デビットカードは「現金払い」の代用手段として便利

目次 ※クリックで開閉します

デビットカードは「現金派」の人、つまり「クレジットカードを持っていない人」に対して非常にオススメしたいアイテムなのです。

その理由は、クレジットカードを所持することに対する懸念によるデメリットを無くすことができ、なおかつクレジットカードにあるメリットを活用できるカードだからです。

 

この記事では「現金払いを貫き通してきた人」にとって、デビットカードを使うことで得られる便利な点を理解してもらうことを目的としています。

デビットカードが現金主義の人にとってどのようなメリットがあるのか、出来る限りわかりやすく解説していきたいと思います。

現金払いでは得られない、デビットカード利用で得られるメリット

まずは、現金主義の人では得ることのできない、「デビットカードを利用することのメリット」について解説していきます。

お財布に現金と証明証やポイントカードしか入っていない人では得られないメリットとは、一体どのようなものなのでしょうか?

ATMの手間と手数料を減らせる

まず、「ATMの手間・手数料を減らすことができる」ということです。

例えば、「お財布にお金がないけど、口座にはある」という場合、わざわざATMでお金を下ろすのは手間ですが、デビットカードならそんなことはありません。

 

例えば「買いたいものがある、けれどお財布の中身では足りない、コンビニATMならばお金を引き出すことができて支払うことができる」という場合、コンビニまで出向いて手数料を支払ってまで現金を引き出し、それを会計のために支払うというプロセスになります。

これがコンビニ内のことであればまだしも、別の店舗での話となれば「お金が足りないと発覚→コンビニまで現金を引き出しに行く→お店に戻ってお会計」という面倒な手順を吹くことになります。

面倒なことこの上なく、しかもATMの手数料がかかるというおまけ付きです。

 

ATMでお金を引き出す場合、引き出すタイミングによって手数料がかかる可能性があります。

特に夜遅いタイミングだと、ほぼ確実に手数料がかかると考えたほうが良いでしょう。

使用する媒体によっては、24時間いつでも手数料がかかることもあります。1回あたり100円~200円程度であるとは言え、決して侮ることはできません。

仮にそれで1ヶ月あたり1,000円かかるとすれば、年間で1万円以上のお金が無駄に流出することになるのです。

時にはそれが必要な場面もあるでしょうが、常にそれを背負うことなど必要ないはずです。

 

デビットカードがあれば、クレジットカード同様にカードブランドの使用可能な店舗であれば、わざわざATMまで行かなくても決済できます。

時間的な手間も、金銭的な損失も発生すること無く、お財布の現金以上の決済を行うことができるのです。

支払履歴が残るので家計簿をつける手間が省ける

次に、「支払履歴を利用した家計簿の手間の省略」です。

デビットカードの支払い履歴から、家計簿の管理が楽になるのです。

わざわざレシートを集めること無く、その月の支払いを管理しやすいのです。

 

通常、現金主義の人が家計簿をつける、もしくは一定の期間の支出を管理するためには、支出を行った「レシート」などの媒体が必要になります。

加えて、面倒な計算等も必要になりますし、時間と手間がかかることこの上ありません。

 

ですが、デビットカードであれば履歴がきちんと残りますので、それを集計すれば簡単に家計簿の助けにすることができるのです。

加えて、「アプリ」と連動させることができれば、入力の手間も省けるという寸法です。

現金払いではもらえない「ポイント」がたまる

さらに、デビットカードでは現金払いでは得られない「ポイントサービス」という恩恵があります。

クレジットカードでは有名な話ですが、実はデビットカードの利用においてもポイントが貯まるのです。

 

基本的に、利用金額に応じてポイントが貯まる仕組みとなっています。

一般的にクレジットカードよりも還元率(同じ金額でどれだけ多くのポイントが貯まるのか)は少ないのですが、現金払いではポイントを得ることができないことに比べると、大きな違いがあります。

クレジットカードと比較してもデビットカードが優れている点

次に、「クレジットカードと同じように使える」というデビットカードが「クレジットカードと比較して優れているポイント」について解説していきます。

即時決済なので利用額が把握しやすい

まず、デビットカードは「即時決済」であるという点です。

これは後述のデメリット「分割払いできない」にもかかわるポイントですが、即時決済によって「利用金額が把握しやすい」という点でメリットとなります。

 

デビットカードと違って、クレジットカードは利用金額(決済した金額)が即座に口座残高に反映されるので、利用額の把握がしやすいのです。

クレジットカードの場合だと、その月の支払いが翌月の決済となったり、分割払いとなれば複数の分割払いが複雑に絡み合い、その月の支払額や既に支払い終わっている金額の把握が難しくなります。

 

ですが、デビットカードの場合は決済した金額がすぐに口座残高から差し引かれますので、「次の月はいくら払わなければならない」「あと何回、支払いが残っているのか?」といったことまで考慮する必要がありません。

決済した金額は口座残高を確認する時には既に引き落とされた後であることがほとんどで、複雑な情報の下で利用金額を調べなければならないということがありません。

口座にお金さえあれば利用限度額は無制限

次に、デビットカードは「口座にお金があれば実質的に利用限度額が無制限である」というメリットがあります。

仮に、その銀行口座に莫大なお金があれば、日常的な支出は無条件で支払うことができるということになります。

 

クレジットカードの場合は、仮に銀行口座にお金が相当額あったとしても、「信用」を積まなければ(カードを利用し続けて、限度額引き上げの再審査を受ける必要がある)利用限度額を増やすことはできません。

例えば、利用限度額が50万円とすれば、1ヶ月で50万円以上使うことはできません。口座に50万円あろうが100万円あろうが、支払った50万円をカード会社に返済しない限り、追加でカード決済することはできません。

 

デビットカードの場合、即時決済であり、毎月の利用限度額は設定されていません。

デビットカードは「銀行口座の四次元ポケット」のようなもので、口座の残高をまるでお財布に現金があるかのように使うことができます。

つまり、口座にある金額いっぱいまで使うことができるということです。そのため、高額な買い物にもデビットカードを使うことができるのです。

家電量販店などでポイント付与率が落ちない

次に、「家電量販店でポイントの付与率が低下しない」ということです。

家電量販店で買い物をする場合、「家電量販店が指定するカード」以外では「量販店が発行するポイントカードのポイント付与率」が下がる場合がほとんどなのです。

デビットカードならば、その対象にならないのです。

 

さらに、デビットカードのポイントも同時に貯めることができるのです。

もちろん、これはクレジットカードでも同様ですが、クレジットカードの場合は上記の制限が足かせとなります。

デビットカードの場合は足かせなしに恩恵を得ることができますので、クレジットカードに比べて恩恵が大きくなることが多いのです。

現金払いより優れているデビットカードが、クレジットカード払いに負けること

それでは逆に、デビットカードがクレジットカードに劣るポイントがどこにあるのか、解説していきます。

分割払いができない

まずは「分割払いができない」というポイントです。

分割払いはクレジットカードの代名詞のような存在ですが、でビッtろカードの場合はこれを利用することができないのです。

一括払いしか利用しない人にとってはそうでもないかもしれませんが、大きな金額の買い物をする時には不便に感じる可能性があります。

 

例えば、30万円の何らかの家電でも購入するとしましょうか。

その際、一括で支払うことができる財力があれば、そこまで気にすることもないかもしれません。

しかし、貯金がそこまで余裕がなく、毎月の収入もそこまで多くないと言う場合には、30万円という金額はそれなりに負担になります。

 

クレジットカードの場合、購入する商品の金額に応じて分割払いをすることで、「手数料の支払い」というデメリットは発生しますが、一時的に多額の負担を強いられるようなことがありません。

例えば、30万円の商品を10回払いで支払う場合、毎月の負担は3万円+手数料となり、そこまで大きな負担になりません。

分割回数を増やすほどに手数料の総額は増えますが、1ヶ月あたりの負担は少なくできます。

 

ですが、デビットカードの場合は一括払いしかできないため、分割払いやリボ払いといった支払い方法は選択することができません。

つまり、口座残高以上の金額の商品を購入することはできず、高額な商品を購入することが難しくなってしまいます。

ポイント還元率が高くない

次に、「ポイント還元率が低い」ということです。

これは先ほども触れたかと思いますが、基本的にデビットカードのポイント還元率はクレジットカードのそれと比べると低く設定されています。

 

クレジットカードの場合、低いものでも0.5%という還元率が設定されていることが多いです。

しかし、デビットカードの還元率は低いものだと0.2~0.3%であり、クレジットカードの半分の還元率しか持っていないことがあります。

もちろん、デビットカードの中にもそれなりの高還元率を持つカードもありますが、それを選ばないといけないという点でデメリットとなります。

デビットカードが利用できない場面がいくつかある

次に、「デビットカードを利用できない場面がある」ということです。

具体的には、国際ブランドに対応している店舗において、クレジットカードでは支払えるけれども、デビットカードでは支払えないということがあるのです。

 

全ての店舗がそうであるということではなく、一部の店舗ではそうであるということです。

つまり、「デビットカードを持っていれば(国際ブランドに対応している店舗であれば)どこでも決済ができる」ということではないのです。

デビットカードをお財布に入れておけば安心できるということがなく、場合によっては現金もしくはクレジットカードでの支払いが求められるということになります。

ETCカードの発行ができない

最後に「ETCカードが発行できない」というポイントです。

ETCカードは高速道路の料金所での手間を減らすことで数年前から有名ですが、クレジットカードとは違ってデビットカードではこれを発行することが出来ないのです。

 

では、なぜデビットカードではETCカードが作れないのでしょうか?その理由は「デビットカードの決済システム」と「ETCカードの決済システム」に違いがあることが原因です。

前述の通り、デビットカードは即時引き落としのシステムを利用しています。

一方、ETCカードはあつ払いのシステムであるため、クレジットカードと同期することができるのです。

これがデビットカードと同期できない理由は「ETCカードの存在理由」にあります。

 

ETCカードは、高速道路の料金所での時間を取られないようにして、料金所の流れをスムーズにすることが目的です。

即時決済のデビットカードと紐付けした場合、「口座残高が足りなければ決済できない」という性質を持つため高速の料金が口座に残っていない場合だと、高速道路のETC専用出口が渋滞してしまいます。これでは意味がありません。

PICKUP CONTENTS

トップへ