カードローンで10万円以下の借入をご検討の方へおすすめ業者を紹介

人それぞれお金を借りたい理由は異なると思いますが、生活費が少し足りない、急な飲み会や欲しいものを買いたいけどほんの少しだけ手持ちの現金が足りないということが多いのではないでしょうか。

数十万円借りたいわけではなく、10万円以下の金額が欲しいという場合、実は借り方によっては損をすることがあるかもしれません。

 

お金は借りたいけど余計なお金は払いたくない、今すぐにでも借り入れをしたいという方必見です。10万円以下の借入をする時に役立つ賢い借り入れ方法をご紹介します。

10万円以下の借入なら審査通過率の可能性が高い?

どこのカードローン会社でも、借入の申込みをする時には希望借入金額を入力します。

カードローン会社は、会社によって審査基準が異なり、その審査基準は公表されていませんが、一般的に希望金額があまりにも高いと審査に通過しにくいと言われています。

 

なぜなら、希望金額があまりにも高いと返済されない可能性が高いとみなされるからです。

カードローン会社は、申込者の年収、勤務先、持ち家の有無などの属性、過去の借入履歴である信用情報から、申込者がこの程度なら返済してくれるだろうというのを予想してお金を貸してくれます。

 

お金を貸すことに問題がない人でも、希望金額があまりに高い場合はカードローン会社も不審に思います。逆に希望金額が低い場合は比較的審査に通過しやすいと言えます。

 

ただし、いくら希望金額が少なくても、収入がない人、または少ない人、過去に長期の延滞や返済不能に陥ったことがある人、他社で多額の借入がある人などはたとえ少額でも借入れは難しいと言えます。

 

カードローン会社には大きく分けて、銀行が行う銀行カードローンと消費者金融が行う消費者金融カードローンがあります。

銀行カードローンは銀行法に準じて営業を行い、消費者金融カードローンは貸金業法に準じて営業を行っているので、同じカードローンでも決まりが異なります。

 

貸金業法の中に総量規制というものがあり、貸金業法に則って営業を行うカードローン会社は年収の3分の1以上の融資をしてはいけないと決まっています。そのため、消費者金融カードローンでは、収入がない人や収入が少ない人というのは借りることが出来ないのです。

 

例えば10万円の借入をしたい場合、最低でも年間30万円の収入が必要になります。銀行カードローンはこのような決まりはないので、収入に関係なく融資をしてくれますが、銀行も返済してくれる見込みのない人には融資をしてくれません。

こちらも銀行によって基準は異なりますが、一般的に返済負担率が35~40%以内でなければ融資は難しいと言われています。

 

返済負担率は「年間の返済総額÷年収」で求めることが出来て、返済総額は他社のカードローンやその他のローン関係も含まれます。

そのため、収入が少ない人や他社での借入金額が多いと審査に通過するのは難しいと言われています。

 

また、過去に長期の延滞や返済不能に陥ったことがある人は、その情報が「個人信用情報機関」というところに記録されます。

カードローン会社は申し込みがあると、その人の信用情報を必ず確認します。

 

長期の延滞や返済不能に陥った過去がある人は返済されないかもしれないと、融資を断ることがあります。

これらは事故情報と呼ばれるもので、事故情報は一定期間が経てば抹消されるので、保存期間が経過すれば再び借り入れできるようになります。

10万円借りたときの月々の返済額と利息はいくら?

高額な借入れをするとその分、返済期間が長くなったり、月々の返済額が多くなったりと負担が大きくなります。そして、その分多くの利息を支払うことになります。

 

一方10万円程度の少額の借り入れならさほど負担は大きくありません。いくつかシミュレーションをしてみましょう。例えばプロミスで10万円を借りた場合、プロミスの上限金利である実質年利率17.8%で計算をします。

 

10万円を1年以内の11回払いで支払ったとします。月々の返済額は10,000円、返済総額は109,043円となり、利息は9,043円です。

 

プロミスの場合、残高スライド元利定額返済方式を採用していて、借入残高に応じて最低支払い金額が決まっています。30万円以下なら「借入後残高×3.61%」という計算になり、返済回数が36回までとなっています。

 

月々の負担を減らすなら支払い回数を多くします。10万円を36回払いにすると月々の返済額は3,605円となります。ただし、その分利息は多くなり、利息の総額は29,765円となります。

すぐに返せる人は絶対無利息カードローンがおすすめ

10万円を借りてもすぐに返済できるという場合は、「無利息期間サービス」があるカードローンがオススメです。

「無利息期間サービス」とは、条件を満たせば借入から一定期間だけ利息がかからないサービスです。

 

このサービスを使い、期間内に返済をすれば利息なしでお金を借りる事が出来ます。

期間内に返済出来なかったとしても、利息は日数を超えた時点から発生するので、無利息期間がある分お得に借入れすることが出来ます。

 

期間は7日間~180日間とカードローン会社によっても異なります。

また、適用になる条件も異なるので、無利息期間サービスを利用するなら条件もしっかり確認しましょう。

無利息サービスがあるおすすめカードローン

新生銀行カードローン レイク

  • 無利息期間:30日、180日
  • 無利息開始時期:初回契約翌日から
  • 条件:新生銀行で初めて契約をした方

 

新生銀行は2つの無利息期間が設けられています。どちらも条件は初めて契約をした方です。

1つは、借入金額の全額を無利息とするサービスです。こちらは日数が30日となっています。もう1つは借入金額のうち5万円まで無利息とするサービスです。こちらは180日間無利息となっています。

 

180日間5万円まで無利息サービスは、例えば5万円を借り入れすると5万円全額180日間無利息となります。8万円借入をするとそのうちの5万円は180日間無利息ですが、残りの3万円は通常の利息がかかります。

 

5万円以上借入して30日間で返せる場合は30日間無利息期間サービスを利用し、5万円以下で借入をするなら180日間無利息期間サービスを利用した方がお得です。

5万円以上の借入で、返済期間が長くなるなら期間と金額によってどちらがお得か変わるのできちんと計算をして利用しましょう。

プロミス

  • 無利息期間:30日
  • 無利息開始時期:初回借入翌日から
  • 条件:プロミスで初めて借り入れをする人で、Eメールアドレスを登録のうえ、WEB明細を利用

 

プロミスは30日間無利息期間サービスを行っています。

条件は、プロミスが初めての利用者で、Eメールアドレスを登録して、WEB明細を利用するだけです。WEB明細は、通常郵送で送られてくる利用明細をWEB上で見られるようにするサービスなので、利用者にとっても便利になります。

 

両者の無利息期間サービスの大きな違いは利用開始時期です。新生銀行カードローンのレイクは初回契約日の翌日からカウントされ、プロミスは借入開始の翌日からカウントされます。

 

契約日とは、書類を交わした日になるので、その後借り入れをしないまま30日、180日が経過すると無利息期間サービスが出来ないままで終わってしまいます。

プロミスは借入開始翌日からカウントなので、契約後、何年経っていたとしても、初回借入をした翌日から無利息期間サービスを利用することが可能です。

 

無利息期間サービスを実施しているところでは、開始時期のカウントが異なります。どちらのパターンなのかも確認しておきましょう。

即日融資で借りたい方は消費者金融がおすすめ

10万円以下ですぐにでも借り入れをしたいという方にオススメなのが、消費者金融カードローンです。

最近では銀行カードローンでも即日融資に対応しているところも増えてきましたが、ほとんどの場合、その銀行に口座を持っていなければ対応してもらえません。

 

消費者金融カードローンなら審査も当日に分かり、契約後すぐにお金を借りることが可能です。しかし、即日対応可能となっている消費者金融でなければいけないので注意が必要です。

 

即日融資可能の消費者金融なら、振込み対応ですぐに指定の銀行に振り込んでもらえたり、窓口や無人契約機でカードをすぐに発行してくれたりします。

即日融資を希望ならスピーディな消費者金融カードローンを申込んだ方が確実です。

即日融資ができる消費者金融のおすすめカードローン

プロミス

  • 実質年利率:4.5~17.8%
  • 限度額:500万円
  • 即日融資:可能

 

プロミスなら30日間無利息期間サービスもあり、即日振込にも対応してくれます。すぐに手元に現金が欲しい、でも利息はあまり払いたくないという方にピッタリです。

アイフル

  • 実質年利率:4.5~18.0%
  • 限度額:500万円
  • 即日融資:可能

 

アイフルも即日融資対応、30日間無利息期間サービスがあります。

こちらは契約日翌日からのカウントになります。アイフルは、おまとめローン、女性専用ローン、年収が高い人向けのローンなど色々な商品を取り扱っています。自分に合ったものを申込みたいという人にオススメです。

長期間の返済予定なら低金利の銀行カードローンがおすすめ

10万円を借り入れしたけど、返済期間は少し長めにしたいという方は低金利の銀行カードローンがオススメです。

さきほどシミュレーションをしたよう返済期間が長くなればその分利息が多くなります。

 

利息は、元金×金利で求められます。つまり、金利を下げれば利息も減らせるのです。一般的には消費者金融より銀行の方が金利は低く設定されています。

 

しかし、その分審査は厳しいと言われています。もし、過去に返済事故がなく、安定した収入を得ていて、現在他社での借入が少ない、または全くないのであれば銀行のカードローンの方がお得です。

低金利のおすすめ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

  • 実質年利率:1.8~14.6%
  • 限度額:500万円

 

バンクイックの特徴は利用のしやすさです。

インターネットからの申込みだけでなく、三菱東京UFJ銀行に設置されているテレビ窓口なら誰にも合うことなくその場でカードが発行され、すぐに借入れをすることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。数十万円という借入をするより10万円以下の借入をする方がすんなりと審査に通過することが出来ます。

 

また、無利息期間サービスや低金利を狙っていくと、普通に借入れをするよりお得に借入れをすることが出来ます。しっかりと返済までイメージを持って、サービスを活用して賢く借入れをして下さい。

PICKUP CONTENTS

トップへ