勤続年数が長ければ長いほどカードローンの審査で有利に働くの?

目次 ※クリックで開閉します

カードローンを申込むには審査が必要です。その審査項目の1つに「勤続年数」があります。

勤続年数はどのくらい審査に影響があるのでしょうか。

特に、現在転職したばかりや新社会人としてスタートをした人は勤続年数が少なくて審査に通るのか不安になっていると思います。

今回は勤続年数がどの程度影響があり、マイナスになる場合はどのように対策すれば良いかをお伝えしたいと思います。

カードローンの審査内容、審査基準は?

カードローンをはじめ、ローンを組む場合は必ず審査を行います。

金融機関はお金を貸すことが仕事ではありますが、お金を貸して利子と共に返済をしてもらわなければいけません。

 

あなたがもし、友人にお金を貸して欲しいと言われたらその人が本当に返してくれるかどうか見極めてから貸すか、貸さないかを決めると思います。

金融機関も同じで、金融機関が最も恐れているのが返済されないことです。

 

友人同士の貸し借りと違い、今まで付き合いのない金融機関はその人の職業、年収、勤続年数などで毎月きちんと返済してくれるのかどうかを見極めます。

しかし、金融機関はこの審査に関する基準というのは一切公表していません。

 

また、金融機関によって審査基準は異なります。

そのため、同じ条件でもA社は審査に落ちたけど、B社に申し込んだら審査に通過したということもあります。

何を重要視するかは金融機関によってことなりますが、審査項目に勤続年数という項目があるので、少なからず審査基準の1つになることは間違いありません。

 

なぜ、審査基準の1つに勤続年数が関わってくるのかというと、それは収入の安定性に関わってくるからです。

カードローン会社の申込み条件を見ると収入の安定性がある方というのを多く見かけます。

 

勤続年数が長ければその分収入が安定しているとみなされます。

審査では継続的に返済してくれる人かどうかを一番に見られていると思って下さい。

勤続年数が長いと審査で有利に働くって本当?

勤続年数が審査に影響を与えることについて分かったと思いますが、勤続年数が長いとその分審査が有利になるということはあるのでしょうか。

これは十分にあり得ます。

なぜ勤続年数が長いと審査で有利に働くのか?

勤続年数が長いということは、それだけ安定的に収入を得ているということです。

また、1つの仕事に長いこと就いているというのは、会社から信頼されている証拠でもあります。

 

先ほども言ったように審査では、継続的に返済してくれる人かを見られます。

信頼度が高ければ高いほど安定して返済してくれるとみなされます。

勤続年数が有利に働く期間の目安は?

勤続年数が有利に働く期間も金融機関によって異なります。

しかし、目安として、半年未満は勤続年数が短いと見られ審査で不利になることがあります。

半年以上1年未満の場合判断が分かれるところで、半年以上を最低ラインとするところもありますが、少し厳しくなると言えます。

 

1年以上であれば、比較的審査に通りやすいと言えます。

合格のラインは1年以上と言えます

3年以上の勤続年数があれば問題ありません。

5年以上であればプラスの評価を付けるところもあるようです。

 

もちろん勤続年数が短くてもその他の項目が良くて審査に通過する場合もありますし、逆に勤続年数が長くても他に不安要素があれば審査に落ちることもあります。

また、転職の場合意見が分かれるところで、ステップアップ転職なら審査に影響しないところもあります。

 

特に同業種の場合、以前の勤続年数の続きと考えてくれるところもあります。

転職して間もないけど、現在の職種が以前の職場と同業種という場合はその証拠となる書類を提出すると評価が変わる可能性もあります。

 

ただし、これらは会社員の場合の一般的な評価です。

自営業者の場合はもう少し厳しくなります。

なぜなら自営業者の場合、会社員と違い収入が不安定になる可能性が高いからです。

 

そのため、自営業者の場合は23年程度の勤続年数が欲しいところです。

商売を長くやっていればその分安定性があるとみなされます。

パートやアルバイトでも勤続年数は審査に関係あるの?

勤続年数が関わるのは正社員だけではありません。

パートでもアルバイトでも契約社員でも同じです。

カードローン会社によっては、会社員だけでなく、専業主婦や学生にも融資しているところがあります。

 

その場合、本人に少しでも収入があれば限度額が増える可能性があります。

その時、審査の対象の1つとなるのが勤続年数です。

 

主婦や学生でも長くパートやアルバイトをしていれば、その分安定した収入があるとみなされます。

会社員同様にパートやアルバイトでも勤続年数が長ければその分審査に有利に働きます。

居住の年数も同様に重視されるらしい

カードローンを申込む際、勤続年数は絶対に記入するものですが、もう一つ絶対に記入する項目が居住の年数です。

勤続年数はなんとなくわかるけど、なぜ居住の年数が必要なのか疑問に思う方もいるでしょう。

 

まず、居住に関しては持ち家か賃貸か記入する必要があります。

その上で、現在の住まいに何年住んでいるか聞かれます。

審査で有利になるのは持ち家と言われています。

 

持ち家なら夜逃げの可能性も低くなるし、万が一資産を整理する場合も家という大きな資産があるので、それを清算すれば返済に充ててもらえる可能性があるからです。

しかし、賃貸が不利かというとそういう訳ではありません。

 

賃貸の場合、特に居住年数が重要になります。

長く1カ所に住んでいれば、毎月きちんと家賃の支払いが出来ていて、大家さんから信頼されている証拠として見られます。

勤続年数同様に信用度が高く、継続的に返済してくる人だろうと思ってくれます。

 

もちろん持ち家の場合も、きちんと住宅ローンを支払っている人なのだと判断されます。

どちらの場合も居住年数が長ければ評価が良くなります。

転職などで勤続年数が短い場合はどうしたらいいの?

勤続年数が短い場合いくつか対策があります。

 

  1. 時期を待つ
  2. 希望金額を低くする
  3. 前職の証明書も用意する
  4. 勤続年数が短くても良い金融機関で借りる

まずは、勤続年数が1年を超えるのを待つことです。

すぐにお金が必要な場合は使えないかもしれませんが、後数ヶ月なら待てるという場合、半年ないし、1年勤続年数が過ぎるのを待つというのも一つの方法です。

 

もう一つは希望の金額を低くすることです。

最初の借入申込みの際にあまりにも希望金額が大きい場合、警戒される恐れがあります。

もしかしたら、すごくお金に困っている状態で返済されないかもしれないと思われるとその分審査に不利になる可能性もあります。

 

はじめは少額の融資を希望し、徐々に限度額の増額を希望すると比較的すんなり希望の金額を借り入れすることが出来ます。

増額にも審査が必要となりますが、その頃には勤続年数が上がり、さらに返済実績があるので審査に通過しやすくなります。

 

前職が同業種の場合、または年収が上がっている場合ステップアップ転職と見なされることがあります。

その場合、勤続年数が短くても不利にならないことがあります。

可能なら前職の収入証明書や同業種であるという証拠を提出すると良いでしょう。

 

これらの対策でも不安だという場合は、事前に勤続年数が少なくても問題のないカードローン会社を調べて申込みをしましょう。

カードローン会社によっては勤続年数が短くても大丈夫と謳っているところもあります。

勤続年数が短くてもウソの申告は絶対にやめましょう!

勤続年数が短く、審査に不利になりそうだからとウソの申告をするのはやめましょう。

勤続年数をごまかしてもバレないと思っている方もいるかもしれませんが、カードローン会社も疑問に思うことはきちんと調べます。

 

審査前にバレると確認され、間違えましたと言えば済むかもしれませんが、借り入れをしてからバレると融資の中止や返還を求められることもあります。

また、書類の偽造などは犯罪行為となります。

 

ウソはバレた時が問題です。カードローン会社は総合的な評価で判断するので、勤続年数だけで審査に通過しないということはありません。

嘘偽りない申告をしましょう。

勤続年数が短くても審査が通りやすいカードローンはどこ?

勤続年数が短くて審査に通過するのが不安な方は、色々な対策をご紹介しましたが、やはり一番安全なのが勤続年数は短くても申込み可能と謳っているところで申込をすることです。

大手のカードローンで勤続年数が1年未満でも申し込み可能としているのがスルガ銀行のリザーブドプランです。

 

カードローンは主に銀行系と消費者金融系があり、銀行系は銀行が行うカードローンで金利が低い傾向にありますが、その分審査は厳しめです。

消費者金融系は消費者金融が行うカードローンで、審査が銀行系に比べて基準が緩いですが、金利が高く設定されています。

 

リザーブドプランは、スルガ銀行が行うカードローンです。

銀行系カードローンらしく実質年利率は3.9%~14.9%と低くなっています。

 

即日振込可能で、一定の借入金額を超えなければ原則収入証明書も必要ありません。

パート、アルバイトはもちろん専業主婦でも申し込み可能です。

 

一番の特徴は、申込み時に消費者信用団体生命保険を付ける事が出来る事です。

加入すれば万が一の時には保険でローンを返済することが出来ます。

また、がん保険も付けられるので、がんと診断された時には治療に専念することが出来ます。

 

スルガ銀行のHPには、勤続年数が1年未満でも申し込み可能と書かれています。

もちろん必ず審査に通過するわけではありませんが、1年未満でも審査に影響はないと言えます。

 

リザーブドプランは、WEB完結で申込が出来ます。

カードは1週間程度で手元に届きますが、急ぎの場合は、即日振込対応が可能です。

勤続年数が短いけど、すぐにでも借り入れをしたいという方にはオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

勤続年数は必ず影響があるとは言えませんが、申込み時には必ず入力する項目なのでそれなりに見られているものであることは間違いありません。

 

勤続年数が短い場合は少し対策が必要かもしれません。

しっかり対策を立てて、利用するようにしましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ