お金を借りる

お金をその日のうちに借りたい時にすぐ借りる方法を解説します。 【即日で融資が可能】

お金を借りる方法はたくさんありますが、申し込んで実際に手元にお金が入るまでの期間は最短1時間から長くて1か月とさまざまです。
こちらの記事では、とにかく早く借りられる方法を知りたい方におすすめの借り方をまとめました。

まずは当サイトで紹介している借り入れ手段の中で即日対応をしているものをまとめました。

借りる方法 即日対応 所要時間(目安) 備考
メガバンクを利用する 最短1日
地銀を利用する 最短1日
ネットバンクを利用する 最短1日
JAバンクを利用する 最短1週間
郵便局を利用する 窓口申し込み後すぐ 定期預金がある場合のみ
ろうきんを利用する 1~2週間
大手消費者金融を利用する 最短1時間 21時までの申し込み
中小消費者金融を利用する 最短即日 即日融資を掲げる業者もあるがほぼ不可
クレジットカードを利用する 最短即日 ACマスターカードのみ20時までの申し込み
生命保険を利用する 最短即日 契約者貸付制度のついた保険加入者のみ利用可能
質屋を利用する 最短30分 各店舗営業時間内
生活福祉資金貸付制度を利用する 最短5日
生活保護制度を利用する 14日~1ヶ月
年金担保貸付制度を利用する 4~5週間
生活サポート基金を利用する 最短5日
共済組合を利用する 2~4週間
従業員貸付制度を利用する 1週間

大手消費者金融・クレジットカード・質屋は即日対応可能

誰でも即日で融資を受けられる可能性があるのは大手消費者金融とクレジットカードのキャッシング、そして質屋です。その他にも即日で借りる方法はありますが、それぞれ条件があり満たしている方しか利用できません。

  • 郵便局で即日融資を受けられるのは定期預金を契約している人のみ
  • 生命保険の契約者貸付を利用できるのは該当する保険の加入者のみ

質屋では最短30分で現金を手にすることも可能ですが、借入希望額が高額なケースではそれなりに価値のある品を担保として預ける必要があります。

クレジットカードのキャッシングは、すでにキャッシング枠付きのカードを持っていればすぐにATMで借り入れ可能です。持っていない方でも即日発行が可能なACマスターカードに申し込み審査に通った場合は即日融資を受けることができます。

担保なしに多くの人が即日融資を受けられる可能性が高いのが消費者金融です。

中小規模の消費者金融は即日融資可能なケースもありますが、多くの場合数日間かかると考えましょう。大手であれば最短30分で審査結果が出て1時間で借り入れできる可能性も高く、急いでいる方にはもっともおすすめです。

21時を過ぎた場合は即日融資を受けられない

大手消費者金融はWEBから24時間審査申込を受け付けていますが、審査対応時間は24時間ではありません。審査を実施している時間を過ぎると即日融資は受けられませんので注意しましょう。 大手消費者金融の審査実施時間は次の通りです。

審査実施・回答時間
平日 土日祝日
プロミス 9:00~21:00 9:00~21:00
アコム 9:00~21:00 9:00~21:00
アイフル 9:00~21:00 9:00~21:00
SMBCモビット 9:00~21:00 9:00~21:00
レイクALSA 8:10~21:50 8:10~21:50
※第3日曜日は19:00まで

審査実施時間には申し込みを受けて審査を行い、審査結果を通知するまでが含まれています。そのため、21時まで審査を実施しているからと言って21時ぴったりに申し込みをしても当日中に回答をもらえる可能性は限りなくゼロに近いです。一番遅くまで審査を実施しているレイクALSAでも21時までに申し込みできないと即日融資は難しいでしょう。

もし、現時点で21時を過ぎている場合は残念ながら本日中の借り入れは諦めるしかありません。

確実に即日融資を受けたいならば、どの消費者金融でも20時までの申し込みを目指すことをおすすめします。

また、ACマスターカードはアコムが発行しているクレジットカードですので、即日発行可能時間はアコムのカードローンと同様です。アコムは2020年4月1日より自動契約機の営業終了時間が22時から21時までに短縮されたため注意しましょう。

土日祝日や大型連休中でも即日対応は可能?

大手消費者金融は土日祝日も即日融資に対応していて平日と同じように審査を行っていますので、土日の申し込みでも即日融資が可能です。

ただし、土日は申し込みが混み合うケースも多いため、なるべく早い時間の申し込みをおすすめします。

勤務先が休みの場合も借りられる?

勤務先が休みで在籍確認がとれない場合、即日融資が受けられないケースもあります。

消費者金融の審査では必ず勤務先への在籍確認が行われます。在籍確認がとれないと審査がストップしてしまい、当日中の融資が受けられなくなる可能性もあるため、スムーズに在籍確認をクリアすることが重要です。

しかし、会社の休業日や就業時間後に申し込んだ場合、会社に誰もいなければ在籍確認がとれません。審査担当者に相談すると書類で代替するなど柔軟に対応してくれるケースもありますが、できる限り勤務先に誰かがいる時間帯に申し込みましょう。

当日中にお金を受け取るため用意しておくべき書類

即日融資を希望する時は、事前に次の書類を用意しておきましょう。

本人確認書類 運転免許証・パスポート
収入証明書

源泉徴収票・税額通知書・所得証明書・確定申告書・給与明細書

勤務先証明書類

健康保険証・給与明細書

通常50万円以下の借入希望であれば収入証明書の提出は不要ですが、求められたらすぐに提出できるよう準備しておくとスムーズです。

即日で融資で受ける際のおおまかな流れは以下の通りです

  1. WEBから審査申し込み
  2. 必要書類の提出
  3. メール受信後にWEBにて審査結果の確認
  4. WEB上で契約手続き
  5. 入会完了メール受信
  6. 銀行口座に振込融資
  7. 全国の提携ATMにて出金

審査申込から契約・振込融資まですべてWEBで完結でき、現金が必要ならば全国の銀行・コンビニATMから引き出すだけです。

利用金融機関にもよりますが振込融資を依頼すると最短3分で振り込まれますので、即日融資を希望する場合は大手消費者金融の利用をおすすめします。

審査を省略、または短縮することはできる?

今までに借金をしたことがない人や年収の高い人など信用情報に何も問題がない人でも、審査を受けずにカードローンを利用することはできません。必ず決められた審査が実施され、通過した人のみ借り入れができます。

申し込み時の個人情報入力や在籍確認などを避けたいと考えるかもしれませんが、お金を借りるためには誰でも審査を受ける必要があります。

ただし、生命保険の契約者貸付を利用してお金を借りる場合は審査なしで借り入れ可能です。

契約者貸付は即日対応を行っている会社と対応していない会社がありますので、どうしても審査なしで借りたい場合は加入している保険会社に問い合わせてみましょう。