マタニティ

妊婦だけど辛いものが食べたい!赤ちゃんへの影響は大丈夫?

妊娠中に味覚が変わることは多くの妊婦さんが経験すること。

特に辛いものが食べたくなる、という人は多いです。

でも、妊娠中に辛いものっていけないんじゃなかった?

お腹の赤ちゃんもその刺激を感じているのでは・・?と疑問に思ったことはありませんか?

妊娠中は特に食べるものに気をつけなければいけないと言われます。

本当に妊娠中は辛いものを食べてはいけないのでしょうか?

辛いものが好きな女性にとっては、全く食べられないのはつらいもの。

どれくらいなら食べてもいいのか、また、赤ちゃんへの影響についても見て行きましょう。

妊娠中に辛いものが食べたくなるのはなぜ?

妊娠してから嗜好が変わる、というのは多くの女性が経験することですよね。

妊娠に気づく前、急に辛いものが食べたくなった、というカラダの変化を訴えることもあります。

なぜ妊娠すると、急に辛いものが食べたくなるのでしょうか?それはホルモンに大きく関連しています。

妊娠すると女性の体は黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンが増えます。このホルモンには体を妊娠しやすい状態にして、妊娠を維持させる働きがあります。

妊娠すると体温が高い状態が続きますが、それも黄体ホルモンの影響です。

妊娠中の味覚変化もこのホルモンが影響しているのではないかといわれています。

いつも食べているものがおいしく感じられず、辛いものや味付けが濃いものを求めがちになるのです。

また、ホルモンの影響で自律神経が乱れたり、ストレスを感じるようになるので、辛いものなどの刺激物を体が欲する、ということも考えられます。

辛いものでも適量であればOK!

妊娠中、辛いものや刺激物はよくないのでは?と思ってしまいますよね。

でも、唐辛子などの香辛料でも適量であればお腹の赤ちゃんにも影響はありません。

韓国の妊婦さんはキムチを食べないか、というと決してそんなことはありません。

特につわりのときは食べられるものを食べることが大切です。

おかずの味付けも塩やしょう油ばかりだと飽きてしまいますし、塩分の摂りすぎも心配です。

マスタードやわさび、胡椒なども上手に使えば、味のバリエーションも広がり、同時に塩分の摂り過ぎも防げます。

辛いものの中でも塩分が高いものは高血圧やむくみの原因になるので、取り過ぎには注意しましょう。

食べ過ぎるとどうなる?

あまりにも辛いものを食べると、舌や口の中が痛くなった、とうことはありませんか?

これは唐辛子に含まれるカプサイシンという成分のせいなのです。

大量のカプサイシンによって胃腸の粘膜を刺激し、胃がもたれたり胃腸に負担をかけてしまいます。

また、下痢や痔になることもあります。肛門は胃腸同様粘膜でできているので、唐辛子などの刺激物に対してはデリケートです。

特に妊娠すると便秘や痔などのインナートラブルが頻発するようになります。

悪化すると完治に時間がかかり、出産後も悩まされることがあるので、予防に努めるようにしましょう。

子宮を刺激する香辛料の取り過ぎに注意!

減塩対策として、また冷え対策として香辛料を積極的に使いたいものですが、香辛料の中には子宮に影響があるものも存在します。

カレーはスパイスの集合体ですが、ターメリックやカルダモンには、子宮を収縮させる作用があるため過剰摂取にならないように気をつけましょう。

また、お菓子によく使われているシナモンや料理の色付けに使われるサフランにも、同様の作用があります。

いずれもハーブなので多量に摂取しない限りは深刻な影響はありませんが、「おいしいから」と頻繁に食べることは控えましょう。

まとめ

妊娠中に辛いものはよくない、と漠然と思っていたけど、実際にどんな影響があるか理解していなかった、という人は多いのではないでしょうか。

妊娠すると、新しい命を育てるために体の中では様々な変化が起こります。

嗜好が変わるのもそのひとつ。もともと辛いものが好き、という女性はもちろん、妊娠をきっかけに辛いものが好きになった、というパターンもあります。

しかし、栄養バランスがとれた食事とは、色々な食材を組み合わせて食べること。

辛いものは代謝アップや冷え解消などのメリットもありますが、かといって毎日食べていると栄養バランスも偏ってしまいます。

塩分の摂り過ぎには注意して、おいしくヘルシーに妊娠ライフを過ごすようにしましょう。

参考文献:株式会社みらいたべる 産育食ラボ 妊娠するとフライドポテトが食べたくなる?

参考文献:農林水産省 カプサイシンに関する情報

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。