マタニティ

妊娠中の車の運転はいつまで大丈夫?シートベルトの着用はどうする?

車での移動が日常的に行われている地域だと、妊婦さんでも車の運転をしなくてはならない場面がありますよね。

通勤や買い物、通院など、移動手段として車が必要になる時はたくさんあります。

しかし、お腹が大きくなってくるといつものような運転をするのも難しくなっていきます。

シートベルトを締めるのも苦労するようになってしまいますね。

今回は妊婦さんが車を運転する時の注意点や、いつまで車の運転ができるかなど妊婦さんが気になる情報を集めました。

妊婦さんは事故を起こしやすい?

実は、妊婦さんが車の運転をしていると、他の人が運転をしている時に比べて1.4倍も事故を起こす可能性が高くなると言われています。

妊娠中はつわりで急に気持ち悪くなったり、大きくなったお腹に気をとられてしまったり、どうしても他の人よりも集中力が低下してしまうのです。

また、お腹が大きくなることによって普段よりも下半身が動きにくくなり、ハンドル操作が鈍ってとっさの対応が出来なくなる事も関係しています。

特に、妊娠中期の妊婦さんは他の妊婦さんよりも事故を起こしやすいという結果もあるのです。

妊娠中に車を運転する時は、いつも以上に安全運転を心掛ける必要があるのです。

妊娠中の車の運転で気を付けることとは?

妊娠中の車の運転は、いつも以上に注意をしながら運転をする必要があります。

しかし、精神的にも肉体的にも、注意力や体力がない状態で周囲を注意し続けるのはとても大変です。

そこで、妊娠中の運転で特に注意すべき事をまとめました。

普段から以下の内容に注意して、交通事故を発生させないように心がけましょう。

居眠り運転や注意力散漫に注意!

妊娠中の運転で一番怖いのが、居眠り運転や注意力が途切れてしまう事です。

妊娠中はホルモンバランスの崩れや体力の低下等によって、普段よりも眠くなりやすい状態になります。

また、車の運転中はたくさんの確認作業を同時に行う必要がある為、注意力が途切れてしまう事もあります。

運転中に眠気に襲われた時は、無理せず休憩をとるようにして下さい。

車を安全な場所に止めて、少し仮眠をとると眠気を取り除く事が出来ます。

車を運転する時は、休憩時間が取れるように余裕を持った行動をするようにしましょう。

ハンドルやアクセル、ブレーキ操作に注意!

妊娠中は集中力が散漫になる他、大きくなったお腹が下半身を圧迫してしまいいつも通りの動きをするのが難しくなります。

とっさに動こうとしても上手くいかない事が多いですから、ハンドル操作やアクセル・ブレーキ操作はいつもよりも慎重に行って下さい。

お腹がかなり大きくなってくる妊娠後期では、ハンドルからお腹をかばいながら運転するようになってくる他、座り方や運転席のシートの位置によってはいつもよりも死角の範囲が広がってしまう事もあります。

普段では考えられないような失敗をしてしまう事もありますので、お腹の中の赤ちゃんを守る為にも、普段以上に運転操作に気を付けるようにして下さい。

長時間運転に注意!

長時間車を運転していると、骨盤周りの血流が悪くなりうっ血を引き起こしてしまいます。

腰痛や腹痛、足のむくみの原因にもなりますので、長時間の運転は避けるようにして下さい。

また、運転中は思っている以上に体力を消耗します。

体力の消耗は眠気やミスを生み出しますから、長時間の運転はとても危険です。

長時間、車の運転をする必要がある場合は、他の人に運転を任せるか、公共機関やタクシーでの移動を検討して下さい。

車の運転はいつまでできる?

車の運転が可能な時期ですが、妊婦さんと赤ちゃんの状態は人それぞれの為、正確に「この時期」という風には決まっていません。

基本的に、お腹が大きくなってきて車の運転がしにくくなったら、無理をせずに運転を控えるようにしましょう。

具体的には、座席シートを調節してもお腹がハンドルにつかえるようになった時や、アクセルとブレーキがしっかり踏めなくなった時、シートベルトが苦しくなった時が目安になります。

また、臨月の時も運転を控えた方が賢明です。

いつ生まれるか分からない状態ですから、運転中に陣痛や破水が始まってしまう事もあります。

事故につながる事も多いので、臨月の時も車の運転は避けるようにして下さい。

シートベルトはしなくても平気?

道路交通法によると、妊娠中で健康保持上適当ではない場合は、シートベルトの着用は義務付けられていません。

このことから、妊娠中はシートベルトをしなくてもいいと思っている方もいるかと思います。

しかし、病院の先生からの指導がなければ、妊娠中のシートベルトは必ず装着するようにしましょう。

シートベルトを使用していれば、自分と赤ちゃんの命を守る事が出来るからです。

妊娠中はお腹が大きくなる為、シートベルトをするのが難しい時もあります。

お腹がシートベルトにつっかえる時は、胸の間にシートベルトを通し、骨盤の下の方でシートを絞めるように調節すると楽に締める事が出来ます。

シートベルトが食い込んで痛い時は、シートベルトと体の間にタオルを挟んでおくと食い込みを防止する事が出来ますよ。

この他、マタニティ用のシートベルトや、シートベルトストッパーを活用するとより快適に車の中で過ごす事が出来ます。

マタニティ用のシートベルトは、お腹を圧迫しないような作りになっているので、普段から車に乗る機会が多い人や、どうしても車で長距離移動しなくてはならない時に重宝します。

シートベルトストッパーは、シートベルトを装着する時の圧迫感や締め付けを緩和する為に使用する物です。

お腹がシートベルトに引っかかるようになったら、座席シートの調節と一緒にシートベルトストッパーを活用すると、より快適に乗車する事が出来ます。

車を運転する時には、保険証と母子手帳を携帯しよう

車を運転する時は、保険証と母子手帳を携帯するようにしておくと、いざという時に安心です。体調がすぐれなくなった時や、事故に巻き込まれた時でも、保険証や母子手帳があればすぐに自分や赤ちゃんの事を伝える事が出来ます。

保険証と母子手帳、薬を飲んでいる場合はお薬手帳があれば、病院での対応がとてもスムーズになります。

車を運転する時だけでなく、外出時は常に持ち歩くようにしておくと安心です。

また、遠出をするときは目的地にある産婦人科をある程度調べておくと、いざという時に慌てずに治療や処置を受ける事が出来ます。

車に同乗するときはなるべく後部座席で!

誰かに車を運転してもらえる時は、できるだけ後部座席に座るようにすると楽に過ごす事が出来ます。

いざという時は横になる事もできるので、苦しくなった時の心配をする事なく過ごす事が出来ます。

どうしても助手席に座りたい場合は、助手席を倒してフラットシートの状態にしておくと楽に過ごす事が出来ます。

長時間同じ体制で過ごしていると、腰痛や腹痛、むくみやうっ血の原因になりかねませんから、こまめな休憩を入れてもらえるように事前に声をかけておく事も大切です。

まとめ

妊娠中の運転は、普段よりも気を付けなくてはならない事や、工夫が必要な事がたくさんあります。だからと言って、運転をしてはいけないわけではありません。

自分の状態を正しく理解して、安全運転を心掛けるようにして下さいね。

また、自分が運転しない場合でも、乗車中の負担を軽減するような工夫が大切です。

生まれてくる赤ちゃんの為にも、安全を第一に考えて運転や乗車をするようにして下さいね。

出典:日本産科婦人科学会 妊娠中のシートベルト着用の啓発ポスターについて

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。