クレジットカードには海外旅行傷害保険が付帯している!海外旅行もこれで安心!

目次 ※クリックで開閉します

海外旅行に行く時に、あると便利なのがクレジットカードです。

海外旅行でクレジットカードを持っていると便利な理由は色々ありますが、その理由の一つが「海外旅行傷害保険」です。

クレジットカードには、海外旅行傷害保険の機能が付いているカードがたくさんあります。

でも「おまけ」で使えるようなものだし、軽視してしまいがちな人が多いです。

ここでは、クレジットカードの付帯保険である「海外旅行傷害保険」とはどんな保険なの?本当に使えるの?

賢く使うにはどうすればいいの?といった疑問にお答えします。

クレジットカードの海外旅行傷害保険についての基本知識

海外旅行傷害保険は、クレジットカードの付帯保険のうちの一つです。

付帯保険とは、クレジットカードの機能の一つとして付帯している保険のことです。

付帯保険の中には、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、航空機遅延費用補償保険、ショッピングガード保険といった具合に、様々な種類があります。

今回は、その中でも特に海外旅行に行く際に一番役に立つ「海外旅行傷害保険」に注目していきます。

海外旅行時に保険が必要な理由

そもそも、なぜ海外旅行に行く際には「海外旅行傷害保険」に入っておいた方がいいのでしょうか。

「ほんの数日間海外に行くだけだし、わざわざ保険なんて気にしなくてもいいんじゃないの?」

と思いがちですが、海外旅行の際には必ず「海外旅行傷害保険」に加入しておいた方がいいです。

年会費無料カードでも海外旅行傷害保険が付帯している

保険といえば、保険料を支払う代わりに、何かあった時に保障してくれる機能のことですよね。

しかし、クレジットカードの海外旅行傷害保険は「付帯保険」ですから、クレジットカードに付いているサービスの一つです。

年会費無料のクレジットカードにも、海外旅行傷害保険が付帯しているカードはいくつもあります。

年会費無料で付帯保険が付くの?と思われる人もいると思います。

年会費無料のクレジットカードでも付帯保険がついています。

年会費がかかるクレジットカードの方が、当然ながら保険内容は充実していますが、年会費無料のクレジットカードだからと言って、全く使えないというわけでもありません。

カードの種類によって保険内容は異なる

クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険の保障内容は、基本的に、

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用

の6つになります。

この保障内容は、クレジットカードによってこの保障金額が異なります。

例えばJCBの場合、「傷害死亡・後遺障害」は2,000万円、「傷害治療費用」「疾病治療費用」は100万円となっています。

一方、エポスカードの場合は、「傷害死亡・後遺障害」500万円、「傷害治療費用」200万円、「疾病治療費用」は270万円という具合になっています。

年会費無料のカードに海外旅行傷害保険が付帯できる理由

カード会社は、保険会社と団体契約で加入しているため、低コストで保険に加入することが可能になっています。

そのため、年会費無料のクレジットカードであっても、会員数を増やす目的で様々な付帯保険をつけることができるのです。

海外旅行傷害ほ件を利用する際に気をつけたいポイント

クレジットカードの海外旅行傷害保険を利用する際に気をつけたいポイントについて解説します。

旅行傷害保険には「自動付帯」と「利用付帯」がある

クレジットカードの旅行傷害保険には、「自動付帯」と「利用付帯」の2種類があります。

 

「自動付帯」とは、クレジットカードを持っているだけで保険が適用されるものをいいます。

それに対して「利用付帯」とは、ツアー代金や航空券などの公共交通料金の支払いをカード利用した場合のみ保険適用されるものをいいます。

 

持っているクレジットカードの旅行傷害保険の適用条件が「利用付帯」になっている場合、カードを持っているだけでは保険が適用されないということに気を付けて下さい。

クレジットカードの補償だけで十分?

クレジットカードの「傷害死亡・後遺障害」は事故でのみ適用されます。

病気で死亡した場合には保険が適用されません。

 

また、クレジットカードによっては、一番重要な「傷害治療費用」「疾病治療費用」が出ないというのもあるため、保険の内容には十分に気を付けてください。

90日以上は補償されない

基本的にクレジットカードの付帯保険は、出発から90日間が適用期間となっています。

すなわち90日以上は補償されません。

 

90日以上海外に滞在する場合は十分に注意してください。

クレジットカードの付帯保険と保険会社の比較

クレジットカードの付帯保険と保険会社の保険では、補償範囲や金額が変わってきます。

ここでは、付帯保険と保険会社を比較してどのような違いがあるのかをくわしく解説していきます。

カードの付帯保険と保険会社の違い

カードの付帯保険と保険会社の違いとして、保険会社は、付帯保険の補償内容プラス「緊急歯科治療費用」「疾病死亡」も補償されるということです。

 

また、クレジットカードの付帯保険の場合は、治療費などをいったん自己負担して、帰国後に請求するというシステムになっていますが、保険会社の補償は自己負担することなく受けられることもあります。

 

補償の金額についても、付帯保険と比べて、保険会社のほうが高額に設定されていることが多く、保険会社の保険のほうが、付帯保険よりも手厚い補償となっています。

 

しかし、クレジットカードに付帯している海外旅行傷害保険は、非常に気軽に準備ができます。

クレジットカードを持っているだけ、もしくは公共交通料金の支払いをするだけで保険が適用されます。

 

それに対して、保険会社の海外旅行傷害保険に加入する場合、別途加入の手続きを行い、さらに保険料も支払わなければならないというデメリットもあります。

重要な補償は保険会社に軍配が上がる

保険会社の保険は、前項でも解説したように補償の中でも一番重要な「傷外治療費用」「疾病治療費用」について、高額であったり、立て替え払いしなくてもよかったりします。

 

また、付帯保険ではカバーできないような費用も補償しているため、海外旅行傷害保険について「カード付帯保険」と「保険会社」を比較した場合には、保険会社の海外旅行傷害保険に軍配が上がります。

カードの付帯保険を最大限活用するためのポイント

前述したとおり、付帯保険の補償内容を個別に見ていくと保険会社の保険と比べると少し物足りない感がありますが、使い方によっては保険会社の保険にも見劣りしない補償になります。

 

ここでは、クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険を最大限活用できるポイントを解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

複数のクレジットカードの保障は合計できる

補償の中でも一番重要な「傷害治療費用」「疾病治療費用」について、保険会社の保障内容に比べ、カードの付帯保険では少し心もとない感じがします。

 

しかし、クレジットカードを複数枚持つことにより、保険会社の保障よりも手厚くできる可能性があります。

例えば、「傷害治療費用」について、

  • Aカード:200万円
  • Bカード:200万円
  • Cカード:100万円

以上の3枚のクレジットカードを保有している場合は、すべての保障内容を合算した「最高500万円」まで保障されます。

 

すなわち、「傷害・疾病治療費用」については、合算することができるため、クレジットカードは一枚だけではなく複数枚持つことによって保障内容を充実させることができるのです。

90日以上の旅行の場合でも保障期間を延長するテクニック

前述したとおり、クレジットカードの付帯保険は、適用期間が出発から90日間となっているものが多く、90日以上の長期滞在する場合は、保険会社の旅行傷害保険に加入をする人が多くいます。

 

しかし、保険会社の保険料は長期滞在になるとかなり高額となります。

90日を超える長期滞在の場合に、クレジットカードの海外旅行傷害保険は全く使えないのかというと実はそうではありません。

実は、クレジットカードの「利用付帯」の海外旅行傷害保険を駆使した裏技のような方法があるのです。

 

まず前提条件として、90日以上の旅行でカード付帯保険の保障期間を延長するためには、

  • 二枚以上のカードが必要
  • その内一枚は「利用付帯」のカードが必要

以上の二つの条件を満たしておく必要があります。

 

あえて利用付帯のクレジットカードを海外で使う

保障期間を延長する方法は、まず出発時に保険が適用されるカードを1枚持って行きます。

そのカードの保険適用期間が切れたあと、すぐに前述した「利用付帯」のカードでタクシーに乗ります。

「利用付帯」の保険適用条件は、「現地にて公共交通機関等の代金を支払ったタイミングから90日間」であることが多いことを逆手に利用するのです。

この様にすることで、「利用付帯」のカードで、さらに90日間の保険が適用されます。

年会費無料で海外旅行傷害保険が充実しているカードを紹介

いま持っているクレジットカードの海外旅行傷害保険の内容を確認してみてください。

注目すべきは、傷害治療費用と疾病治療費用の保障金額です。

アジアに旅行に行くとして、最低でも300万円は無いと十分な保証金額であるとは言えません。

 

こんな時は、年会費無料で海外旅行傷害保険が充実しているクレジットカードをもう一枚持っていくことで、不足している保障を補うことができます。

エポスカードの海外旅行傷害保険は優秀!

海外旅行傷害保険の保障内容が不足しているときににおすすめなのが、「エポスカード」です。

エポスカードと言えば、マルイでお得に使えるカードとして知られていますが、実は年会費無料でありながら、海外旅行傷害保険が非常に充実しているカードなんです。

傷害治療費用と疾病治療費用の保障金額が多い

傷害死亡・後遺障害については、500万円の保障金額となっており、少ないです。

しかし、傷害死亡・後遺障害は本当に万が一の時であり、そこまで重要ではありません。

一番可能性が高く、重要な保障である「傷害治療費用」が200万円、「疾病治療費用」は270万円の保障が付帯しています。

 

しかも、マルイの店舗で即日発行即日受取も可能なので、急な海外渡航にも対応できます。

もし、自分が持っているクレジットカードの海外旅行傷害保険が物足りないのなら、エポスカードを保険用に申し込むことを検討してみてください。

エポスカードをマルイで使おう!お得な優待や特典を徹底解説!

まとめ

最近は特に、年会費無料のクレジットカードでも保険内容が充実しているカードが多くなってきています。

保険会社で海外旅行傷害保険に加入することもいいですが、海外旅行に行くたびに保険に入って、保険料を払って、というのを繰り返すのも面倒ですよね。

クレジットカードの海外旅行傷害保険を賢く利用する事ができれば、安心した保障を手間をかけることなく、手に入れることができます。

海外旅行に行く際には、クレジットカードの付帯保険である「海外旅行傷害保険」の内容を重視して、クレジットカードを選ぶのもいいかもしれません。

もし、現在持っているクレジットカードの保険内容を見直して、保障内容が不足している場合には、新たに保障内容を追加するために、保険内容の充実して年会費無料のクレジットカードを新たに作ることをおすすめします。

PICKUP CONTENTS

トップへ