無料で使える法人向けカードの有無と使い勝手を徹底検証

目次 ※クリックで開閉します

法人向けクレジットカードの利用を検討する際に、「年会費無料で法人カードを作りたい」と考える経営者さんも多いことでしょう。

年会費が完全無料であれば、経費を一切かけずに便利な法人向けカードを利用できますね。

 

しかし、そんなに都合よく利用できる法人向けクレジットカードは存在するのでしょうか。

また、もし存在するとしたら、カードとしての使い勝手はいいのでしょうか。

本文で、疑問の答えを探っていきましょう。

年会費無料の法人向けクレジットカードはあるのか

本記事の読者にとっての最大の疑問は、「年会費無料の法人向けクレジットカードが存在するかどうか」であるはず。

この疑問に対する答えはイエスです。

以下で、年会費を永久無料とする法人向けカードのキホンと注意点を見てみましょう。

種類はとても少ないが存在はしている

ごく少数ではあるものの、年会費無料の法人向けクレジットカードは存在しています。

もし一切経費をかけずにクレジットカードを経営に導入したいなら、利用を検討してみるとよいでしょう。

ただし年会費無料の法人向けカードは、手放しでおすすめできるわけではありません。

年会費無料のカードを持つ際には注意が必要

年会費無料の法人向けクレジットカードには、デメリットを持つものが少なくありません。

特に以下にあげるデメリットを有している場合は要注意。

経営に利用するうえで、不便を感じる可能性大です。

  • ポイントプログラムがない
  • 追加カードを発行できない
  • 追加カードで利用できる店舗が限られている
  • ETCカードの発行に対応していない

ポイントプログラムがない

各デメリットの詳細を見ていきましょう。

まずはポイントプログラムについて。

個人用のクレジットカードと同様に、多くの法人向けカードにはポイントプログラムが付帯しています。

カードによっては、貯まったポイントで年会費を取り戻すことも不可能ではありません。

 

一方年会費無料の法人カードには、ポイントプログラムが備わっていないものが少なくありません。

また、プログラムが備わっていても、ポイントの使いみちが極端に限定されている場合がほとんどです。

ポイントを貯める楽しみを味わえないことは、クレジットカードとしての大きなデメリットといってよいでしょう。

追加カードを発行できない

次に、追加カードについて。

追加カードを発行できなければ、社員各位が経費の決済にクレジットカードを利用できません。

こうなると社長しかカード決済できないことになり、法人向けカードとしての利便性が大きく損なわれます。

追加カードで利用できる店舗が限られている

また、追加カードを発行できる場合も、追加カードの機能が限定される場合があります。

先にデメリットとしてあげたように、追加カードで利用できる店舗が限られる場合があるのです。

あまり追加カードの使いみちが狭いと、わざわざ発行する意味がなくなってしまいます。

ETCカードの発行に対応していない

最後に、ETCカード発行への未対応について。

営業車を使う企業であれば、クレジットカードに紐付けされたETCカードはぜひとも利用したいところですね。

ところが年会費無料の法人カードでは、ETCカードを発行できない場合があります。

 

また、ETCカードの発行に対応していたとしても、年会費が発生する場合は要注意です。

ETCカードの年会費が高額だと、本カードが年会費無料となっている意味がなくなってしまいます。

 

以上のようなデメリットがあると、法人向けカードは一気に使いにくいものになります。

年会費無料の法人向けクレジットカードを探す際は、デメリットに十分注意しましょう。

年会費永久無料のカードを紹介

前節でご紹介したとおり、年会費無料の法人向けクレジットカードには多数のデメリットがあります。

しかしそのデメリットを踏まえたうえで、「やはり年会費無料の法人カードがほしい」と考える方も多いはず。

 

特に事業を始めたばかりの個人事業主であれば、無料で使える法人向けカードはぜひ手に入れたいところでしょう。

そこでこの節では、おすすめできる年会費無料の法人向けクレジットカードを厳選してご紹介します。

ビジネクスト・法人クレジットカード

2016年9月時点で最もおすすめできる、年会費無料の法人向けカードがあります。

そのカードとは、ビジネクストの「法人クレジットカード」です。以下に示すように、このカードには多くのメリットが備わっています。

  • 追加カードは50枚まで発行可能
  • 追加カードの年会費が無料
  • ポイントプログラムが備わっている
  • 限度額が最高300万円と高額
  • ETCカードも年会費無料で発行可能

上記のとおり、ビジネクストの法人クレジットカードには前節でご紹介したデメリットがありません。

追加カード、ETCカード共に年会費無料ですし、ポイントプログラムも備わっています。

 

では次に、ビジネクスト・法人クレジットカードのデメリットを見てみましょう。

  • 旅行傷害保険が付帯していない

ビジネクスト・法人クレジットカードには、旅行傷害保険が付帯していません。

利用付帯の設定もないので、旅行傷害保険が必要な場合は別途保険に加入する必要があります。

とはいえ、このクレジットカードの主だったデメリットは上記の1点のみです。

 

ちなみに、ビジネクスト・法人クレジットカードの審査は、法人クレジットカードとしては緩めになっています。

本来ビジネクストは、ビジネスローンの専門業者。

融資実績が豊富であり、若い企業への融資ノウハウも備えています。

 

そんなビジネクストの発行する法人クレジットカードだからこそ、設立したての企業や個人事業主でも審査を通る可能性は十分あります。

年会費無料の法人クレジットカードを契約するなら、ビジネクスト・法人クレジットカードを第一候補にあげて間違いありません。

コーナンPRO Business Card

ポケットカードとコーナンが共同で発行している「コーナンPRO Business Card」。

こちらも年会費を永年無料とする、法人向けクレジットカードになります。

早速、コーナンPRO Business Cardのメリットを見てみましょう。

  • 追加カードを5枚まで発行できる。
  • 追加カードの年会費も永年無料
  • ポケット・ポイントに対応している
  • 伊藤忠エネクスで2円のガソリン割引を受けられる

5枚までに限定されているものの、コーナンPRO Business Cardも追加カードの発行に対応しています。

 

ただし、以下のデメリットには注意しなければなりません。

  • 追加カードは「コーナン」と「コーナンPRO」でしか使用できない
  • ETCカードの発行および更新に手数料が1,000円かかる

コーナンPRO Business Cardの追加カードは、コーナン系列店でのみ利用できるハウスカードとなっています。

つまり、一般的なクレジットカードとしての利用はできません。

本来このクレジットカードは建築業者を対象としたカードであり、通常の法人カードとは性質が異なっているのです。

 

また、ETCカードの発行が有料である点も、コーナンPRO Business Cardの大きなデメリット。

更新するたびに1,000円の費用がかかっては、本カードの年会費が無料となっている意味がなくなってしまいます。

もしETCカードをたくさん発行したいなら、ほかの法人向けカードを選んだほうが賢明です。

建デポ・プロ ビジネスカード

「建デポ・プロ ビジネスカード」は、LIXILとポケットカードが共同で発行する法人向けクレジットカードです。

このクレジットカードには、以下のメリットが備わっています。

  • 追加カードを5枚まで発行できる。
  • 追加カードの年会費も永年無料
  • 建デポポイントが貯まる

追加カードの発行枚数や年会費は、先にご紹介したコーナンPRO Business Cardと同じですね。

 

続いて、建デポ・プロ ビジネスカードのデメリットを見てみましょう。

  • 追加カードは「建デポ・プロ」でしか使用できない。
  • ETCカードの発行および更新に手数料が1,000円かかる

建デポ・プロ ビジネスカードの追加カードは、建デポ・プロでのみ利用できるハウスカードとなっています。

建築関係の企業でなければ、利用価値は低いと言わざるを得ません。

 

また、ETCカードの発行手数料と更新料がかかる点も、このカードのデメリットです。

 

以上のデメリットを踏まえると、建デポ・プロ ビジネスカードは「どうしても無料で法人向けカードを利用したい」という方以外にはおすすめできません。

初年度年会費無料のカードを持つのも一つ

前節でご紹介したクレジットカードを見て、「どれも機能が今ひとつかな」と感じた経営者さんもいることでしょう。

そんな経営者さんも、初年度の年会費を無料とする法人カードなら、機能に納得したうえで契約できるかもしれません。

初年度無料のカードであれば、年会費永久無料のカードのデメリットを解消できる

初年度のみ年会費無料の法人クレジットカードには、年会費永久無料のカードのようなデメリットがありません。

また、カードの選択肢が多くなることも、初年度無料の法人向けクレジットカードの魅力です。

以下にあげるクレジットカードは、数ある初年度無料の法人向けカードの中でも特におすすめのカードになります。

JCB法人カード

JCBが法人向けのプロパーカードとして発行する、「JCB法人カード」。

この法人向けカードには、以下のようなメリットが備わっています。

  • OkiDokiポイントプログラムに対応している
  • ETCカードは年会費無料で何枚でも発行可能
  • 追加カードを枚数無制限で発行可能
  • 追加カードの年会費は初年度無料
  • カードブランドの信頼性が高い

上記を見るとわかるとおり、JCB法人カードには年会費永久無料のカードがもつデメリットが一切ありません。

日本での信頼性が高いカードブランドである点も、企業にとってはうれしいポイントですね。

 

なお、完ぺきに見えるJCB法人カードにもデメリットはあります。以下をご覧ください。

  • 旅行傷害保険が利用付帯となっている

JCB法人カードには、国内外の旅行傷害保険が付帯されています。

ただし付帯方式が利用付帯であるため、旅行代金をJCB法人カードで支払わなければ保険の適用を受けることができません。

 

なお、JCB法人カードの2年目以降の年会費は1,250円となっています。

追加カードについても、2年目以降は1枚につき1,250円の年会費が請求されます。

必要以上に追加カードを発行すると、無駄に年会費が高額になってしまうのでご注意ください。

オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズ

オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズは、充実したメリットをもつ法人カードです。

早速、このカードのメリットをチェックしてみましょう。

  • ゴールドカードでありながら、2年目以降の年会費が2,000円と安い
  • ETCカードは年会費無料で何枚でも発行可能
  • 還元率0.5%のポイントシステムが付帯している
  • 追加カードの年会費は永久無料
  • 国内外の旅行傷害保険が付帯している(国内は利用付帯)

以上のように、オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズにはメリットが盛り沢山です。

 

ただし、以下のデメリットには注意しなければなりません。

  • 追加カードの発行枚数は最大3枚となっている

オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズの追加カードは、最大3枚までしか発行できません。

多くの社員に追加カードを渡したい企業にとっては、この点は大きなデメリットですね。

 

とはいえ、追加カードの年会費が永久無料である点は、かなりのグッドポイント。

安価にゴールドカードを運用したいなら、オリコ エグゼクティブ ゴールドフォービズを選んで損はありません。

シナジーJCB法人カード

エッソ・モービル・ゼネラルのエクソンモービル系ガソリンブランドが発行する、「シナジーJCB法人カード」。

このカードには、ガソリン系法人カードならではといえる特典が備わっています。

  • 1リットルあたりのガソリン価格が最大7円引きになる
  • ETCカードは年会費無料で何枚でも発行可能
  • 追加カードを枚数無制限で発行可能
  • 追加カードも初年度の年会費が無料

カードの利用金額に応じてガソリン代の割引が受けられる点が、シナジーJCB法人カード最大のメリットです。

割り引かれる料金は、最大でガソリン1リッターあたり7円。頻繁に給油を行なう企業にとっては、うれしい特典ですね。

ただし、ガソリン代の割引を受けられるのは、エッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドのみとなっています。

 

では続いて、シナジーJCB法人カードのデメリットを見てみましょう。

  • ポイントプログラムには未対応
  • 旅行傷害保険が付帯しない

ガソリン価格の割引が付いているぶん、シナジーJCB法人カードにはポイントプログラムが付帯していません。

旅行傷害保険が付帯しない点も、やや気になるデメリットとなっています。

 

なお、シナジーJCB法人カードの2年目以降の年会費は、本カードと追加カードともに2,000円です。

シェルビジネスカード

シェルビジネスカードは、シナジーJCB法人カードの昭和シェル石油バージョンといえる法人向けカードです。

シェルビジネスカードには、以下のようなメリットが備わっています。

  • 前月の利用金額に応じてキャッシュバックを受けられる。
  • ETCカードは年会費無料で何枚でも発行可能
  • 追加カードを枚数無制限で発行可能
  • 追加カードも初年度の年会費が無料
  • SS専用カードとFUELカードを発行できる

シナジーJCB法人カードの場合と違い、シェルビジネスカードには利用額に応じたキャッシュバックが特典として付帯しています。

キャッシュバック率は最大3%。毎月最大15,000円、年間最大18万円のキャッシュバックを受けることができます。

 

このほか、SS専用カードとFUELカードの2種類を追加発行できる点も、シェルビジネスカードのメリットです。

上記2つのカードは、いずれも昭和シェルでのみ利用できるハウスカード。

SS専用カードは昭和シェルの全商品を購入でき、FUELカードは昭和シェルでの給油にのみ利用できます。

 

給油だけに使えるカードを社員に配りたい場合に、上記2つのハウスカードは役立つはずです。

 

では次に、シェルビジネスカードのデメリットを見てみましょう。

  • ポイントプログラムには未対応
  • 旅行傷害保険が付帯しない

ご覧のとおり、シェルビジネスカードのデメリットはシナジーJCB法人カードと同様です。

ポイントプログラムに対応していない点は、キャッシュバックとのトレードオフだと考えてください。

 

なお、シェルビジネスカードの2年目以降の年会費は1,250円となっています。

まとめ

本文で見てきたように、年会費が永久無料の法人向けカードはややデメリットが多くなっています。

いかに年会費が無料でも、使い勝手が悪いと優秀なカードとはいえません。

 

よほど無料であることにこだわりがある場合以外は、初年度のみ年会費無料のカードの利用も視野に入れることをおすすめします。

そのうえで、会社にとって最適な法人向けクレジットカードを選び出してください。

PICKUP CONTENTS

トップへ