JCBゴールド法人カードの審査難易度や年会費について解説

JCBゴールド法人カードは、法人・個人事業主の方向けのスタンダードタイプである、JCB一般法人カードよりもさらにワンランク上のサービスを提供してくれるゴールドカードとなっています。

法人カードを利用することによって、ビジネスでの支払いをJCBゴールド法人カードに1本化することができます。

そうすることで、ビジネスとプライベートの区別が明確になり、領収書の管理や清算の手間を省き業務を効率化するメリットがあります。

 

さらにゴールドカードならではの旅行傷害保険が最高1億円までの補償や、国内外の航空機の遅延保険まで付帯されているので万が一の際も安心できる充実したサービス内容となっています。

今回はJCBゴールド法人カードの審査難易度や年会費などの特徴をご紹介します。

JCBゴールド法人カードの審査難易度は?

法人向けのクレジットカードも、通常のクレジットカードと同じように、一般カードが一番作りやすく、次にゴールドカード、プラチナカードと順に作るのが難しくなっていきます。

JCBゴールド法人カードも、JCB一般法人カードの上位カードにあたり、審査難易度は比較的高めとなっています。

特に、JCBは審査の際に、会員のJCBの利用実績を重視する傾向が強く、代表者個人がJCBの利用実績が全く無ければ、かなり審査難易度は上がると考えておいて下さい。

逆に、代表者個人がJCBの利用実績がしっかりある場合には、審査可決の可能性はかなりアップします。

JCBゴールド法人カードの審査

法人カードの審査では、法人自体の審査もさることながら、代表者個人の審査が非常に重要です。

代表者個人が使用しているクレジットカードの利用実績や、過去の遅延情報等も参考にして審査を行いますので、金融事故情報があれば、審査は難しくなります。

また、先ほども説明した通り、代表者個人がJCBの利用実績があるかどうかが重要な判断材料になってきます。

相当自身があれば構いませんが、今までJCBのカードを持ったことがないのであれば、とりあえず「JCB一般法人カード」に申し込むことをおすすめします。

JCBゴールド法人カードの特徴

年会費10,000円、使用者を1名追加ごとに3,000円

JCBゴールド法人カードの年会費は10,000円(税別)です。

そして使用者1名追加ごとに年会費が別途3,000円かかります。

 

ただし、キャンペーン期間中にJCBの公式サイトよりオンラインで入会した場合代表者ならびに代表者と同時に入会申込みした追加使用者の初年度年会費が無料になる期間がありますので入会前にJCBの公式サイトでチェックしてみてください。

ETCカードは何枚でも発行可能で、しかも無料!

JCBの法人カード会員の方は追加でETCカードを年会費無料で発行することができます。

ETC対応のICチップを搭載したETCでのみ利用できる専用カードになっていて、ETCスルーカードNと呼びます。

 

ETCカードは、JCB法人カード1枚に対して複数枚発行することができます。

法人カードに付帯させてETCカードを発行することのメリットは、請求がJCB法人カードとまとめてくるので有料道路利用代金を会社経費としてまとめて精算することができます。

法人または個人事業主が申込可能!

JCBゴールド法人カードに申込みできる方は、法人または個人事業主の方限定となります。

法人専用のゴールドカードとなりますので一般の個人の方は申込みすることができません。

カード使用者は18歳以上の方が対象となります。

ポイント還元率は0.5〜0.7%

JCBゴールド法人カードは法人カードにもかかわらず、個人のJCBカード会員と同様にポイントがたまるポイントプログラムが用意されています。

法人カードの場合個人向けのクレジットカードのポイント還元率に比べると低く設定されているところも多いですがJCBの場合はポイントの獲得還元率も個人向けクレジットカードと同じになっています。

 

JCBのポイントプログラムを「OkiDokiポイントプログラム」と言います。

利用金額に応じてOkiDokiポイントが貯まる仕組みです。

OkiDokiポイントは毎月のカード利用金額合計1,000円ごとに1ポイントがたまります。

たまったポイントは素敵な景品に交換や、航空マイレージに交換したり、各種ポイントに交換したり、キャッシュバックを受けたりと使い道はさまざまあります。

 

OkiDokiポイントを他のポイントなどに交換する際、各種交換したいものによって交換レートが異なるので一概に還元率が何%であると言い難いのですが、例えば、キャッシュバックを受ける際の交換レートは1,000ポイント単位で交換する場合はOkiDokiポイント1ポイントを4.5円に交換することができます。つまり還元率0.45%となります。

 

他にもTポイントに移行する場合はOkiDokiポイント1ポイントをTポイント5ポイントに交換できますし(還元率0.5%)、キャンペーン期間中などで還元率がアップで0.7%以上のポイント還元率になることもあります。

いろんな各種ポイントが期間限定で交換レートアップキャンペーンを行っていますのでお得な期間に交換するのがオススメです。

OkiDokiランド経由でポイント増加!海外ではポイント2倍!

JCBが運営するポイント優待サイトであるOkiDokiランドを経由していつもと同じ商品をインターネット上で買い物すれば、通常のお買い物もポイントが2になるオトクなサイトです。

通常でもポイントが常時2倍になるだけでなく、さらにポイントアップ期間中であれば最大でポイントが20になるオトクなサイトです。

 

OkiDokiランドは、ショッピングだけでなく、予約やアンケート回答でもポイントがたまるので絶対に利用するのがオススメです。

参加店舗は400店以上でアマゾンや楽天市場、ジョーシン、ビックカメラ、ベルメゾンなど大手企業もたくさん参加していますので普段利用しているお店もあるかもしれません。

 

同じ買い物をするにしてもOkiDokiランドを経由するだけでポイントがじゃんじゃんたまるので賢く利用するのがオススメです。

そしてJCBゴールド法人カードを海外で利用した際も常にポイントが2倍になります。

海外加盟店でのオンラインショッピングも含みます。

海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険がともに充実!

JCBのゴールド法人カードならではのサービスの一つであるのが最高1億円の海外旅行傷害保険が付帯されることです。

ゴールド法人カードで日本出国前に、搭乗する飛行機のチケットやツアー参加代金を支払っていることが条件で最高1億円の補償を受けられ、カードでの支払いがなかった場合でも最高5,000万円の補償が受けられます。

 

国内旅行の際も安心の最高5,000万円までの補償が付帯されています。

高額の旅行傷害保険だけでなく、国内外の航空機遅延保険も付帯されています。

国内外の航空機が乗継遅延などで発生した、飲食費や宿泊費の補償や、預けた手荷物が遅延や紛失した場合の衣類購入費などを補償してくれるサービスです。

これらの保険は、一般法人カードには付帯しておらず、ゴールド法人カードならではの付帯サービスとなっています。

国内の主要空港ラウンジが無料

JCBゴールド法人カード会員の方はゴールド会員ならではステータスである空港ラウンジが無料で利用できます。

利用できる空港は、国内の主要空港に加え、ハワイ・ホノルル国際空港内の空港ラウンジを年中無休、無料で利用することができます。搭乗前に、ドリンクや新聞閲覧などを静かな空間でゆっくりとくつろぐことができるのもゴールド会員ならではの魅力と言えます。

JCBゴールド グルメ優待サービス

全国の対象店舗にて、飲食代金の割引が受けられます。

商談や大事なお客様をもてなす際に、グルメ優待サービスを利用することで、特別な割引を受けることができます。

ゴルフエントリーサービス

JCBゴールド法人カード会員であれば、全国約1,200カ所のゴルフ場の予約代行を行ってくれます。

接待ゴルフであったり、社内コンペであったり、ゴルフは今の時代もビジネスマンに愛されています。

このような際にJCBゴールド法人カードは、全国のゴルフ場の予約を請け負ってくれるのです。

申込から審査、受け取りまでの流れ

ここでは申込みから審査、受け取りについて見て行きます。

申込方法

お申込みはJCB公式サイトよりインターネットでの申込みをします。

法人カードの場合は個人向けのクレジットカードのようにインターネット上で完結することができません。

 

インターネット上で申込みをし、審査結果は登録のメールアドレスに届きます。

無事に審査に通れば「JCB法人カード入会申込書」「返信用封筒」が郵送されてきますので記入、捺印した上返送します。

審査

審査難易度「ふつう」

JCBカードの審査は銀行や信販会社などが照会する信用情報機関をもとに審査をしますので一般的なクレジットカードの審査などと審査難易度に大差はありません。

 

しかし、法人カードの場合は法人自体の審査と、代表者個人の信用調査もすることになりますので過去の支払状況などに問題がないかどうかもチェックされます。

審査にかかる時間の目安「3~4週間」

法人カードの申込みをインターネットから申込みした場合、審査結果がでるまでに約3~4週間かかります。

無事審査に通れば「JCB法人カード入会申込書」「返信用封筒」が郵送されてきますので記入、捺印した上返送します。

在籍確認の有無「有」

JCBの公式サイト上に、「入会手続きに際し、お申し込みの確認のために代表者ご自宅またはお申し込み法人あてにお電話する場合があります」と記載がありますので確認の電話がかかってくる可能性があります。

カード発行

「JCB法人カード入会申込書」がJCBに到着してから1週間程度で契約確認書類が代表者の自宅住所あてに(カードの種類によっては法人の所在地あてにも)送付されてきます。

その後、契約確認書類を受領したことを確認してから、1週間程度でカードを発行してくれる流れになります。

JCBゴールド法人カードに関する基本情報

発行会社 株式会社ジェーシービー
国際ブランド JCB
年会費 10,000円(税抜)
※一部初年度年会費無料
使用者1名追加ごとに年会費3,000円(税抜)がかかります。
利用限度額 50万円~250万円
キャッシング枠 なし
支払方法 1回払い、2回払い
支払日 毎月15日締め、翌月10日払い
家族カード なし
ETCカード 年会費 無料
JCB法人カード1枚に対してETCカードを複数枚発行できます。
付帯サービス 海外旅行傷害保険(最高1億円)
国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
国内・海外航空機遅延保険(自動付帯)
ショッピングガード保険(最高500万円)

ポイントプログラム

OkiDokiポイントプログラム

JCBカード利用1,000円ごとに1ポイントがたまります。

たまったポイントはバリエーション豊かな商品と交換したり、航空マイレージ、各種ポイント、キャッシュバックに充当したり使い方を自分のスタイルに合わせて選べます。

 

ポイントの交換レートは交換する商品によって還元率が異なりますが0.4%~0.5%の商品が多いです。

キャンペーン期間中に還元率がアップするものもありますので賢くオトクに利用することがオススメです。

JCBスターメンバーズでポイントアップ!

JCBスターメンバーズは、年間一定金額以上利用した方だけに提供される特別なメンバーシップサービスです。

事前に登録は不要なので一定の金額を利用した場合、翌年のポイントが自動的にアップします。

 

例えば、年間で100万円以上のカードの利用した方はスターαプラスにランクアップするので、次年度のOkiDokiポイントが50%アップします。

まとめ

JCBゴールド法人カードは法人や個人事業主の方のビジネスをスマートにスピーディーに行うためのクレジットカードです。

公私の区別がつき、事務処理の手間を省くだけでなくJCB法人カード一本化することで毎月処理している各請求書の振込手数料を削減することもできます。

 

ゴールド法人カードの年会費は10,000円かかりますが、カードの年会費は経費として計上することができます。

さらにゴールド会員ならではのサービスも充実しており、海外旅行傷害保険が最高1億円まで補償、ショッピングガード保険も国内外で最高500万円まで補償されるので保険も最高クラスの安心が受けられます。

 

もちろんゴールドカードですので国内の主要空港ラウンジも年中無休無料で利用できます。

JCBの一般法人カードに比べてワンランク上のサービスを受けられるゴールドカードですのでスタンダードタイプよりもさらに手厚い補償を受けたい人にオススメの1枚となっています。

>>詳細はこちら

PICKUP CONTENTS

トップへ