比較してわかった!金利・即日融資・審査難易度でおすすめな消費者金融

急にお金が必要になり消費者金融でお金を借りようとした時、どの消費者金融からお金を借りれば良いか困ってしまう方も多くいらっしゃいます。消費者金融の数があまりにも多く、どこで借りれば良いか分からなくなってしまうからです。

実は消費者金融の比較は実際に借りようとしている人が求める指標をもとに比較してみないと、どこが良いのかということはわかりません。

ここでは代表的なポイントになる3つの基準をご紹介し、その上でおすすめの消費者金融をご紹介していきます。

消費者金融の比較基準は3点

消費者金融はどこも同じということではなく、それぞれ特徴があり条件面でも違いが出てきます。

どのポイントを重視するかによって1番自分にとって条件の良い消費者金融を見つけ出すことが可能です。

消費者金融を比較する時に基準にしたいポイントを3つご紹介します。

審査時間(即日融資)の比較方法

審査時間は消費者金融ごとに異なります。

基本的に、消費者金融は銀行系カードローンの審査時間よりも短めに設定されていることがほとんどですが、それでも消費者金融同士で数時間から最長数日間の審査時間の違いがあります。

最速クラスの消費者金融ではウェブから申し込みをしておよそ1分程度で画面上に審査のおおよその見通しが表示されるものもありますが、時間のかかる消費者金融だと翌営業日以降の回答になるケースもあります。

そして、審査時間が長い傾向にある消費者金融では慎重な審査を行っていることがほとんどで、この場合、慎重な審査の結果として金利などの条件が良くなるケースがあります。

数日の間であれば時間的な余裕があるので、少しでも金利など条件が良い所でお金を借りたいということであれば、こういった消費者金融を選ぶとよいでしょう。

反対に金利などの条件は目をつぶるので、少しでも早く借りたいということであれば、審査時間が短いことで知られる消費者金融に申し込みをするのがベストです。

金利の比較方法

消費者金融各社ではそれぞれの金利に違いがあります。

利息制限法という法律で借りる金額に応じて上限金利は固定されていますが、その範囲の中で各社とも独自の金利を設定しています。

一律にほとんど上限金利に近い金利を設定する業者もあれば、慎重な審査によって若干低めの金利を設定する業者もあります。

低めの金利を設定する業者は申込者の過去の借入状況や返済実績を重視し慎重な審査を行うことがほとんどのため、若干他の業者よりも審査難易度が高く審査時間も長めに取られる傾向にあります。

審査難易度の比較方法

審査難易度も消費者金融によってかなりバラつきがあります。いわゆる銀行系消費者金融の場合は銀行本体によるカードローン審査などよりは緩やかな審査をするものの、他の消費者金融よりは審査が厳しめになる傾向があります。

その反面、独立系消費者金融の場合は自社の今までのノウハウを活かしてとても柔軟な審査を行います。ただし、審査難易度が低めの業者については、それだけお金を貸す側も貸し倒れ(貸したお金が返ってこないこと)のリスクがありますので、一般的には限度額が低めで利息も高めになるケースが目立ちます。

消費者金融の比較表

消費者金融 プロミス アコム モビット アイフル
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分 最短30分
融資時間 申し込みから融資まで最短2時間程度~ 申し込みから融資まで最短2時間半程度 申し込みから融資まで最短2時間程度~ 申し込みから融資まで最短3時間程度~
審査難易度 ★★☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★☆☆ ★☆☆☆☆
無利息期間 30日 30日 30日

目的に合わせたおすすめの消費者金融

消費者金融はそれぞれ業者ごとに長所と短所とも言うべき特徴があり、借りる側は一番自身の目的に合った業者に申し込みを行うのがセオリーです。

例えば少しでも早く審査の結果を知りたい場合は審査時間が短い消費者金融を、多少時間がかかっても良いので金利や限度額の部分で優遇を受けたい場合は金利や限度額に定評のある消費者金融に申し込みを行うと良いでしょう。

ここでは審査時間の速さ、家族へのバレにくさ、金利、そして審査難易度という4つの観点からそれぞれおすすめの消費者金融をご紹介します。

速さで選ぶならプロミス

審査時間の速さ、そして、貸付の速さで選ぶならプロミスがおすすめです。

プロミスは審査時間も最短30分と業界でもかなりスピード感のある水準で審査を行っており、さらに、審査に通過した後実際に借り入れを行う所要時間も非常に早いという特徴があります。

具体的には、プロミスに申し込みを行ってから最短30分で審査が完了します。そこから実際にお金を手にする時間も早ければ30分から1時間程度なので、申し込みから借り入れまで最速で2時間程度というスピード感を持ちます。

また、初回の場合は過去の信用情報にもよりますが約10万円から30万円程度の貸付になるケースがほとんどなので、このくらいまでの額面を希望する場合は特にプロミスがイチオシです。

さらに、契約後はお金を直接自分の口座に振り込んでもらう瞬フリというサービスを使えば最短10秒で自分の口座にお金を振り込んでもらうことも可能です。

各社のネット振込受付から振込までの最短時間

プロミス
※元旦及び毎週月曜0~7時は停止
アコム
※毎週月曜1~5時、毎日23:50~0:10は停止
モビット
※毎週月曜0~7時は停止
アイフル
三井住友銀行
24時間10秒程度 ※毎週日曜21時~翌月曜7時は停止
その他の銀行に同じ
<平日>9:00~14:50→最短3分

それ以外は翌営業日

<平日>
14:10まで→当日振込

それ以外は翌営業日

ジャパンネット銀行 24時間10秒程度
楽天銀行
<平日>
0~9時→当日9:30頃
9:00~14:50→10秒程度
14:50~24:00→翌営業日9:30頃

<土日祝>
0~24時→翌営業日9:30頃

24時間最短1分
ゆうちょ銀行
<平日>
0:10~9:00→当日正午頃
9:00~14:00→当日17時迄
14:00~23:50→翌営業日正午頃

<土日祝>
0:10~23:50→翌営業日正午頃

その他の銀行・信金 <平日>
0:10~9:00→当日9:30頃
9:00~14:30→1分程度
14:00~23:50→翌営業日9:30頃

<土日祝>
0:10~23:50→翌営業日9:30頃

バレないところで選ぶならモビット

消費者金融でお金を借りる時は家族に絶対内緒にしておきたいというケースもあるでしょう。

家族へのバレにくさで選ぶならモビットがおすすめです。

モビットは三井住友銀行グループの消費者金融でWeb完結申込という方法で申し込みをした場合、郵送物などが発生しないため家族にバレるリスクを一段と軽減することができます。

さらに、オペレーターからの電話連絡についても、本人である、と確認が取れるまでは決して会社名などを名乗らず個人名を名乗りますので、このあたりからバレる心配もまずありません。

審査の状況によっては他の消費者金融と同様に無人契約機コーナーに足を運ぶ必要があるケースもありますが、モビットは三井住友銀行の店舗の中にローン契約機があることから、銀行に用事があると言って契約機に出向いていくことも十分に可能です。

他の消費者金融は国道やバイパス通り沿いなど比較的交通量の多い郊外にわかりやすい形で無人契約機を設置しているため、自分の車を駐車しているとそこにいることが家族や知人などにバレてしまいやすいという特徴があります。モビットはこのリスクを最大限に排除していますので、家族にバレないように借りたいのであれば、モビットがおすすめです。

審査難易度で選ぶならアイフル

審査難易度を最重要視するならアイフルがおすすめです。

他の消費者金融は銀行系消費者金融ということもあり比較的過去の借り入れ状況や返済実績に問題点がある場合は審査結果も厳しいものが予想されますが、アイフルは独立系消費者金融のため銀行系消費者金融にはない独自の柔軟な審査基準を持っています。

現に銀行系消費者金融の審査に通過できなかった人がアイフルでお金を借りられたという事例もありますので、金利や審査時間は2の次にしても、とにかく審査難易度を優先したいという人はアイフルでお金を借りるのがおすすめです。

金利で選ぶならアコム

金利で消費者金融を選ぶならアコムがおすすめです。

アコムでは最低金利を3.0%〜に設定しており、柔軟な審査によって可能な限り顧客に有利なように金利を設定します。現時点で過去の借入や返済実績が良好であれば、他の業者と比較して金利が低くなる傾向にあります。

また極端に審査時間が長くかかるということでもありませんので、バランスの取れた消費者金融ということもできます。30万円から50万円程度の借入れであれば、金利、そして審査時間のバランスを考えてアコムがおすすめです。

信用に自信のないあなたは中小の消費者金融がおすすめ

大手消費者金融は原則的には個人信用情報に傷がない人であれば利用可能ですが、過去に何らかの事情で個人信用情報に傷がついている人は審査に通過できないケースが目立ちます。

例えば過去にスマートフォンの分割支払いに遅れてしまったことがあったり、クレジットカードを強制解約になったことがある人がこれに該当します。このような場合は、他のローンを含め大手消費者金融ではお金が借りられない可能性があります。

このように個人信用情報に自信がなく、少しでも審査が柔軟な消費者金融を探しているという場合は中小の消費者金融がおすすめです。

中小の消費者金融と言ってもほとんどの業者は長年営業を続けていて貸金業登録もきちんと取得しており、システム上は大手消費者金融と何ら変わりはありません。大手ほどCMや広告などの露出はありませんが、その分だけじっくりと柔軟な審査を行っています。

ここでは全国対応の中小消費者金融を4件ご紹介します。

セントラル

セントラルは四国を拠点に昭和の時代から営業している消費者金融です。

大手消費者金融は、原則的に過去に債務整理を行っていたり自己破産をしている人については。ほとんど貸付を行いません。

しかし、セントラルでは過去に債務整理に着手した人でも現在の生活状況がどうなのかという部分を重点的に審査し、その上で柔軟な対応を行っています。オペレーターも経験豊富なスタッフが揃っており、きちんと現在の状況をヒアリングした上で最適な審査を行います。

審査スピードも即日審査回答クラスのポテンシャルを持ちますので、過去に債務整理をした履歴がある場合はセントラルへの申し込みがおすすめです。

フクホー

個人再生や任意整理、その他自己破産など法的な債務整理を行ったことがある、あるいはその最中であるという人でも審査通過の報告が上がっているのがフクホーです。

フクホーは現在他の会社での借り入れに延滞がなく、さらに過去の借り入れを放置していない人であれば申し込みが可能です。なお、債務整理に入っている借り入れについては、現在の延滞にはカウントされません。

大手消費者金融などに比べると多少ヒアリングも長く、用意しなければならない書類も多岐にわたりますが、他では審査に通過できない人はフクホーに申し込みしてみましょう。

アロー

愛知県名古屋市を拠点に営業しているキャッシングアローでは自己破産や個人再生など、いわゆる法的な債務整理の返済中であっても生活再建のため貸付を行うケースがあります。

短期間の間に複数の業者から申し込みを断られているような申し込みブラック状態でもキャッシングアローでは審査通過実績があり、きちんと1人1人の状況を聞き取ったうえで柔軟に審査している印象です。

限度額は最高でも200万円までと規模はそこまで大きくありませんが、こちらもおすすめの中小消費者金融です。

フタバ

限度額50万円までの比較的小規模な借り入れをしたい場合、中小消費者金融の中ではフタバがおすすめです。

フタバでは現時点で信用情報に自信がない人でも柔軟に聞き取りを行い、現時点での生活サイクルに問題がないと判断されれば積極的に貸付を行っています。

大手消費者金融ではまず聞かれないような多少私生活に立ち入った質問をされることもありますが、これはより深く申込者の状況を理解しようとしてくれている証拠でもあります。

申し込みから融資の実行まで数日程度かかるケースもありますが、現時点で信用情報に自信がない人はフタバへの申し込みもおすすめです。

消費者金融は比較をして目的に合わせた場所を選びましょう

消費者金融は金利やサービスが似通ったところがあり、比較するのが難しいのがネックです。

しかし、消費者金融それぞれに特徴があるのも事実で、得意な属性の顧客や得意な貸付が異なります。

あなたの目的に合わせた消費者金融をしっかりと吟味し、比較を行うことで理想とした借入ができることもあるはず。

見慣れない数字や言葉が多発して難しい消費者金融の比較ですが、比較表をうまく活用して理想の借入を実現させてくださいね。

PICKUP CONTENTS

トップへ