福岡で即日融資を受ける|街金やサラ金の多い福岡は審査無しでお金を借りれる?

日本の中でも有数の商業都市である福岡は、お金を借りることができる貸金業者の多い街です。

そんな福岡でお金を借りるには、サラ金・街金・大手消費者金融・地銀・都銀など、様々な選択肢があります。

ですが、あまりに多い選択肢があるので、どこで借りるのが正解なのかわからないということもあるでしょう。

ここでは、福岡でお金を借りる時にどこで借りるのがおすすめなのかを紹介しています。

あなたがお金を借りる場所に困ったときの参考にしてください。

福岡で利用できるカードローン一覧

会社名 限度額
※新規契約
金利 融資までの時間 店舗数
※自動契約機含む
消費者金融
※フリーローン
しんわ 300万円 7.0%~18.0% 数日程度 福岡県内1店舗
マックス 50万円 15.0%~20.0% 数日程度 福岡県内1店舗
真心キャッシングのミツキ 500万円 7.7%~20.0% 数日程度 福岡県内1店舗
エクセル 50万円 15.0%~20.0% 最短即日 福岡県内3店舗
eコーポレーション 100万円 15.0%~20.0% 最短即日 福岡県内1店舗
悠悠フィナンシャル 500万円 2.0%~18.0% 1週間程度 福岡県内1店舗
ショーエイ 100万円 15.0%~20.0% 数日程度 福岡県内2店舗
まるわクレジット 500万円 15.0%~20.0% 1週間程度 福岡県内1店舗
三愛クレジット 50万円 18.0%~20.0% 最短即日 福岡県内1店舗
エイワ 50万円 17.9507%~19.9436% 数日程度 福岡県内2店舗
ビアイジ 200万円 12.0%~18.0% 最短即日 福岡県内1店舗
アスト 100万円 14.9285%~17.9215% 最短即日 福岡県内1店舗
地銀
※カードローン
福岡銀行 1,000万円 3.0%~14.5% 1週間程度 福岡県内152店舗
筑邦銀行 500万円 3.90%~13.95% 数日~1週間程度 福岡県内41店舗
西日本シティ銀行 300万円 13.00%~14.95% 数日程度 福岡県内156店舗
北九州銀行 300万円
※きたきゅう君
4.5%~14.5% 数日程度 福岡県内33店舗
福岡中央銀行 500万円
※ザ・プライム
5.5%~14.5% 1週間程度 福岡県内41店舗
都銀
※カードローン
三菱UFJ銀行 500万円
※バンクイック
1.8%~14.6% 最短数日 福岡県内4店舗
※テレビ窓口
※原則来店不要
みずほ銀行 800万円 2.0%~14.0% 最短数日 福岡県内6店舗
※原則来店不要
三井住友銀行 800万円 4.0%~14.5% 最短数日 福岡県内7店舗
※原則来店不要
りそな銀行 800万円
※りそなプレミアムカードローン
3.5%~12.475% 最短数日 福岡県内4店舗
※原則来店不要

福岡でカードローンを利用するなら銀行と消費者金融のどっちがおすすめ?

福岡県は九州地方の中でも貸金業者が数多く存在する地域です。そのためお金を借りようと思った時には比較的幅広い選択肢が存在します しかし、選択の幅が広いからといって適当に目についた貸金業者にカードローンの申し込みをするのは賢い選択ではありません。なぜなら貸金業者はそれぞれ審査の速さや金利の低さ、あるいは専業主婦への貸付の可否など特徴を持っているからです。 少しでも早くお金を手にしたいという時に審査に1週間以上かかる金融業者に申し込みをしては意味がありません。反対に1円でも返済総額を抑えたいという場合に金利の高い業者に申し込みをしては損になってしまいます。 このようにお金を借りるという目的の他に何を重視するかというポイントを考えて申し込み先を検討するのがおすすめです。

即日融資を受けるなら消費者金融がおすすめ

福岡県には福岡銀行や筑邦銀行をはじめ西日本シティ銀行や福岡中央銀行など様々な銀行があるためこういった銀行のカードローンに申し込みをしがちですが、これらの銀行カードローンは2018年より原則即日融資が不可能になりました。 銀行のカードローン融資の審査が規定により外部のデータベースに1度照会をかけなくてはならなくなったことが原因で、どんなに審査が速い銀行カードローンでも最低1営業日以上の時間がかかります。 そこからさらに審査や融資の手続きを踏むと平均して1週間から2週間程度の時間がかかりますので、即日融資を希望する場合には銀行カードローンは不向きです。その日のうちにお金を借りたいと言う場合には消費者金融に申し込みをしましょう。 また、福岡県内に存在する消費者金融にはエクセルやエイワ、ビアイジ、真心キャッシングのミツキなど老舗が目立ち、さらにプロミスやアイフル、アコムなどの大手消費者金融の店舗も存在します。 ただし、福岡県内の地元ローカルの消費者金融は来店必須または営業マンが直接申込者のところまで来ることが前提の業者も数多く存在するため、直接のやり取りが不安であるという場合は来店不要の大手消費者金融に申し込むのがおすすめです。

低金利なら地銀や都銀がおすすめ

少しでも返済総額をおさえてお金を借りたいという計画がある場合には銀行カードローンがおすすめです。 例えば、消費者金融大手のアコムでお金を借りた場合と筑邦銀行のカードローンでお金を借りた場合、その利息の金額に大きな差があります。 2つの会社からそれぞれ上限金利で50万円を借りた場合でシミュレーションしてみます。 アコムで50万円を年18%で借りた場合、年間90,000円の利息が発生します。1ヶ月あたりに直すと7,500円の利息が発生する計算です。 同じ条件で上限金利13.95%の筑邦銀行のカードローンで50万円を借りた場合、1年間あたりの利息は69,750円となります。1か月当たり5,813円なので、アコムと比較すると1か月当たり1,687円の差額が発生します。 同様に90万円の場合は年間で36,450円まで差が広がります。 ここまで金額に開きがあると長い目で見た場合に大きく返済総額に変動がありますので、1円でも安くお金を借りたいということであれば、銀行でのカードローンがおすすめです。

専業主婦なら地銀がおすすめ

カードローンは原則として収入がある人が利用することが可能です。そのため専業主婦の方は現金での収入がないため消費者金融や各貸金業者のカードローンを利用することができません。 10年ほど前までは大手消費者金融や地元のローカル金融でも専業主婦の申し込みを歓迎していましたが、昨今の審査厳格化の影響で現在では消費者金融は軒並み専業主婦の申し込みを受け付けていません。いわゆるメガバンクについても同様です。 ただし、筑邦銀行や西日本シティ銀行では世帯年収のある専業主婦であれば申し込みを受け付けているなど、いわゆる地方銀行の場合は専業主婦のカードローン申し込みを受け付けているケースがあります。 さらに、世帯のメインバンクとして利用している銀行や住宅ローンの取引などがある場合には銀行側にも潤沢に審査材料があるためより円滑に審査が進む可能性があります。

福岡でお金を借りる方法まとめ

福岡県には比較的多くの貸金業者が存在することから選択肢は広めですが、それぞれ審査スピードを優先するのか、あるいは低金利であることを優先するのかなどを重視するポイントによって申し込むべき金融機関は異なります。 今すぐにお金を借りたいのであれば消費者金融に申し込みをするのが重要です。 “

PICKUP CONTENTS

トップへ