ANA JCB一般カードの審査難易度や年会費について解説

ANA JCB一般カードはJCBと全日本空輸株式会社が提携したクレジットカードです。

ANAJCBカードのラインナップは全部で6種類あり、今回ご紹介する一般カードはスタンダードタイプで、年会費が格安で初心者の方にもおすすめの1枚です。

 

年会費は格安でも海外旅行の傷害保険も付帯しているので安心できるカードとなっています。

航空会社との提携クレジットカードなのでマイルをためるのを目的にするのはもちろん、通常のJCBポイントプログラムでのポイントもたまるのでポイントプログラムの素敵な商品と交換することも可能ですのでライフスタイルに合わせて選べるのも魅力です。

今回は、ANA JCB一般カードの特徴や年会費、審査難易度についてご紹介します。

ANA JCB一般カードの特徴

年会費2,000円、初年度年会費は無料!家族会員は年会費1,000円

ANA JCB一般カードの年会費は初年度無料で、次年度以降も2,000(税別)と格安です。

初年度無料で利用できるのでまずは入会してみてお試しで利用してみるのもオススメです。

年会費が格安でも海外旅行の傷害保険や、ショッピングガード保険も付帯されているので最低限の保険があればいいと言う方には十分満足できるカードと言えます。

 

ANA JCB一般カードは家族カードの発行が可能です。家族会員の年会費は1,000(税別)で、申込みできる方は本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供となります。

マイル還元率は0.5%

JCBと提携している海外の航空会社のクレジットカードの場合、JCBの通常のポイントプログラムが適用除外となり、マイルだけが自動的にたまる、マイルをためることに特化したクレジットカードがほとんどです。

 

しかし、ANAJCBカードは、通常のJCBのポイントプログラムであるOkiDokiポイントプログラムが適用となるので、たまったポイントをANAマイレージクラブのマイルに移行するのはもちろん、通常のポイントプログラムの素敵な商品等と交換することもできます。

 

ANA JCBカード会員の方は別のカード会員の方に比べてお得にANAのマイルをためられるように高還元率で交換できるプログラムが用意されています。これからご紹介しますが、無料で移行手数料をかけずにマイルに移行する場合でも還元率0.5%となりますので、別のクレジットカード会員の方が交換した際の、マイル還元率0.3%に比べてお得にためることができます。

 

ANAのマイル移行サービスを選択した場合、2つのコースから選ぶことができます。1つ目は、「マイル自動移行コース」でたまったOkiDokiポイントを自動的にマイルに移行してくれるコースです。

 

メリットとしては、わざわざ面倒なポイント移行の手続きが不要で自動的にカード利用額に応じたマイルがたまることです。マイル自動移行コースにはOkiDokiポイント1ポイントを5マイルに交換できるコース(還元率0.5)と、OkiDokiポイント1ポイントを10ポイントに交換できるコース(還元率1%)があります。

 

5マイルに交換するコースを選択した場合、マイル移行手数料は無料で交換できますが、10マイルコースを選択した場合は、マイル移行手数料が5,000円(年間/税別)かかります。マイル移行手数料はかかってもたまるマイルは倍になるので年間カード利用額が50万円ほど利用する方であれば10マイルコースを選択した方がお得にマイルをためることができます。

 

2つ目のコースが「マルチポイントコース」です。このコースは、お好みのタイミングでマイルへの移行やOki Dokiポイントプログラムの商品に交換することができるコースです。このコースのメリットはマイルをためるだけでなく、時には商品と交換したり、別の各種ポイントと交換したりさまざまな使い道をしたいと考えている方にはその時々のスタイルに合わせられることです。

 

こちらのコースもマイルに交換する際の交換レートが5マイルのものと、10マイルのものの2種類あり、5マイルに移行するコースの場合は移行手数料が無料で、10マイルコースを選択した場合は、マイル移行手数料が5,000円(年間/税別)かかります。

JCB STAR MEMBERSで翌年のマイル還元率がアップ

JCBスターメンバーズは登録不要で、年間でJCBカードを一定金額以上利用された方だけに提供されるメンバーシップサービスです。

年間カード利用額が50万円以上の方であれば、翌年のポイント還元率が10%アップ、年間カード利用額が100万円以上の方であれば20%アップとなります。

 

ただし、JCBスターメンバーズでポイント還元された分はOkiDokiポイント1ポイント=3マイルにしか交換することができませんので注意が必要です。

最高1,000万円の海外旅行障害保険は旅行先の備えにGood

ANA JCB一般カードは年会費が格安なのにもかかわらず、最高1,000万円の海外旅行傷害保険が自動で付帯されています。

高額な旅行傷害保険ではありませんが、万が一の際にお金をかけずに最低限の補償がついていると安心と考えられる方には十分な補償内容と言えます。

 

さらに海外でJCBカードを利用して購入した商品が偶然の事故によって損害を被った場合、自己負担額10,000円で差額をJCBが補償してくれるショッピングガード保険も付帯されているので安心です。

ボーナスマイルでお得にマイルがたまる!

ANA JCB一般カードに新規入会すると、通常入会ボーナスとして1,000マイルを獲得することができます。さらに搭乗ごとにもマイルが加算され、区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×10%のマイルが獲得できます。

 

その上、毎年カードを継続して所有しているだけで毎年1,000マイルも獲得することができます。

ということは、年会費が翌年度以降2,000円ですが、毎年1,000マイルが確実にもらえるので1マイルを2円と換算すると実質カードの年会費がタダになるということです。

入会時のボーナスマイルと、年間継続ボーナスマイルは本会員の方が対象です。

(家族カード会員は対象となりません。)

申込から審査、受け取りまでの流れ

ここでは申込みから審査、受け取りについて見て行きます。

申込方法

お申込みはJCB公式サイトよりインターネットでの申込みをします。

対象の金融機関サイトでお支払い口座の設定(無料)をすると申込みから約1週間でカードが発行されます。

審査

審査難易度「ふつう」

JCBカードの審査は銀行や信販会社などが照会する信用情報機関をもとに審査をします。

 

審査基準は過去の支払実績を元に、現在の勤続年数や年収を考慮して審査が行われます。

基本的に一定の安定した収入があり、過去の支払実績に問題がなければ比較的審査に通りやすいと言えます。

審査にかかる時間の目安「最短で3営業日発行」

ANA JCB一般カードをインターネットで申し込んだ場合、最短で3営業日の発行ができます。

自宅に届くまでには申し込みから約1週間で届きます。郵送の場合はカードが届くまでに約3週間かかります。

在籍確認の有無「有」

職場に本当に申込人が働いているか確認するための在籍確認の電話ですが、クレジットカードを作るということは「お金を貸す」行為なので、ちゃんと申込み内容が正しいかどうか確認するために在籍確認の電話があります。

会社名を名乗らず個人名での確認電話の場合もあります。

カード発行

審査に通れば、申込みから約1週間で自宅に簡易書留または宅配便(ヤマト運輸、佐川急便)で郵送されてきます。

郵送での申込みの場合は約3週間で届きます。

ANA JCB一般カードに関する基本情報

発行会社

株式会社ジェーシービー

国際ブランド

JCB

年会費

初年度無料

次年度以降2,000円(税別)

利用限度額

審査次第

キャッシング枠

審査次第

支払方法

毎月15日締め、翌月10日払い

支払日

1回払い、2回払い、回数指定払い、ボーナス払い、リボルビング払い

家族カード

発行可能

年会費1,000円(税別)

お申し込みご本人と生計を同一にする配偶者、ご両親、18歳以上(高校生を除く)のお子様が対象です。本会員が学生の場合は、お申し込みできません。オンライン申し込みでは、家族カードの同時申し込みは2名様までとなります。

ETCカード

年会費 無料

インターネットでの申込みは本会員の方のみとなります。家族会員の方の申込みは入会申込書を請求の上申し込みが必要です。

1枚のJCBカードにつき1枚のETCカードが発行できます。

付帯サービス

海外旅行傷害保険

国内航空傷害保険

ショッピングガード保険

ポイントプログラム

JCBのポイントプログラムのことを「OkiDokiポイントプログラム」と言います。

カードの利用金額合計1,000円ごとに1ポイントがたまり、素敵な商品と交換したり、各種航空マイレージ、ポイントなどと交換したりすることができます。

 

OkiDokiポイントを交換する際、交換するマイレージや、ポイントによって交換レートにバラつきがあります。平均的に還元率0.3%~0.5%くらいのところが多く見られます。

公式サイトにてご自身の交換したい商品やポイントの交換レートをご確認ください。

キャンペーン期間中にポイント還元率をアップさせているところもありますので、お得な期間にポイントを交換するのがオススメです。

まとめ

ANA JCB一般カードは年会費が格安なので年間のカード利用額が少額の方や、マイル初心者の方にもおすすめのカードとなります。

年会費が安くてもしっかりと海外旅行の傷害保険やショッピングガード保険が付帯されているので海外旅行での万が一のトラブルに備えられて安心できます。

 

他にも入会ボーナスや、カード継続利用ボーナスとしてマイルが獲得できますので、実質年会費無料で持てるカードとも言えますので持っていて損はしない1枚です。

利用していくうちにマイルよりたまったポイントを商品に交換や、他のポイントに移行したいと心変わりしても自身のライフスタイルに合わせてポイントの使い道を選べるのも魅力の一つです。

 

ANA JCBカードはクレジットカードにEdy機能が搭載されており、Edyでの支払いでマイルをためることも可能ですし、最新のApple Payも利用可能になりました。

スマホに登録するだけで財布を持ち歩く必要のない電子マネーは普段のちょっとしたお買い物でも利用しやすくマイルもたまります。

 

とにかく年会費を安く持ちたい方、マイル初心者の方、ANAを頻繁に利用するわけではないがマイルをためたい方、一度検討してみてはいかがでしょうか。

PICKUP CONTENTS

トップへ