お金がない時を乗り切る方法!金欠でどうしようもない方は必見!

人生楽ありゃ苦もあるさとはよく言ったもので、良いことが続く時もあれば悪いことが続く時もあります。

具体的には急な出費が重なり、気がついたら手持ちの資金も貯金も全く底をついてしまったというケースもあるでしょう。そんな時には何かしらの方法で金欠を乗り切らなくてはなりません。

ここではお金がない時を乗り切る方法やお金を調達する方法を様々な切り口からご紹介します。

お金が無い時はお金を借りるという選択もある

単純に金欠というだけならまだしも、今すぐに重要な支払いや返済などがあり今すぐにお金を用意しなくてはならないという時には方法は選んでいられません。

1分1秒でもお金を早く手にしたいという時は、銀行や消費者金融でお金を借りるという選択肢がありますが、なんとなくイメージ的に、お金を借りるともうその沼から抜け出せないとお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし最近の消費者金融は無利息期間を設けているところもあり、無利息の期間中に全額返済することができれば利息もかかりません。

例えば、給料日が10日後で10日間だけお金を借りたいと言う場合は無利息期間が10日以上のカードローンに申し込めば良いのです。10日後に給料からお金を返済することによって完全に無利息でお金を借りることが可能です。

このように消費者金融やカードローンは賢く使えば怖くはありません。むしろ、有効に事を運ぶことができるようになります。

無利息期間があるカードローン

ここではカードローンの業者のうち、無利息期間が存在する業者についてご紹介していきます。これらの業者でお金を借りた場合は無利息期間中の返済であれば、一切利息を取られることはありません。借りた分だけ返せばそれで終わりです。

アイフル

アイフルは東証1部にも上場している大手貸金業者です。昭和の時代から貸金業を営んでいる老舗でもあり、その独自のノウハウで最大30日間の無利息期間を定めています。

つまり、お金を借りた翌日から30日間の間利息が一切発生しません。この30日の期間の間に借りたお金を返済すれば借りた分だけの返済で済みますので、今後の資金計画がよりスムーズに進みます。

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでも無利息期間を設定しています。プロミスは初めて利用する人の場合、30日間利息をゼロ円と設定しています。つまり無利息です。

この期間の間に借りたお金を全額返済することによって、通常であれば年利17.8%を最高金利として発生する利息を支払わなくてもよくなります。

さらに、プロミスは申し込みをしたその日のうちにお金を借りることも可能で、希望すれば三井住友VISAプリペイドカードへチャージしてもらうことも可能です。つまり20万円借りた場合には20万円が限度額のプリペイドカードを持つこともできます。

レイクalsa

レイクは新生フィナンシャルのカードローン商品です。レイクの大きな特徴はその無利息期間にあります。

初めての申し込みの場合、30日間無利息で契約することができるのは他の大手消費者金カードローンと変わりありませんが、レイクの場合はこの30日間無利息か、5万円まで180日間無利息のいずれかを選択することが可能です。

つまり5万円お金を借りた場合は、その無利息期間を180日間にすることが可能というわけです。180日間と言うと半年間ですので、非常に長い期間5万円まで無利息でお金を借りることができる、というわけです。

5万円以上借りた場合でも30日間無利息のオプションは有効となります。

アコム

初めてのカードローンやキャッシングを応援しているアコムでは、アコムで初めてお金を借りる人に限り最大30日間金利ゼロ円のキャンペーンを実施しています。つまりお金を借りた翌日から1ヶ月間利息が発生しません。

対応品質もとても感じが良く、一般的な消費者金融のイメージであるなんとなく怖いというようなイメージはありません。まるで銀行の窓口かのような丁寧な対応で安心して申し込みが可能です。

お金が無い時に乗り切る方法

お金がない時にはお金を借りるという方法の他にいくつか金欠を乗り切る方法があります。

ここでは様々な視点から金欠を乗り切る方法についてご紹介します。

食費を節約する

生活費を切り詰める基本中の基本ですが、食費を節約するという方法があります。現時点で仕事中などに毎日外食している場合は、その外食代を切り詰めるところからスタートしましょう。

基本的に1日1回600円のランチなどを外食している場合、月22日出勤としておよそ13,000円の費用がかかります。これをコンビニでのお弁当や自分でランチを自炊するなどに切り替えて半分に削った場合、1ヵ月当たり6,000円程度節約することが可能です。

あまりに節約を増やしてしまうとストレスの元になりますが、この程度からスタートすれば問題なく節約の効果を実感することが可能です。

さらに、嗜好品であるタバコやお酒などについては、無理に減らしてしまうと大変なストレスがかかります。それにより節約生活が破綻してしまうケースが後を絶たないので、それくらいであればタバコやお酒などは無理に減らさず他の部分で節約を頑張るほうがより長続きします。

また、こういった外食などが一切なく完全に自炊している場合や家族単位での食費を何とか削ろうとしている場合にはいくつかの選択肢があります。

まずは食べる量を物理的に減らす方法です。家庭に育ち盛りのお子さんなどがいない場合にはある程度有効な方法です。

例えば主食であるお米を減らし、代わりに100円ショップなどで手に入るスナック菓子などを穴埋めとして食べる方法もあります。意外と自宅を見渡してみると頂き物のお菓子や食べずに放置していたお菓子などが出てくることもありますが、これらは貴重な食料となります。

育ち盛りのお子さんや病気などの関係で食べる分量を物理的に落とすことができない方がいる場合は、分量を落とさずに代わりに食べるものの質を落とすという方法があります。とにかく、クレジットカード払いができない卸売あるいは完全現金商売のスーパーなどがどこの地方にもありますので、こういったところでとにかく安い食品を購入していきます。

お米についてはどうしても高くついてしまうので、究極の場合はパスタを主食にするのがおすすめです。パスタであれば、1kgあたり200円程度で入手することが可能で、場合によってはそれよりも安い金額で手に入れることも可能です。

すでにカットしてある野菜やいわゆる便利野菜などについては、そのぶんだけ手間賃が上乗せされていますので出来る限り購入は避けます。よくお米に塩をかけるだけで金欠を乗り切ろうとするサイトなどもありますが、限界ギリギリまで金欠が進んだ場合にはそもそもお米は購入できません。

数百円程度でも予算があればパスタを購入するのが1番ですが、それも難しい場合は出来る限り腹持ちの良い全粒粉のスナックなどを100円ショップで出来る限り購入するようにしましょう。

携帯電話代を節約する

携帯電話の代金を節約するために格安スマホに乗り換えるという選択肢があります。大手キャリアの携帯電話を使っている場合、格安スマホに乗り換えることにより毎月の携帯電話料金を数千円以上落とすことができるケースがあります。

例えばとある格安スマホの業者では1回あたり5分まで通話がかけ放題になるプラン付きで毎月1,480円程度から契約することができるものもあります。

対する大手キャリアのスマートフォンは様々なオプションなどが付いていることも多く、全く手を入れていない料金プランの場合毎月1万円近く料金がかかっているケースもあります。そのため家族全員で格安スマホに乗り換えた場合は、毎月数万円単位で料金を節約できることになります。

現時点でキャリアのスマートフォンを使用している場合はSIMロックがかかっていて、そのキャリアのsimカード以外を受け付けない設定になっているケースもありますが、これらは数百円程度の手数料でキャリアのショップで解除してもらうことが可能です。あるいは分割で格安スマホ業者から新たにスマートフォンを購入するという方法もあります。

さらに毎月利用している有料コンテンツも要チェックです。ガラケーの時代からスマートフォンに移行した場合、知らず知らずのうちに現在では利用できないような有料コンテンツがスマートフォンの契約でも引き継がれ、毎月引き落としがかかっているというケースが後を絶ちません。その他アプリの継続課金などについても忘れずに確認しておきましょう。

不要な物を売る

メルカリやリサイクルショップなど、最近は個人が不要なものを売る窓口が増えてきました。一度自宅を見渡してみて何か売れそうなものがある場合には、こういったフリマアプリやリサイクルショップなどに出品してみるという方法があります。

特に古いゲームソフトやCD、さらにはレコードなど押入れの奥で眠っていたようなものについてはプレミアがついていて予想外に高く売れるケースが目立ちます。

例えばスーパーファミコンのソフトなどでプレミアがついているものは1本あたり8,000円から数万円単位で値段がつくこともあります。レコードについては一撃で数万円程度の値がつくものもあるなど、自宅に眠っている不用品にお宝があるかもしれません。

リサイクルショップよりもメルカリなどのフリマアプリの方が中間マージンがないため高く売れる傾向にあります。

ただし、ブランドものや貴金属類などについては本物かどうかという証明が難しいケースもあります。購入店で渡された正規の箱や証明書などが商品に付属していれば話は別ですが、こういった外箱や証明書などを紛失してしまっているケースもあるでしょう。

こういった時には本物と断言してフリマアプリなどで売却してしまい、あとから万が一本物ではなかった場合は大きなトラブルに発展してしまう可能性もあるので、直接リサイクルショップなどに持ち込んでプロの手によって鑑定してもらった方がより安心して売却することが可能です。

また、自宅に大量の本がある場合にはこれらを一括査定に出すという方法もあります。大手古本買い取り業者に預ける方法もありますが、比較的時間に余裕があるのであれば、フリマアプリに1冊1冊出品した方がトータルの売却金額は大きくなる傾向にあります。

家賃の安い家に引っ越す

現在住んでいる家の家賃が家計を圧迫しているという場合は、早い段階から家賃の安い家に引っ越す計画を立てるのが重要です。

家賃は半強制的に引き落としがかかるもので、遅れた場合もほぼ待ってもらうこともできる猶予がありません。そのためダイレクトに家計を圧迫しますので、現時点で家賃が高いと感じている場合にはすぐさま行動を起こすことが必要です。

また、引っ越しの際の入居審査のことなども考えると金欠に陥った初期段階のうちに行動を起こしておくことが重要です。金欠状態が長期化してしまうと、様々な部分で信用情報などに傷がつくリスクがあり、信用情報に傷がついていると入居審査に通過できない可能性が高くなってしまいます。こうなると対策を立てることもできなくなってしまいますので、引っ越しに関しては早い段階から検討を進めていくというのが重要です。

日払いバイトをする

節約だけでなく、出来る限り早くお金を手にしなければならないという時には日払いのバイトに参加するという方法があります。

日払いとは文字通り業務をしたらその日のうちに給料を受け取ることができるバイトです。職種的には土木作業や工事現場工場勤務などハードなものがほとんどですが、状況によっては一般事務職などでも派遣会社などを通すことにより派遣会社が分から週払いや日払いに対応してもらうことができるケースもあります。

さらに、継続して働かずともある程度の資金があれば良いという場合は単発バイトや超短期バイトを狙って集中的に従事するという方法もあります。

その他、いわゆる歓楽街などでも日払いのバイトを募集していることがありますがこちらについてはやはり性格上合う合わないがありますので、最後は自己判断で従事するようにしましょう。決して家族や同居人にこういったアルバイトを強制してはなりません。

転職をする

現時点での収入ではどうしてもやって行くことができない、という時には転職を考えるのも1つの方法です。

転職をする際には転職情報を確認したりエージェントを利用したり様々な方法がありますが、この中でも比較的フレキシブルに相談ができるのは新規開業の会社にスタートアップメンバーとして転職する方法です。

この場合は会社の方でも人材を求めており、あくまでも面談の結果や開業した社長さんとの関係性にもよりますが、例えば入社にあたって1ヶ月分の給料を半分でも前借りすることができたりとある程度の条件を受け入れてもらえる可能性があります。

とにかくベースアップを目指すのであれば転職活動は有効な方法の1つで、その中でも新しく開業する会社のスタートアップメンバーになるのは様々な条件面で有利な交渉ができる可能性があります。

クラウドソーシングサイトで仕事する

文章を書くことができたり絵を描くことができたり、あるいは外国語ができるなど何かスキルを持っている場合にはクラウドソーシングサイトで仕事をするという方法があります。

クラウドソーシングサイトというのはインターネット上のやり取りなどで仕事を納品し、その業務の対価をクライアントから支払ってもらうことができるサービスで、見積もりなどの条件が合えばすぐにでも仕事を取ってくることが可能です。業務が問題なく完了した時にはクライアントから報酬を支払ってもらうことができます。

ほとんどのケースではこの報酬は月締めでまとめ翌月などに銀行振込で支払われますが、サイトによっては最短業務完了から3日程度で振り込みが受けられるケースもあります。

手元にスマートフォンとインターネットに繋がったパソコンだけがありお金は全くないという状況からスタートして、2週間で固定の仕事を振ってくれるクライアントを確保し業務報酬を振り込んでもらうことで生活の立て直しに成功したというケースもありますので、何かスキルを持っている場合は自分に合った案件を探してみましょう。

行政に相談する

様々な事情で消費者金融などからお金をこれ以上借りることができないという場合には、最終的に行政に相談するという方法があります。

実は行政でも公的貸付制度という名前で国として融資を行なっています。市区町村の単位で展開している社会福祉協議会に対して事情を説明することにより、緊急的に生活資金を最低限融資してもらうことができたり、独立行政法人に対していわゆる労災年金または老齢年金などの公的な年金を担保にしてお金を借りることができるケースなど様々な種類があります。

多くは生活福祉資金貸付制度と呼ばれ、基本的にはそれぞれ個人信用情報は確認せず、別の基準で審査を行います。この基準自体は本当にお金を必要としているかどうか、そしてお金を得る術が他にないのかどうかという部分がメインになりますので、ブラックだからといって一律に審査落ちということはありません。

あくまでも行政の手続きとなりますので、民間と比べて少々お金を借りるまでに時間はかかりますが、まずはこういった社会福祉協議会などに相談をしてみるというのも1つの方法です。特に、家族の中に後期高齢者などがいる場合には介護の部分で必要な資金について相談に乗ってもらえる可能性があります。

無職でどうしてもお金が無い場合は生活保護も視野に

原則的に無職の場合は消費者金融などからお金を借りることはできません。ただし、どうしても働くことができない事情があり、このままだと大変危険な状態になってしまうという場合は生活保護を受けることができる可能性があります。

生活保護の受給は窓口でほぼ断られてしまうというイメージがありますが、生活保護を受給することができる条件自体は大きく分けて3つです。

現金や持ち家、あるいは株価証券などの資産が基準を下回ること、さらに国が定める最低水準の生活を維持するだけの収入がないこと、そして生活を援助してくれる親戚縁者などがいないことです。

もし現時点で収入があったとしても、それが国が定める最低の生活費に満たない場合はその最低生活費までの差額を生活保護費として受給することが可能です。

また、生活などを援助してくれる親戚縁者などがいないことについては、ほぼ100%行政の方で調査が入ります。この時、親戚縁者などがいたとしても申し込んだ本人の援助を断固拒否した場合には生活を援助してくれる親戚縁者がいないとして認定されます。

そして、最大の難関が生活保護の受給申請です。窓口で保護申請を断られてしまうというイメージはほとんど正しく、真っ正面から準備もなしに受給申請をしても申請が受理されることはほぼないと言ってよいでしょう。

ただし、予備知識があれば、話は別です。

生活保護の申請は原則的に役所の職員が窓口で受理する。受理しないを決められるものではありません。生活保護の基本的な条件に該当する全ての人は生活保護の申請権を持っていますので、恐れずに生活保護の受給申請書を出してもらえるようにお願いしましょう。

まだまだ働けるだろうとか、若い人には生活保護の受給申請書を出すことができないなどと窓口で言われるケースがありますが、これについてはルール上窓口の職員の言っていることが正しくないケースがほとんどなので、とにかく受給申請書を受け取れるように交渉しましょう。

場合によっては、ハローワークなどに先に行ってから申請に来てほしいと言われることがありますが、こちらについても実際に就職が決まってから給料が入るまでの期間生活ができないことには変わりありません。この部分をきちんと主張し、受給申請書を受け取りましょう。

受給申請書を受け取った場合、行政は必ず全ての人に対して審査を行わなければなりません。そしてこの審査は条件さえ合致していれば生活保護が受給できるケースが多いため、受給申請書を受け取ることがまず1番の目標となります。

どうしても心配な場合は地域のコミュニティセンターなどに紹介されている生活保護受給の

専門家などに相談してみるというのも1つの方法です。場合によっては、窓口まで同行してくれるケースもあります。

ただし、こういった相談は出来る限りNPO法人などきちんと国から人道支援の認定を受けているような組織に所属している人に行うようにしたいところです。場合によっては、悪質な貧困ビジネスなのに加担させられてしまう可能性もあります。

お金がなくても絶対にしてはいけないこと

お金がない時にはいくつかの切り抜け方がありますが、お金がいかにない状況でも絶対にしてはいけないことがいくつかあります。

ここではなぜ手を出してはいけないのかも含めて、いくつか具体例をご紹介します。

ヤミ金を利用する

お金がない時に手を出してはいけないものとして、闇金があります。無審査・ブラックOKなどを広告が打たれている闇金ですがおすすめできません。

闇金というのは貸金業登録を受けていない非合法の業者です。正規の貸金業登録を受けていないため、融資の審査のために個人信用情報などを確認することもできず、正常な審査は最初から期待できません。

それでいて貸付に対する返済金額は大変な金利となっており、取り立ても貸金業法の規制を一切無視して行いますので非常に熾烈なものになります。このような業者にお金がない時に限って手を出してしまいがちですが、一度闇金に手を出してしまうと自己破産なども通用しないケースが多いので、絶対に手を出してはいけません。

クレジットカード現金化を利用する

クレジットカードの現金化についても、利用は控えましょう。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードが持つショッピング枠を使って金券などを購入し、それを買い取り業者に持ち込むことで間接的にクレジットカードのショッピング枠を現金に変えるという方法です。

基本的にクレジットカードのショッピング枠で購入したものはその購入代金の支払いが終わるまで所有権はクレジットカード会社にあります。つまりクレジットカードの現金化は人の持ち物を勝手に売りさばいてお金を得るような行為となんら変わりありません。

場合によっては、クレジットカードの強制退会と一括払い、酷い場合には警察の捜査を受けることもありますので注意したいところです。

万引きや窃盗など犯罪を犯す

当然のことですが犯罪行為に手を染めるのも絶対にやってはいけません。

とはいうものの金欠の時というのは正常な判断ができていないことがほとんどです。精神的に負担があるのはもちろんのこと、そもそも正常に飲食ができていないことも手伝って、普段なら絶対に判断を間違わないところでとんでもない方向に誤った判断をすることがあります。

特に結論を出すまでの時間も差し迫っている場合にはこういった間違った判断をしてしまいがちです。その結果として、1回くらいならバレないのではないかといった形で万引きに手を染めてしまったり、どこか住宅や事務所などに窃盗に入ってしまうケースがあります。

これらのケースでは犯罪に手を染めた時に正常な判断ができなかったからといって、全くお咎めなしになることはまずありません。最低でも罪が発覚すれば身柄を拘束されることになります。

また、逮捕や起訴に至った場合にはその家族にも多大なる迷惑がかかることになります。金欠を乗り越えるどころの騒ぎではなくなりますので、こういった犯罪については絶対に手を染めないようにしましょう。

まとめ

お金がない時には食費を削ったり、携帯電話代金を節約したり、転職をしたりと様々な方法で乗り切る方法があります。

しかし、1番確実で1番速い金欠を乗り切る方法はカードローンの申し込みです。即日融資対応のカードローン業者の中にも無利息期間が設定されている業者が多数あるので、出来る限りこういった業者で申し込みを行い、賢くお金を借りて生活の立て直しを図りましょう。

それでも生活の立て直しができなかった場合は様々な方法を駆使して金欠の時期を乗り切ります。辛い時こそ正常な判断ができなくなることがありますが、犯罪には手を出さずに乗り切りましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ