マタニティ

子宮底長測定とは?測り方、平均の長さは?短いとどうなる?

「子宮底長」という言葉は、妊娠中期以降の妊婦さんなら、検診の際に聞いたことがありますよね。

妊婦検診で測定される「子宮底長」とはいったいどんな測定なのでしょうか?

子宮底長の値を妊娠週が進む度に計測することで、妊娠が順調に進んでいるかを調べることができます。

妊娠したばかりの方、これから妊娠する方にも、ぜひぜひ知っておいてもらいたい子宮底長、子宮のサイズについて紹介していきます。

サイズの測り方、問題があるケースについても詳しく見ていきましょう。

子宮底長とは?

子宮底長とは子宮の底辺から上部までの長さのことです。

具体的には、仰臥位(あお向けに寝た状態)で計測する「恥骨の上から子宮の一番上までの長さ」のことで、お腹の表面にメジャーを当てて測定します。

これは、妊娠中の子宮のふくらみを表す数値です。子宮の大きさを推定することができ、お腹の胎児が順調に育っているかを知る目安となります。

子宮底長測定はいつから行う?

昔は超音波検査などがなかったため、お腹の中の胎児の状態を知るために早い段階から測定していたようですが、最近では、一般的にお腹が大きくなってくる妊娠中期(妊娠16週〜)の妊婦健診から計測し始めます。

しかし、少しお腹が膨らみ始めた妊娠初期後半から測り始める病院もあり、病院によって扱いはさまざまです。

逆に、超音波検診のみで測定しないという病院もあるそうですので、自分がかかっている病院で測定しないからといって驚かないでください。

目安としては測定してもらった方がいいですが、数値は誤差も大きく目安でしかないことを承知のうえ、不安に思ったら医師に相談してみてください。

子宮底長測定の方法

子宮底長を測るときは、まず仰向けに寝て膝を立てた状態で測定します。医師が触診で子宮底の位置と恥骨を確認し、膝を伸ばします。

恥骨の上から子宮の上端までを、お腹の表面に直接メジャーを当てて計測していきます。

よく知られている方法には、膝を伸ばした状態で測る「安藤の方法」と、膝を曲げた状態で測る「今井の方法」の2種類があります。

どちらの方法でも変わりありませんが、後に比較することを考えれば、どちらか一貫して同じ方法で記録を録っていくべきです。

子宮底長の目安とは?

妊娠週数に合わせて子宮底長の平均の長さが設定されています。

計算方法を紹介します。妊娠19週目までと羊水がぐんと増えてくる妊娠20週以降ではお腹周りの成長速度が違います。妊娠20週目以降は胎児の成長速度も速くなるため、3cmをプラスした長さになっています。

  • 妊娠12〜19週目未満:妊娠月数×3cm
  • 妊娠20週目以降:妊娠月数×3cm+3cm

胎盤が完成する5ヶ月くらいからの数値を紹介しておきます。

  • 妊娠5ヶ月(16~19週):10~15cm
  • 妊娠6ヶ月(20~23週):15~20cm
  • 妊娠7ヶ月(24~27週):20~24cm
  • 妊娠8ヶ月(28~31週):24~28cm
  • 妊娠9ヶ月(32~35週):28~32cm
  • 妊娠10ヶ月(36~39週):32~34cm

もちろん、上記の値は、通常の妊娠(単胎妊娠)の場合の数値です。多胎妊娠の場合は、当然ですが子宮底長の大きさも変わってきます。

妊娠5か月の段階でも、通常の妊娠よりも5センチほどは長くなっていると考えてください。

多胎妊娠の妊婦さんでは、臨月に入ってから40センチを超えてしまう方もいるようです。

お腹の表面の長さを測っているため、普段からの状態(皮下脂肪の状態)によっても、長さに変動があります。もともと太っていた方の場合は、平均値より大きくなるかもしれませんし、その逆もあります。

あくまでも目安ということを覚えておいてください。

子宮底長が短いとどうなる?

子宮底長が適正値よりも明らかに短い場合、赤ちゃんの発育が少し遅れている可能性があります。

胎児が小さい「未熟児」や発育が遅れている「発育遅滞」、羊水が少なすぎる「羊水過少」などが考えられます。

妊娠初期につわりがひどくて充分に栄養を摂取できなかった場合は、赤ちゃんの発育も遅れている場合があります。

しかし、目安よりも実測値が小さいからと言って不安に思う必要はありません。

超音波検査などで、胎児の心音や動きなどに問題が無ければ、お腹の大きさが多少小さくても、しっかり育っているので心配する必要はありません。他の検査結果と併せて考えましょう。

逆に長いとどうなる?

逆に、子宮底長が適正値よりも明らかに長い場合は、赤ちゃんが大きく成長しすぎていることが考えられます。

妊娠中期までなら誤差範囲としてそれほど問題にはなりませんが、妊娠後期の値より明らかに大きいと、巨大児として通常分娩できなかったりするリスクがあります。

大きく健康に育ってくれるのは喜ばしいですが、大きすぎるのも考え物です。

安定期に入ってからは、食べ過ぎや栄養過多になりすぎないように食事内容をしっかり考えましょう。

また、母体自身の体重増加が急激に起こっている場合も、子宮底長が長くなります。

通常は、体重増加は1ヶ月に1kgが目安といわれています。体重が増加しすぎると、余分な脂肪がつき産道が狭くなり難産になってしまいます。

また、妊娠糖尿病、妊娠高血圧症などの合併症につながる恐れもあります。

まとめ

以上、子宮底長の測り方と数値の目安を見てきました。

測り方にも病院によって違いがあるように、測る人によっても誤差が大きくなるものです。

子宮底長の測定は、近代医療が発達する前に、妊娠の状態を知る重要な手段ではありましたが、今では、超音波検査などその他の有用な検査がたくさんあります。

おおよその目安を知るためと割り切り、気楽にとらえておいて下さい。

それでも、あまりにも平均値から大きく外れていれば、何らかの異常が潜んでいるかもしれませんので、それを知る簡単な手段ともなります。

いずれにしても、定期的に妊婦健診を受けておくことで、異常に早く気がつくことができます。妊婦検診は、普通は、安定期まで4週間ごと、妊娠後期は2週間ごと、そして臨月に入ると1週間ごとになります。忘れずに受診しましょう。

ABOUT ME
rina
可愛いものに目がない♡猫大好き♡食べるの大好き♡ROCK女子!! nanairoでは美容・健康・妊娠・育児・グルメなどを執筆しています。