マタニティ

妊娠中はいつまで自転車に乗っても大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

お買い物や通勤に便利な自転車。妊婦さんになっても使用したいと考えている方は多いかと思います。

しかし、どうやら妊婦さんが自転車に乗る事に関して、賛否両論の意見があるようです。

今回は、妊婦さんが自転車に乗る時のメリットやデメリット、使用する時の注意点等についてご紹介していきます。

妊婦が自転車に乗ってもいい理由とは?

まずは、妊婦さんが自転車に乗る時のメリットについて取り上げていきます。

妊婦さんが自転車に乗る事に賛成の人は、どちらかというと少数派ではありますが、メリットも発生している分、考慮すべき意見でもあります。

流産や破水の原因になる、という根拠はない

自転車に乗ったからと言って、その衝撃によって流産や破水が起こるという事は根拠がありません。自転車に乗ったら赤ちゃんに悪い、という事ももちろんありません。

自転車に乗ったときの衝撃が赤ちゃんに悪影響を与えるのではないか、という意見もありますが、赤ちゃんは子宮の中にある羊水によって、ある程度の刺激から守られています。

自転車に乗った位の衝撃なら気にする必要はありません。

どちらかというと、自転車に乗っている時の転倒や事故の方が危険です。

妊娠中はいつも以上に注意力が散漫になりがちですから、自転車に乗る時は転倒や事故に気を付けて、安全な走行を心掛ける必要があります。

適度な運動になる

アメリカで妊婦さん向けのエクササイズとして認められている通り、自転車の運転は適度な運動になります。

自転車を漕ぐと、骨盤底筋や足の筋肉を鍛える事が出来ます。妊娠中は運動不足になりがちなので、自転車の運転で筋力や体力をつける事で、体に良い影響を与える事が出来ます。

また、場合によっては歩くよりも自転車の方が体に負担がかからない場合もあります。

家から病院やスーパー等の距離が離れていると、徒歩での移動が難しくなります。徒歩で数十分の距離を移動していくのは中々大変です。

かなり距離がある為に移動が難しい場合や、歩いた方がかえって体に負担を与えてしまう場合は、自転車で移動した方が結果的に体に負担をかけないで済む事もあるのです。

妊婦が自転車に乗ってはいけない理由とは?

次に、妊婦さんが自転車に乗らない方が良いと考える人の意見とデメリットを取り上げていきます。

全体の意見としてはこちらの方が多いですが、上でも取り上げた通り妊婦さんが自転車に乗るメリットも存在しています。

良い意見も悪い意見も取り入れつつ、自分の体調や環境についても考えながら自転車に乗るようにして下さい。

転倒する恐れがある

メリットの項目でも少し触れましたが、妊婦さんが自転車に乗っている時に怖いのが転倒です。

特に、勢いよく転倒した時の衝撃は流産や早産を引き起こしてしまう事があります。

お腹の赤ちゃんも危険な状態になる為、自転車に乗る時には転倒に気を付けなくてはなりません。

自転車での転倒は、自分や赤ちゃんを危険にさらすだけでなく、他の人に迷惑をかけてしまう恐れもあります。

最近は自転車でも大きなけがや死亡事故が報告されています。人にぶつかる事が無くても、お店の物や公共の物を壊してしまうケースも存在しています。

自転車の転倒の原因はたくさんありますから、妊娠中はいつも以上に転倒に気を付けなくてはなりません。

雨や雪、風の強い日はもちろん、つわり等によって体調が思わしくない時の自転車は避けましょう。

お腹が張る、負担がかかる

自転車を漕ぐときに、お腹が張ったり、負担がかかったりする場合があります。

自転車を漕ぐとお腹に力が加わりますから、腹圧も当然上がります。

長時間、自転車に乗っていると常にお腹に圧力がかかる状態になるので、これもお腹の張りや負担につながります。

お腹の張りや負担の対策として、自転車のメンテナンスがおすすめです。

自転車のペダルが重いとその分お腹に負担がかかってしまいます。

サドルもしっかりとメンテナンスをして、体にかかる負荷を必要最小限にするようにしましょう。メンテナンスは、自転車を購入したお店や、自転車専門店で受ける事が出来ます。

注意力散漫になる

妊娠中はホルモンバランスの崩れや体力の低下によって、注意力が散漫になりがちです。

普段に比べて転倒や事故の可能性が高くなりますから、自転車を運転する時はいつも以上に気を付ける必要があります。

妊娠中は自律神経や反射神経にも影響を受けてしまいます。とっさの判断が付かなくなる事や、普段はしないミスをしてしまう事もあります。

また、自分がいくら気を付けていても、他の自転車や車の事故に巻き込まれてしまう事もあります。

妊娠中は注意力やとっさの判断が付きにくい事、すぐに動くのが難しい事を頭において自転車の運転をする必要があるのです。

自転車にはいつまで乗れる?

妊娠中、自転車に乗れるのはいつまでなのか、という疑問を持つ方も多いかと思います。

特に乗ってはいけない時期が明確に決まっている訳ではなりませんが、お腹が大きくなれば大きくなる程、日常の動作もうまく動けなくなります。

お腹が大きくなる妊娠後期や、いつ生まれてもおかしくない臨月の時期には避けましょう。

また、妊娠中はお腹が目立たない初期や、体調が安定している中期でもリスクが発生しています。いつも以上に注意しなくてはならないという点はいつでも変わりません。

妊娠初期はお腹が目立たない為、自転車に乗るのもそれほど大変ではありません。

しかし、体は妊娠と胎児の成長に合わせて大きく変化しようとしています。

ホルモンバランスの影響も受けますので、自覚がないまま注意力が散漫になる事もあります。

お腹が大きくなくても、いつも以上に事故にあいやすいという自覚を持つ必要があります。

妊娠中期は体調も安定してくる時期ですので、ついつい無理をしがちです。

しかし、お腹も大きくなり、普段とは違う体に変化していきます。体の重心も変わっていきますので、バランスを取るのが難しくなっていきます。

いつも以上に転倒しやすい状態になりますから、転倒に注意するようにしましょう。

自転車に乗る際の注意点

  • 雨の日や風が強い日等、天候が安定しない時には乗らない。
  • 傘や荷物を持ちながらの片手運転はしない。
  • 危なくなったらすぐに停止できるよう、スピードは出さない。坂道も降りて進む。
  • 振動の少ない、安全な道を選ぶようにする。
  • 自転車のメンテナンスはしっかりと。サドルも下げてすぐに足が付くようにしておく。
  • 医師に止められている時はもちろん、体調不良の時には自転車に乗らない。

自転車に乗る時は、できるだけ安全に、体に衝撃が伝わらないように乗る工夫が必要です。

雨や風等、転倒の危険がある時には載ってはいけません。自転車に乗る時のルートも、整備の行き届いた、安全な道を通るようにして下さい。

また、何かあればすぐに停止できるように、ゆっくりとした走行を心掛けて下さい。

自転車のメンテナンスにも気を付ける必要があります。

サドルはいつでもすぐに足が付くように低めにして下さい。タイヤの空気やチェーンの状態、ブレーキの利きにも注意しましょう。

自分で点検やメンテナンスが出来ない場合は、お店でやってもらいましょう。

医師から運動を禁止されている場合は自転車に乗ってはいけません。体調がすぐれない時には無理をせず、公共機関やタクシーに頼りましょう。

まとめ

妊婦さんの自転車は多くの人の間で意見が分かれています。

妊婦さんの状態や環境によっては自転車に乗った方が楽な場合もあり、一概に乗ってはいけない、とは言えません。

それでも自転車に乗ることで転倒の危険性が高くなることは明確なので、十分に注意して走行するようにしてください。

自転車に乗りたい時は、医師や周りの人と相談し、自分の体調や環境から判断するようにしましょう。

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。