「ガソリンカード」と呼ばれるクレジットカードとはどんなカード?

目次 ※クリックで開閉します

皆さんは「ガソリンカード」という言葉を聞いたことあるでしょうか。

ガソリンカードに関して「ガソリンを入れるのに便利なクレジットカードなんでしょ?」という認識を持つ人が多いです。

確かに、それ自体は間違っているわけではありません。

 

ですが、ガソリンカードの特徴はそれだけでは語り尽くせるものではありません。

ガソリンカードはその名の通り「ガソリンをお得に入れられるカード」ではあるのですが、それ以外の特徴もしっかりと理解しないと、本当の意味でガソリンカードをお得に利用することはできません。

そこで、ガソリンカードの正体についてもっと詳しく説明していきます。

ガソリンカードの基礎知識

まず、「そもそも、ガソリンカードって何?」というところから解説していきます。

「ガソリンカード」とは、石油関連会社が発行するガソリンが安くなるクレジットカード

ガソリンカードとは、ガソリンの元売りである「石油関連会社」が発行しているクレジットカードのことです。

発行元の企業の傘下であるガソリンスタンドでの給油に際して対応するガソリンカードを利用することで、割引などの特典を利用することができます。

ガソリンを給油するにあたって、リッターあたり数円の値引きを受けることができたり、対応するガソリンスタンドでの給油の代金の支払いにおける「クレジットポイント」の付与率が上がるなど、特定のガソリンスタンドを利用するにあたってさまざまな特典が用意されています。

さらに、ガソリンやガソリンスタンドとは直接関係しないサービスが付帯しているカードもあります。

石油関連会社ってどんな企業があるの?

さて、ガソリンカードは「石油関連会社が発行している」ということは、先ほど説明しています。

ですが、いかにガソリンスタンドをよく利用していても、普段利用する頻度の高い石油会社の名前しか知らない人も多いのではないでしょうか?

代表的な石油関連会社としては「コスモ石油」「ENEOS」「出光興産」「昭和シェル石油」「三井石油」「SOLATO(太陽石油)」「キグナス石油」「エクソンモービル」等が挙げられます。

企業名がそのままガソリンスタンド名にも使われているものもあるので、知名度の高いものも多いのではないかと思います。

企業名自体は聞き慣れないものであっても、ガソリンスタンド名を告げると「ああ!あのガソリンスタンドの会社か」なんてこともあります。

ガソリンカードの特徴として挙げられるポイント

それでは、多くのガソリンカードに共通する特徴を、以下の3つのポイントに分けて解説していきます。

これを理解することで、ガソリンカードを利用すべき人がどんな人であるのかということが見えてきます。

ガソリンの価格が安くなる

まず、対応しているガソリンスタンドでの給油に際して、ガソリンの単価が安くなります。

決済に際して対応するガソリンカードを使うことで、基本的にリッターあたり数円の割引を受けることができます。

これがガソリンカードの代名詞とも呼べる代表的な特徴です。

同じガソリンスタンドを利用し続けるのであれば、ガソリン代をそれなりに節約することができます。

車に乗る機会が多い人ほどガソリンを消費するので、その給油台が安くなることで相当な節約効果を期待できます。

給油時にポイント還元率が高くなる

次に、ガソリン代の割引ではなく「ポイント還元率が高くなる」という特徴を持ったカードがあります。

該当するガソリンスタンドでカード決済するだけで多くのポイントを貯めることが可能なのです。

ガソリンカードが規定するガソリンスタンドでの給油において、クレジットカードの特徴である「決済額に応じてポイントが付与される」という事に関する「ポイント還元率」が、通常の決済よりも高くなるという特徴を持っていることがあります。

そのため、そのガソリンスタンドで給油し、カード決済をするほどにポイントを貯めやすくなり、高額なポイントを貯めないと利用できない特典も利用しやすくなります。

車にまつわるサービスが充実している

さらに、カードによってはガソリンは直接関係しない「ロードサービス」などの特典が付帯していることがあります。

ガソリンではなく、ガソリンを使う「車に関係したサービス」ということで付帯しているのです。

ガソリンカードを利用するということは、少なからず車を運転するということになります。

そのため、ガソリンカードの中には「車の修理費用」や「レンタカー代」などの割引サービスがついたカードもあるのです。

これによって、車の運転をより便利に利用することができるようになります。

ガソリンカードを賢く使うためのポイントを抑えよう

ガソリンカードの基本的な特徴については理解できたかと思います。

では、そんなガソリンカードを賢く使うためにはどういったポイントに注意するべきなのか、3つのポイントに分けて解説します。

・よく利用するガソリンスタンドを決めよう

まず、ガソリンカードを作る時は「利用するガソリンスタンドを決める」ことが重要です。

ガソリンカードのメリットは、そのガソリンカードの規定するガソリンスタンドでないと効力を発揮しません。

先ほど「ガソリンカードは、ガソリンの代金を割り引くことができる」と説明していますが、これはあくまでも「ガソリンカードの発行元の系列のガソリンスタンドでの給油」に限ります。

つまり、そのガソリンカードが規定していないガソリンスタンドでカード決済をしても、割引もポイント還元率アップも適用されません。

つまり、ガソリンカードを作る場合は「そのガソリンカードが規定するガソリンスタンドを利用する」ということが前提となるのです。

ここで問題になるのは「そのガソリンカードが規定するガソリンスタンドを利用するのか?」ということです。

自宅の近所および通勤途中に存在しないガソリンスタンドがお得に利用できるガソリンカードを作っても意味がありません。

そのため、まずは「自分が利用するガソリンスタンド」がどこなのかということを考えて、そのガソリンスタンドが「どの企業が運営するのか」ということを調べます。

あとはその石油関連会社が発行するガソリンカードを調べて、お目当てのガソリンスタンドが対象になるのかどうかを調べればOKです。

よく利用するガソリンスタンドを決めよう

まず、ガソリンカードを作る時は「利用するガソリンスタンドを決める」ことが重要です。

ガソリンカードのメリットは、そのガソリンカードの規定するガソリンスタンドでないと効力を発揮しません。

先ほど「ガソリンカードは、ガソリンの代金を割り引くことができる」と説明していますが、これはあくまでも「ガソリンカードの発行元の系列のガソリンスタンドでの給油」に限ります。

つまり、そのガソリンカードが規定していないガソリンスタンドでカード決済をしても、割引もポイント還元率アップも適用されません。

つまり、ガソリンカードを作る場合は「そのガソリンカードが規定するガソリンスタンドを利用する」ということが前提となるのです。

ここで問題になるのは「そのガソリンカードが規定するガソリンスタンドを利用するのか?」ということです。

自宅の近所および通勤途中に存在しないガソリンスタンドがお得に利用できるガソリンカードを作っても意味がありません。

そのため、まずは「自分が利用するガソリンスタンド」がどこなのかということを考えて、そのガソリンスタンドが「どの企業が運営するのか」ということを調べます。

あとはその石油関連会社が発行するガソリンカードを調べて、お目当てのガソリンスタンドが対象になるのかどうかを調べればOKです。

年会費が無料、条件付き無料のカードもある

次は「年会費の有無」と「年会費無料の条件」についてです。

可能な限り年会費による負担の少ないカードを利用しないと、ガソリンカードを利用する意味が薄れてしまいかねません。

「安くガソリンを入れたい」という目的のカードなので、カード自体にお金がかかっては意味がありません。

年会費がかかってしまえばガソリンカードで節約できた金額を無駄にしてしまいますので、年会費無料のカードを利用することが理想です。

ですが、年会費がかかるガソリンカードでも、「条件次第で年会費が無料になる」というカードでも問題ありません。

条件付き年会費無料のカードはガソリンカード以外にも存在しますが、その多くが「年間に◯万円以上の利用で無料」という条件がついています。

ガソリンカードはクレジットカードなので、ガソリンの給油以外の用途で利用してもその条件の対象となります。

ガソリンだけでもそれなりの金額になるでしょうから、場合によっては「実質的に年会費がかからない」と評価できるガソリンカードも少なくありません。

もしくは、「年会費がほとんどかからないカード」でも目的は果たせます。

年会費の負担が、ガソリンカードによる節約効果1年分を上回らない限り、ガソリンカードを利用するだけの価値は十分にアリます。

ですが、やはり年会費無料のカードのほうがお得に利用できることには変わらないと言えます。

そもそも普段車に乗らない人にはメリットが少ないので注意

最後は「車に乗る頻度を考える」ということです。これはつまり「ガソリンカードを作る価値の大きさ」に関わることです。

あまり車に乗らないのであれば、ガソリンカード以外のクレジットカードの方がお得に利用できる可能性があります。

既に説明していることですが、ガソリンカードは「ガソリンや車に関する利用」で真価を発揮するカードです。

そのため、車にそれほど乗らない人にとっては、あまり恩恵が大きくならない可能性があるのです。

車にあまり乗らないということは「給油の必要性が少ない」ということなので、ガソリンが安く給油できてもそこまで大きなメリットにはなりません。

ロードサービスも無用の長物と化す可能性すらあります。

同時に、そういった人の場合だと「一般的なクレジットカード」の方が恩恵が大きい可能性があるのです。

ガソリンカードはガソリンや車関連の特典に特化しているので、それを利用しないというのであれば他の部分で特典を用意している他のクレジットカードのほうがお得に利用できる可能性があります。

例えば「ポイント還元率が高いカード」や「普段よく利用する商業施設をお得に利用できるカード」など、自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことが必要です。

もしくは、ガソリン給油用にガソリンカードを1枚だけ持っておき、他の場面では別のカードを「メインカード」として運用するという方法もあります。

その場合だとガソリンカードの年会費が問題となりますので、年会費が無料もしくは無料にする条件が緩いカードであることが望ましいです。

まとめ

ガソリンカードを持っていることによって、特定のガソリンスタンドのガソリンを安く入れることができます。

特定のガソリンスタンドのみを利用することができ、そのガソリンスタンドに対応するガソリンカードがあれば、ガソリン代を大幅に節約できる可能性があります。

ですが、クレジットカードは数多く存在し、ライフスタイルによっては他のカードのほうがお得に利用できる可能性もあります。

利用するカードや利用する場面についても十分に考慮して、申し込むガソリンカードを選ぶようにしましょう。

PICKUP CONTENTS

トップへ