するMVNOです。

初期費用は3,000円で、1.1GBのプランをデータSIMなら640円、音声通話SIMなら1340円で利用することができます。

NifMoでは、端末代金の支払いは(一括払いのみですが)デビットカードでも支払うことができます。

月額料金に関しては「@nifty」を利用しており、かつ支払い方法が「NTT収納代行」か「KDDI請求」の場合であれば、登録している支払い方法で申し込みが可能です。

Panasonic Wonderlink LTE

次は「Panasonic Wonderlink LTE」です。

「パナソニック」が運営するMVNOで、初期費用は3,000円です。

データ通信SIMのみを取り扱うMVNOであり、最安値は3GBを961円で利用することができます。

デビットカードは「楽天デビットカード」での成功例がありますので、デビットカード利用可能な余地は残されています。

DTI SIM

次は「DTI SIM」です。

「ドリーム・トレイン・インターネット」が運営するMVNOです。

初期費用は3,000円で、1GBのプランをデータSIMなら648円、音声通話SIMなら1296円で利用することができます。

DTI SIMは、VISAデビットカードであれば決済が可能となっているようです。

TONE(TSUTAYAスマホ)

最後は「TONE」です。

「トーンモバイル株式会社」が運営するMVNOなのですが、他とは異なる特徴があります。

TONEは「スマホ+格安SIM」がワンセットでしか契約することができないので、自動的にTONEのスマートフォンを同時に購入することになります。

初期費用自体は3000円ですが、購入するスマートフォンによって端末購入代金は異なります。

 

プランはシンプルに1,000円のプランが用意されているだけであり、これにオプションサービスを付け加えることで最終的な料金が決まります。

デビットカードに関しては、端末の購入代金のみデビットカードで支払うことが可能です。

月額料金に関してはデビットカードには対応いていないのですが、「口座振替」が可能なのでそちらを利用するようにしましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ