キャッシングって何?クレジットカードのキャッシング機能を解説!

目次 ※クリックで開閉します

「クレジットカード」は買い物をする以外にも、現金を借り入れすることができる「キャッシング機能」がついています。

実のところ、このキャッシング機能のことは「よく知らない」という人が多いのです。

 

実際、キャッシング機能を使わなくてもクレジットカードは十分に便利なカードです。

しかし、キャッシング機能はいざというときには便利な機能ですので、使い方を知っておいて損はありません。

そこで、クレジットカードに付帯するキャッシング機能について、その仕組みを解説していきます。

クレジットカードのキャッシング機能とは?

まず、そもそも「キャッシング機能って何?」という人のために、キャッシング機能の基本的なことについて解説していきます。

その名の通り「お金を借りられる機能」のこと

まず、基本的な機能としては「お金を借りられる機能」のことを表します。

一般的な消費者金融での「キャッシング」と同じ効果であり、ATM等から現金を引き出すことができます。

利用上限額はショッピング枠とキャッシング枠で分かれている

消費者金融のキャッシングと同様に、キャッシング機能には「引き出せる金額の上限」が設定されています。

例えば、限度額が10万円の場合は、一度に10万円までしか借りることができず、追加で借り入れするためには返済するしかありません。

返済した分だけ追加で借り入れる事ができますので、残高が10万円を超えることはありません。

 

クレジットカードの場合、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」で、それぞれ別の限度額が設定されています。

ただし、後述の「キャッシング枠はショッピング枠の一部である」という点には注意が必要です。

「クレジットカードの現金化」と間違えないように注意!

一つ注意しておきたいことは、クレジットカードのキャッシング機能と「クレジットカードの現金化」を混同しないことです。

現金化の方は、クレジットカードの利用規約に抵触しますので、解約の原因になります。

 

クレジットカードの現金化とは、それを取り扱っている業者に申し込むことで「ショッピング枠で特定の品物を購入する→その商品を業者に買い取ってもらう」というプロセスで「ショッピング枠を利用して現金を入手する」という方法です。

しかし、この方法はクレジット会社の利用規約に違反することになるので、方法自体は違法ではないものの、利用者にとってリスクが大きすぎるのです。

キャッシングの利用方法〜お金の借り方〜

次に、実際にキャッシング枠を利用したい場合に、どのような方法で現金を借り入れるのかということについて解説していきます。

提携のATMを利用する

最も一般的な方法としては「提携ATM」を利用するという方法があります。

キャッシングカードと同じく、カード会社が提携している種類のATMとカードを利用して、現金を引き出す方法です。

 

メリットとしては、提携しているATMの種類にもよりますがコンビニATMのように全国さまざまな場所で現金を引き出すことができるということです。

デメリットとしては「手数料」が必要なことです。100~200円程度の金額ですが、あまりにも頻繁に利用すると手数料だけでも相当な金額になってしまいますので、計画的に利用するようにしましょう。

電話やインターネットを利用する

ATM以外にも「電話」や「インターネット」でも申し込みができます。

基本的に、指定の銀行口座に振り込んでもらうという方法です。

特にインターネットを利用したキャッシングは手軽であり、手数料もかからないというメリットが有ります。

キャッシングの利用方法〜お金の返し方〜

次に、借りたお金を返済する方法について解説していきます。

返済方法は引き落としかATM振込が可能

まず、基本的な返済方法としては「口座から引き落とし」か「ATMでの返済」の2種類が挙げられます。

口座引落はショッピング枠と同様に、翌月から自動的に残高が引き落とされるという方法です。

ATMでの返済は、借り入れと同様に提携ATMから返済を行う方法です。

返済システムは一括かリボ払いを選べる

返済のシステム(支払いの仕組み)に関しては「一括」と「リボ払い」を選択することができます。

返済方法は、借り入れに際して決めることになります。

 

一括は文字通り翌月に1回で全額返済を行い、リボ払いは規定の金額を毎月返済していくことになります。

分割になるリボ払いの方が1回あたりの負担は少ないのですが、返済期間が長引くことで利息が大きくなっていきます。

クレジットカードのキャッシング枠の金利は消費者金融のそれと同レベルなので、それなりに高額になりやすいです。

キャッシング機能のメリット

では、そんなクレジットカードのキャッシング枠を利用することのメリットとは何なのでしょうか?

新たな手続きなく、手持ちのクレジットカードで利用できる

まず、お金を借りる際に、あらためて消費者金融にキャッシングの申し込みをすることなく、手持ちのクレジットカード1枚で利用できるということです。

クレジットカードとは別にカードローンに申し込むという方法もありますが、申し込みや審査の面倒さを考えれば、手持ちのカードで利用できるので手軽です。

 

ただし、キャッシングの申込をしたカードの場合に限る、という点には注意が必要です。

(申込時にキャッシング枠の審査を行っていない場合は、別途そのカードでキャッシング枠についての審査を受ける必要があります)

コンビニやATMで24時間利用できる

提携ATMが利用できる時間帯であれば、いつでも現金を引き出せるというところです。

コンビニATMは使い勝手がよく、手数料はかかりますが出勤前や仕事帰りでも気軽に現金を引き出せます。

海外のATMで現地の通貨を引き出すために利用できる

キャッシング機能には意外なところで大きなメリットがあります。

実は、海外キャッシングが非常に便利なのです。

クレジットカードは当然、クレジットカードの国際ブランドが提携しているお店であれば、全世界で使うことができます。

海外キャッシングが可能なクレジットカードであれば、海外の提携ATMを利用することで、現地通貨をその場で用意することができます。

海外で資金に困った場合、日本円無しで現地通貨を手に入れることができます。キャッシングについての利息はかかりますが、両替手数料はかかりませんん。

海外旅行時は、不測の事態が起こらないとも限りませんので、いざというときには心強い役割を果たしてくれます。

キャッシング機能のデメリット

しかしながら、キャッシング機能にはそれなりにデメリットも存在します。

不正利用された場合に補償されない時がある

まず、不正使用された場合に補償されない可能性があるということです。

クレジットカードには「盗難保険」があるので、盗まれて不正使用されても補償を受ける事ができます。

しかし、キャッシング機能に関しては「暗証番号」を知られないかぎりは不正使用されることがありません。

 

つまり、クレジットカードを紛失・盗難によってキャッシング機能を不正使用された場合は「暗証番号を知られている」ということになります。

考えられる理由としては「安易な番号」「推測しやすい番号」「何らかの方法(暗証番号を書いているメモや記録を見られた)で知られてしまった」といった、利用者本人の過失が原因であることが多いです。なので、盗難保険が適用されないのです。

ショッピングのようにポイントが付かない

次に、ショッピング枠とは違ってポイントは付与されません。クレジットカードの利用においては専用のポイントサービスが付帯していますが、キャッシング機能の利用ではポイントは付与されません。

ショッピング利用よりも金利が高い

次に、ショッピング枠よりも金利が高いということです。

前述のとおりキャッシング枠の金利は消費者金融と同レベルであり、年利18%が設定されていることが多いです。

ショッピング枠の金利はそれよりも大幅に少ないので、同じ金額を利用しても金利の分だけ損をします。

キャッシングの使いすぎはカード会社からの信用低下を招く

クレジットカードでのキャッシングを利用し過ぎるとカード会社からの信用が低下する可能性があるということです。

そもそも、これはクレジットカードなのですから、クレジット機能を利用するのならともかく、付帯するサービスの一つであるキャッシング機能を多用するということは「お金に困っている=返済能力が低い」とみなされるのです。

気軽に利用できるため、借金の感覚が薄い

最後に、気軽に利用できることが「借金の感覚」を薄れさせる可能性があります。

厳密に言えばショッピング枠も借金のようなものですが、キャッシング枠はダイレクトに借金であると言えます。

コンビニATMをから気軽に現金を引き出せるのは、まるで「銀行口座から預金を引き出す」のと同じ感覚になります。

結果、多用してしまってカード会社からの信用を落とし、返済の負担が大きくなりすぎる可能性があります。

知られていないクレジットカードキャッシングの豆知識

最後に、キャッシング機能に関して「意外と知られていない知識」について解説していきます。

キャッシング機能は外すことができる

まず、クレジットカードのキャッシング枠は外すことができます。

クレジットカードなのでクレジット枠を外すことなんてできませんが、付帯するサービスの一つであるキャッシング枠は、仮に審査時に申し込んでいたとしても後でキャッシング枠を外すこともできます。

キャッシングの際の利息の計算方法

次に、キャッシング機能の利息の計算方法ですが、これは基本的に「年利を日割り計算」して決定します。

なので、借りている金額に年利をかけて、それを365日で割ったあとに借りた日数をかけて日割り計算します。

キャッシング枠はショッピング枠の一部である

最後に、これを勘違いしている人が多いのですが、キャッシング枠は「ショッピング枠の一部」に該当します。

前述のとおり、キャッシング枠はショッピング枠とは異なる限度額が設定されているのですが、あくまでも限度額の金額が異なるだけであり実質的にはショッピング枠の金額がそのクレジットカードの限度額であると言えます。

 

例えば、ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円の限度額が設定されているとします。

その時点で40万円のショッピング枠を使用していて、キャッシング枠は使用していないとします。

普通であれば20万円を上限にキャッシングを利用できるはずですが、既にショッピング枠は10万円しか枠が余っていませんので、キャッシングできる上限は10万円になります。

PICKUP CONTENTS

トップへ