おすすめのゴールドカードランキング!ポイント・サービスが優れたカードを紹介!

おすすめのゴールドカードランキング!ポイント・サービスが優れたカードを紹介!

キラキラと輝く券面に、これでもか!というくらいステータスを感じずにはいられないクレジットカードの上位ランク、それがゴールドカードです。

こちらのゴールドカード、一般的には取得することが難しく、さらにステータスが高いので特にサービスなどはあまり優れていない、という認識をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、ポイントやサービスに優れたゴールドカードというものもこの世には存在します。

 

そこで今回は、ゴールドカードを持つためのメリットや条件・種類などを解説し、具体的におすすめのゴールドカードをランキング形式でご紹介していきます。

ゴールドカードを持つことのメリットは?

メリット

カードのステータスが高い

ゴールドカードを持つことに関するそもそものメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、何と言ってもカード自体が持つステータスが高く、そのゴールドカードを持つ人(ホルダー)の社会的ステータスも華麗に演出してくれる、と言った部分でしょうか。

どこの店に行っても、そして誰に見られても、やはり通常のクレジットカードを出すよりもゴールドカードをお財布からスマートに取り出した方が見栄えも良く、総合的に「ウケ」もよさそうですよね。

 

初心者向けの年会費無料クレジットカードなどではあまり利用がふさわしくない高級なホテルやラウンジ、バーなど、そういったラグジュアリーかつエグゼクティブな空間でも、ゴールドカードが一枚あれば安心です。

利用限度額が大きい

そしてもう一つ、ゴールドカードのメリットとして、ステータス性と双璧をなすのが「利用限度額の大きさ(高さ)」です。

 

そもそもゴールドカードというのは、クレジットカード会社各社から見て「こちらのお客様は特別に信頼のできるお客様なので、ぜひ私たちの上得意客ということで特別なクレジットカードを持っていただきたい」と思えるようなお客様に発行されます。

 

つまり、クレジットカード会社各社からの信頼が厚い人、ということになりますね。

 

クレジットカード会社が信頼を置いている、となると、やはり利用限度額もゴールドカードにふさわしい形でかなりの金額まで付帯することになります。

 

一般的に通常のクレジットカードのショッピング枠は最低で10万円(※一部5万円というクレジットカードもあります)からスタートしますが、ゴールドカードになると通常はどんなに最低でも20万円~30万円、平均すると80万円から100万円以上のショッピング利用枠が最初から付帯するというケースも決して稀ではありません。

 

この利用限度額の大きさは、何も最初だけではありません。

最初に大きな額がショッピング枠として付帯したからといって満足することなく、利用と支払いを順調に続けていけば、さらに信頼が積み重なっていき、最終的に数百万円以上の決済を余裕で行うことができるようなゴールドカードが誕生することだって往々にしてあるわけです。

ポイント・マイルが貯まりやすい

これは非常に意外なポイントかもしれませんが、結論からいくとゴールドカードというのは通常のクレジットカードに比べてすべてが優遇されているカード、と言う認識で差し支えありません。

 

「すべて」が優遇されていて、通常のクレジットカードよりも優れている、ということは…そうです、ポイントやマイルも貯まりやすいという特徴を持ったゴールドカードも多数存在するのです。

 

過去、多くのゴールドカードではステータス性をメインに売り込んで来たためにあまりこういった部分をアピールしていなかったのですが、最近ではポイントやマイルがたまりやすい、ということでアピールをしているゴールドカードもあります。

 

具体的にはこの後ゴールドカードのおすすめランキングで解説していきますが、ゴールドカードを使って買い物をしていれば、通常のクレジットカードを利用するよりも遥かに早くポイントやマイルが貯まることに気づくのではないでしょうか。

ゴールドカードを持つために必要な条件は?

審査条件

年収

それでは、ゴールドカードを持つために必要な条件はどのようなものがあるのでしょうか?やはり、年収数千万円以上の超エクゼクティブでなければゴールドカードを持つことはできないのでしょうか?

 

実はそうでもありません。

 

ゴールドカードを持つためには確かに通常のクレジットカードよりも多くの年収が必要とされますが、年収がおよそ600万円から700万円台であればほぼ、信用情報さえ良好であれば、どのゴールドカードにも挑戦することができる、と考えて差し支えありません。

 

後ほどご紹介する、格安ゴールドカードやヤングゴールドカード、と呼ばれる種類のゴールドカードでは、さらにその年収のハードルは低くなる傾向があり、およそ年収300万円台程度から取得のチャンスがあります。

 

もちろん、ゴールドカードも発行会社や申し込んだタイミングでの個人信用情報や属性にも左右されるため一概には言えませんが、少なくとも、世間一般に言うゴールドカードは年収1,000万以下でも余裕で取得することが可能です。

勤続年数

続いて勤続年数です。

勤続年数に関しては、クレジットカード発行の審査システム上、できるだけ長い方が審査上は有利です。

具体的には、最低でも勤続1年以上は欲しいところ、といったところでしょうか。

 

ゴールドカードの中でも特にその発行の敷居が高いとされるプロパー系のゴールドカードになると、勤続5年から10年は必要と考えて良いでしょう。

 

ただし、ヤングゴールドカードなど申し込み者を若い人に限定したものについてはそもそもクレジットカード発行会社側で「このカードに申し込んでくるお客様は全員若いお客様だ」という認識がありますので、そこまで勤続年数にこだわる必要がない場合もあります。

 

また、新卒採用された社員の方が就職した会社のあっせんによって申し込みを行うヤングゴールドカードなどについては、また一般的な申し込みとは別の審査基準や要素が絡んできますので、勤続年数1年未満でも十分に審査に通過できる可能性があるといって良いでしょう。

 

具体的に言うと、申し込み者本人の信用ではなく、就職した会社の体力や信用をもとに発行してもらうようなイメージです。

 

この様に、勤続年数が短くてもゴールドカードを持つ道はあるわけです。

カード利用額

そして、一般的なカードから上級であるゴールドカードにアップグレードをする際には、まず前提条件としてその一般的なクレジットカードを持っていて、さらに良好なカード使用状況(つまり、沢山使って、沢山支払う、さらに支払い遅れもない)を作っておく必要があります。

 

この利用額ですが、一律に「年間いくら使ったらゴールドカードに昇格させますよ」という基準があるわけではありません。

 

もちろん、全く利用しなかったり、あるいは年間利用額が10万円以下の場合はゴールドカードへのアップグレードは見込めません。その利用額では、クレジットカードをメインに使っている、とはとても判断できないですからね。

 

一般的には、現在利用している通常のクレジットカードの年間利用額がおおよそ200万円以上になった場合には、ゴールドカードへの昇格のチャンスがある、と考えて良いでしょう。

 

具体的に、年間200万円以上の利用がゴールドカードへの申し込み条件だ、としているクレジットカードもあるほどですから、やはりこの年間200万円というラインがゴールドカード昇格へのキーと言って良いのではないでしょうか。

 

もちろん、場合によってはこの200万円から大きくそれて年間100万円程度の利用でもゴールドカードへの昇格が見られる場合もありますし、年間300万円程度の利用でなければゴールドカードへの昇格がない、という場合もあります。

 

どちらの場合でも、まずクレジットカードホルダー(所有者)の他社ローンや他社クレジットカードの利用状況・返済遅れなども厳しくチェックされることになりますので、前提条件として個人信用情報(クレヒス)を綺麗に保っておく、というのが必要となります。

カード所有年数

そして、先程のカード利用額の部分とも若干かぶりますが、何年このクレジットカードを持てばゴールドカードに昇格することができるのだろうか、とお思いの方も多いかと思います。

 

これに関しても明確な基準があるわけではありませんが、相場としては最短で1年、長い人だとアメリカン・エキスプレス・カードからアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードまでの昇格で15年かかった、という例もあります。

 

ただし、原則としてここまでご紹介してきたようなキーポイント、つまり良好なクレヒスと充実したカード利用実績を保ち、ゴールドカードが欲しいというオーラを発していれば通常1年から3年程度でゴールドカードへのお誘い(インビテーション)が届くと考えて良いでしょう。

 

まれにクレジットカード上級者の方でゴールド昇格最短チャレンジ、のような事をしている方がいらっしゃいますが、こういった方の場合は最短で3ヶ月から6ヶ月程度での昇格もあるようです。

ただし、そういった最短チャレンジというような場合はクレジットカードの利用額も1回あたりの返済額も大変な額になりますので、無理せずに1年から3年程度、通常のクレジットカードを使い込むくらいのつもりでいると良いのではないでしょうか。

ゴールドカードの中にもステータスや種類がある!

一般的な「ゴールドカード」

先程から何回かご紹介している通り、実はゴールドカードの中にもステータスや種類というものが存在します。

 

まずご紹介したいのが一般的なゴールドカードです。

 

こちらの一般的なゴールドカードというのは、文字通り通常のクレジットカードがあり、さらにその上位カードという位置付けで発行されているようなカードとなります。

 

いきなり最初からゴールドカードに申し込むことができるケースもありますが、多くの場合はまず一般的なカードを使い、その利用実績などを考慮された上でカード会社側からゴールドカード発行のお誘い(インビテーション)が届くような格好となっています。

 

ほとんどすべての一般的なゴールドカードは年会費が有料となっており、場合によっては年間数万円単位での年会費がかかるクレジットカードも存在します。

 

しかし、その代わり一般的なゴールドカードは通常のクレジットカードよりもランクの高いカードということもあり、様々な豪華な特典が付帯していることが通常です。

 

特にアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(通称ゴールドアメックス、雨金、など)くらいになると旅行に関する損害保証が手厚く付帯していたり、もしくは高級レストランなどでも優待が受けられるなど様々な特典が付帯しています。

 

後にご紹介する二つのゴールドカードと比べると特色があまりない代わりに、攻守ともに高い水準でバランスがとれている、といったところでしょうか。

年会費が抑えられた格安ゴールドカード

続いてご紹介するのが、格安ゴールドカードです。

格安SIMみたいな響きですが、果たして何が「格安」なのでしょうか。

 

答えは年会費です。

 

格安ゴールドカードというのは、従来の年会費が年間数万円単位でかかる高額なゴールドカードと比べて年会費が非常に低く設定されている、もしくは年間○○回以上の利用で年会費無料、など実質年会費無料制度なども設けたような仕上がりとなっています。

 

ゴールドカードは一般的に年会費という面で維持費がかかるのが相場ですが、こちらの格安ゴールドカードを導入すれば、その維持費を極限まで落とすことができ、さらにゴールドカードという特別な一枚を負担なく持ち続けることも可能になるのです。

 

もちろん券面自体は誰がどう見てもゴールドカード、という仕上がりのものがほとんどなので、パッと見のインパクトは抜群です。

 

もちろん、発行会社によっては格安ゴールドカードといえどもステータス性が十分に認知されているものもありますので、年会費や維持費を抑えた上でゴールドカードを持ちたい、という方にはピッタリの1枚といえるでしょう。

年齢制限のある「ヤングゴールドカード」

そして、ある意味では上記二つのゴールドカードよりも取得難易度が高く、レア度も高い、というのが年齢制限のあるヤングゴールドカードです。

 

こちらのヤングゴールドカード、端的に説明すると「将来ゴールドカード保持者になりそうな、若いエグゼクティブ層」を対象としたクレジットカードとなっており、およそ20歳から27歳程度までの人が申し込みをすることが可能となっています。

 

一番最初にご紹介した通常のゴールドカードは年齢30歳以上の方からお申し込み可能、といったカードもありますし、もう少し年齢が低くても27歳など、やはり申し込みをするのに通常の一般的なクレジットカードよりも対象となっている年齢層が高めになっているのが特徴です。

 

そのため、若い世代の方でエグゼクティブ層になることができるという収入や社会的信用をお持ちの方についても年齢制限という一律の条件があるためにゴールドカードを取得することができませんでしたが、このヤングゴールドカードの登場により、そういった若いエグゼクティブ層の方でもゴールドカードを取得することができるようになった、というわけです。

ゴールドカードに何を求めるのかを考える

ポイント

ステータスと、さらに上のランクの有無

どうせゴールドカードをゲットするのであれば、何を求めるのかを考える、というのも非常に重要なポイントとなってきます。

 

この、ゴールドカードに何を求めるのか、という部分を突き詰めていくと、それぞれおすすめのゴールドカードの種類がわかるわけです。

 

そうでなければ、せっかくゴールドカードをゲットしても、自分の望み通りになっていない、という悲しい結末を迎えてしまうことになりますからね。

 

まずステータスや、そのゴールドカードにさらに上のランクのカード(ブラックカードやプラチナカードなど)があるかどうか?

 

という部分を重視する方はまず間違いなく、一般ゴールドカードがおすすめです。

 

というのも、格安ゴールドカードにはまず上級カードが設定されていないというケースが大変多くみられ、いわゆる「昇格、出世」は望めないという特徴があります。

 

また、ステータス性を考えた場合もやはり見る人が見れば格安ゴールドカードである、という事は一発でわかってしまいますので、そういった部分でも真のステータス性やさらに上のランクのクレジットカードがあるかどうか、という部分を見るのであれば、やはり一般ゴールドカードがおすすめです。

 

その代わり格安ゴールドカードでは年会費やポイントプログラムなどが充実しており、年会費も安いわけですから、これは仕方ないといったところ。

 

続いてヤングゴールドカードについてはステータス性や上位ランクのクレジットカードという意味での将来性を考えた時に、格安ゴールドカードよりはある程度将来性を見据えることもできますが、やはりヤングゴールドカードということで、若干見る人から見れば若い人が、くらいにしか見られない可能性も考えられます。

 

ただし、同期や同年代の人間とよく集まったり食事をしたりするなど、そういったアクティビティーの多い方については周りに差をつけるという意味でもヤングゴールドカードを持っているとステータス上大変有利に事を進められるかもしれません。

サービス・特典

サービスや特典という部分ではどうでしょうか?

 

こちらもやはり格安ゴールドカードは若干他の種類のゴールドカードに比べて見劣りする特典のラインナップとなっていますので、サービスや特典を重視するのであれば最低でもヤングゴールドカード、できる限り一般ゴールドカード、さらに上を見るのであれば一般ゴールドカードを利用してからのさらに上位のプラチナカードなど、ということになります。

 

格安ゴールドカードについては先程も紹介した通り、上位カードへのインビテーションという意味では特に将来性はありませんので、申し込むのであれば最初から一般ゴールドカードなどに申し込むと良いでしょう。

空港ラウンジ

旅行や出張で飛行機に搭乗する際、静かで落ち着いたラウンジでちょっと一杯飲んでから、、という方も多いのではないでしょうか。このゴールドカードならではの特典である空港ラウンジを無料で利用できるサービスを目当てにゴールドカードを持っている方も多いのもまた事実です。

通常は有料で利用するラウンジですが、搭乗券とクレジットカードを提示するだけで無料で利用できます。

 

多くのゴールドカードで利用できるラウンジがある主要国内空港

エリア 空港名
北日本・東日本 新千歳空港、函館空港、青森空港、仙台国際空港、秋田空港、新潟空港、小松空港、富山空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港
西日本・沖縄 伊丹空港(大阪国際空港)、関西国際空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、米子鬼太郎空港、山口宇部空港、高松空港、松山空港、徳島阿波おどり空港、福岡空港、大分空港、長崎空港、鹿児島空港、熊本(阿蘇くまもと空港)空港、那覇空港

カード会社によってはダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)や仁川国際空港(韓国)の空港ラウンジで利用できることもあります。

 

こちらについては格安ゴールドカードやヤングゴールドカードであっても入場が可能な空港ラウンジは数多く存在しますので、どちらかというと、空港ラウンジの利用という部分を考えるのであれば格安ゴールドカードでも問題はありません。

家族カード

続いて家族カードという切り口からゴールドカードを考えた場合、どのゴールドカードを持つのがおすすめなのでしょうか?

 

答えはすべてのゴールドカードです。

 

というのも、格安ゴールドカードもヤングゴールドカードも一般のゴールドカードも、すべて家族カードの発行に対応していないものというのは原則としてありません。

 

つまり、どのクレジットカードを持っても家族カードの発行は大体の場合で対応してもらうことが可能です。

そのため家族からの反対さえなければ格安ゴールドカードで発行を受けておいて家族カードを発行するということでも問題はありませんし、ヤングゴールドカードでクレジットカードを発行しておいてさらに若い世代のご家族に家族カードを発行して差し上げるという方法でも全く問題はないわけです。

 

家族カードという切り口に関しては、比較的どのゴールドカードを選んでも満足する結果が得られるといってよさそうです。

コストパフォーマンス

コストパフォーマンス、つまりゴールドカードの維持費やポイント還元率など、総合的に「お金」という部分で見た場合、どのゴールドカードを持つのが最終的に有利に働くのでしょうか?

 

これは、やはり格安ゴールドカードの独り勝ちではないでしょうか。

 

というのも、格安ゴールドカードというのは、先程も解説していますが、年会費や維持費が毎年かかって当たり前、その分だけ高級なステータスや豪華なサービス、各種特典を付帯させますよ。というゴールドカードの常識をぶち破った風雲児ともいうべき存在ですから、その部分にかけては格安ゴールドカードの右に出る者はいない、と考えてよさそうです。

 

ただし、ガンガンクレジットカードを利用し、年間の決済金額が数百万円以上になるという場合については、ポイント還元や各種特典との交換という部分を考えると、一般ゴールドカードがお得になるというケースも存在します。

 

年間数百万円以上の決済を行わない、或いは行わないであろう、という場合についてはやはり格安ゴールドカードを発行するとハッピーになれるといって良いでしょう。

審査

続いて審査という切り口からゴールドカードを考えると、審査の柔軟さ、そしてゴールドカードの取得難易度の低さ、という部分で考えれば格安ゴールドカードとヤングゴールドカード、僅差で格安ゴールドカードが勝利するくらい、といったところでしょうか。

 

一般ゴールドカードはやはりどうしても審査のハードルも高く、年齢制限や年収による入会目安などが設定されていることからいざ実際に条件を満たして審査を受けたとしても、かなり厳しい基準で審査されることが容易に予想されます。

 

その審査結果として条件を満たしているものの審査に通過することができず、ゴールドカードを取得することができなかった、というケースも往々にして存在しますので、やはりクレジットカード発行審査の難易度の低さ、という切り口から考えるのであれば格安ゴールドカードが1等賞、次点は僅差でヤングゴールドカード、といった結果になりそうです。

 

もしできる限り発行審査に通過する可能性を高く保った上でゴールドカードを取得したい、ということであれば、格安ゴールドカードに申し込みをするのがベターといえるでしょう。

ゴールドカードのおすすめランキング

【1位】セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾン ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカードとアメックスの提携カードということで、セゾンとアメックスの良いトコロばかりが1枚に収まったゴールドカードという仕上がりになっています。なお、国際ブランドはアメックス1択となっています。

 

こちらのクレジットカードは文字と聞く通りゴールドカードで、さらにあのアメリカンエキスプレスブランドのゴールドカードという仕上がりになっていますので、ゴールドカードならではの特典やサービスがこれでもかと付帯しています。

 

下の表にまとめたサービス以外にも様々な優待が用意されていますので、こちらも一度チェックしておきたいところです。

 

また、気になるポイントプログラムは、アメックスのポイントではなくセゾンの永久不滅ポイントが貯まる設計となっています。

 

読んで字のごとし、永久に不滅しないポイントですので、有効期限などを気にせずポイントを貯めることができ、さらには交換先も豊富に用意されているため生活に密着した交換先からオシャレで高級感溢れる交換先まで多数利用することが可能となっています。

 

還元率は0.75%とやや高めとなっており、ポイント交換先の利便性の高さから人気となっているのも頷けます。

 

セゾンは独自のポイントプログラムを用意していることでも有名なので、こちらも一度チェックしておいて損はありません。ちなみに、海外で利用すると還元率は1.0%になります。

 

そして西友などのスーパーでは5%オフで利用できる優待や、ゴールドカードとして空港ラウンジやトラベル関連の優待サービスも付帯しており、さらに入会特典がもらえるキャンペーンもよく実施されているのでぜひ利用しておきたい一枚と言えるでしょう。

 

年会費 10,000円+税

初年度年会費無料

追加カード
  • 家族カード(1,000円+税)4枚まで
  • ETC(無料)
  • QUICPay/iD(無料)
還元率 0.75%
主な付帯保険
  • 国内外旅行傷害保険(最高5,000万円、家族は最高1,000万円)
  • ショッピング安心保険(年間200万円まで)
  • オンライン・プロテクション
主な特典
  • 空港ラウンジ
  • 手荷物無料宅配サービス
  • コートお預かりサービス、プライオリティ・パスなどの各種優待
  • 西友・LIVIN・ロフト・パルコなどで5~10%オフの各種優待
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • アメリカン・エキスプレス・コネクト

【2位】JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

天下のJCBプロパー発行クレジットカードの上位版、つまりゴールドカードが今回ご紹介しているJCBゴールドカードです。

ポイントはOki Dokiポイントが貯まっていきます。こちらもまた多種多様な交換先が用意されているため、安心してポイントを貯めることができます。

 

ポイント還元率は0.5%と標準的な還元率となっていますが、実はこの還元率を上げる方法がいくつか用意されています。

まずは海外やポイントアップサイトを経由してお買いものをするだけでポイントが2倍~となります。

 

さらに年間のカード利用代金ごとに応じて翌年のポイント還元率がアップする「JCB STAR MEMBERS」というプログラムがあり、こちらは最高60%アップとなります。

 

その他、ゴールドカードならではの健康相談や手荷物無料宅配サービス、手厚い付帯保険もしっかり用意されているため王道のゴールドカードと言えます。

 

ちなみに、JCBの最上位カード・プラチナカードまたはブラックカードとも呼ばれるJCB THE CLASSを取得するにはこちらのゴールドカードで利用実績を積み重ね、上位カードであるJCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションをもらい、さらにザ・クラスのインビテーションを貰う方法が王道ですので、ブラックカードにも挑戦したいという方はこちらを申し込むと良いでしょう。

 

また、JCB THE CLASSではディズニーの超お得意様向けレストラン「クラブ33」を利用することも夢ではないので、ディズニー好きな方も挑戦しておきたいですね。

 

年会費 10,000円+税(オンライン入会のみ初年度年会費無料)
追加カード
  • 家族カード(1枚無料、2枚目から1,000円+税)
  • ETC(無料)
  • QUICPay(無料)
還元率 1%
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(最高1億円)
  • 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 乗継遅延費用保険金(2万円まで)
  • 出航遅延費用等保険金(2万円まで)
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(2万円まで)
  • 寄託手荷物紛失費用保険金(4万円まで)
  • ショッピングガード保険(最高500万円)
主な特典
  • 空港ラウンジ
  • トラベル、空港宅配、グルメ、健康、フラワーなど各種優待
  • 手荷物無料宅配
  • ゴールド会員専用デスク
  • 良席などのチケットサービス
  • 各種ゴルフサービス
  • 健康相談

【3位】アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

JCBゴールドカード

ゴールドカードでありながらゴールドカード以上の特典やサービスが付帯し、さらにはステータ性の高さから人気となっているアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードです。

 

年会費は税込みで3万円を超えることから高いと思われがちですが、豊富すぎる付帯サービスを一度目にしたらむしろ安いのではと思えるほど星の数ほどサービスがあります。

 

一例を上げるとすれば、旅行傷害保険、寄託手荷物紛失など搭乗に関するトラブルを補償してくれる各種保証、突然行けなくなってしまった旅行などのキャンセル費用の補償、購入点が返品を受け付けてくれない場合はアメックスが代わりに払い戻してくれるリターン・プロテクションなど多種多様な保険が付帯しています。

 

サービスに関しては、空港ラウンジ、プライオリティ・パス、京都観光ラウンジ、メディカルとリーガル分野での海外緊急支援サービス(オーバーシーズ・アシスト)、各種旅行やホテルなどトラベルに関する優待や無料サービス、高級レストランなどで所定コース代金が2名で1名分無料になるグルメ特典、ゴルフやワイン、公演などエンターテイメントに関する優待やイベント開催の際の特別優待価格での招待なども用意されており、特典やサービス、さらにステータス性で行けば今までご紹介してきたすべてのゴールドカードの中でも頭一つ抜きん出ているといった様相を呈しています。

 

ゴールドカードを使い続けることで、アメックス・プラチナのインビテーションが届くことがあるので、プラチナ狙いの方はまずはこちらで実績を積むのが王道です。

 

年会費 29,000円+税
追加カード 家族カード(1枚目無料、2枚目から12,000円+税)

ETC(無料)

JR当会エクスプレス予約サービス(1,000円+税)

還元率 0.5%
主な付帯保険 海外旅行傷害保険(最高1億円)

国内旅行傷害保険(最高5,000万円)

乗継遅延費用(2万円まで)

出航遅延、欠航、搭乗不能費用(2万円まで)

寄託手荷物遅延(2万円まで)

寄託手荷物紛失(4万円まで)

キャンセル・プロテクション(年間10万円まで)

オンライン・プロテクション

リターン・プロテクション(年間最高15万円相当まで)

ショッピング・プロテクション(年間最高500万円まで)

主な特典 ゴールド・ダイニングby招待日和

アメリカン・エキスプレス・インバイツ

アメリカン・エキスプレス・セレクト

アメリカン・エキスプレス・コネクト

トラベル関係の各種優待

空港ラウンジ

プライオリティ・パス

プリファード・ゴルフ

手荷物無料宅配サービス

エアポート送迎サービス

無料ポーターサービス

空港クロークサービス

エアポート・ミール

海外携帯電話レンタル割引

オーバーシーズ・アシスト

京都観光ラウンジ

ゴールド・ワインクラブ

GOLDEN MOMENTS

エンターテイメント関連の各種優待

【4位】JCBゴールド プラスANAマイレージクラブ

JCBゴールド プラスANAマイレージクラブ

JCB一般カード プラスANAマイレージクラブカードの上位カードがこちらのJCBゴールドプラスANAマイレージクラブカードです。

 

JCBとANAの機能が1つにまとまったカードで、JCBゴールドカードの機能はもちろん、それにプラスしてANAのマイレージクラブのサービスも1枚に収まっているという特徴を持っています。

 

たとえば、通常のOki Dokiポイントが貯まることに加え、ANA便でのフライトや提携航空会社のフライト、提携パートナーの利用でマイルを貯めることも可能となっています。もちろん、ANAのスキップサービスも利用できますよ。

 

JCBとANAカードならではの特典として、QUICPayとANAスキップサービス、さらにはnanacoの機能が1つになった「ANA QUICPay+nanaco」に申し込むことが可能です。

 

こちらが1つあれば、コンビニやスーパーなどでのお買いものはもちろん、ANAのスキップサービスで搭乗手続きなしで保安検査場に直接進めるなど、便利でかつオトクに生活することができます。

 

ポイント還元率は通常0.5%となっていますが、JCB STAR MEMBERによって最大0.8%まで還元率を上げることができますし、Oki Dokiランド経由でネットショッピングやJCBのパートナー店舗を利用することでポイント最大20倍とすることもできますよ。

 

年会費 10,000円+税(オンライン入会で初年度無料)

300円+税(サービス付付帯年会費)

追加カード
  • 家族カード(1枚無料、2枚目より1,000円+税)
  • ETC(無料)
  • QUICPay(無料)
  • ANA QUICPay+nanaco
還元率 1%
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(最高1億円)
  • 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 乗継遅延費用保険金(2万円まで)
  • 出航遅延費用等保険金(2万円まで)
  • 寄託手荷物遅延費用保険金(2万円まで)
  • 寄託手荷物紛失費用保険金(4万円まで)
  • ショッピングガード保険(最高500万円)
主な特典
  • 空港ラウンジ
  • 手荷物無料宅配
  • ゴールド会員専用デスク
  • トラベル、空港宅配、グルメ、健康、フラワーなど各種優待
  • ANAマイレージクラブの利用
  • 良席などのチケットサービス
  • 健康相談

【5位】ANA VISAワイドゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカード

カードの名前からも分かる通り、こちらのカードはANAマイレージクラブとクレジットカードが1枚に合体したクレジットカードとなっています。

 

いわゆる、三井住友カードとANAの提携カードですね。

 

利用できる国際ブランドはVISAで、さらにはカード1枚の中に楽天Edy、iDも標準搭載された1枚で4通りの使い方ができます。

 

また、よりマイルが貯まりやすいプログラムが自動的に適用され、たとえば、入会又は継続時にボーナスマイルが2,000マイル、登場時は区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%のマイルが貯まります。

 

そしてANAユーザー向けのクレジットカードという性質上、ジェットセッターにとって嬉しい特典も付帯していますよ。一例では、機内販売やANA FESTAや空港免税店などでの10%オフなどの優待、提携ホテルの優待や朝食・ウェルカムドリンクのサービスなど様々なトラベルに関する特典が用意されています。

 

また、航空会社系のゴールドカードということで、こちらの一般カードよりもオトクにマイルに交換できるプログラムを移行手数料なしで利用することができます。

 

こちらのカードでは移行手数料に毎年6,000円+税とられることもないですし、マイルも1ポイント10マイルで移行できます。さらにポイント移行単位は1ポイント以上1ポイント単位ということで、10ポイントが必要など、そういったことはなく、ポイントを余らすことなくマイルにタダで移行できるメリットがあります。

 

ちなみにポイントは三井住友のワールドプレゼントというポイントプログラムで1,000円につき1ポイントたまり、その還元率は0.5%と言われていますが、マイルへ交換するとマイル還元率1.0%にもなりますよ。

 

年会費 14,000円+税

※WEB明細書サービスの利用で1,000円+税割引

※マイ・ペイすリボの申込みと利用で3,500円+税割引

追加カード
  • 家族カード(4,000円+税、マイ・ペイすリボの申込みと利用で1,500円+税割引)
  • ETC(500円+税、初年度無料、前年度に1回以上のETC利用があれば翌年度無料)
  • Pitapa(年に1度の利用で無料)
  • 銀聯カード(発行手数料2,000円+税)
還元率 0.5%
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 国内航空傷害保険(最高5,000万円)
  • ショッピング補償(年間300万円まで)
主な特典
  • 空港ラウンジ
  • ゴールドデスク
  • 健康相談
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの優待
  • ANAマイレージクラブ
  • トラベルに関する各種優待
  • ボーナスマイル

【6位】JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールドカード

JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールドカード

こちらのカードは三菱UFJニコスとJALカードが提携したクレジットカードで、マイルがたまりやすい設計となっているためJALユーザーに人気となっています。

 

CLUB-Aゴールドカードは標準のJALアメックスカードに加え、オトクにマイルが貯まるプログラムや優待が付いた形を指します。

 

たとえば、通常のJALカードでは200円で1マイルが貯まるところ、こちらのカードでは100円で1マイルが貯まり(このショッピングマイルプログラムの年会費3,000円+税はなんと無料!)、入会搭乗ボーナスで5,000マイル、毎年の初回搭乗ボーナスで2,000マイル、搭乗ごとのボーナスとしてフライトマイルの25%プラスという、通常カードの倍以上のボーナスマイルが付与されます。

 

さらにさらに、JALグループの航空券や機内販売・対象商品の購入で+1マイル(アドオンマイルと言います)、JALの航空券や機内販売、通信販売などの特約店利用で+1マイルというプログラムを組み合わせると100円で3マイル、つまりマイル還元率3.0%という高還元率で利用することも可能となっています。

 

また、ゴールドカードの中でも一定ランク以上のカードに付帯する海外緊急サポートサービスももちろん付帯し、24時間365日いつでも海外での病気や怪我、盗難などについて相談できます。特に病院にかかる際のキャッシュレスで治療を受けれるメディカルサービスがありますので、いざという時にぜひ覚えておきたいサービスです。

 

こちらのカードの魅力はまだまだあり、その紹介は当サイトの別記事をご参照いただくとして、このようにマイルを貯めたいJALユーザーは非常にオトクに利用できるクレジットカードとなっていることが分かりました。

 

年会費 19,000円+税
追加カード
  • 家族カード(8,000円+税)
  • ETC(無料)
  • 銀聯カード(発行手数料:本会員1,000円+税、家族会員300円+税)
還元率

(マイル)

1.0%~3.0%
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • ショッピング保険(年間300万円限度)
  • ゴルファー保険(最高1億円)
  • 海外航空便遅延お見舞金制度
主な特典
  • 空港ラウンジ(同伴者1名まで無料)
  • 手荷物空港宅配サービス
  • ハローデスク(海外アシスタンスサービス)
  • アメリカン・エキスプレス・セレクト
  • ボーナスマイル
  • トラベル、特約店などの各種優待

【7位】楽天プレミアムカード

楽天カード、楽天ゴールドカードに続く上位カードが楽天プレミアムカードになります。券面は綺麗なゴールドカラーで、年会費も10,000円ということで、名前はプレミアカードですが実質的にゴールドカードに相当します。

 

ポイントがざくざく貯まることで有名な楽天カードの機能に加え、様々な特典や保険が付帯したカードという仕上がりになっており、またプライオリティパス(通常399米ドル)を無料で使えるためそれだけでも充分オトクな、非常にコスパに優れていると言えるのではないでしょうか。

 

また、国際ブランドもVISA、JCB、MasterCardの3社から選べ、通常の還元率は1.0%となります。また、CMでもおなじみのSPUというポイントアッププログラムやポンカンキャンペーン、プレミアカードの優待コースなどを組み合わせて利用するとその還元率は2.0%~、多くの場合は5.0%~にもなり得ます。このあたりがポイントの貯まりやすさということで人気となっています。

 

さらに、通常の楽天カードにはない特典として、空港ラウンジやプライオリティ・パス、各種付帯保険、優待コース、誕生月サービス、ETCの年会費が無料、楽天市場の特別会員プログラムが1年間無料といった様々な特典が付帯します。

 

クレジットカードならではの特典や保険が欲しいし、ポイントもよりオトクに貯めていきたいという方にうってつけのカードと言えますね。また、こちらのカードの利用実績などに応じて楽天ブラックカードのインビテーションが届くことがあるので、楽天ブラックカード狙いの場合もまずはプレミアムカードから使ってみましょう。

 

年会費 10,000円+税
追加カード
  • 家族カード(500円+税、5枚まで)
  • ETC(無料)
  • 楽天ビジネスカード(2,000円+税)
還元率 1.0%
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(最大5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 動産総合保険(年間300万円限度)
  • 商品未着あんしん制度(楽天市場)
  • ネット不正あんしん制度
主な特典
  • 空港ラウンジ
  • プライオリティ・パス
  • トラベル、楽天市場、エンタメの3つの優待コース
  • 誕生月サービス
  • 海外トラベルデスク
  • 楽天プレミアム(楽天市場の特別会員プログラム)

【8位】ビューカードゴールド

ビューカードゴールド

Suicaなどをクレジットカードで利用する方におなじみのビュースイカカードですが、上位カードのゴールドカードに相当するのがビューゴールドプラスカードになります。

 

交通系のクレジットカードとして、特にSuicaや新幹線などの利用時に威力を発揮します。

 

たとえば、こちらのクレジットカードには定期券機能付きSuicaが搭載されており、Suicaのオートチャージ機能のを使えるのはもちろん、Suicaのチャージでポイントが3倍、定期券の購入でもポイントが3倍になります。

 

交通機関の利用やお買い物でも普段からSuicaを利用する方であれば、このポイントプログラムを利用しない手はありませんよね。交通費も時に費用がかさむので、同じお金を払うのであればクレジットカードを使ってポイントを有効に貯めたいものです。

 

ポイントプログラムは1,000円で2ポイント(5円相当)がつくため還元率は0.5%です。しかし先ほどもお伝えした通り、オートチャージを利用すれば還元率は1.5%にもなり、さらにENEOSなどの特約店の利用でポイント2倍、年間利用総額に応じで最大1,600ポイントのボーナスポイントが付与されるなどポイントプログラムは充実しています。

 

基本スペックとして、国際ブランドはJCB、ゴールドカードならではの特典として手厚い付帯保険や、空港ラウンジ、トラベルやホテル、飲食店などの優待、東京駅八重洲口・ビューゴールドラウンジの利用といったサービスを利用することができます。またこのカードの特徴でもある、入会または年間100万円以上の利用に応じてプレゼントがもらえるサービスもあります。

 

こちらは、「新幹線・特急グリーン車利用券&普通列車グリーン車利用券(各2枚)」「普通列車グリーン車利用券(10枚)」「東京ステーションホテル スイーツセット ペアご利用券」「紀ノ国屋特選デリカテッセン詰合せ」「ビューゴールドラウンジご利用券(3枚)」など全9コースが用意されており、その中から好きなものを1つ選べます。

 

Suicaユーザーにはオトクしか無いカードですので、ぜひ申し込んでおきたいですね。

 

年会費 10,000円+税
追加カード
  • 家族カード(1枚目無料、2枚目から3,000円+税、9枚まで)
  • ETC(無料)
還元率 0.5%
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • 国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
  • ショッピングプロテクション(年間300万円限度)
主な特典
  • 空港ラウンジ
  • 空港手荷物サービス優待
  • 入会・・利用特典
  • ホテル、飲食店、レンタカーなど各種優待
  • ビューゴールドラウンジ

【9位】Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

こちらのいクレジットカードは格安ゴールドカードに分類され、年会費はお安いながらも、下位カードにはない付帯保険やポイントアップ、会員優待などのサービスが付帯しています。

 

基本スペックとして、国際ブランドはVISA、JCB、MasterCardの3社から、iDとQUICPayをカードに搭載されているため、1枚で3役をこなしてくれる便利なクレジットカードとなっています。

 

ポイントは100円で1ポイントで還元率は1.0%という高めな仕上がりですが、これだけではなくしっかりとポイントアップされる方法もあります。

 

たとえば、入会後半年間はポイント還元率が2倍の2.0%に、iDとQUICPayの利用で0.5%ポイント加算されるので還元率は1.5%に、オリコモールを経由してネットショッピングをするだけでポイント最大15%の加算と特別加算としてさらに+1.0%となり、日常生活でもしっかりポイントが貯まる仕組みが用意されています。

 

こうしたプログラムを上手に使うだけで還元率は1.0%以上になりますので覚えておきたいですね。

 

ポイントプログラム以外にも各種付帯保険やトラベルサービスもしっかり付いており、格安ゴールドカードでありながら、かなりコスパに優れていると言うことが出来ます。

 

たとえばOrico Club Offという福利厚生プログラムが付帯しており、ホテルやテーマパーク、映画など国内外約20万ヶ所以上で様々な優待がありますし、ホテル・パッケージツアー・格安航空券などトラベル関係の優待などもあります。

 

ポイント還元率の高さはもちろん、年会費は低めながらゴールドカードとしての機能もしっかり兼ね備えたコスパも良しのゴールドカードを探している方には、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDがおすすめです。

 

 

年会費 1,950円(税込)
追加カード
  • 家族カード(無料、3枚まで)
  • ETC(無料)
還元率 1.0%
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
  • 国内旅行傷害保険(最高1,000万円)
  • ショッピングガード(最高100万円)
主な特典
  • Orico Club Off
  • ホテル、空港クローク、手荷物宅配など各種優待(MasterCard限定)
  • 海外デスク

【10位】ゴールドカードセゾン

信販会社セゾンが発行するゴールドカードがゴールドカードセゾンになります。こちらは、ゴールドカードでありながら、セゾンが得意とする生活に密着した特典を利用することができる一石二鳥の利便性があります。

 

たとえば、ゴールドカードの代名詞と言える空港ラウンジやプライオリティ・パスを利用できるのはもちろん、国内有名ホテルの優待やトラベルに関連する各種優待、ゴルフデスクも用意されています。

 

それに加えて、西友、西武、ロフト、パルコ、無印良品、ザ・ガーデンで利用はポイントが2倍に、毎月5かと20日は西友とLIVINで5%オフ、ポイントモール経由でのお買い物でポイント最大30倍などポイントが貯まりやすく、日常生活にもオトクがあるクレジットカードとなっています。標準還元率は0.5%となっていますが、ポイントモールやポイントアップ加盟店などを上手に活用すると還元率は1.0%~にもなりますし、ポイントはセゾンの永久不滅ポイントが貯まります。

 

こちらも有効期限がないことや交換先の豊富さで有名ですので安心して貯めることができますね。

 

基本スペックとして年会費10,000円+税、国際ブランドはVISA、JCB、MasterCardの3社から選べ、利用可能枠はなんと最高500万円までとなっています。

 

またこちらのカードを使い続けると、上位カードのセゾンプラチナ・アメックスのインビテーションが届くことがあるので、プラチナカード狙いの人にもおすすめと言えます。

 

 

年会費 10,000円+税
追加カード
  • 家族カード(1,000円+税、4枚まで)
  • ETC(無料)
  • iD/QUICPay(無料)
還元率 0.5%
主な付帯保険
  • 海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
  • 国内旅行傷害保険(最高3,000万円)
  • ショッピング安心保険(年間300万円まで)
主な特典
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 海外アシスタンスデスク
  • トラベル関係、クリーニング、スポーツクラブ、ホームセキュリティなど各種優待
  • ゴルフデスク
  • 西友、パルコ、ロフト、西武など各種優待
  • 空港宅配の優待(VISA限定)
  • 空港クローク、国際線手荷物宅配、海外携帯電話などの優待(MasterCard限定)

まとめ

今回はポイントやサービスにすぐれたおすすめのゴールドカードを、ランキング形式で紹介してきました。

ゴールドカードにも複数の種類が存在し、一般ゴールドカード、格安ゴールドカード、ヤングゴールドカードというものが存在することがわかりました。

どのような切り口からゴールドカードを持ちたいと考えるかによっておすすめのゴールドカードは異なりますが、今回ご紹介したランキングにランクインしている様なゴールドカードの中から、きっと満足の行く一枚が見つかるはずですよ。

この記事を書いたユーザー

ぱんだ
ライターのぱんだです。趣味は旅行と食べ歩きです。笹じゃなくても差し出されたら食べます。nanairoでは主にクレジットカードやカードローンに関する記事を担当しています。 ぱんだの記事一覧

PICKUP

トップへ