大阪で即日融資・審査なしは実在する!?街金やカードローンを調べてみた

漫画、ミナミの帝王の舞台となり、貸金業者の数が全国でも特に多い大阪。

そんな大阪では、お金を借りるのに困ることはほぼありませんよね。

でも、実際には借りれるところが多すぎてどこで借りたら良いのかわからなくなってしまいます。

ここでは、そんな大阪でお金を借りるならどこを選ぶべきなのか。

即日で借りるならどこを利用するべきなのかを紹介します。

大阪で利用できるカードローン一覧

会社名 限度額
※新規契約
金利 融資までの時間 店舗数
※自動契約機含む
消費者金融
※フリーローン
野中信用(個人) 100万円 15.0~20.0% 最短数日 大阪府内1店舗
新大阪ファイナンス 50万円 15.0~20.0% 最短即日 大阪府内2店舗
プラン 50万円 15.0~20.0% 最短即日 大阪府内2店舗
シンエイ(個人) 50万円又は年収の1/3 18.0%~20.0% 最短即日 大阪府内1店舗
オリーヴファイナンス 50万円 15.0%~20.0% 最短即日 大阪府内1店舗
スピリッツ(個人) 50万円 15.0%~20.0% 最短即日 大阪府内1店舗
パイオニア 100万円 15.0%~18.0% 数日~1週間程度 大阪府内1店舗
ファイナンスタカラ 50万円又は年収の1/3 18.0%~20.0% 最短即日 大阪府内1店舗
プログレス 50万円 15.0%~20.0% 最短即日 大阪府内1店舗
フクホー 200万円 7.3%~20.0% 最短数日 大阪府内1店舗
ハローハッピー 100万円 10.0%~18.0% 最短即日 大阪府内1店舗
アルク 50万円 10.0%~18.0% 最短即日 大阪府内1店舗
スペース 500万円 8.0%~18.0% 平均1週間程度 大阪府内1店舗
ニチデン 50万円 7.3%~17.52% 最短即日 大阪府内2店舗
メイワ 50万円又は年収の1/3 15.0%~20.0% 最短即日 大阪府内1店舗
富士クレジット 100万円又は年収の1/3 14.6%~18.0% 数日程度 大阪府内1店舗
エバーレンディング 100万円 15.0 ~ 18.0% 平均数日程度 大阪府内1店舗
キャネット 500万円 15.0~20.0% 最短即日 大阪府内1店舗
ローンズ善木 50万円 ~20.0% 不明 大阪府内2店舗
地銀
※カードローン
近畿大阪銀行 200万円
※クイックカードローン
9.0~12.475% 最短数日 大阪府内106店舗
※原則来店不要
池田泉州銀行 300万円
※キャッシュカード一体型
14.50% 最短数日 141ヶ所
紀陽銀行 800万円
※紀陽銀行カードローン+
3.8%~14.9% 最短数日 大阪府内41支店
南都銀行 1000万円
※E-PACK
4..0%~14.0% 最短数日 大阪府内18支店
都銀
※カードローン
三菱UFJ銀行 500万円
※バンクイック
1.8%~14.6% 最短数日 大阪府内110店舗
※テレビ窓口
※原則来店不要
みずほ銀行 800万円 2.0%~14.0% 最短数日 大阪府内34支店
※原則来店不要
三井住友銀行 800万円 4.0%~14.5% 最短数日 大阪府内353店舗
※原則来店不要
りそな銀行 800万円
※りそなプレミアムカードローン
3.5%~12.475% 最短数日 大阪府内7支店
※原則来店不要

大阪でカードローンを利用するなら銀行と消費者金融のどっちがおすすめ?

大阪はとにかく、貸金業の業者数が多く日本で1番カードローンの選択肢のある街と言っても過言ではありません。

また、カードローン以外にもビジネスローンや不動産担保ローンを始め手形や売掛を買い取る専門会社なども多数存在します。

さらに、会社によっては家電の購入ローンや医療ローン、学生ローンなど痒いところに手が届くようなきめ細やかなサービスを提供しているところも存在します。

ここまで選択肢の幅広い大阪ですから初めてカードローンに申し込むという時にどこに申し込んでよいやら見当もつかないというのは当然のことです。

大阪でカードローンを利用する場合は特に、審査のスピードを優先するのか、金利を優先するのか、とにかく金利や審査スピードは2の次で審査難易度の低いところを選ぶのかなど目的によって申し込むべきところは変わります。

即日融資を受けるなら消費者金融がおすすめ

もし今すぐにでもお金を借りたいということであれば、地方銀行や都市銀行のカードローンという選択肢は捨て、消費者金融でお金を借りることに集中しましょう。

大阪府内には地方銀行だけでも近畿大阪銀行、池田泉州銀行、紀陽銀行、南都銀行など多くの地方銀行が店舗を構え、さらに都市銀行も三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行と金融機関はほとんど揃っている印象です。

しかし、地方銀行都市銀行共にカードローンは現在規定が変わり即日での融資実行は不可能となりました。

これによりどんなに早くとも申し込みから融資までは数日間は必要となります。消費者金融にはこう言った規制はありませんので、即日融資にも対応することが可能です。

大阪は日本国内でも1、2を争う消費者金融の多い町です。

例えば審査が迅速で最短即日融資も可能なキャネット、さらに、最大50万円までの貸付ではあるものの大阪府内に2店舗を展開し最短即日融資にも対応している消費者金融の老舗ニチデン、審査が柔軟なことで知られるフクホー、知る人ぞ知るファイナンスタカラ、再出発を応援するでおなじみの野中信用など大小合わせて非常に多くの消費者金融が存在します。

また、吉本興業が経営するよしもとファイナンスという消費者金融もあり、こちらは吉本に所属する芸人の方を対象とした消費者金融になっています。

このように大阪には多くの即日融資対応の消費者金融が存在します。今すぐにでもお金を借りたいという場合はこれらの消費者金融、または大阪市内に多数存在するアコムやプロミスなどの消費者金融に申し込みをするようにしましょう。

低金利なら地銀や都銀がおすすめ

毎月の支払額、そして全体的な返済総額を1円でも抑えたいという場合には地方銀行
または都市銀行のカードローンに申し込みをするのが1番の選択肢です。

例えば大手消費者金融のアコムでは金利は3.0%から18.0%までのいずれかで設定しており、主に最初の取引で100万円以下の借り入れの場合は高確率で上限金利である18%前後の金利がかかることになります。

対する大阪の地方銀行である近畿大阪銀行のカードローン金利は9%から12.75%に設定されていることから、アコムと近畿大阪銀行では1番金利に開きがある場合年間5%以上の差が発生します。

仮に50万円をそれぞれの最高金利で1年間借りるとすると、アコムの場合は年間90,000円の利息が、近畿大阪銀行の場合は63,750円の利息が発生し、その差額は26,250円になります。1ヶ月に直すと2,000円強の開きです。

このように金利差があれば、同じ額面を借りたとしても返済総額はかなり変動します。
1円でも金利を抑えたいということであれば、近畿大阪銀行や池田泉州銀行などの地方銀行やりそな銀行などの都市銀行でカードローンを申し込みましょう。

専業主婦なら地銀がおすすめ

原則的に消費者金融のカードローンは安定した収入があることが申し込みの絶対条件になります。そのため現在収入のない専業主婦の方は消費者金融を利用することができません。

10年ほど前までは専業主婦の方でも申込みが可能でしたが、最近は大手消費者金融が審査を厳しくしており、まず専業主婦の状態でカードローンを契約することは不可能です。

ただし、地方銀行については、この限りではありません。

たとえば配偶者の方の給料口座を設定している地方銀行だったり住宅ローンの契約のある銀行などについては立派な取引先銀行ということになりますので、顧客サービスの一環のような形で専業主婦の方のカードローン申し込みの相談にのってもらえるケースがあります。

配偶者の方の収入証明や今までの返済実績、信用情報に問題がなければ専業主婦の方もお金を借りられる可能性がありますので、まずは取引のある地方銀行の支店に足を運ぶところからスタートしましょう。

大阪のカードローンまとめ

歴史的にも金融業者が多い大阪はカードローンの選択肢が日本随一と言えるほど多彩です。それだけに何を最重視するかによって申し込むべきところを絞り込むことが何よりも重要です。

スピード最重視であれば消費者金融、金利を最重視するのであれば地方銀行や都市銀行、専業主婦の方の借り入れという条件をクリアするのであれば生活のメインバンクである地方銀行に相談するのがそれぞれ最善の選択肢です。

PICKUP CONTENTS

トップへ