デビットカード活用術!賢く使う方法はこれだ!

目次 ※クリックで開閉します

せっかく作ったデビットカード、出来る限り有効活用したいと思いませんか?

デビットカードを賢く使うためには、「デビットカードが使える場面」というものを理解する必要があります。

 

一部、高速料金での支払いやガゾリンスタンドでの支払いなど、使えない場面もありますが、多くの場合にデビットカードの活躍するシーンがあります。

では、デビットカードが活躍する場面とはどのようなものであるか、どのような点に留意する必要があるのかということについて解説していきます。

普段の買い物にデビットカードが便利

まず、日常的な買い物でデビットカードがどのように役立つのか、ということについて解説していきます。

使った分が即座に反映されるので、残高が見えやすい

まず、デビットカードは、「使った分が即座に反映される」という特徴があります。

クレジットカードのように後払いではないので時には不便に感じることもありますが、この特徴によって「残高が見えやすい」というメリットがあります。

 

例えば、お財布に1万円が入っていれば、2,000円の会計を済ませれば残りは8,000円、その状態で500円の会計をすれば7,500円となります。

仮に上記の会計を忘れていても、お財布の中身を見れば残高は一目瞭然です。

1万円以上の買い物をすることもできませんが、管理のしやすさでは非常に大きなメリットとなります。

 

クレジットカードの場合だと、使った分の決済はしばらく先になることが多いです。

まとめての決済となりますので、月の途中、引き落とし指定日まである程度の時間がある時だと「今まで何円のクレジット決済をしてきたか?」ということが、即座にはわかりません。

 

もちろん、ネットでクレジットカードの個人向けページにログインすれば確認できますが、利用限度額の問題もありますのでそれなりにクレジットカードを使う人は「あと何円ならカード決済ができるのか」ということを把握することが難しくなります。

 

デビットカードの場合は、カード決済した分が即座に口座残高に反映されます。

つまり、通帳記入を行う、もしくはATMで入手できる利用明細を確認することで、口座残高、つまり「デビットカードで、あと何円の決済ができるのか」ということを把握することができます。

クレジットカードのように「決済は翌月」と言ったことがなく、利用履歴が反映されればその決済でそれ以上のお金を引き落とされることはありません。

先のことまで管理するのが面倒だという人にとって、大きなメリットとなります。

利用履歴が記録されるので、家計管理が簡単になる

次に、利用履歴が記録されることにより、家計管理が簡単になるのです。

前述の通り、デビットカードの利用履歴は常に即時引き落としで口座に反映されます。

これを利用して、「家計簿」などの家計管理が容易になります。

 

レシートを集める必要はなく、専用の会員ページにログインし、そこから利用履歴を引き出すことができます。

最近はパソコンだけでなくスマートフォンでもアクセスできるようになっていることが多く、パソコンの前でなくても利用履歴が引き出せます。

しかも、利用履歴に記載されている内容は既に支払いが完了しているものであるため、「これは来月、これは再来月に引き落とし…」などという面倒な管理も必要ありません。

 

デビットカードはその特性上「カード破産」が起きることは稀です。

しかし、デビットカードに紐づけされている銀行口座が給料の振込先の場合だと、口座に入っている給料が全て使われてしまう可能性もあります。

それでは破産手前までいきかねませんが、家計管理がしやすくなればそれも防ぐことができます。

ポイントが付くので現金で買うよりもお得

さらに、デビットカードだと「ポイント」という恩恵もあります。

クレジットカードでもそうですが、利用金額に応じて専用のポイントが付与され、それをさまざまなサービスと交換することができます。

これは、現金での支払いでは得られません。

 

現金払いの場合、その店舗の専用もしくは複数の店舗で共用するポイントサービスを貯めることはできます。

しかし、異なる店舗では別のポイントサービスであったり、あるいはポイントサービスそのものが無いところも少なくありません。

 

デビットカードはクレジットカード同様に、その支払金額に応じてポイントが付与されます。

なので、複数の店舗での支払いで同じポイントが得られますし、多くの場合で別個のポイントサービスとの二重取りが可能になります。

 

ただし、デビットカードのポイント付与率は一般的にクレジットカードのポイント付与率よりも少なめに設定されています。

なので、同じ支払いでもクレジットカードで得られるポイントよりデビットカードで得られるポイントのほうが少ないです。

ですが、現金払いだとそれ単独での付与率は0%であるのに対して、デビットカードでは少ないながらもポイントが得られます。

日常的な支払いの中でポイントが得られるチャンスが増えるのであれば、メリットとして受け入れることができるはずです。

月々の支払にもデビットカードを利用しよう

次に、デビットカードの活躍の場について解説していきます。

私達を取り巻く環境が少しずつ変化していくにつれて、ビジネスに関わる環境は大きく変化しています。

数年前はできなかったことが、今となっては「当たり前」の一部となりつつあるのです。

デビットカードで月々の支払が可能なケースが増えつつある

まず、デビットカードを「月々の支払い」に使えるようになったという変化です。

ここで言う「月々の支払い」とは、例えば「水道光熱等の公共料金」「携帯電話の通信料」のように、毎月(もしくは隔月)その支払が必要になる金額のことです。

 

従来は、「引き落とし日に残高不足で引き落とせない」という事態を懸念して、月々の支払でのデビットカード利用は受け付けられないことが多かったのです。

クレジットカードの場合だと、クレジット会社が最初に立て替え払いするので、本人の支払い能力が喪失されてもカードが使えなくなり、カード会社が債権者となるだけで支払先となる企業・団体が損失を被ることはありませんでした。

ですが、デビットカードの場合は「支払えない=口座残高が足りない」ということがリアルタイムに発生するので、上記のリスクを考慮してデビットカードは支払い方法の対象外となっていました。

 

しかし、近年では月額の支払いに対応したデビットカードが増えつつあります。

ただし、全てのデビットカードが対応している訳ではないという点には注意が必要です。どのようなデビットカードなら使えるのか、前もって調べておく必要があります。

携帯料金の支払いをデビットカードにする

携帯電話という、現代において必須のアイテムの一つと言える利用料を、デビットカードで支払うことができます。

ですが、前述の通り「使えるデビットカードは限られている」という点に注意する必要があります。

 

例えば、昨今その知名度を高めつつある「格安SIM」を提供しているMVNOでは、OCNモバイルONEでは「スルガ銀行VIASAデビットカードは使えるが、他は不明」、IIJmioの場合は「楽天銀行VISASカードは確実に使える、他は月次決済が可能なものは使えることがある」と言った具合です。

 

こうした情報は、各キャリアのホームページのFAQコーナーや、コールセンターなどに問い合わせることで確認することができます。

もしくは、キャリア側でも把握しきれておらず、デビットカードを発行している銀行に問い合わせを行う必要がある場合もあります。

光熱費の支払いをデビットーカードにする

光熱費の支払い、つまり「公共料金の支払い」においても、でビッtカードを活躍させることができます。

毎月必ず発生する料金でデビットカードのポイントを貯める事もできますので、非常にお得な方法であると言えます。

 

しかし、昨今は「電力の自由化」など、公共料金を取り巻く環境も変化しつつあります。

新しい選択肢が増えるということは、従来とは異なる取り扱いになる可能性があるということになります。

今までは可能だった支払い方法が、新しい選択肢では不可能であることも十分に考えられます。

支払う先、もしくはデビットカードの発行元の担当者に十分に確認し、手持ちのデビットカードもしくは申し込み予定のデビットカードで支払いが可能であるかどうか確認しておくと良いでしょう。

ネットショッピングでもデビットカードが活躍する

日々の買い物や携帯電話、公共料金の支払い以外にも、昨今は「ネットショッピング」でもデビットカードの活躍の場が用意されています。

ネットショッピングでもクレジットカード代わりにデビットカードが使える

今まで、ネットショッピングでの支払いと言えば「クレジットカード」「代引」「銀行振込」などが主流でしたが、クレジットカードが利用できるネットショッピングではデビットカードも使用できるのです。

 

ただし、そのネットショップで利用可能なクレジットカードと同じ国際ブランドのデビットカードである必要があります。

例えば「VISA」クレジットカードが使えるネットショップであれば、VISAデビットカードでなければ決済はできません。

こうした制限はありますが、結局のところはクレジットカードも同じ制限を受けていますので、そこまで大きなデメリットとはならないでしょう。

ついつい買いすぎてしまうネットショッピングこそ、デビットカードが最適

そして、デビットカードはネットショップとの相性も抜群なのです。

ネットショップは、ボタン一つでさまざまな商品が購入できる便利なサービスです。

しかも、重たい商品でも宅配便で自宅まで届けてくれるというおまけ付きです。そんな便利なネットショップだからこそ、クレジットカードだと使い過ぎになりやすいのです。

「カード破産」に追い込まれるのは、クレジットカードのリスクを、このような利便性の中毒性が上回ることで発生します。

 

デビットカードの場合だと、口座に入っている分した使えないのでカード破産の予防ができます。

デビットカードの決済は即時引き落とし、つまり口座に1万円しか入っていなければ1万円よりも高額な決済はできません。

デビットカード用の口座が給料の振込先とは異なれば、給料を全て使ってしまうということもありません。

クレジットカード同様、決済が早いので発送までの時間が早い!

デビットカードは、クレジットカードと同様に「発送までの時間が早い」というメリットがあります。

商品の到着までは商品ごとに個別の事情もありますが、発送側が発送するまでの時間が短縮されることで、商品の到着も早まることになります。

 

「コンビニ振込」や「銀行振込」で商品を購入する場合だと、注文から発送までにタイムラグが発生します。

これは「決済が確認されるまでは商品を発送しない」というルールに則ったものであり、ネットショップや売主側が代金の振込を確認できるまでは商品を発送しません。

加えて、振込の場合だと確認できる時間も限られてしまうため、振り込んだ曜日・時間帯によっては確認までに時間がかかり、結果として商品の発送および商品到着まで相当な時間がかかります。

 

デビットカードでの支払いなら、注文時に決済ができ、発送までのスピードが早いのです。

他にも「クレジットカード」「代引き」「その他電子マネー等」でも即時決済が可能ですが、デビットカードでも得られる恩恵ではあります。

PICKUP CONTENTS

トップへ