マタニティ

【妊娠中のスポーツ】マタニティスイミングとは?いつからいつまで通える?

かつては、妊娠中は安静にするべきだと言われていました。
しかし、最近では健康な妊婦は率先して運動をし、体重管理を徹底するよう指導されるようです。
妊娠中の運動には体重のコントロールができる、出産に必要な筋肉をつけることができる、気分もリフレッシュできるなど様々なメリットがあります。
そんな中、妊娠中にできる運動で人気があるのが「マタニティスイミング」です。
今回は「マタニティスイミング」の内容や、効果、注意点などを解説したいと思います。

マタニティスイミングとは?

「マタニティスイミング」とは水中の浮力を利用し、お腹への負担も軽減されるため、安全に運動ができます。

専門のインストラクターや助産師さんがついてくれるスポーツジムも多く、運動中に体調が変化した時も安心です。

水中ということで、転倒の危険も低いのが特長です。

また、泳ぎは得意ではないという人もメニューはウォーキングや座禅などのエクササイズが中心。

「泳ぐ」というよりも「バランスをとる運動」といったイメージです。

マタニティスイミングのメリット

「マタニティスイミング」には様々なメリットがあると言われています。ここでは、マタニティスイミングを行うことで得られる効果をご紹介します。

運動不足を解消できる

つわりなどの不快症状やお腹が大きくなり動きづらくなると、どうしても運動不足になりがちです。

定期的に運動をして体力や筋力をつけることができれば出産も楽になり、産後の回復も早くなると言われています。

体重増加の予防

運動をすることで消費カロリーが増えれば、体重のコントロールが容易になります。

また、筋肉がつけば基礎代謝量が上がるため太りにくい体になります。

さらに、マタニティスイミングには妊婦によく起こりがちなむくみなどの不快症状を改善する効果も期待されています。

肩こりや腰痛を改善

「マタニティスイミング」をすると体の血流が促進されます。また、こわばった筋肉がほぐれるため、肩こりや腰痛といった妊娠中の症状を改善することができます。

産における呼吸法の習得

ほとんどの「マタニティスイミング」には呼吸法を学ぶ時間が設けられています。体を水の浮力に任せ、リラックスしながらラマーズ法など、出産に必要な呼吸法を学ぶことができます。

リラックス効果

水に浮かぶと心も体もリラックすることができます。妊娠中はさまざまなことに不安を覚えたり、ホルモンバランスが崩れたりして精神的に不安定になります。リラックスができると自律神経が整い精神が安定します。

同じ悩みを共有出来る仲間ができる

「マタニティスイミング」には妊娠をしている同じ環境にいる仲間が集まります。

そこでママ友ができれば一人で悩み不安に思っていたことを相談できるだけでなく、いろいろな情報交換もできます。悩みを打ち明けられればストレスの解消にもつながります。

インストラクターや助産師に相談できる

何人もの妊婦を指導してきた経験豊かなインストラクターや助産師さんに悩みを相談することができます。専門的な知識も有していますから心強い味方になってくれるでしょう。

マタニティスイミングに行ける時期は?

「マタニティスイミング」はいつ頃から始めるのが良いのでしょうか?始める時期を誤り、早産や流産をしては大変です。

「マタニティスイミング」を行う施設では、安定期に入る16週目から参加可能という条件が出ていることが多いようです。ただし、16週目以降であれば必ず安全というわけではありません。

マタニティスイミングを始めても良いかどうかを必ず主治医に確認するようにしましょう。

ではいつまでマタニティスイミングを続けることができるのでしょうか?これに関しては、はっきり言っていつまでという期限はありません。

出産の直前まで続ける人もいるようです。ただし、無理をして行うのは好ましくありません。体調が悪い時はお休みましょう。

マタニティスイミングの内容

マタニティスイミングはどのような流れで、どのような内容のエクササイズが行われるのでしょうか?気になるマタニティスイミングの内容を解説します。

水泳エクササイズ

音楽のリズムに合わせながらプールの中で、体を動かします。リラックスをしながら楽しく行うのがポイントです。

水中ウォーキング

水中を歩きます。前進するだけでなく、後ろに歩いたり、カニのように横向きに歩いたりと水の抵抗があるので通常のウォーキングに比べて疲れますが、浮力があるためお腹の重みを気にすることなく動けます。

後ろに向かって歩く運動は腰痛対策にも有効です。また、水の抵抗の中を歩くことは、股関節を鍛えるのに有効で、出産に必要な筋肉を鍛えられます。

呼吸法の練習

分娩の時に行うラマーズ法などの呼吸法を、水に浮かびながらリラックスして習得します。

フローディング

体を浮かす道具を使い、仰向けになったりうつ伏せになったりしてリラックスします。水の上をプカプカ浮き続けるフローディングは、マタニティスイミングの中でも特にリラックスできるエクササイズです。

水中座禅

出産に必要な息継ぎを覚えるために有効なエクササイズです。2人1組になって1人が息を大きく吸い込み、水中に潜り、座禅を組むようにあぐらをかきます。もう1人が潜った人の肩をおさえます。数秒間その体制を維持したら浮かび上がり、水上に出た瞬間に「息継ぎ」をして再び水中に潜ります。素早い息継ぎをすること、出産時のいきみ方をマスターすることができます。

クロールなどの自由水泳

クロールやバタフライなど好きに泳ぎます。ただし、平泳ぎは股関節を痛める可能性があるため、禁止されているようです。泳げないという人はウォーキングもできますし、インストラクターに泳ぎを教わることもできます。

マタニティスイミングの注意点

大切な赤ちゃんを守るためにも、事故があってはなりません。「マタニティスイミング」をする際に気をつけるべき点を解説します。

まず、マタニティスイミングを受ける前に必ず医師の確認を取るようにしましょう。医師がNGを出したら指示に従うようにしてください。

次に、マタニティスイミングを行っている施設やジムでは助産師や看護師など、メディカルチェックを行うような専門家がいるかどうかを確認してください。急な体調の変化にも対応出来る人がいれば安心できます。

最後に、利用するプールの水温や室内温度の問題です。妊娠中は体が冷えないようにするのが基本です。プールが温水かどうかはマストで確認したいポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?マタニティスイミングのメリットがよくわかっていただけたと思います。

マタニティスイミングを行っている施設は年々、増加傾向にあります。体験レッスンを行っている場所も多くありますから、気になったら受講してみるのもいいでしょう。

また、お腹が出てきて持っている水着が着られないという人用にマタニティ水着も販売されています。元気な赤ちゃんが生まれるように運動を習慣づけましょう。

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。