消費者金融とサラ金・闇金の違いは?初心者にもわかりやすく解説

目次 ※クリックで開閉します

お金を融資してくれる業者と言えば、消費者金融、サラ金、闇金などの名前を思い出すかもしれません。ここでは、消費者金融とサラ金・闇金はそもそも違うのか、違いがあるのならどのような点なのかについて、初心者にもわかるように説明していきます。

消費者金融・サラ金・闇金とは?

消費者金融、サラ金、闇金などは、お金を貸すことで利益を得ている金融業者になります。まずは、それぞれの基本的な違いを知っておきましょう。

消費者金融とは

消費者金融とは、個人への貸付を主な業務としている貸金業者になります。貸金業者になるには、国または都道府県へ登録することが法律上義務付けられていますが、消費者金融は貸金業の登録をしている正規の業者です。CMでおなじみのアコム、アイフル、プロミス、モビットなどは、消費者金融になります。

サラ金とは

サラ金とは、「サラリーマン金融」を略したものになります。サラリーマン金融とは、主にサラリーマンを中心とした個人向けの貸付を行っている業者のことになりますから、消費者金融と同じ意味になります。

街金とは

街金とは、街の金融業者という意味になります。貸金業者のうち、大手ではなく中小の業者で、地域密着で営業している業者を街金と呼ぶことがあります。

闇金とは

闇金とは、闇の金融業者という意味です。つまり、正規の貸金業者ではなく、闇で営業している業者ということになります。貸金業を営むには国または都道府県への登録が義務付けられていますが、現実に、貸金業の登録をせずに営業を行っている業者が存在します。このような業者は違法業者ですから、闇金と呼ばれています。

消費者金融と闇金の違い

一番大きな違いは法律を守っているか守っていないか

消費者金融は、国または都道府県に登録している正規の貸金業者です。貸金業者になると貸金業法の規制を受けますから、貸金業法を遵守した運営をしなければなりません。消費者金融なら法律を守っているはずですから、お金を借りる場合には、金利などの貸付条件は貸金業法に定められているとおりになっているということです。

一方、闇金はその存在自体が貸金業法の規制をすり抜けているものですから、当然貸金業法を守った運営はしていません。闇金は、法律で認められてない違法な条件で貸付を行っているケースが多いということです。

経営母体が違う

合法的な消費者金融の場合には、通常は株式会社などの会社組織になっています。会社になっていれば、本店、代表者の名前、資本金などが登記簿によって公開されますから、どのような会社かが誰の目にも明らかです。

一方、闇金は個人名や屋号を使って営業しており、そもそも経営母体が個人なのか会社なのかも不明であることが多くなっています。連絡先も電話番号だけしか明らかにしておらず、所在地もわからないことがあります。あやしいと思ったら、まずは経営母体をチェックしてみると、闇金かどうかが判断しやすくなります。

法定金利を守っているか守っていないか

貸金業者が貸付を行う際の金利については、利息制限法及び貸金業法により、借入金額に応じて上限が15~20%に制限されています。正規の貸金業者である消費者金融が貸付を行う場合には、この上限金利を守っているはずです。

一方、闇金は貸金業法を守らず、法律で定められた上限を超える金利で貸付を行っているケースがほとんどです。

催促で取立てがあるかないか

貸金業法では、借金の取立についても規制が設けられています。たとえば、夜間に自宅を訪問しての取立は禁止されていますから、消費者金融がこうした厳しい取立を行うことはありません。

しかし、貸金業法と関係なく運営している闇金の場合には、昼夜関係なく厳しい取立を行う可能性もありますから要注意です。

無職、銀行の審査に落ちた人、ブラックにも貸すか貸さないか

消費者金融では、きちんとした審査を行っています。貸金業法による取立規制もあり、厳しい取立を行うこともできませんから、お金を返してくれる見込みがある人にしか貸さないのです。そのため、消費者金融でお金を借りる場合には、安定した収入があることやブラックでないことなどが条件になります。

一方、闇金はお金に困っている人には、簡単にお金を貸してくれます。闇金の場合には、法外な利息をとったり、厳しい取立で無理矢理払わせたりすることで利益を確保しています。無職の人やブラックなどで他の金融機関で貸してもらえない人は、たとえ高金利でも貸してくれる業者があれば借りようとしますから、闇金のターゲットになりやすいというわけです。

消費者金融を利用するのも危険?

よくある間違い!プロミス・アコムを闇金と勘違い

CMでもおなじみのプロミスやアコムの名前は誰もがご存じでしょう。プロミスやアコムは、貸金業法にもとづき登録を行っている正規の貸金業者であって、闇金ではありません。

プロミスやアコムは、消費者金融です。消費者金融は、以前はサラ金と呼ばれることが多かったため闇金と混同されることがありますが、上に書いたとおり、消費者金融と闇金は違います。プロミスやアコムで借りても、違法な高金利で利息を払わされたり、厳しい取立にあったりするようなことはありません。

消費者金融はこんなにも利用者数がいる

消費者金融の利用者数がどのくらいいるのかは、信用情報機関に情報が登録されている人数から判断することができます。消費者金融であれば、日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)のうち一方または両方に加盟しています。

JICCの加盟業者が行っている無担保保証貸付について、2016年12月末現在、JICCに情報が登録されている人数は1797万人、うち借入残高がある人は1042万人となっています。
参照元JICC

また、CICの加盟業者が行っている貸付については、2017年1月20日現在、CICに情報が登録されている人数は7551万人、借入残高がある人は1145万人となっています。
参照元CIC

完済後も信用情報機関に情報は残っていますので、残高ありの人が、現在消費者金融を利用中の人ということになります。実際にはJICCとCICの両方に情報が登録されている人が多いため、何人が消費者金融を利用中なのかは明確ではありませんが、少なくとも1000万人以上の人が現在消費者金融から借入をしていることはわかります。

銀行の傘下に入っているので安心

2000年代に入ってから行われた貸金業法の改正により、消費者金融は金利引き下げを余儀なくされ、一方では利用者からの過払い金請求が相次いだため、経営基盤が揺らぐこととなりました。消費者金融では銀行と提携し、銀行の保証業務を請け負うことで生き残りをはかっています。

 

アコムは三菱東京UFJ銀行の傘下に入り、現在は三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の子会社となっています。そのため、三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)では、アコムが保証会社として審査を行っています。

 

また、プロミスは三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の子会社となり、現在はSMBCコンシューマーファイナンスという会社名になっていますが、「プロミス」のブランド名は残しています。SMBCコンシューマーファイナンスは、三井住友銀行カードローンの保証業務を行っています。

消費者金融で厳しい取立てはあるの?

貸金業法の改正により、貸金業者が執拗な取立行為を行うことは禁止されました。取立のルールとしては、原則として昼間の電話や郵便で行うものとされています。正規の貸金業者である消費者金融なら、こうした取立のルールを守っているはずです。

法律で禁止されている違法な取立て

貸金業法は、貸金業者の取立に対する規制を設けています。たとえば、以下のような行為は禁止されていますので、正規の貸金業者である消費者金融がこのような行為を行うことはありません。

  1. 夜間や早朝に電話・FAX・訪問などで取立する
  2. 勤務先へ電話・FAX・訪問などをして取立する
  3. 自宅などを訪問した際に退去するように言われたのに立ち去らない
  4. はり紙や立て看板などで借入の事実やプライバシーにかかわる内容を他の人に告知する
  5. 他社から借入して借金を返すよう要求する
  6. 借金している本人以外に返済を要求する
  7. 借金している本人以外に本人の居場所を教えて取立に協力するよう要求する
  8. 弁護士・司法書士等から債務整理の受任通知が届いた後に取立する

闇金だけは絶対に手を出さないで!

闇金業者は法律破りの高い金利で貸し付けをする

闇金はそもそも貸金業法を守っていない業者ですから、金利も違法に高くなっているのが通常です。言いかえると、闇金が貸金業の登録をしないのは、もし貸金業の登録をすれば合法的な金利でしか利息をとることができなくなってしまうからなのです。

 

闇金の高金利を表す言葉として、「トイチ」というのがあります。これは、「10日で1割」という意味で、たとえば100万円借りると10日後には利息が10万円発生することになります。トイチは年利にすれば通常でも365%ですが、闇金の場合には複利計算しますから、3142%というとんでもない金利になってしまいます。

 

10日で1割とまではいかなくても、利息制限法・貸金業法をはるかに超える高金利を請求するのが闇金だということをしっかり認識しておく必要があります。

最近の闇金業者の勧誘手口は脅し・暴力なし?

闇金というと、お金を返さなかったらすぐに脅したり暴力をふるったりするイメージがあるかもしれませんが、そうとは限りません。最近は、「ソフト闇金」と呼ばれるような、一見親切な対応をしてくれる闇金も多くなっています。

 

ソフト闇金は、従来の闇金ほど金利も高くなく、暴力的な取立を行うようなこともありません。お金に困っている人を見つけると、親身になって相談に応じながら相手を油断させ、「うちで借金を一本にまとめられますよ」などと巧みに勧誘してきます。しかし、闇金である以上、結局高額の利息を払わされてしまう羽目になりますし、いつまでも返さなければやがて態度を変えることもあり得ます。

闇金業者の取立ての恐ろしさ

闇金は貸金業法のルールを守りませんから、手加減せずに取立をしてくることがあります。たとえば、昼夜かかわらず何十回も電話をかけてきたり、自宅に大人数で押しかけてきたりすることもあり得ます。テレビドラマや映画で見るような怖い取立も、闇金ならあり得るということです。

こんな広告やDMは闇金の可能性が高いので注意!

闇金からは借りないと思っていても、うっかり闇金に引っかかってしまうことはあります。闇金も、いろいろなところに広告を出しているからです。闇金の広告手段は、雑誌やスポーツ新聞に掲載されている広告、ポスティングチラシ、DMなどになります。

 

たとえば、「ブラックOK」「審査なし即融資可」「他社で断られた方もOK」「多重債務OK」などの都合の良すぎる文言が書かれていれば、闇金の可能性が高いと言えます。

闇金かどうか確認したいときは「賃金業者登録番号」で確認

闇金とかかわらないために、お金を借りるなら貸金業の登録をしている正規の貸金業者を利用しましょう。正規の貸金業者であれば、広告にも貸金業の登録番号(関東財務局長○○○○号、大阪府知事○○○○号など)が掲載されているはずです。

 

ただし、闇金の中には、登録業者と偽って登録番号を記載しているケースがないとは限りません。登録業者かどうか、金融庁の登録貸金業者情報検索で調べることができます。貸金業の登録は国(財務局)または都道府県知事に対して行いますが、前記データベースを利用すれば、どちらで登録されていても確認ができます。

まとめ

消費者金融とサラ金は同じ意味になり、合法的な貸金業者です。一方、闇金は違法に金融業を行っている業者になります。消費者金融で借りた場合には、違法な高金利をとられるようなこともありませんし、約束どおりきちんと返済すればトラブルになることはありません。

しかし、闇金とかかわってしまうと、それだけでトラブルになることがあります。お金を借りるときは、くれぐれも闇金に引っかからないようにしましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ