三井住友VISAプライムゴールドカードは年会費が安い!20代限定のゴールドカード

目次 ※クリックで開閉します

三井住友カードが発行する「三井住友VISAプライムゴールドカード」は、20代限定のゴールドカードです。

ヤング向けのゴールドカードは、年会費と特典と審査基準を少し下げることで、将来のゴールドカード会員候補を囲い込むことが目的のカードでした。

しかし、近年の格安ゴールドカード、ヤングゴールドカードの質はどんどん上がってきています。

 

その中でも「三井住友VISAプライムゴールドカード」は20代最強のゴールドカードとも言われる程の人気です。

三井住友ゴールドカードのサービス・特典は基本的には維持しつつ、年会費の割引を適用することができます。

  • ゴールドカードの基準はまだ満たしていないが、ゴールドカードを持ちたい20代の方
  • 将来的にはゴールドカードを保有したいと考えている20代の方

などには、うってつけの1枚です。

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴

三井住友VISAプライムゴールドカードの特徴をまとめるとこんな感じです。

  • 20代限定のゴールドカードである
  • 年会費が割引になる
  • 国内主要空港のラウンジが無料で使える
  • 旅行傷害保険が充実している(自動付帯)
  • 将来的に三井住友VISAゴールドカードへ昇格できる

三井住友VISAプライムゴールドカードのメリット

三井住友VISAプライムゴールドは20代の方しか持つことのできない特別なゴールドカードです。

ゴールドカードの敷居を下げてはいますが、サービスや特典はゴールドカードと同じです。

三井住友VISAプライムゴールドカードのメリットを順に紹介していきましょう。

①年会費の割引特典がある

ゴールドカードと聞くと、高い年会費を払わなければいけないというイメージがありますよね。

三井住友VISAプライムゴールドカードの年会費は以下の通りです。

初年度年会費無料

翌年以降5,000円+税

通常のゴールドカードの年会費の平均が1万円~2万円であることを考えると、年会費はかなり安いです。

しかし、驚くことに三井住友VISAプライムゴールドカードには、さらに年会費を割引する方法があります。

三井住友プライムゴールドカードの年会費を無料にする方法

プライムゴールドの年会費を割引してもらうには、

  • WEB明細書サービス
  • マイ・ペイすリボコースの選択

のどちらか、もしくは両方に登録する必要があります。

この登録内容によって、年会費の割引幅が決まります。

コース別年会費 プライムゴールドカード年会費
WEB明細書+マイ・ペイすリボコース 1,500円(税別)
マイ・ペイすリボコース 2,500円(税別)
WEB明細書 4,000円(税別)
いずれも指定しない場合 5,000円(税別)

Web明細書+マイ・ペイすリボに登録することで、年会費を最大3,500円割り引くことができます。

つまり、三井住友プライムゴールドは年会費1,500円(税別)で持つことができるのです。

ゴールドカードとほぼ同じサービスや優待・特典を受けることができるにも関わらず、年会費が1,500円というのは、とてつもなくお得です。

それゆえに、20代限定でしか持つことができないのです。

マイ・ペイすリボとは

「マイ・ペイすリボ」とは、毎月の支払金額を自分で設定し、設定金額を超えた分を自動的にリボ払い(リボルビング払い)で支払う方法です。

設定金額を超えた分は、リボ残高になる為、実質年率15.0%のリボ払い手数料がかかります。

リボルビング払いは手数料が高いので、あまりおすすめしない支払方法なのですが、この手数料を無料にする方法があるのです。

「マイ・ペイすリボ」は設定金額を自分で自由に設定することができます。

そのため、設定金額を超えなければリボ残高は発生しない為、設定金額を高くしておけば、実質1回払いと同じになります。

②ゴールドカード同等のサービスを受けれる

他社の格安ゴールドカード・ヤングゴールドカードも年会費は安く設定していますが、サービスもかなり限定されてしまいます。

それに比べて、三井住友プライムゴールドで受けられるサービス・特典は、三井住友VISAゴールドカードとほぼ同等です。

プライムゴールドとゴールドの違い

両者のサービスはほぼ同等と言いましたが、違いもあります。

  • ポイントの有効期限がゴールドは獲得月から3年、プライムゴールドは獲得月から2年
  • 情報誌「VISA」の購読料無料は対象外

この違いだけであれば、ほぼ同じというのは間違っていないでしょう。

これだけの違いで、年会費が半額以下であればプライムゴールドは非常に優秀だと思います。

③国内主要空港のラウンジが無料で利用できる

空港ラウンジサービスといえば、ゴールドカードならではの特典です。

空港ラウンジサービスを受けたいが故にゴールドカードを持ちたいという方も多くいる程です。

 

格安ゴールドカード・ヤングゴールドカードは、空港ラウンジが使えるカードが多くあります。

しかし、ほとんどのカードが国内の主要空港6カ所程度でしか利用できません。

 

空港ラウンジサービスの充実を求めるのであれば、

三井住友VISAプライムゴールドカードの他に、JCB GOLD EXTAGE、楽天ゴールドカードぐらいでしょうか。

これらのカードも含めて考えても、空港ラウンジサービスが付いているゴールドカードで年会費1,500円(税別)というのは、最安値です。

④旅行傷害保険が充実している

ゴールドカードと格安ゴールドカード・ヤングゴールドカードの違いとして大きいのは、旅行傷害保険の内容です。

年会費を安くする代わりにゴールドカードとの差をつけるとすれば、旅行傷害保険の内容が削られているケースが多いです。

 

そんな中で、三井住友VISAプライムゴールドカードは、国内・海外ともに旅行傷害保険は最大5,000万円まで保障、しかも自動付帯です。

これは、同価格帯の他社カードと比較しても最高レベルです。

⑤将来的に三井住友VISAゴールドカードへ昇格できる

プライムゴールドカードは20代限定ですので、30歳を迎えるとカードの切替を行わなければなりません。

そのタイミングで、プライムゴールドカードは「三井住友VISAゴールドカード」へと切替可能になります。

三井住友VISAゴールドカードは、ゴールドカードの中でもかなりハイステータスなカードです。申し込んでも簡単に審査に通過することは難しいレベルのカードで、欲しくても手に入りません。

 

そんな三井住友VISAゴールドカードを無審査で手に入れることができてしまいます。

これは、プライムゴールドの大きなメリットであると言えるでしょう。

 

ちなみに、プライムゴールドからゴールドカードへの昇格時には、「継続サンクスポイント」として、ワールドプレゼントが500ポイントプレゼントされます。

⑥三井住友カード会員だけのお得な割引や特典がある

「三井住友VISAプライムゴールドカード」を持っているだけで、お得な割引や特典があります。

例えば、以下のようなものです。

  • USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)で割引が使える
  • 宝塚歌劇のチケットが手に入りやすくなる

三井住友VISAプライムゴールドカードのデメリット

プライムゴールドカードにもデメリットはあります。

いくつか紹介しておきます。

①ポイント還元率が低い

プライムゴールドは、ステータスも高くゴールドカード同等のサービスを受けることができますが、ポイントの還元率はそれほど高くありません。

プライムゴールドカードの基本還元率は0.5%です。

ショッピングでポイントがアップするシステムもありますが、ポイント特化型のカードと比較すると見劣りするでしょう。

 

高還元率の三井住友デビュープラスカードがある

三井住友カードのラインナップには、満18歳~25歳の方限定の「三井住友VISAデビュープラスカード」というカードがあります。

デビュープラスカードは、学生・新社会人向けにポイント還元率を高めた仕様になっています。

年会費も実質無料で持てますので、年齢要件に当てはまる方は、デビュープラスカードを検討してみてもいいかもしれません。

三井住友VISAデビュープラスカードの年会費は?高還元率の学生・新社会人向けカード

②20代限定カードである

せっかくのハイパフォーマンスカードですが、20代の方しか持つことはできません。

年齢制限があるからこそ、格安の年会費が実現しているのでしょうがないのですが、素晴らしいカードだからこそ、年齢制限が無ければいいのにと欲張ってしまいます。

満31歳以上の方は、ゴールドカードでは最高クラスのステータスを持つ三井住友VISAゴールドカードへの申込をおすすめします。

③電子マネーのチャージには向いていない

最近は電子マネーへのチャージでもポイントが貯まるカードが増えてきていますが、プライムゴールドカードは電子マネーへのチャージは「iD」だけです。還元率も0.5%低めです。

電子マネーもかなり普及してきている中、プライムゴールドカードの惜しい点だと思います。

申込・審査からカード発行までの流れ

三井住友VISAプライムゴールドカードの申込・審査からカード発行までの流れについて触れておきます。

申込方法

申込み方法は2種類あり、インターネット申込みのみで完結するものと、インターネット+郵送申し込みがあります。

 

インターネット申込み対応の金融機関を引き落とし口座に設定する場合は、インターネット申込みのみで完結となります。

非対応の場合はインターネット+郵送申し込みになります。

インターネット申込みのみで完結させる場合

三井住友VISAカードのホームページより、規約に同意し、必要事項を入力します。入力が完了すると申し込み番号が発行されるのできちんと記録しておきましょう。

 

後は引き落とし口座の設定をして終わりです。申込み後審査に入り、審査に通ればカードが郵送で届きます。

インターネット申込み+郵送の場合

上記と同じようにホームページから規約同意、必要事項の入力をして申込み番号を記録します。

その後、必要書類が郵送されてくるので、書類に記入をし、返送します。

そこから審査に入り、審査に通ればカードが郵送で届きます。

審査

審査は早く、インターネット申込みなら最短当日に結果のメールが送られてきます。

郵送の場合は返送された書類が届いてからの審査になるので、郵送事情などにより数日かかることがあるようです。

 

年齢が限定されている為、そこまで審査は厳しくないようですが、過去に借入の延滞や債務整理などの事故がある場合は審査に落ちることもあります。

また、在籍確認もほとんどされないようですが、内容に疑問がある場合などは確認されることもあります。

入力の際に、虚偽の情報を記入することは避けましょう。

また、入力ミスにも気を付けましょう。

カード発行

カード発行までは、インターネット申込みだと最短3営業日と比較的早く発行されます。

インターネット+郵送申し込みの場合は2週間から3週間程度かかります。

 

カードの受取りは郵送です。

 

手元に早くカードが欲しい場合は、インターネット申込み対応の金融機関口座をして申し込みをインターネットのみで完結することをおすすめします。

三井住友VISAプライムゴールドカードの基本情報

発行会社 三井住友カード株式会社
国際ブランド VISA、MasterCard
年会費 年会費5,000円+税
※インターネット入会で初年度年会費無料
※翌年度以降も最大1,500円(税抜)まで割引(条件付)
利用限度額 50〜200万円
キャッシング枠 0~50万円
支払方法 1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
支払日 15日締め翌月10日払い
月末締め翌月26日払い
※選択可
家族カード 1人目は年会費無料
2人目以降は年会費1,000円(税別)
ETCカード 初年度年会費無料、翌年以降500円+税
前年1回以上ETC利用で翌年年会費無料
付帯サービス 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
空港ラウンジ無料利用可能(国内28空港42カ所)
ショッピング補償(最高300万円)
ゴールドカードへの自動昇格

まとめ

三井住友VISAプライムゴールドカードは、実質年会費1,500円(税別)で持つことができ、王道のゴールドカードとも評される三井住友ゴールドカードと同等のサービスを受けることができます。

国内28空港46カ所の空港ラウンジを利用でき、付帯保険は最高5,000万円の圧倒的な充実さを兼ね備えた素晴らしい仕上がりです。

20代限定カードというところが残念ですが、逆に20代の方はゴールドカードを持ちたいなら必見の1枚です。

まさに三井住友プライムゴールドは、20代が持つ最強のヤングゴールドカードと言えます。

PICKUP CONTENTS

トップへ