エポスゴールドカードの審査難易度は?実質年会費無料で取得する方法を解説

マルイのカードとして若い人を中心に人気のエポスカード。そのエポスカードにもゴールドカードがあります。

エポスゴールドカードには、ゴールドカードとしての充実した特典があるほか、ポイントが貯まりやすいサービスもいろいろあります。

エポスゴールドカードの年会費を無料にする方法もありますので、ゴールドカードを持ちたいが年会費がかかるのが気になるという方にはおすすめです。

ここでは、エポスゴールドカードの特徴や入手方法など基本的なことをまとめています。

エポスゴールドカードの審査について

エポスゴールドカードは、マルイが発行する「エポスカード」の上位カードにあたります。

エポスゴールドカードの入会基準は、

「20歳以上の安定した継続収入のある方(未成年・学生不可)」

とされていて、年齢制限も収入基準もあります。

審査基準

エポスゴールドカードの審査基準では、

入会者に対して、「年齢が20歳以上であること」の他に「安定した継続収入」を求めています。

「安定した収入」がいくらなのかはっきりとは分からないのですが、目安としては、年収400~500万円程度あることが望ましいと思われます。

また、勤続年数に関しても5~6年以上が望ましいでしょう。

これは、一般的なゴールドカードの平均的な審査基準をベースにしています。

審査難易度

通常の「エポスカード」が審査が甘めの流通系クレジットカードであることから、その上位カードである「エポスゴールドカード」の審査難易度も比較的易しめに思われがちです。

しかし、エポスゴールドカードの審査難易度は意外と高いです。

 

ただ、この審査基準や審査難易度はエポスゴールドカードに直接申込を行った場合であり、エポスカードからのインビテーションを通じてグレードアップする場合には当てはまりません。

エポスカードからのグレードアップの場合、審査難易度は一気に低くなります。

エポスゴールドカードを手に入れるならエポスカードからのインビテーションでグレードアップを目指すのが一番賢い方法です。

エポスゴールドカードのインビテーションの入手方法

エポスゴールドカードを手に入れるなら、エポスカードの利用実績を作ってインビテーションをもらえるようにしましょう。

なぜなら、その方が審査基準も下がりますし、何よりインビテーションをもらってエポスゴールドカードを手に入れると、本来5,000円かかる年会費も永年無料になります。

エポスゴールドカードへのインビテーションをもらうには、主に2つの条件があります。

それが、以下の条件です。

  1. エポスカードで年間50万円以上利用する
  2. 半年~1年間のエポスカードの利用期間が必要

①エポスカードで年間50万円以上利用する

インビテーションをもらうには、エポスカードで年間50万円以上の利用をすることが第一条件です。

というのも、エポスゴールドカードから直接申し込んだ人は、そもそも年会費が5,000円(税込)かかるのですが、この直接申し込んだ方たちも年間50万円以上カードを利用することで、翌年以降の年会費が永年無料になります。

つまり、発行会社側は「年間50万円以上利用してくれる人」に限りエポスゴールドカードを年会費無料で持つことを許してくれるわけです。

インビテーションでエポスゴールドカードを持つ人は、最初から年会費無料なわけですから、年間50万円以上の利用が無いとそもそもインビテーションが届かないのです。

②半年~1年間のエポスカードの利用期間が必要

同時に、インビテーションをもらう条件として、エポスカードの利用期間も重視されています。

エポスカードを手に入れた月にカードを50万円利用したからと言って、すぐにインビテーションが届くわけではありません。

エポスカードを利用し始めて、最低でも半年~1年間の利用期間は必要だとされています。

インビテーションが届いたら審査通過?

先ほど、エポスゴールドカードの審査難易度が比較的高いと説明をしましたが、エポスカードからのインビテーションを利用して入手する方法の場合、審査難易度はぐっと下がります。

というのも、2つの理由があります。

  • エポスカード自体が審査が通りやすいカードであること
  • 年間50万円以上の利用は意外と簡単であること

インビテーションが送られてきた時点で、エポスカード側は「この人ならエポスゴールドカードを持ってほしい」と思ってインビテーションを送っているわけですから、審査はほぼ通過していると言っても過言ではありません。

そのため、年収が低めの人や、勤続年数が5年未満の人などでも、インビテーションさえ手に入れればエポスゴールドカードを持つことができるのです。

ただ、インビテーションが届いても申し込み後には審査はきちんと行いますので、信用情報が著しく悪化していたりすると、審査に落ちる可能性もありますので気を付けてください。

エポスカードを持っていない人は?

これらの理由から、よほど急いでエポスゴールドカードが欲しい人以外は、通常のエポスカードに申し込むことから始めることをおすすめします。

エポスカードを持っていない人は、先にエポスカードに申し込みましょう。

カード自体もETCも年会費無料ですし、マルイユーザーは絶対的にお得になるカードです。

年会費無料にも関わらず海外旅行保険も充実しているので、海外旅行の際に持っていけるカードとしても人気があります。

エポスカードをマルイで使おう!お得な優待や特典を徹底解説!

エポスゴールドカードの特徴

エポスゴールドカードは、非常に人気の高いゴールドカードです。

というのも、利用額や利用期間の条件をクリアする必要はありますが、年会費無料で持てるゴールドカードは非常に珍しいです。

マルイでのポイントアップや割引の特典の他、7000店を超える店舗で優待を受けれて、空港ラウンジも使えます。

エポスカードの旅行保険も充実していましたが、エポスゴールドカードにはもうワンランク上の保険内容が付帯しています。

こんなにコスパの良いゴールドカードはありません。

エポスゴールドカードの魅力を順に説明していきたいと思います。

通常年会費は5000円だが、永久無料にできる方法が用意されている

クレジットカードには、一般カードよりもランクが上のゴールドカードがあります。

ゴールドカードは一般カードよりも特典の内容が充実している分、年会費が高くなってしまうというデメリットがあります。

 

エポスカードゴールドの場合には、通常年会費が5,000円となっていますが、これはゴールドカードの中では比較的安い年会費です。

一般的なゴールドカードの年会費は約10,000円程度ですので、約半分です。

しかもエポスゴールドカードは、この5,000円の年会費も無料にすることができます。

 

エポスカードゴールドを取得した後、年間50万円以上の利用があった場合には、それ以降の年会費は永年無料となります。

年間50万円と言うと、1ヶ月あたりにしても4万円強ということになりますから、それほど高いハードルではありません。

また、一度でも年間利用金額が50万円以上になればそれ以降ずっと年会費はかかりませんから、年会費を無料にするのは比較的容易です。

 

そして、先ほども説明した通り、エポスカードからのインビテーションによりエポスカードゴールドに入会した場合には、年間利用額にかかわらず、最初から年会費は無料となります。

エポスカードを取得して利用実績を積んだ人にはエポスカードゴールドのインビテーションが届きますから、自分から申し込みしなくても年会費無料のままゴールドカードの会員になれます。

有効期限なしの永久ポイントを貯められる

エポスカードではエポスポイントが貯まります。

通常のエポスカードで貯まるポイントの有効期限は原則として2年となっていますが、エポスゴールドの場合には、ポイントの有効期限がありません。

エポスカードゴールドなら、有効期限を気にすることなく、ポイントを使いたいときにいつでも使うことができます。

楽天EdyやモバイルSuicaなどの電子マネーへのチャージでもポイントが貯まる

電子マネーユーザーにとっては、クレジットカードから電子マネーへのチャージができるかどうかが気になると思います。

エポスカードゴールドからは、楽天Edy、モバイルSuica、スターバックスカードにチャージすることが可能です。

エポスカードゴールドから電子マネーにチャージすると、チャージ金額分に応じたエポスポイントが貯まりますから、現金でチャージするよりもお得になります。

マルイでの利用やリボ払いでポイント最大3倍

エポスポイントは200円につき1ポイント付与されるのが基本になります。

つまり、エポスカードゴールドの基本還元率は0.5%です。

エポスカードゴールドの会員の場合には、通常のVisa加盟店での買い物は200円につき1ポイントになりますが、マルイでの買い物については2倍の200円につき2ポイントが貯まります。

さらに、買い物代金の支払いをリボ払いにした場合には、Visa加盟店ではポイント還元率が2倍(200円につき2ポイント)になります。

マルイでの買い物代金の支払いをリボ払いにすれば、ポイント還元率が3倍(200円につき3ポイント)になります。

このように、エポスカードの一般カードよりもエポスカードゴールドの方が還元率が高くなっており、ポイントが貯まりやすくなっています。

「選べるポイントアップショップ」登録でポイント最大3倍

エポスカードゴールドの会員は、「選べるポイントアップショップ」というサービスが受けられます。

「選べるポイントアップショップ」とは、対象ショップの中からよく利用するショップを選んでおき、登録ショップで買い物した際のポイントが通常よりアップするサービスになります。

1回払い(もしくはボーナス1回払い)の場合には通常の3倍の200円につき3ポイントが、リボ払い(もしくは3回以上の分割払い)の場合には通常の2倍の200円につき4ポイントが獲得できますから、効率良くポイントを貯められます。

 

登録ショップとしては最大3店舗まで選ぶことができます。

東京電力や東京ガスなど毎月必ず利用するショップも選べますから、ポイントアップのチャンスを逃さずにすみます。

国内・国外の空港ラウンジが無料で使える

ゴールドカードと言えば、一般に、空港ラウンジサービスが付いているのが魅力となっています。

エポスカードゴールドの会員も、国内(19ヶ所)の空港ラウンジのほか、国外(ホノルル、仁川)の空港ラウンジを無料で利用できます。

出発前のひとときをゆったりとくつろいで過ごすことができますから、海外へ行く機会の多い人にとっては嬉しい特典です。

Visaゴールドライフサポートによる優待!

エポスカードゴールドの会員は、「Visaゴールドライフサポート」というVisaゴールドカード会員向けの優待サービスを月額1,026円で利用することができます。

Visaゴールドライフサポートでは、入会や更新の際に宿泊券や食事券が必ずもらえる特典があるほか、多数の割引特典が用意されています。

最高補償額1000万円の海外旅行保険が自動付帯

エポスカードでは、通常カードにも海外旅行保険が自動付帯していますが、エポスカードゴールドの方が保障内容は充実しています。

最高保障額は1,000万円で、傷害治療費用や疾病治療費用も300万円まで保障されます。

エポスカードゴールドなら、年会費無料で充実した保障が受けられますから、海外へ行く機会が多い人にとっては価値のあるカードと言えます。

担保項目 保険金
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
300万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
300万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
(1旅行・保険期間中の限度額)
100万円
救援者費用
(1旅行・保険期間中の限度額)
100万円

申込から審査、受け取りまでの流れ

ここでは申込みから審査、受け取りについて見て行きます。

申込方法

エポスカードゴールドの申し込み方法としては、インビテーション(招待)が届いてから申し込む方法と、通常どおり自分で申し込む方法があります。

 

エポスカードを持っている人のところには、エポスカードゴールドのインビテーションが届くことがあります。

インビテーションが届いたら、インターネットもしくはマルイの店舗でエポスカードゴールドの申し込みができます。

 

自分で申し込む場合には、インターネットのエポスカードゴールド申し込みページから、同意事項や規約等を確認した後、必要事項を入力して、送信すれば手続き完了です。

審査

エポスゴールドカードは、エポスカードの通常カードより上位ランクのカードですから、審査難易度もその分高くなります。

最初にも説明した通り、基本的にはエポスカードを年間50万円利用して、半年~1年の利用実績を作ることで、インビテーションを手に入れましょう。

インビテーションが届いてから申し込みする場合には、社内での審査は既に終わっていますから、通常はそのまま審査に通ります。

これに対し、自分で申し込みした場合には、一から審査が行われることになりますので、審査のハードルは高くなります。

 

エポスカードゴールドの審査にかかる時間は1週間程度になります。在籍確認はないことが多いですが、自分で申し込んだ場合には、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることもあります。

カード発行

エポスカードゴールドを申し込んでからカードが自宅に届くまでは1~2週間程度かかります。

エポスカードの通常カードと違い、エポスゴールドカードの場合には、即日発行や店頭受取りはできません。

佐川急便の受取人確認配達サービスで送られてきますから、配達員に本人確認書類を提示の上、カードを受け取ります。

エポスゴールドカードに関する基本情報

発行会社 株式会社エポスカード
国際ブランド VISA
年会費 5,000円(税込)
※年間利用金額50万円以上で翌年以降、永年年会費無料
※インビテーションが届いた場合は、永年年会費無料
利用限度額 50万円~300万円
キャッシング枠 10万円~100万円
審査によって個別にキャッシング枠が設定されます。
支払方法 1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
支払日 27日締翌月27日払い
4日締翌月4日払い※どちらかを選択可能
家族カード 発行不可
ETCカード 発行可
発行手数料無料
年会費無料
付帯サービス
  • 海外旅行傷害保険(最高1,000万円・自動付帯)
  • 空港ラウンジサービス
  • 紛失・盗難の際の損害補償
  • カード利用通知サービス
  • エポスバーチャルカード
  • 海外サポートデスク
  • VISAゴールドカード特典

ポイントプログラム

マルイで買い物すればポイント2倍

エポスカードゴールドの国際ブランドVisaですので、国内・国外のVisa加盟店で利用できます。

エポスカードゴールドをVisa加盟店で利用した場合には、原則として、200円につき1ポイント(リボ・分割払いの場合2ポイント)が付与されます。

 

また、エポスゴールドカードをマルイでの買い物に利用した場合には、200円につき2ポイント(リボ・分割払いの場合3ポイント)が加算されます。

エポスゴールドカードを持っていれば、マルイでのお買い物でポイントをお得に貯められます。

ポイントの有効期限なし

エポスカードの通常カードで貯まるエポスポイントの有効期限は2年となっていますが、エポスゴールドカードの場合にはポイントの有効期限がありません。

エポスゴールドカードのポイントは永久ポイントとなりますから、ポイントが失効してしまう心配もなく、安心して貯めることができます。

年間利用金額に応じてボーナスポイントあり

エポスゴールドカードでは、年間の利用金額50万円以上の場合2500エポスポイント、100万円以上の場合1万エポスポイントのボーナスポイントが加算されます。

1ポイント1円相当ですから、100万円以上の場合には1万円分がもらえるということになります。

年間100万円というと高いハードルのように感じるかもしれませんが、買い物代金だけでなく、公共料金、携帯料金、保険料などもクレジット払いにすれば容易に達成できる金額ですから、1万円分のポイントがもらえるチャンスは十分あると言えるでしょう。

期間限定 マンスリーボーナスキャンペーン!

エポスゴールドカードの新規加入者全員が対象となる、期間限定のポイントキャンペーンが行われています。

ゴールドカード申し込み月の翌月から3ヶ月間、月10回以上のカード利用をすれば毎月200エポスポイントがプレゼントされます。

3ヶ月全てキャンペーンポイントを手に入れると600ポイント貯まります。

 

このキャンペーンの10回の利用には、利用額や利用場所といった条件は一切ありません。コンビニで100円の買い物を10回しても条件クリアになるため、非常にハードルが低いです。

まとめ

エポスゴールドカードは、ゴールドカードならではの空港ラウンジサービス等の特典が付いているだけでなく、お得な優待も様々あります。

ポイントも貯まりやすいですし、有効期間なしの永久ポイントです。

エポスカードの通常カードを利用していれば、インビテーションが届き、年会費無料でエポスゴールドカードを保有できるチャンスもあります。

エポスカードの通常カードを持っている人は、良好な利用実績を積んで、エポスゴールドカードへ切り替えるのがおすすめです。

PICKUP CONTENTS

トップへ