みずほ銀行カードローンの金利や審査方法は?在籍確認はあるの?

目次 ※クリックで開閉します

メガバンクの一角であるみずほ銀行のローンサービス、それが『みずほ銀行カードローン』です。最大の魅力は、なんといっても「利用限度額800万円」という、業界でも最高水準のサービスです。

 

また、銀行カードローンなので「金利は低い」(実質年率2.0%~14.0%)です。

 

『みずほ銀行カードローン』独自の嬉しいサービスとして、みずほ銀行に口座を持っていれば、公共料金やクレジットカードの引落で残高が不足した時、不足額を自動的に融資してくれるという「スイングサービス」があります。

みずほ銀行カードローンの特徴

  • 利用限度額800万円
  • 実質年率2.0%~14.0%の低金利設定
  • 申し込み~融資までWEB完結
  • 自動融資と自動振替の便利なスイングサービス

申し込み審査方法

条件

  • 契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満
  • 安定かつ継続した収入が見込める
  • 保証会社の保証を受けられる

 

※ 外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります。

※ 審査の結果によっては利用できない場合があります。

1.必要書類の準備

申し込みする前に、あらかじめ必要書類の準備をしておきましょう。

①本人確認書類

本人確認書類は氏名、住所、および生年月日が記載されているものに限ります。

 

  • 運転免許証(変更事項がある方については両面とも用意)
  • パスポート(写真およびご住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 住民票(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 住民基本台帳カード

②収入証明書(所得証明書)

年収を確認できる収入証明書が必要になります。

  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書(その1・その2)

※個人事業主、会社経営者の方は源泉徴収票以外に限ります。

2.WEB申し込み

みずほ銀行公式サイトのカードローンで申し込みをします。

 

ネットでお申込みの際、「みずほ銀行口座をお持ちの方」「みずほ銀行口座をお持ちでない方」いう2つの申込フォームがあります。

「みずほ銀行口座をお持ちでない方」は、カードローンの契約と同時に口座開設の手続きが必要になります。

 

必要書類を携帯電話やスマートフォンで撮影し、メールで画像を送信すればOKです。

※送信した画像がうまく撮れていなかったり、ぼやけていたりすると再提出が必要になります。顔や文字がしっかりと写っているかを確認してから画像を送るようにしましょう。

3. 在籍確認

在籍確認の方法は電話です。みずほ銀行カードローンでは、保証会社のオリコが審査しますので、オリコが電話確認をします。

 

担当者が職場に電話をかける際、カードローンの審査とは分からないようにしてくれます。そもそも銀行カードローンは銀行名でかかってくることが多いので、消費者金融に比べ、同僚に知られるリスクは少ないと言えるでしょう。また、本人が出た場合は、簡単な確認が行われます。

 

最後に、電話確認には欠点があります。それは、土日祝日など会社が休日の場合、在籍確認がとれず、その日に審査が通過しないことです。

 

もちろん会社の営業日に、たまたま誰も電話に出なかったときも同様です。つまり、電話確認が終えるまで審査は完了しません。

 

■どうしても今日お金が必要な時の一つの対策方法として、

「休日に自ら会社に行って、自分で在籍確認の電話に出る」

という裏ワザもあるので、急いでいる方は試してみてください。

4.審査完了

これで審査は終了です。審査結果がメールで届き、審査に通過していればお金を借りることができます。

 

「みずほ銀行に口座をお持ちの方」は、お使いのキャッシュカードですぐにご利用可能になります。

 

「みずほ銀行に口座をお持ちでない方」は、まず郵送による口座開設の手続きを完了させます。

 

そして、数週間後に、

  • みずほ銀行キャッシュカード兼用型のローンカード
  • みずほ銀行キャッシュカードとカードローン専用型のローンカード

(※申込時にどちらか選択できます。)

が郵送で自宅に届きます。このカードを持って、みずほ銀行ATMやコンビニATMへ行くと、お金の借入れができます。

 

※一部の例外(みずほ銀行ATMの無料時間帯)を除いて、ATMを利用する際には、108円~216円の手数料がかかります。

5.お試し審査

みずほ銀行カードローンには、お試し審査ツールはありません。

スイングサービス(自動融資・自動振替)について

みずほ銀行カードローンには、「スイングサービス」というのがあります。

紹介文章でも書きましたが、これは大変便利なサービスです。

条件

  • みずほ銀行に口座を持っている
  • キャッシュカード兼用型のローンカードを持っている

※カードローン専用型のカードでも、申し込みすれば機能を追加できます。

  • スイングサービスの申し込みをする

自動融資サービス

たとえば普通に生活していて、

「クレジットカードや公共料金の支払い引落日に銀行の預金残高が全然ない」

という場面は、大勢の人が経験したことあると思います。

 

でもこの「自動融資サービス」を利用すれば、残高が足りなかった場合に、不足分を自動的に融資してくれます。このサービスを使えば、慌ててお金を用意しなくても、急いで銀行に入金しに行かなくても大丈夫です。

 

※ただし、預金の払い戻しやカードローンのご返済など自動融資の対象外になる取引があります。

自動振替サービス

カードローン口座へのカードによる入金時に、入金後の残高がプラスとなる場合に、残高のプラス分をみずほ銀行の返済用普通預金口座に自動的に入金してくれます。

 

※キャッシュカード兼用型カードには、「自動振替サービス」のみ自動的に付加されます。

※「自動振替サービス」は、みずほ銀行ATMまたはコンビニATM(イーネット・ローソン)のみ利用できます。(セブン銀行ATMでは、不可)

返済

返済方法

返済方法は、自動引落しのみです。毎月10日に前月分の返済額が引き落としされます。返済方法はこれ1つで、返済日を指定することもできません。

任意返済

繰り上げ返済のことです。余裕があるときに多めに返したい場合は、ATMからいつでも返済できます。ただし、手数料がかかります。

※みずほ銀行ATMで、平日8時15分~18時00分に利用する場合は手数料無料です。

 

任意返済を行った場合も、毎月10日にみずほ銀行の返済用普通預金口座からご利用残高に応じた金額が自動引き落としとなります。

 

利用できるATMの種類は、カードの種類によって異なりますので、下の表をご参照ください。

みずほダイレクト

みずほダイレクトをご利用のお客さまは、パソコン・スマートフォン・携帯電話・固定電話から随時返済ができます。

(※みずほダイレクトをご利用になるには、別途お申し込みが必要)

 

カードローンの返済は、24時間利用できますが、月曜日~金曜日の15時00分以降および土日祝日、振替休日の受付分は翌営業日扱いとなります。

 

※インターネットバンキングおよびモバイルバンキングに限ります。テレホンバンキングにつきましては、ご利用時間が異なりますのでご注意ください。

※返済は任意返済となります。任意返済を行った場合も、別途指定の口座から毎月のご返済が必要です。

返済額

(1)2012年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ利用限度額が 200 万円以上の場合

<残高スライド方式>

前月10日の利用残高

(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)

毎月の返済額
1 万円未満 前月10日現在の利用残高
1 万円以上 100 万円以下 1万円
100 万円超 200 万円以下 2万円
200 万円超 利用残高が100万円増すごとに1万円を追加

 

(2)利用限度額が 200 万円未満の場合

<残高スライド方式>

 

前月10日の利用残高

(貸越元金への利息の組み入れ後の残高)

毎月の返済額
1万円未満 前月10日現在の利用残高
1万円以上100万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超 利用残高が50万円増すごとに1万円を追加

 

みずほ銀行カードローンのQ&A

家族に内緒で借りれる?

みずほ銀行カードローンは、家族にバレないよう借りるには難しいかもしれません。

 

まず、みずほ銀行に口座を持っていて、かつ今所有しているキャッシュカードにローン機能を付帯させた場合、お金を借りた当日はバレないかもしれません。

 

しかし、いずれ通帳を見られたら終わりですし、そもそも返済方法が口座引落しかないので、証拠が永遠に残ってしまいます。

 

また、口座を持っていない方やカードローン専用型カードを選択された場合は、絶対にカードが自宅郵送されるので、家族に知られてしまうリスクが高過ぎると言えるでしょう。

 

もし、家族に内緒で借入れ可能な方法がある銀行カードローンをお探しなら

などがおすすめです。

PICKUP CONTENTS

トップへ