クレジットカードで審査に落ちたらどうすればいいの?

目次 ※クリックで開閉します

自分にあった欲しいカードが見つかり、意気揚々と申し込んでみた結果、残念ながら審査に落ちてしまった…。

そんな時、もうカードは作れないの?

作れるとしたら、どういうことに気をつけなくてはいけないの?

悲しい気持ちをバネに、次なるクレジットカード入手のための行動を起こしましょう!

クレジットカードの審査に落ちてしまった…

クレジットカードの審査に落ちてしまった!

でも安心して!そんなに気にする必要はありません。

そんなに気を落とさないで大丈夫!審査落ち経験は多くの人がある

クレジットカードの審査は、カードの種類やカード会社によって基準が大きく異なります。

自分に合っていないクレジットカードに申し込んで審査落ちするのは、全く珍しいことではありません。

 

実は、クレジットカードの審査基準を公表している会社はありません。

そのため、自分に合わないカードの申し込みをして、審査落ちしている人は多くいます。

クレジットカードの審査を受ける際には、申し込むカードの申込資格や審査基準を調べてから申し込むことが必要です。

一度や二度審査に落ちたとしても、カードが作れないというわけではないので、そんなに気を落とさないで大丈夫です!

でも焦らない!審査落ちしてしまったら半年は待とう!

クレジットカードの審査に落ちた後、自分に合ったカードを見つけた!

としても、焦ってはダメです!申し込む前に少し冷静になりましょう。

 

クレジットカードの申し込みをすると、信用情報機関に、「クレジットカードの申し込みがあった」という情報が登録されます。

この情報は、申し込みをしたカード会社ごとに登録されるため、一度に2社申し込みをすると、2社申し込みをしたという情報が登録されます。

 

この様な申し込みは、「多重申し込み」といわれ、カード審査において、非常にマイナス評価となります。

この情報は、6ヶ月間登録されるため、審査落ちしたときは、最低半年は待ってから再度申し込みをするようにしましょう。

立て続けにカードの申込をしてはいけない理由

立て続けにカードの申し込み「多重申し込み」をすると、審査で非常にマイナス評価がされることは、前の項目で述べたとおりです。

ここでは、なぜマイナス評価がされるのか?その理由について解説します。

多重申し込みは「申込みブラック」と認定されてしまう

次項でも説明しますが、多重申し込みがあると、カード会社はあまり良い印象をもちません。

信用情報でよくいう「ブラック」というのは、延滞や債務整理などの異動情報のことをいいますが、多重申し込みの場合も「申込みブラック」として認定されてしまう場合があります。

「第2希望のカード」という印象を持たれてしまう

多重申し込みをすると、カード会社に自社カードは、「第2希望のカード」という印象を持たれてしまう可能性があります。

この第2希望とは、第1希望のカードに何かしらの理由で落ちているのではないかと、カード会社の審査担当に思われる可能性があります。

 

他のクレジットカードで審査落ちしている可能性があるという情報は、マイナス評価される可能性があります。

経済的に窮困していると思われてしまう

多重申し込みの情報は、申込者が経済的に窮困しているのではないかという憶測がされてしまいます。

焦ってクレジットカードを作ろうとしているのには何かしら理由があると思われるのです。

クレジットカードには、キャッシング機能がついています。

クレジットカードを作るだけ作ってキャッシングで借金をして返さないというような悪質な申込者もいるわけです。

経済的に窮困している人は、返済資力に問題があると判断され、審査通過はかなり厳しいものになります。

できた時間で次の審査の対策を立てよう

次の申し込みまで、約半年、そのまま待つのは時間が勿体ないです。

この半年間の空白のクレジットカードの審査に通る為のための対策をしましょう。

クレヒスに傷がついていないか確認しよう

クレヒス(クレジットヒストリー)とは、過去のクレジットカードの利用履歴になります。

自社はもちろん、他社の利用状況もクレヒスとしてみられます。

 

申し込みをしたクレジットカード会社で過去の取引で問題があったり、信用情報に事故があったりした場合は、審査に通過する事が非常に難しくなります。

 

信用情報は、情報機関に開示請求をすることで、確認することができます。

個人情報に不安な人は、あらかじめ自分の情報をチェックしておくことをオススメします。

審査の上で不利な状況を回避できないか考える

審査では、「スコアリング」というシステムが採用されています。

「スコアリング」は申込者の各属性(職業属性・住居属性など)が点数化されたものなので、この点数の不利な状況を回避することが、次の審査を通すための対策になります。

 

職業属性としては、勤務年数や勤務形態など、住居属性としては、居住年数などが評価される点となるので、転職や転居は不利な状況となるので、なるべく回避するようにしましょう。

同じカードで審査が通るのかを考えなおす

同じカード会社は、6ヶ月後でも、申し込みをしたときの情報が残っています。そのときに審査に落ちた内容も当然、残っています。

 

そのため、よほど状況が変わってないかぎり、同じカードで再申し込みするのは考えたほうが良いでしょう。

再度審査落ちしてしまう可能性が非常に高いです。

カードの審査難易度を把握する

クレジットカードには種類があります。

この種類によってカード審査の難易度は全くことなります。

自分が申し込むカードの審査の難易度を把握することが、審査通過の一番の要因といえます。

 

ステータスのあるカードだと、審査基準はかなり厳しくなりますが、流通系のカードなどは比較的審査に通りやすくなります。

 

『クレジットカードは種類によって審査の難易度が違う』という記事で、審査の難易度についてまとめているので合わせて参考にしてください。

やっぱり第一志望のカードが欲しい…そんな時はどうするのか

一度審査に落ちた場合、そこのカードはあきらめたほうが良いというのが一般的です。

でもどうしても第一志望のカードが欲しいという場合は、下記の方法で挽回できる可能性があります。

焦りは禁物!いいクレヒスを育てよう

審査では、スコアリングも大事ですが、一番重要になるのは、クレヒスです。

自分の目的とするカードを申し込みする前に、クレヒスを育てるというのも一つの方法です。

 

実際、クレヒスの育て方としては、まず審査に通りやすいクレジットカードに申し込みをして、そのカードの利用実績をつけていく方法になります。

 

クレジットカードを利用して、最低1年以上、延滞なしで取引をつづけていると、信用情報がホワイト情報として扱われます。

 

第一志望のカードを申し込みしたときに、当然信用情報を照会されます。

そのときのホワイト情報こそが、いいクレヒスとして判断されます。

いいクレヒスを育てるには数年単位の長期計画を考えよう

審査を通りやすくするためには、より良いクレヒスを育てる必要があります。

前項では、最低1年以上と解説しましたが、より良い条件にするためには3年以上は必要になります。

 

クレヒスは長い年数ほど、信用度合が増していきますので、クレヒスを育てるには、数年単位の長期計画を立てることも必要になります。

PICKUP CONTENTS

トップへ