三井住友銀行もSMBCデビットでデビット参入!気になる年会費は?

目次 ※クリックで開閉します

日本のメガバンクの一つである「三井住友銀行」と、国内クレジットカード会社の「三井住友カード」が共同開発した「SMBCデビット」という新しいサービスが、2016年10月下旬から登場しています。

三井住友銀行は利用者の多い銀行であり、デビットカードの登場は多くの人にとってメリットになることが予想されます。

 

そうなると気になるのは、「新しく登場するカードの特徴や仕様はどうなっているのか?」ということです。

そこで今回は、現時点で登場から1ヶ月程度しか経過していない新しいサービスであるSMBCデビットの特徴について解説していきます。

SMBCデビットカードの概要

まず、SMBCデビットカードがどのようなサービスであるのかということについて解説していきます。

日本初の国内クレジットカード会社が発行するデビットカード

まず、SMBCデビットカードを発行している「三井住友カード」と言えば、日本で初となるクレジットカード会社であるということです。

同時に、SMBCデビットカードは、そんな日本で初めてクレカを発行した会社が発行するデビットカードであるということになります。

 

何であれ、一番最初が一番優れている、とうことにはなりませんが、老舗であるということはつまり「ノウハウを培っている」ということになります。

SMBCデビットカードは、これまでのクレジットカード発行・運営で培ってきたノウハウが活かされたカードであるということになります。

メガバンクでは三菱東京UFJ銀行に続いて発行されるデビットカード

次に、「メガバンクでの国際ブランドのデビットカード」としては、「三菱東京UFJ銀行」に次いで2番目のカードとなるということになります。

デビットカードを利用するためには「銀行」の存在が必要不可欠です。

そんな銀行という選択肢において、「ネット銀行」よりもメガバンクを使いたい層にとっては選択肢となるカードとなります。

 

他にも選択肢としては「地方銀行」という選択肢があります。

学生時代にアルバイトをしていた人は、お住いの地域の地方銀行の口座を一つはお持ちなのではないかと思います。

なので、そのまま利用するという選択肢もありますが、ネット銀行やメガバンクに比べて経営地盤が弱く、得られるサービスも小さいものになります。

地方銀行は選択肢が多い反面、「遠方に住んでいると口座開設を断られる可能性がある」というリスクもあるので、実質的に利用できる選択肢は「既に保有する地方銀行のデビットカード」か、「全国に展開するメガバンクのデビットカード」か、もしくは「ネット上で運営されているネット銀行のデビットカード」ということになります。

 

ですが、ネット銀行には未だに不安を覚えるという人も少なくありません。

実店舗としての銀行を運営していないというのも、場合によっては不便に感じてしまうことも多いです。

また、給料の振込先としてメガバンクを指定されることも珍しくはありません。

何かとネット銀行と比較して、メガバンクは安心感があります。

そんな銀行のデビットカードを作りたいという場合だと、やはりメガバンクが唯一と言える選択肢となるのです。

カードフェイスは全部で4種類!

次に、SMBCデビットカードには「4種類のカードデザインが用意されている」というポイントです。

カードを持つとなると、やはりカードのデザインも気になる所です。

SMBCデビットカードでは「ベーシック」「ミドすけ」「なでしこ」「龍」の4種類のカードフェイスが用意されています。

 

「ベーシック」は、三井住友銀行のイメージカラーをそのまま採用した、オーソドックスで誰が持っていても自然な仕上がりになっています。

次に「ミドすけ」は、三井住友銀行のマスコットであるミドすけをデザインにあしらった可愛らしいデザインです。

「なでしこ」は、カード全体に花が舞っている、大人の女性にピッタリのデザインです。

最後に「龍」は、黒と白の背景をバックに龍が描かれている、シックなデザインです。

詳しいデザインについては三井住友銀行のホームページでご覧になってみてください。

SMBCデビットカードの特徴を一挙公開!

次に、SMBCデビットカードの特徴について深く掘り下げて解説していきたいと思います。

国際ブランドはVISAブランド

まず、SMBCデビットカードは「VISAデビットカード」であるということです。

クレジットカードの中でも人気の高い「三井住友VISAカード」と同じ、国際ブランドがVISAブランドのデビットカードとなります。

 

なぜ、VISAデビットカードが人気なのかと言えば、「世界的な加盟店の多さ」によるものが大きいです。

日本で有名な国際ブランドとしては「JCB」もありますが、これは日本発の国際ブランドであり、日本国外では加盟店がそこまで多くないのです。

海外発の国際ブランドであるVISAは、日本国外を問わず加盟店が多いのです。

つまり「海外で利用できるケースが多い」のがVISAだということになるのです。

年会費は無料で利用可能

次に、SMBCデビットカードは「年会費無料のデビットカード」であるというポイントです。

発行手数料も不要で、口座を持っている人は申し込みをするだけで手に入るという手軽さなのです。

 

同じメガバンクでライバルとなる「三菱東京UFJ-VISAデビット」が、2年目から年会費が1,080円かかることから、SMBCデビットの方が優位に立っていると言えます。

1,000円程度であればそこまで大きな負担でもありませんが、「0円」と「1,000円」では大きな違いがあると思いませんか?

持っているだけならお金がかからないというのであれば、やはりお得感が違います。

0.25%の自動キャッシュバック

次に、SMBCデビットカードの「利用額の0.25%がキャッシュバックされる」というポイントです。

前月利用分から自動で該当金額が普通預金口座にキャッシュバックされるという仕組みです。

これも三菱東京UFJ-VISAデビットが0.2%ポイント還元なので、比較すると還元率が0.05%高いことと、面倒のないキャッシュバックであることを踏まえると、この点でも優位だと言えます。

 

なぜ、キャッシュバックが有利なのかと言えば、簡単に言えば「使い勝手が良い」からです。

現金という形で還元されるので、ポイント還元よりも使えるシーンが多く、貯める必要もありません。

また、「自動でキャッシュバック」という特徴は、「ポイントの有効期限が切れてしまう」といったことがないので、放置していても勝手に口座に振り込まれて、還元された特典が無駄になることがないのです。

 

還元率自体はそこまで高くないものの、今まで現金払いしていた支払いの全てをキャッシュバックの対象にできることにより、少なからず節約効果を期待することができます。

仮に月間で10万円だとすると、1ヶ月では250円ですが年間では3,000円になります。

ただデビットカードを使って支払いをすると言うだけでキャッシュバックされる上に、年会費は無料なので、丸ごと利益として考えることができるのです。

ショッピング保険が付帯されている

次に、「ショッピング保険が付帯している」というポイントです。

年会費無料のデビットカードですが、ショッピング保険も付帯されているというのは大きなメリットであると言えます。

補償期間は「購入日の翌日から90日間」であり、自己負担3,000円で運用されます。

 

ショッピング保険は、カードで支払いをした商品が破損して使えなくなった、あるいは修理することになれば、買い直したり修理費用がかかったりします。

SMBCデビットカードで支払っている場合であれば、90日間は3,000円の自己負担で補償をしてもらえるのです。

ただし「海外での利用のみが対象」という制限がありますので注意が必要です。

不正利用補償も付帯されている

次に、ショッピング補償以外にも「不正利用補償が付帯している」というポイントです。

第三者からの不正利用に関して、60日以内の不正利用において年間で100万円まで補償されます。

 

デビットカードには銀行口座残高を上限として、不正利用の被害が発生するというリスクがあります。

しかし、不正利用補償があることにより、本人に故意または過失がなければ100万円までであれば補償を受けることができるのです。

利用規約を確認し、この場合における過失にあたることを実行しないように注意しましょう。

カードの性質の違いがハッキリと出ている

まず、三井住友銀行のデビットカードとクレジットカードの違いについて、おおまかにまとめてみました。

カードの種類 SMBCデビットカード 三井住友VISAカード (クラシックカード)
年会費 無料 1,250円
審査の有無 無し 有り
ポイント還元率 0.25% (キャッシュバック) 0.5〜1.0%
海外旅行損害保険 無し 有り
ショッピング保険 有り 有り
支払い方法 口座から即引き落とし 分割・リボ・一括
キャッシング機能 無し 有り
その他の特典 ・海外ATMで現地通貨引き出し ・不正利用補償 ・会員用WEB ・家族カード有り ・三井住友カードiD ・カードの種類によって特典が異なる

用途の違ったカードとして使い分けるのがオススメ

このように、デビットカードとクレジットカードを比較してみると、大まかとは言え違いが明らかであることは一目瞭然です。

そのため、「どちらのカードが優れているのか?」ということは一概には言えないのです。

なぜなら「そもそものカードの目的が違う」ため、使い分けるのが賢い選択と言えます。

 

例えば、「銀行のキャッシュカード」と、「カードローンのカード」では、全く性質が異なることは誰もが知っています。

どちらも「ATMから現金を引き出す」という機能を持ち合わせていますが、片方は「銀行口座から現金を引き出す」のに対して、片方は「借金をする」という点で、全く異なっています。

 

クレジットカードとデビットカードも、本質は似たようなものです。

どちらも「現金不要で決済できる」「国際ブランドを持っている」「最終的に銀行口座から引き落とされる」という点は異なりますが、クレジットカードの基本的な考え方が「借金」であること(クレジットカード会社が一旦立て替え払いしているので)に対して、デビットカードは即座に口座から該当金額が引き落としされます。

 

さらに具体的な利用シーンを考えた上で比較してみると、「信用取引」の有無により、月々払いではデビットカードは利用できないことが多いです。

そのため、「使えるシーン」で言えば、デビットカードのほうが限定されてしまいます。

 

ならば、クレジットカードのほうが優れているのかと言えば、クレジットカードには「カード破産」というリスクがあります。

デビットカードの場合は口座残高以上に決済することは(基本的に)不可能なので、「使い込んでしまう」ということを避けられます(というか基本的に出来ません)。

そのため、例えば「普段使いのデビットカード」と「月々払いや、デビットカードでは支払えない場面での支払いのためのクレジットカード」といったように、用途の異なるカードとして場面ごとに使い分けるということもできます。

どちらにしても「現金払いでは得られないメリット」を得る事ができますので、場合によっては大きなメリットや節約効果を期待することもできます。

 

詳しくは『デビットカードとクレジットカードの違いは何だ!?』の記事で解説を行っておりますので、気になる方はそちらの方もご覧になって、理解を深めていただければと思います。

PICKUP CONTENTS

トップへ