マイルが貯まりやすい法人向けクレカの選び方を詳しく解説!

目次 ※クリックで開閉します

法人向けクレジットカードの利用を検討している事業主の中には、法人カードの利用でマイルを貯めたいと考えている方も多いことでしょう。

事業用のカードでマイルが貯まれば、海外出張やプライベートの旅行に役立ちそうですね。

 

そこで今回は、マイルの貯まりやすい法人向けクレジットカードや、カード選びのポイントを詳しくご紹介します。

飛行機を利用する機会の多い事業主さんは必見ですよ。

マイルの貯まるカードを選ぼう

法人向けクレジットカードの利用でマイルを貯めたいなら、まずは利用によってマイルが貯まるカードを契約しなければなりません。

ただ、よく考えずにカードを選んでしまうと、後々「思ったようにマイルが貯まらない」と嘆く結果になる場合もあります。

こうした悲しい事態を避けるために、マイルの貯まるカード選びのポイントを押さえておきましょう。

マイルの入手方法は3通り!

マイルを入手するための条件は、クレジットカードごとに違っています。

主な入手方法は以下にあげる3通りです。

 

  • ショッピング利用金額に応じて自動でマイルが貯まる
  • ショッピング枠の利用で貯まったポイントをマイルに交換する
  • 飛行機を利用することでマイルが貯まる

 

上記を見てわかるとおり、マイルの入手条件はカードによってかなり違っています。

この点を考慮せずに法人向けクレジットカードを選ぶと、思いのほかマイルを貯められないので要注意です。

自分にとってどの方法でマイルを貯めるのがベストなのかを考えよう

前述のようにマイルの入手方法はカードごとに違うため、ご自身にとってどの方法がベストなのかを一度よく考える必要があります。

たとえば普段から飛行機を頻繁に利用する方なら、飛行機の利用によってマイルが貯まるクレジットカードを選んでも問題ありません。

 

他方、たまにしか飛行機に乗らない方の場合は、ショッピング枠の利用でマイルが貯まるカードを選んだほうが賢明です。

こうした点を踏まえたうえで、ご自身に適した法人向けカードを選んでください。

航空会社の法人向けカードには注意が必要

マイルを重視して法人向けクレジットカードを選ぶとき、つい「航空会社の発行しているカードを作れば間違いない!」と思ってしまいがち。

しかし、こうした考えはいったん捨ててください。

 

というのも、航空会社の発行する法人向けクレジットカードでは、いわゆるフライトマイル(飛行機の利用で付与されるマイル)しか貯まらないからです。

ショッピング枠の利用でマイルが貯まらないのは非効率的。同じように法人向けクレジットカードを利用するなら、経費の精算でマイルが貯まるカードを選んだほうが賢明です。

ANAマイルとJALマイルのどちらを貯めたいのかも重要なポイント

マイルに注目している方ならご存知のとおり、ANAとJALではマイルのポイントが異なっています。

法人向けクレジットカードを選ぶ際は、カードの利用で上記どちらのマイルを貯めたいのかを決めておいた方が吉。

というのも、法人向けのカードには、特定のマイルへのポイント交換に特化したものが多いからです。

 

もちろん、ANAとJAL双方のマイルにポイントを交換できる法人向けクレジットカードは多数存在します。

ただ、JALかANAのいずれかに的を絞った方が、結果的に効率よくマイルが貯まる可能性大です。

ANAマイルの貯まるオススメ法人向けクレジットカード

ここからは、マイルを貯めやすいオススメの法人向けクレジットカードをご紹介していきます。

まずは、ANAマイルの貯まりやすい2種類の法人向けカードをチェックしてみましょう。

ANAダイナースクラブコーポレートカード

NAマイルの貯まるプレミアムな法人カードである、「ANAダイナースクラブコーポレートカード」。

このカードを契約すれば、以下のようなメリットを受けることができます。

 

  • 入会時と継続時にボーナスとして2,000マイルがもらえる
  • ANAおよび提携航空会社の利用で区間ごとに25%のボーナスマイルが付与される
  • ポイントを手数料なしでマイルに移行可能
  • ANAマイルの還元率が1.0%

 

上記メリットの中で最初に目を引くのが、入会時および更新時にもらえるボーナスマイルですね。

2,000マイルのプレゼントは、マイラーにとってまさにうれしいボーナスといえます。

 

区間ごとに加算される25%のボーナスマイルも、ANAダイナースクラブコーポレートカードの利用で得られる利点のひとつ。

ANAと提携航空会社のフライトを利用するだけで、効率的にマイルを貯めることができます。

 

さらに、カードの利用ポイントは手数料なしでマイルに移行することが可能。

ANAマイルにポイントを移行した場合の還元率も1.0%と高いので、経費の支払いで貯まったポイントを効率よく利用できます。

 

このようにメリットの多いANAダイナースクラブコーポレートカードですが、申込む前に以下のデメリットはチェックしておいてください。

 

  • 年会費が2万円とやや高額
  • 審査の難易度が高め

 

ANAダイナースクラブコーポレートカードの年会費は2万円と、プラチナカードレベルの価格設定になっています。

安価な法人クレジットカードをお求めの方には、高額に感じる値段かもしれませんね。

 

審査については、やや厳しめと思っておいた方がよいでしょう。

ワンランク上の法人カードであるだけに、利用のハードルは高く設定されていると考えてください。

 

ただし、ある程度のステータスがある方なら、審査を通過できる可能性は十分にあります。

詳しい審査基準について知りたい方は、一度ダイナースクラブに問い合わせを行ってみてください。

ANA JCB法人カード

ANAカードとJCB法人カードの機能が1つになった、「ANA JCB法人カード」。

このカードには、「一般カード」「ワイドカード」「ワイドゴールドカード」の3種類があります。

各カードに共通するメリットを、以下でチェックしてみましょう。

 

  • 入会時と更新時にボーナスマイルがもらえる
  • ANAおよび提携航空会社の利用で区間ごとにボーナスマイルが付与される
  • OkiDokiポイントをマイルへ移行できる

 

ANA JCB法人カードの入会および更新を行なうと、ボーナスマイルが付与されます。

付与されるマイルは「一般カード」が1,000マイル、「ワイドカード」と「ワイドゴールドカード」が2,000マイルとなっています。

 

ANAグループ便に登場する度に、区間ごとのボーナスマイルが付与される点もこのカードのうれしいポイント。

ボーナスマイル付与率は、「一般カード」が運賃倍率×10%、「ワイドカード」と「ワイドゴールドカード」が運賃倍率×25%となっています。

 

次に、ポイントのマイル移行について。ショッピング機能の利用で貯まるOkiDokiポイントは、好きなタイミングでマイルに移行可能です。

交換レートは1ポイント=10マイルとなっています。では次に、ANA JCB法人カードのデメリットを見てみましょう。

「ワイドゴールドカード」以外は国内旅行傷害保険が付帯しない

ANA JCB法人カードの「一般カード」と「ワイドカード」には、国内旅行傷害保険が付帯しません。

とはいえ、目立ったデメリットはこの一点のみです。

 

ちなみに、「一般カード」の年会費は2,250円と安価。

予算をかけずにマイルの貯まる法人カードを利用したい経営者さんに、ANA JCB法人カードはおすすめです。

JALマイルの貯まるオススメ法人向けクレジットカード

ANAに続いて、JALマイルの貯まるオススメ法人向けクレジットカードをチェックしていきましょう。

以下にあげる2つのクレジットカードは、マイラー必見の法人カードとなっています。

MUFGカード ビジネス(Visa・MasterCard)

MUFGカード ビジネス(Visa・MasterCard)は、三菱UFJニコスカードのスタンダードな法人カードです。

早速、この法人向けクレジットカードのメリットを見てみましょう。

 

  • 年会費が1,250円と割安
  • グローバルポイントを手数料なしでマイルに移行できる

 

スタンダードなカードであるだけに、MUFGカード ビジネスの年会費は安価です。

リーズナブルに利用できるカードありながら、ポイントを手数料なしでマイルに移行できる点がMUFGカード ビジネスのグッドポイント。

個人事業主の方でも、無理なくマイルを貯めることができます。

ただし、MUFGカード ビジネスは以下の点に注意して利用しなければなりません。

 

  • 1ポイント=2マイルと交換レートが低い

 

先にご紹介したANA JCB法人カードのOkiDokiポイントと比べると、MUFGカードのグローバルポイントはマイル交換レートが低めです。

ちなみにグローバルポイントの付与率は、カード利用代金1,000円につき1ポイント。

マイルに交換した場合の還元率は、0.2%程度になってしまいます。

 

とはいえ、ショッピング枠の利用でマイルが貯まるスタンダードな法人カードは希少。

いわゆる陸マイラーの事業主であれば、MUFGカード ビジネスをチェックして損はありません。

MUFGカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGニコスカードが発行する、法人向けのゴールドカードです。

カードブランドは、信頼性の高いアメックス。この法人向けクレジットカードに備わるメリットは、以下のようになっています。

 

  • ゴールドカードでありながら、年会費が1,905円と格安
  • 入会初年度は国内利用時のポイント付与レートが1.5倍にアップ
  • 「グローバルPLUS」ポイントを手数料なしでマイルに移行できる

 

MUFGカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が1,905円と格安。

低コストで、ビジネスに役立つゴールドカードを運用できます。

 

入会初年度に限りポイント付与レートが上がる点も、このカードがもつうれしいメリット。

通常は1,000円につき1ポイント付与される「グローバルPLUS」のポイントが、入会初年度に限り1,000円につき1.5ポイントにアップします。

 

グローバルPLUSは、手数料無しでマイルに移行可能。

入会初年度は、ショッピング枠の利用で多くのマイルを貯めることができますよ。

ただし、やはりMUFGカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにもデメリットはあります。

 

  • 1ポイント=2マイルと交換レートが低い

 

ポイントからマイルへの交換レートが低い点は、前述のMUFGカード ビジネスと同じです。

この点は、年会費の安さとのトレードオフだと思ってください。

 

上記のデメリットはあるものの、MUFGカード・ゴールド・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費の低さはやはり魅力的。

コストパフォーマンスの高い法人ゴールドカードでマイルを貯めたいなら、このカードをチェックする価値大ですよ。

ANA・JALどちらのマイルにも交換可能なオススメ法人向けクレジットカード

マイラーを自認する経営者の中には、「ANAとJAL双方のマイルを貯めたい」と考える方も多いことでしょう。

そんな経営者さんのために、ポイントをANAとJAL両方のマイルに交換できる法人カードをご紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

中小企業の経営者や個人事業主に人気の高い、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード。

国際的なブランドであるだけに、アメックスのビジネスカードはポイントを多様な航空会社のマイルに移行できるようになっています。

まずは、このカードのメリットを見てみましょう。

 

  • 国際的に信頼性が高い
  • 条件を満たせば高い還元率でポイントをANAマイルに移行できる

 

アメックスのゴールドカードは、国際的な信頼性が抜群。提示するだけで、ワンランク上のステータスを誇示できます。

また、条件を満たすことで、ポイントをANAマイルへ移行した場合の還元率がアップする点も、このカードの大きな魅力です。

ただし、以下のデメリットを押さえておかなければ、ビジネス・ゴールドカードの利点を活かすことができません。

 

  • ポイントをANAマイルへ移行するには5千円の年会費が必要
  • ANAマイルへの還元率を1ポイント=1マイルに上げるには、さらに年間3千円の費用がかかる
  • ポイントを直接JALマイルに移行することはできない

 

アメックスのポイントをANAマイルに移行するには、「メンバーシップ・リワード ANAコース」への登録が必要です。このコースの年会費は5千円。

ただし、ANAコースを申込むだけでは、マイルへのポイント交換レートが2ポイント=1マイルと低めです。

このレートを倍にしたい場合は、さらに年会費3千円の「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入しなければなりません。

 

次に、ポイントのJALマイルへの移行について。

アメックスでは、2014年1月31日をもってポイントのJALマイレージへの移行サービスを終了しています。

ただし、アメックスのポイントをJALで使える「Aviosポイント」に交換することは可能です。

 

「Aviosポイント」とは、ブリティッシュ・エアウェイズのマイレージの名称。

こちらのマイルへの移行は、ANAのように5千円の年会費を支払わずに行えます。

さらに「メンバーシップ・リワード・プラス」への加入によって、交換レートを1ポイント=1マイルにアップすることも可能。

この仕組を上手に使えば、アメックスのポイントでJALをお得に利用できます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(グリーンカード)

前述のアメックス・ビジネス・ゴールドカードの下位カードに当たるのが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード(通称グリーンカード)です。

早速、このカードのメリットを見てみましょう。

 

  • 年会費が12,000円とアメックスとしては安価
  • 空港ラウンジサービスが付帯している
  • 旅行傷害保険が付帯している

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの年会費は、12,000円となっています。

一見高額に見えますが、前述のビジネス・ゴールドカードの年会費は26,000円とさらに高額。

比較すれば、グリーンカードの年会費は安価です。

 

上記のとおり年会費が割安でありながら、空港ラウンジサービスや最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯している点がこのカードの大きな魅力。

外見こそ一般カードに見えますが、サービス内容はゴールドカードレベルとなっています。

次に、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのデメリットを見てみましょう。

 

  • ANAマイルやJALマイルへのポイント移行の際に、ゴールドビジネスカードと同様の条件が課される

 

グリーンカードのポイントをANAやJALのマイルに移行する場合も、前述のゴールドビジネスカードと同様の年会費や手間が必要となります。

特に注意しておきたいのが、先にも登場した「メンバーシップ・リワード ANA」の年会費。

 

ANAマイルへのポイント移行は、5千円の年会費を差し引きしてどの程度得なのかを考慮して行わなければなりません。

この点は、アメックスのビジネスカードに共通するデメリットだといえます。

オリコ エグゼクティブゴールドフォービズ

オリコが提供する、オリコ エグゼクティブゴールドフォービズ。

このカードには以下のようなメリットが備わっています。

 

  • 年会費が2,000円と安価
  • マイレージへの移行はANA、JAL共に手数料無料

 

オリコ エグゼクティブゴールドフォービズの年会費は、法人向けのゴールドカードとしては格安といえる2,000円に設定されています。

さらにショッピング枠の利用で貯まったポイントは、手数料なしでANAやJALのマイルに移行可能です。

 

ちなみにマイルへの移行レートは、ANAが1,000ポイント=600マイルで、JALが1,000ポイント=500マイル。

ただし2016年11月30日までは、JALへのポイント移行がANAと同じ1,000ポイント=600マイルに増量されるキャンペーンが実施されています。

では続いて、オリコ エグゼクティブゴールドフォービズのデメリットを見てみましょう。

 

  • デメリットはほぼなし

 

オリコ エグゼクティブゴールドフォービズに、特筆すべきデメリットはありません。

強いていうならば、ステータスの高い経営者が持つにはややスペックが物足りないことぐらいです。

この点も、サブカードと割り切って所有する場合はデメリットとなりません。

オリコ エグゼクティブゴールドフォービズは、個人事業主からある程度の地位をもつ経営者まで広くオススメできる法人カードとなっています。

【よくあるギモン】法人カードで溜まったマイルは個人で使うことができるの?

法人向けクレジットカードを利用するとき、ちょっと気になるのが貯まったマイルの取扱い。

法人カードで貯めたマイルは、個人の旅行や出張に利用できるのでしょうか。

個人のマイルとして移行が可能です

結論を述べると、上記の疑問に対する答えはイエスです。

法人カードで貯めたマイルは、個人に付与することができます。

そもそもマイルは個人が利用するものであり、法人として利用できません。

航空券の申込みが法人名義ではなく個人名義で行われるのですから、マイルを法人として使えないのも当然のことですね。

まとめ

本文でご紹介した法人カードを上手に使えば、カードで経費を精算しているだけでマイルを貯めることができます。

貯まったマイルの使いみちは原則自由。

経営者の個人的な旅行に使ってもいいですし、出張費の削減に利用するのもよいでしょう。

ぜひご自身や会社に適した法人カードを選んで、お得にマイルを貯めてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ