JCBゴールドカードの審査難易度は高い?審査基準を徹底解説!

JCBゴールドカードは、国内唯一の国際ブランドである「JCB」が発行するプロパーゴールドカードです。

JCB(ジェーシービー)が直接発行しているゴールドカードということもあり、審査難易度は高めであると言われています。

しかし、日本のゴールドカードの顔とも言えるJCBゴールドカードを持ちたい方のために、審査に関する情報を解説していきたいと思います。

JCBゴールドカードの魅力

JCBゴールドカードの券面

  • JCBのプロパーゴールドカード
  • 年会費は10,000円(税別)
  • 利用限度額300万円
  • 国内での利便性とステータスが抜群!
  • JCBゴールド ザ・プレミア、JCBザ・クラスを目指せる
  • ゴールドカードならではの特典を完備
  • 海外旅行保険が家族特約まで含めて充実

JCBゴールドカードは、国内唯一の国際ブランドであるJCBのプロパーゴールドカードです。

年会費は10,000円(税抜)と、ゴールドカードとしては標準的な年会費ですが、デザインもシンプルでワンランク上の大人が持つハイステータスカードとして人気です。

JCBゴールドカードの利用限度額も300万円とゆとりのある設定(審査の上決定)がされています。

他のゴールドカードを圧倒する海外旅行傷害保険内容(最高1億円)や、航空機の遅延補償やショッピングガード保険も付帯されています。もちろん空港ラウンジも無料で利用できます。

JCB ORIGINAL SERIESであるJCBゴールドカードの良さは、長く使い続けることで「JCBゴールド ザ・プレミア」、「JCB THE CLASS(JCBザ・クラス)」へとグレードアップできる仕組みがあることです。

「JCBザ・クラス」は国内で発行されている数少ないブラックカードです。

日本で手に入れることのできるブラックカードは6種類しかありません。

最終的にブラックカードが設定されているのはJCBゴールドカードの魅力の一つでもあります。

JCBゴールドカードの審査難易度はなぜ高いのか

JCBゴールドカードの審査難易度は比較的高めであると言われています。

ゴールドカードですから当然なのですが、なぜJCBゴールドの審査は厳しいのでしょうか。

その理由を2つ紹介していきます。

①JCBが直接発行するプロパーカードである

JCBカードは、ジェーシービー株式会社が直接発行しているプロパーカードです。

JCBのロゴは、他のクレジットカードの券面などでもよく目にすることがあるかと思います。

しかし、そのほとんどが提携店が発行している提携カードです。

プロパーカードと言われるものは、厳密には日本には3つのブランドしかありません。

  • ダイナースクラブ
  • アメリカン・エキスプレス
  • JCB

この3つです。

国際ブランドが直接発行しているカードのことを「プロパーカード」と言います。

 

そして、国内唯一の国際ブランドであるJCBの(プロパーカード)は「JCB ORIGINAL SERIES」(ジェーシービーオリジナルシリーズ)とも言われ、

  • JCB一般カード
  • JCB CARD EXTAGE(18歳以上29歳以下限定)
  • JCBゴールドカード
  • JCB GOLD EXTAGE(20歳以上29歳以下限定)
  • JCBゴールド ザ・プレミア
  • JCBザ・クラス(JCB THE CLASS)

の6種類です。

それぞれJCB一般カードをスタートとしてランクアップしていくカードか年齢限定カードになっています。

基本的にプロパーカードは、提携カードより審査の難易度は高めに設定されています。

その分、プロパーカードには提携カードには無い「高いステータス」が備わっているのです。

②ゴールドカードであること

JCBゴールドカードの審査難易度が高いのは、プロパーカードであり、かつゴールドカードあるからです。

昔は一般カードとゴールドカードしか無く、ゴールドカードを持つことができる人はほんの一握りでした。

しかし、今ではゴールドカードの上にプラチナカードやブラックカードが設定されているカードが増えてきたことから、以前ほどゴールドカードの敷居は高くなくなっています。

とはいえ、ゴールドカードの審査難易度は、平カードと比較すると高めに設定されています。

③銀行系クレジットカードである

クレジットカードはそれぞれ、発行会社によって大まかには以下の4つに分類されています。

  • 銀行系クレジットカード
  • 信販系クレジットカード
  • 流通系クレジットカード
  • 消費者金融系クレジットカード

JCBカードは、「銀行系クレジットカード」に分類されています。

その中でも、プロパーカードの審査難易度はさらに高めです。

JCBのカードが銀行系クレジットカードである理由

銀行系クレジットカードは、日本で一番歴史の長いクレジットカードです。

1961年に日本で初めての国産クレジットカードが発行されました。

それが、「日本クレジットビューロー(Japan Credit Bureau)」という銀行が設立したクレジットカードです。

そうです。それが、今のJCBカードです。

JCBは銀行が出資した子会社によって発行されたクレジットカードだから、銀行系クレジットカードだというわけです。

審査難易度のまとめ

JCBゴールドカードの審査難易度についてまとめておくと、

  1. 国内唯一の国際ブランドJCBのプロパーカードである
  2. 上位ランクのゴールドカードである
  3. 銀行系クレジットカードに分類されている

この3つの理由が組み合わさり、JCBゴールドカードの審査難易度は高くなっているのです。

審査難易度が高いとうことは、それだけJCBゴールドカードのステータスが高いということでもあります。

JCBゴールドカードの審査基準

審査の基準イメージ

JCBゴールドカードの審査基準には2つの基準があります。

というのも、JCBゴールドカードへの入口が2つあるからです。

  1. JCBゴールドカードから直接申し込む方法
  2. JCB一般カードを利用してインビテーションを待つ方法

それぞれに分けて審査基準を解説していきたいと思います。

①JCBゴールドカードから直接申し込む方法

今までにJCBカードの利用実績が無く、JCBゴールドカードから初めて申し込みを行う場合、審査基準は厳しくなる傾向にあります。

まず、JCBゴールドカードの申込基準を調べてみると、

  • 「20歳以上で、本人に安定した継続収入がある方」
  • 「学生の方は申し込めない」
  • 「ゴールドカード独自の審査基準により発行を行う」

という旨が書いています。

 

この「(JCB)ゴールドカード独自の審査基準」というのが気になりますよね。

 

つまり、「学生でない20歳以上で、本人に安定した継続収入があり、ゴールドカード独自の審査基準をクリアした方」がJCBゴールドカードを持つことができるわけです。

年齢条件

JCBゴールドカードは、20歳以上で安定した継続収入がある方が申込条件となっていますが、実際には30歳以上でないと審査に通過するのは難しくなっています。

 

なぜなら、JCBのラインナップには、「JCB GOLD EXTAGE」(JCBゴールドエクステージ)という20歳以上29歳以下の方限定のカードがあるからです。

JCBの利用実績が無い場合、JCBとしては「JCB GOLD EXTAGE」の会員になってもらいたいわけです。

ただ、年齢が20歳以上29歳以下の方が絶対に審査に通らないわけではありません。

 

しかし、できることなら20歳以上29歳以下の方は「JCB GOLD EXTAGE」、年齢が30歳以上の方は「JCBゴールドカード」に申し込むと審査に通りやすいと言えるでしょう。

年収条件

一般的なプロパーのゴールドカードの年収要件は、会社員であれば年収500万円以上、個人事業主であれば年収700~800万円以上とされています。

 

この年収基準はJCBゴールドカードにも当てはまっており、できることなら年収は500万円以上の役職者であることが望ましいです。

ただ、他の審査基準との総合判断で審査は行われるため、年収が500万円に達していないから審査には絶対通らないというわけではありません。

勤続年数

JCBゴールドカードの審査基準の一つとして、勤続年数があります。

勤続年数の基準もプロパーのゴールドカードの基準を参考にして問題ないと思います。

そうすると、勤続年数は7年~8年以上、個人事業主の方であれば勤続年数が10年以上が望ましいです。

ただし、勤続年数の基準に関しても、年収条件と同じく他の基準との兼ね合いがあります。

勤続年数が7年~8年未満であっても審査可決の可能性はあります。

直接申し込んで審査に通過する可能性が高い方
  • 年齢が30歳以上
  • 年収が500万円以上(個人事業主の方は700万円以上)
  • 勤続年数が7~8年以上(個人事業主の方は10年以上)

上記の基準は一つの目安です。これらの基準を満たしていなくても審査に通過する可能性はあります。

ただ、上記の審査基準を満たしていれば間違いなく審査に通過するであろうというラインになります。

 

②JCB一般カードを利用してインビテーションを待つ方法

先ほどのおさらいになりますが、JCBゴールドカードに直接申し込む場合の以下の3つの審査基準を満たしていない場合、審査に通過する可能性が低くなります。

  1. 年齢が30歳以上
  2. 年収が500万円以上(個人事業主の方は700万円以上)
  3. 勤続年数が7~8年以上(個人事業主の方は10年以上)

上記の審査基準を見て「審査に自信が無い」と感じた方はこれから説明する方法を参考にしてみてください。

年齢条件だけ満たしていない人(30歳未満の方)

年齢要件のみを満たしていない方は、「JCB GOLD EXTAGE」に申込みましょう。

JCB GOLD EXTAGEは、20歳以上29歳以下の方限定のゴールドカードです。

サービス内容は、JCBゴールドカードに劣りますが、年会費は3,000円(税別)ですし、空港ラウンジサービスも利用できます。

何より、JCBゴールドカードへのランクアップの道が繋がっています。

JCB GOLD EXTAGEでしたら、審査基準は以下のように下がります。

JCB GOLD EXTAGEの審査基準
  • 年齢が20歳以上29歳以下の方
  • 年収が300万円以上の方
  • 勤続年数が3年以上の方

JCBゴールドカードはJCBの利用実績を重んじていますので、JCBゴールドカードの審査基準をクリアすることを目指すより、JCB GOLD EXTAGEで実績を積んだほうが近道かもしれません。

年齢が30歳以上の方

JCBゴールドカードの審査基準である年齢基準は満たしているが、他の基準(年収・勤続年数)を満たしていないという方は、JCB GOLD EXTAGEにも申し込むことはできません。

そのため、JCBゴールドカードを手に入れる一番の近道は、JCB一般カードに申込み、利用実績を積み上げることです。

 

JCB一般カードの審査基準は易しめです。

申込基準は、「高校生を除く18歳以上で安定した収入がある方」とされており、JCBゴールドカードを目指そうと考えている方なら問題なく審査に通過できると思います。

JCBでの利用実績が大事

JCBは、JCBでの利用実績を重視する傾向にありますので、JCB一般カードで実績を作り、JCBゴールドカードへのインビテーションを待ちましょう。

年間で50万円程度利用される方でしたら、インビテーションを待つか、専用サイトから申し込みをすることでJCBゴールドカードへとランクアップすることができます。

JCBゴールドカードの審査に落ちたら…

JCBゴールドカードは、利用実績の無い申込者に対しては、厳しい基準をもって審査を行いますので、審査に落ちてしまうことは珍しくありません。

JCBゴールドカードの審査にチャレンジして審査否決となってしまった方に関しても、まずは、

  • JCB一般カード
  • JCB CARD EXTAGE
  • JCB GOLD EXTAGE

のいずれかのカードから利用実績を積み始めましょう。

JCB側からすれば、それだけJCBゴールドカードを手に入れたいのだなと言うメッセージにもなります。

そのため、JCBゴールドに落ちてからの下位カードへの挑戦は悪いイメージはありません。

審査基準のまとめ

ここまで説明してきたJCBゴールドカードの審査基準について、簡単に以下にまとめておきます。

  • 年齢が18歳~29歳以下の方

→「JCB一般カード」からランクアップを目指す

JCB一般カードは実質年会費無料でポイントも貯まる!ディズニー特典も詳しく解説

 

  • 年齢が20歳~29歳以下の方
  • 年収が300万円以上
  • 勤続年数が5年以上

→「JCB GOLD EXTAGE」からのランクアップを目指す

JCB GOLD EXTAGEの審査難易度や年会費を解説!20代限定ゴールドカード!

 

  • 年齢が30歳以上
  • 年収が500万円以上
  • 勤続年数が7~8年以上

→「JCBゴールドカード」に直接申込をする

申込・審査時の注意点

注意点のイメージ

JCBゴールドカードに限らず、申込・審査において注意しなければならないポイントがあります。

虚偽の申告をしない

どうしてもJCBゴールドカードの審査に通過したいからといって、申込時に虚偽の申告をしてしまうと、それだけで審査に落ちてしまうことになります。

どこまで虚偽の申告が通用するかに関わらず、バレたら即審査落ちですので、ありのままの事実を申告するようにしましょう。

多重申込を避ける

クレジットカードに申込をする際、他社でも複数の申込をしていたり、他社で審査落ちしてるにも関わらず短期間のうちに何度も申込をすると「多重申込」をしていると判断されます。

多重申込をしている人は、「申込みブラック」と呼ばれ、審査に通る可能性が極めて低くなるので注意しましょう。

審査時間・日数

JCBゴールドカードの審査時間や審査にかかる日数はどれぐらいなのでしょうか。

JCBゴールドカードの審査は、インターネット上で申し込みをすると、大体2~3日を目処に審査結果が届きます。

最短では30分~1時間程度で審査結果が届くこともあります。

 

ただし、最短で審査結果が出るのは、審査基準を余裕でクリアしている方に限った話です。

審査通過がきわどい方やJCB側で何か気になる点がある方は時間がかかります。実際に1週間から10日以上かかる方もいるようです。

在籍確認はあるのか?

JCBゴールドカードの場合、在籍確認の有無はケースバイケースのようです。

ただ、今までJCBのカードを持ったことが無い方に対しては、在籍確認が行われる可能性が高くなります。

在籍確認が行われる場合は、在籍確認後にカードの発行となります。

カード発行までにかかる日数

JCBゴールドカードの発行までにかかる日数は、本人確認の方法により異なります。

  1. インターネットで申し込みをし、支払口座の設定をする。(平日14時までに申込完了で、最短翌日発行、翌日カード受取)
  2. カード到着時に本人確認をする。(最短3営業日発行、1週間程度でカード受取)
  3. インターネットで本人確認書類で提出する。(最短3営業日発行、1週間程度でカード受取)
  4. 郵送で必要書類を提出する。(約3週間後カード受取)

全て審査等がスムーズに進んだ際の目安の日程ですので、書類に不備があったり、審査に時間がかかってしまうと、上記の日数より長くなりますので注意してください。

まとめ

JCBゴールドカードのカードフェイス

JCBゴールドカードの審査について詳しく解説してきました。

JCBゴールドカードを手に入れたいと思う方で審査に自信が無い方は、まずは「JCB一般カード」もしくは「JCB GOLD EXTAGE」に申込むことをおすすめします。

そして、利用実績を作ってから「JCBゴールドカード」へのランクアップを目指しましょう。

 

また、JCBゴールドカードの審査基準を現時点で問題なくクリアしている方は、JCBゴールドカードに直接申込みをしましょう。

JCBゴールドカードのさらに上位ランクカードである、「JCBゴールド ザ・プレミア」「JCB ザ・クラス」を少しでも早く持ちたいという方は、「JCBゴールドカード」からスタートした方が近道です。

 

JCBゴールドカードは、ゴールドカードの中でも王道のカードです。

プロパーのゴールドカードというのは、誰もが憧れるステータスを持っています。

それだけに審査難易度も高く、簡単に手に入れることはできません。

しかし、簡単に手に入らいないカードだからこそ、手に入れた時の喜びは格別なのではないでしょうか。

  • ステータスの高いメインカードを探している!
  • やっぱりプロパーのゴールドカードがかっこいい!
  • ゴールドカードならではの優待や特典が欲しい!
  • 最終的にブラックカード(JCBザ・クラス)が欲しい!

以上のような方は、JCBゴールドカードが特におすすめです!

入会キャンペーン実施中!

JCBゴールドカードでは、最大11,000分のプレゼントがもらえる新規入会キャンペーンを実施しています。

最新のキャンペーン情報は下記公式サイトより確認してみてください。

PICKUP CONTENTS

トップへ