カードローン完済後は解約したほうがいいの?解約方法も紹介!

目次 ※クリックで開閉します

カードローンで借りたお金を完済すると、ホッとするでしょう。けれど、カードローンでは利用限度額の範囲内で何度でも借入ができますから、解約しない限り取引を続けることは可能です。カードローン完済後は解約した方がいいのかどうか、悩むこともあると思います。

ここでは、カードローンを解約するメリットとデメリットのほか、解約方法についてもご紹介します。

カードローンの契約は自動更新される

カードローン契約の自動更新とは?

カードローンでお金を借りるには、カードローン会社に申し込みをした後、審査に通過することが条件になります。審査に通過すれば、カードローン会社とカードローン契約を結ぶことにより、借入ができるようになります。

 

ところで、カードローン契約にも、1年とか5年といった契約期間が定められています。つまり、基本的に借入ができるのは、契約期間中ということになります。しかし、カードローン契約の契約期間は、通常、自動更新されます。自動更新というのは、どちらかが契約解除の意思を表示しない限り、自動的に更新されるという意味です。

 

頻繁に延滞するなどの事情があれば、契約期間満了時にカードローン会社の方から更新しないと言われたり、契約期間中でも契約解除されたりする可能性はあります。しかし、そのような事情がなければ、カードローン契約は自動延長され、半永久的に続くことになります。

カードローンを完済しても契約終了ではないので注意!

カードローンで借りたお金を全額返済しても、それで契約が終わるわけではありません。契約終了の意思を表示しない限り、カードローン契約は半永久的に続くことになります。

 

そもそも、借りたお金をきちんと完済してくれるお客さんは、カードローン会社にとっては上客ですから、カードローン会社の方から契約終了を言われることはありません。利用者側で契約を終わらされる旨の意思表示をしない限り、借入枠は残っており、いつでも借入ができる状態になっています。

解約した方がいいの?メリット・デメリットで比較

完済後にカードローンを解約することのメリットとデメリットとしては、次のような点が考えられます。

<メリット>

カードローンを解約すれば、他のローンを申し込むときに、審査に通りやすくなります。ローンの審査では借入件数が少ないほど有利です。もしカードローン契約が残っていれば、たとえ借入残高がなくても借入先としてカウントされてしまいますから、審査で不利になってしまうことがあります。

<デメリット>

カードローン完済後にカードを解約してしまうと、次にカードローンを利用したくなった場合に、再度申し込みをし、審査を受けなければなりません。そうなると、審査やカード発行に時間がかかり、すぐにお金が調達できないこともあります。

 

また、一度カードを解約してしまったら、次に申し込んだときにまた審査に通るとは限りません。再度の申し込みが転職してすぐの場合などは、審査に落ちる可能性もあります。また、解約後すぐに再度の申し込みをするなど、申し込みと解約を繰り返す人は、審査で落ちてしまう可能性が高くなっています。

一度解約したら、次借りるときは再度同じ手続きが必要?

新規申込と同様の審査が行われる

カードローンを解約しても、再度同じカードローン会社に申し込みすることはできます。ただし、再度の申し込みだからといって、審査や必要書類の提出を省略してもらえるわけではありません。新規申込と同様の審査が行われ、本人書類などの必要書類も再度提出が求められます。

利用限度額や金利も再度設定される

カードローンを解約して再度申し込みした場合、利用限度額や金利は改めて設定されることになります。再度の契約では、前回の契約に比べて、利用限度額が小さくなったり金利が高くなったりする可能性もあります。

 

カードローンでは、利用実績を積むほど利用限度額が大きく、金利が低くなりますから、有利な条件で借りられるようになります。しかし、解約すれば条件がリセットされることになってしまい、損することもあります。

カードローンを解約しないと住宅ローンが借りれない?

カードローン契約が直ちにマイナスになることはない

カードローンを利用していると、住宅ローンの審査に落ちてしまうのでは?と心配になってしまう人もいるかもしれません。住宅ローンの審査をする際には、金融機関は信用情報機関に登録されている申込者の信用情報を照会します。信用情報機関の情報を見れば、カードローン契約があることもわかりますが、カードローン契約をしているからと言って、それだけで住宅ローンの審査に落ちることはありません。

 

もしカードローンで延滞などの金融事故を起こしていれば、信用情報機関にもその情報がありますから、審査に落ちる可能性が高くなります。しかし、カードローンで借りたお金をきちんと返済していれば、お金を貸してもきちんと返してくれる人ということでプラスの評価につながることもあります。

カードローンの返済額が多いと住宅ローンが借りられない

住宅ローンの審査では、他のローンの借入状況が影響してきます。既に他のローンで借入している金額が多ければ、住宅ローンの審査に通りません。

 

住宅ローンで他社借入について判断するときには、総返済負担率という基準を用いることが多くなっています。総返済負担率とは、年収に対して住宅ローンを含む全ての借入れの年間返済額の合計がどれくらいあるのかという割合になり、次の式で計算します。

 

総返済負担率=年間合計返済額÷年収×100

 

カードローンの借入をしていて毎月の返済額が多い場合、住宅ローンの返済額を合わせると総返済負担率が大きくなってしまうことがあります。もし総返済負担率の基準を超えることになれば、住宅ローンの審査に落ちる可能性が出てきます。

 

たとえば、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供している住宅ローン「フラット35」では、総返済負担率について次のような基準が設けられていますから、住宅ローンを申し込むときには注意しておく必要があります。

 

年収 400万円未満 400万円以上
総返済負担率 30% 35%

カードローンを完済していても住宅ローンに影響が出る

上記のとおり、他のローンで借入していると、住宅ローンの審査に影響が出てきます。なお、カードローンのように利用限度額が設定されるローンの場合、実際の借入残高ではなく、利用限度額すなわち借入枠で判断されることがあります。たとえば、カードローンの利用限度額が100万円であれば、実際の残高がいくらであっても100万円の借入があるとみなされ、それにより総返済負担率が計算されてしまうことがあります。

 

カードローンを完済しても、解約しない限り借入枠はあります。この場合、たとえ借入残高はなくても、住宅ローンの審査においては、利用限度額と同額を借りているのと同じ扱いになってしまうことがあります。カードローンの完済後、住宅ローンを申し込む場合には、カードローンを解約しておいた方が安心です。

解約の手続き方法

解約手続きの流れ

カードローンを解約するときには、一般に、以下のような手順になります。

1. カードローン会社のフリーダイヤルに電話

カードローン会社としては、利用者にはできるだけ解約してほしくないですから、解約方法についてはホームページにもあまり記載されていません。Web上で解約できるケースは少ないですから、電話で解約を申し出しましょう。本人確認ができれば、ほとんどの場合、電話のみで解約手続きができます。カードは自分でハサミを入れるなどして破棄します。

 

なお、完済と同時にカードローンを解約したい場合には、返済する日によって利息の額が変わってきますから、返済日を確定したうえで返済金額を確認します。この場合、指定された返済額を入金した段階で解約完了となります。

2. 解約申入書の送付

カードローン会社によっては、解約申入書の提出が必要になることがあります。この場合、郵送されてきた解約申入書に必要事項を記入して返送します。

3. 契約書の返却及び解約証明書の受取

債務者が借りたお金を完済したときには、貸金業者は債権証書(契約書など)を返還しなければならないことが貸金業法で定められています(第22条)。契約書を返却してもらうと同時に、必要に応じて解約証明書を発行してもらいます。

大手カードローンの解約方法と必要書類

大手カードローン会社での解約方法及び必要書類は、以下のとおりです。

 

会社名 解約方法 必要書類
アコム アコム総合カードローンデスクに電話もしくは店舗窓口へ来店 店舗窓口の場合、カード、印鑑、身分証明書
プロミス プロミスコールに電話もしくは店舗窓口(お客様サービスプラザ)に来店 店舗窓口の場合、カード、印鑑、身分証明書
バンクイック 第二リテールアカウント支店に電話 特になし
三井住友銀行カードローン 店舗窓口もしくは郵送 カード、身分証明書
レイク お客様専用フリーダイヤルに電話 特になし

カードローンを解約したら完済証明書はもらえるの?

上に書いたとおり、カードローンの借入枠があれば、借入しているものとみなされ、住宅ローンの審査に影響が出ることがあります。そのため、住宅ローンを申し込む直前に、カードローンを解約する人も多いと思います。しかし、この場合には、解約後信用情報がすぐに更新されず、タイムラグが生じる点を考慮しておく必要があります。

 

カードローンを解約すれば、解約証明書(または完済証明書)を発行してもらえます。カードローン解約後に住宅ローンを申し込む場合には、解約証明書を提出することで、解約の事実を証明できます。

 

解約証明書は解約後自動的に送られてくるわけではなく、申し出ないと発行してもらえません。金融機関によっては手数料がかかることもありますが、必要であればもらうようにしましょう。

まとめ

カードローン完済後も、解約せずにおいておくことで、お金に困ったときに備えることができます。一方で、カードローンの借入枠が残っていれば、住宅ローンの審査に影響が出ることがあります。カードローンは申し出しなければ解約できませんので、各社で定められた解約方法に従って解約手続きを行いましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ